メキシコのVR/AR教育に関する国際会議で招待講演2連発の予定

11月15日から23日にかけてVARE’15というメキシコのモンテレイで開催される国際会議の基調講演に御呼ばれしたので行ってきます。

2015 International Conference Virtual and Augmented Reality in Education (VARE´15)

「第3回 VR/AR教育に関する国際会議」ということでしょうか。
2015/11/21の午後。Social ProgramのKeynoteとは光栄です。

PIXELART

programa_nvo2

 

なんだかその開催大学であるモントレー工科大学(Tecnológico de Monterrey)のCampus Puebla(プエブラとモントレーは離れたキャンパス)で、11/17にPIXEL ARTという教育エキスポがあるらしく、そこの講演も呼ばれてしまいました。

プエブラはメキシコシティから東に150kmほどの世界遺産もあるような美しい都市。
写真を見る限り本当に美しい(参考)。

モンテレイも大都市で、山が美しい。

世話人であるAldana Salvador先生によるモンテレイ工科大学学内向け告知によると…

Proximo evento desde Japon en nuestro campus
LIDER ACADEMICO DR. SHIRAI, PIXEL ART. Martes 17 de Noviembre a las 12.00 auditorio Biblioteca central. No FALTES.

EspaniolはわかりませんのでGoogleさんに聞いてみますと、

Next event from Japan on campus
ACADEMIC LEADER DR. SHIRAI, PIXEL ART. Tuesday, 17 November at 12.00 Central Library auditorium. Do not miss.

ということらしいです。Academic Leaderとはちょっと言い過ぎかもしれませんが、HMDとか使わないVRやエンタテイメントシステムについて思いっきり講演してこようと思います。

ちなみにこちらはVAREの基調講演タイトルとその内容。
Title: Entertainment Systems, Value Engineering beyond Virtual Reality

Speaker: Akihiko SHIRAI, Ph.D, Kanagawa Institute of Technology
Date & Time: Saturday, 11:00-12:00, 21st November 2015

This keynote talk share knowledge of new value of virtual reality through long time experiences in entertainment system, which is a system designed for human amusements. Speaker had experienced in computer graphics and video game industry, haptic, vibrotactile sensation, real-time physics simulation, infancy player observation, multicultural contents, science communication in public science museum and education through virtual reality student competition. This talk also includes latest augmented reality technique, ExPixel, simultaneous multiplex-image hiding technique in consumer 3D flat panels.

そういえば昔、Tangible Playroomの研究していたころ、メキシコの子供科学館から展示の依頼が舞い込んだこともあったなあ…。

ところでスペイン語はフランス語に似ているので、変換を覚えると、結構読めるし聞けるかんじです。治安がいいといいなあ。

 

メキシコのVR/AR教育に関する国際会議で招待講演2連発の予定」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。