オリジナルフォント作成は漢字練習に効く

小学校4年生の息子は他の教科はともかく国語、特に漢字が苦手。
嫁さんには眼を三角にして怒られている。

漢字練習なんていう宿題は、毎日のように出ているのだけど、だいたい1ページ終わらせるのに2時間はかかっている。

これは気の短いうちの嫁さんでなくても、イライラすることだろう。小学校の先生は本当にスゴイ、私はそこまで気が長くないし、これしきの漢字が書けないと将来PCがどんなに便利になっても困ることがありそうなので、先日紹介した「手作りおれん字」を使って漢字練習してみることにした。

教育漢字と英数、ひらがな、カタカナだけでもざっと1600文字は書かなければならない。

前回のオレオレフォントの写経作業の一部

本人に先日のBlogを見せてみたらなんだかヤル気だ。

『本当に大丈夫かな?』と思いつつも、スタート。

私も先日の残りの4ページを終わらすべく取り組む……が、マッキーのインクが切れてきた。腕も痛いし。

……とかやっているうちに息子1枚目終了。1ページは12×8文字なので96文字ある。だいたい100文字を10分で書いている計算、これは速い。

最初は「これは1年生、これは2年生・・・」などと言いながら快調にこなしていたのだが、

『きっと4年生こえたら大変になるに違いない……』と邪心で見ていた私。

そんな心配も関係なく、5年生の漢字を超えても、順調にこなす息子。

「なんかねえ、これ使うとかけちゃうんだよ」と、どんどんスピードを上げる。

結局、私が4枚書き終わるところで、ちょうど16枚書き終わる。速度はちょうど4倍、時間は2時間半ぴったり。

質はというと……それが良かった。

鉛筆で書いていたので筆圧は安定しないけど、これはスキャナの設定をTWAINにしてコントラストを下げて取り込めば、かなりきれいに読めた。

本人曰く、「ちょうど2ページに1回エンピツけずるんだよ」と言っている。

下の図の上段が息子フォント「Naru2012」で、下段が私がマッキーで書いた「Mackii」である。

上段が息子が書いた「Naru2012」、下段が私の書いた「Mackii」。作文は「カモのきょうだいクリとゴマ」の感想文より。
上段が息子が書いた「Naru2012」、下段が私の書いた「Mackii」。作文は「カモのきょうだいクリとゴマ」の感想文より。

元からマンガ字で描くために苦労していたものであるし、何日も間をあけたので、質が変わるのは仕方ない……でもなんか悔しいな。

近いうちに細字系のフォントで挑戦したいと思います。

ところでこのフォント欲しい人いませんか?希望者多いなら配布も検討します。
■Naru2012:現役小学4年生がエンピツ書いた細字系教科書体フォント

■Mackii:おっさんがマッキーで描いたマンガ字フォント

オリジナルフォント作成は漢字練習に効く」への2件のフィードバック

コメントは受け付けていません。