@o_ob at 2018-02-06


  • ここは譲らない猫 https://t.co/koG0WkYUaq 00:00:24
  • 逃げたいが逃げない猫。 https://t.co/t4P875V881 00:01:13
  • 素直じゃないねこ https://t.co/tYsQMnZsPd 00:02:43
  • 勢い余ってスケッチブックからこぼれ出す 00:07:55
  • 長男氏のサイエンスチャンネルと言う名の理科の研究発表練習につきあう作業終わり。

    なかなか家でのフォローアップが大変な教科。 00:26:35

  • すごい
    どんなに恥を忍んでスケッチブック垂れ流しても、誰も支持しないし、炎上もしない。
    認知的不協和どころか認知されない!

    なるほど、行動療法における暴露療法(exposure therapy)に通じるものがあるね。トラウマにV… https://t.co/ZFhGK2w6My 01:00:26

  • 考えてみれば暴露療法って、困ってるのは本人なので、投薬が増えるよりはいいのかも。

    まあ効果が期待できないなら恐怖をたくさん味わうことになるけど、それも慣れるなら結果につながるわけだし…。

    USCのSkip Rizzo先生が… https://t.co/5TjTcY1EcL 01:04:41

  • USCは全米2位の研究費規模だし軍事研究も大規模なので運営交付金比率の引用としては適切かどうかわからないけど、米国大は教授の定年問題もあるし。武田邦彦先生の「accreditationが画一的教育に繋がらないためには常に『文句を言… https://t.co/boC0f7PeV2 01:24:06
  • @ame__rd あっ気がつくの遅くてゴメン。
    なかなか大変な体験をしておられますね。
    私は医者ではないですしご本人を目にしておりませんので正しい事は一切言えませんが、辛いですよね…。

    いったん病気(と言われたこと)を忘れてみた… https://t.co/hcxxAysJmR in reply to ame__rd 01:34:05

  • Kindle版で「 #日本再興戦略 」読みはじめているけど、最初からハイスピード、かつ脚注ハイパーリンクだらけで紙の本で読める気がしない。

    1章に入る前に52箇所も脚注がある。

    まあでも頭いい人の脳内での話を本文で補うより、こ… https://t.co/ltmERdifOb 01:55:23

  • 脚注多すぎてKindle端末が2台必要か?と思ったのだけど遠慮なくハイパーリンクをつつくと戻ってくることができるので、読み深めるのも読み飛ばすのも選べて良い。

    おそらく中高生読者や受験への出題を想定しているのだろうな。

    国際会… https://t.co/SkROwPiEHe in reply to o_ob 02:28:40

  • そんなゲームブック的な楽しみがある本書だけど、すでにKindle引用が多すぎてシェアできない。
    すでにKindleのスキームに挑戦している感じが再興感あって最高かよ!って感じ。 https://t.co/eur3lYOyot in reply to o_ob 02:30:43
  • @ame__rd なるほど。治せないのに変な病名を突きつけた医者モドキが良くないね…まずは忘れよう。

    ちなみに私は治らないけどエピソードだけでエビデンスなく病名を突きつけてクスリを飲ませる精神科の先生よりも、めっちゃ痛いし処方し… https://t.co/zJakshOqJT in reply to ame__rd 02:35:04

  • @yk_ichinomiya 多重化同人サークル委託…。 in reply to yk_ichinomiya 10:46:25
  • 子供向けYoutubeが狂っている「エルサゲート問題」への解決策に「図書館に連れて行け」という案が。確かに。
    ブックチャンス事業ってそういう環境にある全ての子供たちにアプローチすべきなんだよな…4歳児健診に絵本の読み聞かせを届ける… https://t.co/8HZKYZab69 10:49:22
  • 親の都合などで図書館を知らず、本と出会えない子供を減らすため、乳児検診にあわせて本の読み聞かせを実施。結婚出産により退職したもと司書さんなどの集まりだったようですが、現在では相模原市をはじめとする公共図書館の運営事業まで委託される立場に。ブックオフを生んだ相模原から生まれた事業。 in reply to o_ob 10:55:13
  • あとは図書館だけでなくおもちゃ図書館、日本だと「Kid’s US Land」みたいなところに連れて行くのも子供の自発的な興味を開発するのに大事と思うんだよね。
    例えば相模原だとグッディプレイスにあります。15分100円でボールプー… https://t.co/ZE1RhrBwXc in reply to o_ob 12:02:24
  • フランスのおもちゃ図書館「Ludoteque」は、親の互助会でお金を出し合って大きなおもちゃを買ったり貸し出したりする。「飽きる」が前提の子供の遊びだからいい解決策。
    US Landには懐かしゲームや家では買いづらい撃ちモノ、巨大… https://t.co/6eVzW4iCfP in reply to o_ob 12:06:02
  • 一方で「保育園落ちた日本死ね」の状況にあるお母さんたちは24時間365日のワンオペ育児に浸りすぎていて、情報を能動的に収集する時間が本当にない。
    例えば遊戯施設だけでなく、市の一時預かりが登録さえしておけば時間600円で預かっても… https://t.co/JmfSkfHjb2 in reply to o_ob 12:09:57
  • スマホやYoutubeに任せっきりにして、リコメンド機能の極所解に子供を落とすより、子供の自由な遊びを開発する努力をした方が、将来的な子供の能力開発コストよりもはるかに安い。
    例えば英語やスポーツ、クリエイションに学習塾…など無限… https://t.co/YGe9HIPA2j in reply to o_ob 12:14:35
  • ところで保育所問題を考えるときに「日本死ね」を叫んでいる人は各自治体の保育環境の統計データや市議会での取り組みなどを調べているのだろうか。
    各自治体「子育て支援課」的な部門の名前から違う。「健康福祉局」「保育課」「こども課」など。統計上は労働人口問題として扱っている自治体もある。 in reply to o_ob 12:26:02
  • 多くの場合、その自治体に子供を抱いたお母さんが困った顔をして現れるのだろうけど(よく見る)、窓口には女性の職員は沢山いるけれど、平等公平の名の下にポイント制にして、職業や環境に貴賎ある判断をするしかない場になっていることもある。落… https://t.co/FgHW20upfA in reply to o_ob 12:29:30
  • まず役所にはお父さんが行った方がいい。
    子供の現物を連れて行く必要はない。
    ロジカルに、育児疲れが入ってない人間が、情報収集衛星をした方が安全である、といった冷静な判断すらできていない。
    というか父親だって初めてだし育児ノイローゼなのかもしれないのだ。程度の違いこそあれ。 in reply to o_ob 12:42:01
  • 引っ越しを考えるなら、自治体の子育て人口の移入移出状況、保育受け入れキャパの推移ぐらいはみておきたい。そもそも予算や取り組みが薄い自治体は統計の数字が出ていない。
    子育て時期だけあえて地価の高い自治体に賃貸で住むのもいい戦略。逆に固定資産税がとても高い自治体もあるわけで。 in reply to o_ob 12:42:02
  • 保育所問題の根底にあるのは、そのような「自治体のサポート」を社会と個人の努力や経済問題の1次元でしか見れなくなる環境にあるのではないか。多くの人が保育所を求めれば、キャパを上回るという単純な社会の一員としての能動性が見えなくなってしまう保育環境の認識の違いがある。 in reply to o_ob 12:42:04
  • しかしこれはいつ学ぶべきか?フランスだと中高生のファーストアルバイトは間違いなく「近所の子守」なので、学ぶ機会も世代間情報も多いのですが、日本の現在の社会構造だと両親学級か企業の人事部ぐらいしか教えようがないかもしれない。そして絶対的な解はない。親が柔軟に能動的になる必要がある。 in reply to o_ob 12:42:04
  • 「あたしおかあさんだから」は歌詞だけが問題ではなく、曲調と歌い手とメディアプロデュースの問題の方が大きい。現代の子育て応援ソングというよりは、80年代ガールズロックバンドに歌ってもらえれば良かったのかなと。現代のお母さんが不買不視… https://t.co/eqn6EGOYXK in reply to o_ob 13:04:54
  • でもそんな冷静さもお母さんたちは持ち得ていないとは思いたくない。

    無料の動画視聴サービスで観たものが、どうやってここまで届いたかも考えられないぐらいの事は想像できるけど、お母さんはいつでも自分で歌詞も歌も作って子供の前で歌ってみ… https://t.co/lGaeQlPOF8 in reply to o_ob 13:04:55

  • こうやって、子供に動画を見せている責任者は間違いなく親なのに、自分でそれを能動的に解決する方法もあるはずなのに、他人のせい、社会のせい、サービスのせい、クリエイターのせいにするのは、果たして皆さんが望んでいる教育なのか、いまいちど考えて頂きたいです。 in reply to o_ob 13:04:55
  • 冬の晴れ間に自分の腕の力でお布団が干せる嬉しさよ。この喜びや価値は他の人にはわからないプライスレスな感覚だし、わかってもらえたら嬉しいかなとも思うけどそれは別な嬉しさだし、認知的不協和どころか認知してもらえないことの方が正しいかな… https://t.co/l285ELxl3q 15:49:53
  • Galaxy NGC 474: Shells and Star Streams via NASA https://t.co/A0ywFAZyBV https://t.co/2jsZjGnMnN 15:54:27
  • 大学教員が何故か2行あるけどヒマなときに学会やら国際会議が入っているのが普通の大学教員さんかなと思うし、実際にはそこで発表する学生さんの指導やら旅行準備やら清算や報告書が含まれてもっと忙しいのかもね。

    ああ小学校の先生も尊いや.… https://t.co/ylItNRNkwq 17:42:10

  • やっぱり80年代テイストなんだよ。
    自分はNOKKOあたりに歌ってもらえたら、とてもしっくりくるもの。

    #あたしおかあさんだから の歌詞を読んで騒然となる新井素子クラスタ – Togetter https://t.co/xUquzgNmt0 18:06:23

  • 人の幸せ
    みんな一緒
    そんなの幻想
    他者を傷つける
    お母さんだから?
    例外ではないあなた

    お母さんが幸せでも
    あたしは幸せじゃない

    そういうこと言って
    笑いあえる家族
    まあ幸せなんじゃないのかな

    幸せなんて私だけのもの
    比べ… https://t.co/nmEh2blNhi 18:10:58

  • ビッグ(サイト)ビジネスの予感 https://t.co/HImUikGMUD 20:56:53
  • RT @yk_ichinomiya: ひとつの案ですが、技術書典4での弊サークルスペースを使って、AR的な手法で複数サークルを仮想的に同居させるというのはどうでしょう?
    実態としては委託販売ですが、見せ方を工夫すれば面白くなるような…( ˇωˇ )
    #裏書典 21:05:12
  • RT @jinrui_nikki: なぜ大学教員たちは、そういう労働時間概念が薄すぎるのかというと。おそらくは院生のころから、週末/連休/休暇、一切関係なく、自由の効く時間を潰して、本読んで調査して論文書いて、ということをやってきて、そのまま職業人になるからだと思います。空いた… 21:10:45
  • RT @jinrui_nikki: 大学教員の休みが長いか短いかとかいう話が流れましたが。
    基本、「時間拘束される仕事」と「時間拘束のない仕事」の2種類しかないんじゃないかと思っています。
    だって、「夏は/週末は/連休は時間の自由が効くだろうから、会議入れよう/行事入れよう/原… 21:11:07
  • ブラック転落とか軽々しい言葉でまとめないで欲しいな。
    個々人の自律・自制も重要だけど、自律・自制が効かない組織や環境であるという見方もあるわけで。 https://t.co/Gn9Vh2XmIu 21:14:14
  • リハビリ&スイミングストレッチ終わり。
    CPMで左右160度まで挙上1時間、その後壁ストレッチ30分で150度まで自力挙上に成功。スイミングストレッチは合計400m。背泳がついに左手を伸ばせるように。開発した両手を後ろに組んで脚だ… https://t.co/JTs8QRt6Gn 21:41:03
  • 共通の「休み方」なんて幻想。他世代や他業種にはそれぞれの休み方があるように、仕事がポスドク、在フランス研究者、科学館、大学と変わっても、家族が増えても子供が増えても、仕事を長期休む事になっても、休むという行為は広く自分の人間性のために心と時間を使う事。
    ただし島流しではないべき。 in reply to o_ob 21:50:30
  • @H_Kuruno どんなペースで変化させていくかはその人やその人の周りの環境にもよりますね。例えば出産後の復帰などでも同じことが言えます。
    先生と呼ばれる仕事が危ないのは、職責が24時間365日ついて回る社会通念のおかげで「弱い… https://t.co/Rv3TgusPzX in reply to H_Kuruno 23:04:26
  • 医者、教員、弁護士、政治家など「先生」と呼ばれる職業は、本来オフである時間にも24時間365日「それらしく在る必要がある」という社会の圧迫がある。
    医師の場合は医師法でそれなりに定められているが、実態は寒気がする。オンコール(院外での待機時間)もあるが勤務時間には含まれていない。 23:40:49
  • 労働基準法改正で平成34年までにこの状態を是正する必要があるが、データを見るかぎりでは、20-40代男性は子供の有無に関わらず週60時間勤務。50代になっても50時間。
    https://t.co/mgZHMEGL0T in reply to o_ob 23:40:50
  • 例えば朝の1限で9時には大学にいて、学生指導して終バス終わってから事務処理やら研究して24-27時クルマで帰宅就寝、翌日繰り返しという18時間労働+不眠の週90時間以上労働が常態化している先生は「休み方」ではなく「働き方」が医者と… https://t.co/EXf9nXoQdr in reply to o_ob 23:40:50
  • 医師も教員も“労働者ではない”という日本医師会会長の意見は過激なようでいて、実際には労働時間ではなく研究や技術を磨く時間としての考え方で腑に落ちる。医師が過労で倒れた時の病院の不利益もよく想定されている。/日本医師会・横倉会長に発… https://t.co/lWwcnG4bOf in reply to o_ob 23:49:18
  • 過労で不眠の医師が、通勤中の車の運転で事故を一発でもやらかせば、そんな簡単な問題はすぐに明るみになる。
    でも医者の先生はそんな事故を起こさないように、細心の注意で通る道や時間帯を考えて日々通勤しているんだ。

    労働者、勤務者は職場… https://t.co/nxgVnWGywr in reply to o_ob 23:52:45

  • 何かおかしいなと思うのは、5年の猶予期間という軟着陸の中で、法に逆らうような病院の勤務状態、運営状態に、患者はノーと言うべきなのに、全部医者まかせにしてはいないだろうか。

    そして命を預かるのは医師だけではないんだ。
    学校の先生だ… https://t.co/EkubhzxMmr in reply to o_ob 23:56:40