CyberGames2007 memo 9:49 2007/09/10 — Game Design and Development using JOGL (Java + OpenGL) Andrew Davison Department of Computer Engineering, Prince of Songkla University — JOGLについての基本的な話。まるで大学の講義を聴いているかのようだ。 (本人は、全部説明したら数週間かかるよ!と言ってるが) 講演は地味な地球儀とシンプルな宇宙空間もので、この先生が執筆した以下の書 籍を読んだらいいと思う内容。 「Killer Game Programming in Java」(2005) http://fivedots.coe.psu.ac.th/~ad/jg/ 「Pro Java 6 3D Game Development」(2007) http://fivedots.coe.psu.ac.th/~ad/jg2/ — Introducing XNA Game Studio Express Andrew Sithers Developer and Platform Group , Microsoft Ltd. (UKとParis?) http://blogs.msdn.com/sithers — さっきの発表と対照的に、こっちはもろコンシューマプラットフォーム寄りの発表。 2画面のプロジェクタを上手に使ってXBOX360開発機?に直接接続してXbox 360 Dashboardをつかったプレゼン。 発表アジェンダは「Who am I?, Why XNA?, XNA Game Studio - the role of community, XNA2.0 - What’s new?, Creators Club Online」 彼はエバンジェリストで大学などに出向いてこういう話をすることもあるらしい。 「The Power of Creator Communities」 “Country Club”→YouTube,GrageBand,MySpaceに行き、そのあとCountry Clubに フィードバックがかかる。 「How did this happen?」  10年前はホームビデオは高価でしかなかったが、いまはContent,Communitiy, Technologyのループがエクスペリエンスとして高速に構成されていく。 “2400万ビュー”なんてちょっと前では考えられない数字だった。 「What about Games?」  さて、ゲームはエクスペリエンスを構成しているのは確かだが、どうだろう? Content,TechnologyはあるがCommunityはない。 「XNA in UK」  RARE,Lionhead studio他多数のユーザ。大学もパートナーにリストされている。 (skip, demoなど) 「XNA Framework - networking」 Goal:ネットワークマルチプレイヤーを可能にする、使いやすく、Xbox360と Windowsで。  マッチメーキング、プレイヤー管理、セッション管理 「New for 2.0」  VS2005のすべてのバージョンをサポート!   ソースコードコントロール、デバッグ、Windows上の単体テスト  Windowsと366はともに簡単に  管理とコンテンツ構築は一貫性を持つ 「XNA Creators Club Online」  2007年3月にWebsiteラウンチ  Forums, Articles, Tutorials, Videos  月間コンテンツリリース(26サンプル、4ミニゲーム、2スターターキット)  プレミアムコンテント   TorqueXゲームエンジン、2スターターキット  DVDによるビギナーズガイド 「XNA 2.0 wrap up」   Gamer Services、2007年末に提供開始予定 「Q&A」  オンライン配信システムについて質問してみた。もちろん計画はあるが、マー ケットプレイスはまだ。現在でもFlash経由で配ったり、.ccgame ファイルを ネットで配ることは出来る、ということ。ご質問は[email protected],comまで。