mysqlのパスワードって必要な人には必要なんだろうけど,必要ない人にとっては本当に忘れそう…. しかもphpのソースコードにも書いてあったりするから,迂闊なマスターパスワードを設定したら,逆にセキュリティホールになってしまいそうだし. で,[email protected]のパスワードを忘れました.すみません. たぶん,centos6のyumでインストールした後,セットアップスクリプトが走るのですが,そこで設定したパスワードをすっかり忘れたようです. メモは取る癖をつけているのに何も残ってないので,恐らく寝落ちしたのでしょう. どこまでセットアップが終わっているのかもわからないので,アンインストールしてしまえばいいのかもしれないのですが, 「もし生きているサービスを消してしまったら…」と思うとしのびないので,rootのパスワードだけ初期化してみます. 参考: http://dev.mysql.com/doc/refman/4.1/ja/resetting-permissions.html 使っている環境ではmysql-server-5.1.61-4でした.

 /usr/libexec/mysqld --skip-grant-tables

ではうまく行かなかったので,

mysql -u root mysql
mysql> UPDATE user SET Password=PASSWORD('passwdh0geh0ge') WHERE User='root';
mysql> FLUSH PRIVILEGES;

という感じに,mysqlの管理テーブルを直接更新して,

/etc/rc.d/init.d/mysqld restart

するだけで片付きました. ちなみにもともとやりたかったのは,wordpress用のDBを作りたかったので,ついでにやってしまうべきでした. 参考:http://www.adminweb.jp/wordpress/install/index1.html

create database wpdb;
grant all on wordpressdb.* to 'wpadmin'@'localhost' identified by 'password';

これでwpdbというデータベースがwpadminというユーザ,パスワードはpasswordで作成されました.インストール時にこれを設定すれば良いわけです. 以上一件落着!