@o_ob at 2016-11-25


https://twitter.com/o_ob/statuses/802159416279584769


  • @o_ob at 2016-11-24 https://t.co/g2mW8f2XIi 00:13:04
  • 廊下がめっちゃ寒いです 06:28:53
  • interlinguaおもしろい。言語自体が生きています
    実際、「How do you do」を新しいGoogle翻訳で各言語で翻訳してみると、死んでいる/グーグルの翻訳AIが「独自の言語」を生み出したといえる根拠|WIRED.jp https://t.co/zL5olDCkNl 07:04:09
  • これでパートタイマーさんがもうちょっと出勤してもらえるようになる、という卑近な想いもあるが、そもそも正規雇用の機会を奪っているようにも思うのだが。1名の正職員に対して1/2非正規/配偶者控除 201万円まで減税 – Y!ニュース https://t.co/pOKe7huUwl 08:24:05
  • 納税者というより経営者の視点なんだけど、最低賃金の3-400万円/年で、微妙な新人を正職員として採用する代わりに、100万円/年最大しか働けないけどスペックはそこそこ高い傭兵(パートタイマー)を3名、時間で雇用するならバランスするかもしれないけど150万なら単に雇用の口が減る。 in reply to o_ob 08:30:21
  • というか正規雇用も減るし、パートタイマーの求人も減る。
    消費税増税で消費が冷え込むのと同じような効果があるのね。

    配偶者控除やめるって話はどうなっちゃったのだろうね。

    個人的にはワークシェアは拡大して欲しいし、主婦も学生もスペック関わらず正規雇用で学びながら働くべきだと思う。 in reply to o_ob 08:33:55

  • まあ世の中、時間で換算できる仕事と、時間で換算すべきでない仕事もあるのだけれど、後者は特に、時給で支払うべきではなく、長期雇用で育てない限り、社会を巻き込んで弱体化する。

    「雇われない自由の価値」もきちんと設計した上でお願いしたい。
    この国の労働の定義が問われているね。 in reply to o_ob 08:37:52

  • A good example of #ICUCG
    "exploring computer games and entertainment systems – play and entertain"
    https://t.co/qsEBQOjqF1 09:26:04
  • Chromeとかのタブブラウザは便利なんだけど、沢山タブ開きすぎて、タブ一個一個が小さすぎてももう全然見えないし、Xボタン押しそうになる恐怖と闘いながらもどんどんタブ増えてくるし、しまいにゃIE起動してAltTabしてるし、ユーザインタフェースが良くなっても業務が改善しない典型例 09:30:48
  • おはじきはcountableだけどpural。
    この図の単体のおはじきは「花」でしかないし合計数を聞いてもいない。

    さらに記号「×」と「=」の交換法則が定義されていなければ「どちらも(出題として)誤り」が正解。

    これで減点され… https://t.co/X4EiLazu5P 10:11:40

  • っていうか「おはじき」って何なのか、子供はそれを知っているの?
    この青い部分はガラスなの?ビニール袋なの?

    ・ビニール袋に5つ花が入った3つの袋
    ・5色の花が3等分された
    ・花の模様が5つ入った3つのおはじき

    などの多義性もある。
    色の意味や認識に対する子供への配慮もない。 in reply to o_ob 10:19:12

  • RT @drinami: @drinami 今日の午後はTokyo VR StartupsのDemo Day。現状を、未来を変えるサービスを期待。 13:23:53
  • @drinami これから初台むかいます! in reply to drinami 13:27:42
  • 白井研究室一行も沼津で「科学と技術のひろば」です。
    一緒に遊んでくれる人工知能「A.I.See」、世界最強クラスの人工知能将棋アルゴリズムを使って将棋を打てます! https://t.co/jtybXipGMH 14:32:51
  • こちらも参加登録受付中です/KAITシンポジウム2016:先進ICTが変える明日の生活
    主催:神奈川工科大学
    後援:神奈川県、厚木市
    平成28年12月10日(土) 13:00~17:40
    情報学部棟K-1号館12階メディアホール https://t.co/O8wAozpmHk 14:42:13
  • KAITシンポジウム2016、白井研究室からは「多重化不可視映像技術による合理的配慮・授業支援手法の提案」というポスター&デモを発表します。

    参加無料です、お近くの方、学内者も是非ご登録ください。… https://t.co/eIE4AU48Nf in reply to o_ob 14:47:20

  • さらにパワーアップした将棋AIコラボゲーム「A.I.See ver.4」が登場です。eスポ児童育成ゲーム「クラタワ」も出ますよ/第5回 科学と技術のひろば 11/26(土) @キラメッセ沼津
    https://t.co/0YKxLn1tm7 in reply to o_ob 15:10:02
  • 人間vsAIの戦いを終えて、人+AI vs 人+AIの新しい競技へ…「A.I.See: 多重化不可視映像技術を用いたボードゲームプレイ上達支援ツール」 Ver.3 https://t.co/Ooykykqh9Z @ShiraiLa 15:11:52
  • eスポーツ適性検査のためのタワーディフェンス風RTSプレイヤー養成ゲーム・非同期非接触アイトラッキングつき/Clash Tower – Eye tracking to analyze player behavior https://t.co/Ja5gbNFuUt 15:14:30
  • Tokyo VR startups, demo day.
    稲見先生 新さん 国光さん 秋山監督などVR/AR/AIの未来について。
    終電ギリギリまでメンタリング。

    これから沼津にワープ。

    A.I.Seeとクラタワのセットアップ… https://t.co/m5dNuBLiBj 22:22:25

  • VR朝まで飲み会いいね。昔のIVRCは岐阜で開催だったので、稲見助教と高めの国産牛のテクスチャベイクを研究しながら研究スパーリングしたり、長良川スポーツプラザでフランス人囲んで畳の上で朝まで呑んだりしたのは良い思い出。
    もう10年ぐらい前のイ飲みベーション話になってしまいますが。 in reply to o_ob 22:49:50
  • 勉強会と称して最新のゲームを遊び尽くしたり、それを超える技術はなんなんだろうね!と手を動かしながら作ったり呑んだりする経験ないと、めっちゃ独り善がりプロジェクトになる。
    コマンドで表現すると

    git push origin master -b ation in reply to o_ob 22:53:46

  • Watching is seeing and believing what you want.
    みたいな感想を抱ける動画を、学生が沼津の現場から送って来たゾ。
    キャリブレーションなしでGUI評価にも使える。明日が楽しみ。 https://t.co/W59L8xl1gI 23:07:33
  • 学生の出席や課題など成績つけてると、その学生が何を考えてそんな課題や出席状況なのかを感じられるようになってくる。ディープラーニングとか使わなくても、先生のスキルが高ければ、課題の出し方を工夫する事である程度はわかるし、その上での努力も見えるのだけど、学生は気がついてないかもな。 23:12:06
  • 例「えっアッすみません、この教科は…頑張るとかじゃないんです、なんというか、ちょっと興味があって、でも履キャンとかしたら先生傷つくかなと思って。でも不可じゃダメなんです、Cでも辛いので、なんというかBとかで…エッ!Aですか?そんな成績とったら◯さんとか△さんに悪いです」的出席状況 in reply to o_ob 23:16:27
  • 例2「ふぁっ、すみません、課題ですよね、そうなんですよ〜、先生の課題、むずかしくて、つい考え混んじゃうんですよね。で、ついゲームとかバイトとかやってると、気がついたら提出時間すぎてて…ええ、まあ、その程度のモチベーションなんだろ?って言われると言い訳はできないんですけど」的な in reply to o_ob 23:19:24
  • もちろんどちらもAやBにはならないし、それが測れるような課題を設定するのが先生のスキルだと思うのですが、一方で例3「この先生まじキツイ。ゲームとかアートの話なのに毎週、ガッツリ作文課題でるし。ああもー訳わかんね!必須項目とか文字数制限とかない課題はほぼ空白で!」とか罠。 in reply to o_ob 23:23:19
  • でも思うのですけど、学生時代に勉学に励まずにバイトや学外ライフが充実しちゃってる学生って、単に中高時代の管理教育の振り返しですよね。
    毎日学校が楽しすぎて、課題や宿題が多すぎて、それでもやりたい事が「友達との雑談」なのか「ゲーム」なのか「部活」なのか「受験勉強」なのかという違い。 in reply to o_ob 23:26:41
  • 同性間における雑談力とか、異性経験とかも含めて、バーチャルリアリティを実装する上では何の無駄にもならない無駄話であり、それを人生のアーリーステージで超えて来た人と、中盤で重くのしかかる人の違いかもしれない。

    どっちがいいとかではなく大局観で。 in reply to o_ob 23:30:26

  • こういうの、近未来VRシステムのデバッグ手法にも大きく影響すると思う。
    ・ブレイクポイント仕掛ける
    ・エージェント(AIキャラクタ)があるモードに入ったらグロる
    ・考えている事を💭
    ・「時間よ止まれ!」と言う
    ・フットスイッチ
    ・多重化メガネ
    ・手でまさぐる
    まだまだARIEL in reply to o_ob 23:38:02
  • 何の話をしているかというと、
    定期試験の「テスト」とは
    現実世界にはびこる
    君たちのバグを
    発見する作業
    なのさ in reply to o_ob 23:39:09
  • 今日はVR制作における良い話いっぱいした。
    ・チーム内ハッカソンしろ、同じゴールを複数の実装方法で競え
    ・技術者が企画屋の支配下で仕事するより企画屋の家庭教師になって自分の技術力を移植する方が総合実装力上がる
    ・作業に落とせ設計に落とせ考えるのは作業じゃない
    ・楽しくなる努力しろ 23:54:23