パリの2015/11/13同時襲撃事件、どこで起きているのか?在フランス日本大使館からの情報から。

在フランス日本国大使館からの情報が日本で入手できる報道情報よりもかなり詳しいので、それをもとに地図上で把握してみました。

なお、在フランス日本国大使館からは近年、一斉通報(INSIDE Integrated Notify Support In Disaster & Emergency)というシステムがあり、フランス在住時に在留届に記入されたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに以下のような情報が届きます。

【追記:日本時間2015/11/14 22:45 犯行声明について情報が出ました】

2015年11月14日
在フランス日本国大使館より

パリ市10区・11区における銃撃事件・人質立てこもり事件,国立競技場における爆発事件の発生に伴う注意喚起(その4)

1.13日22時頃(現地時間),現地の報道によれば,パリ10区及び11区(1.ビシャ通りのレストラン「ル・プティ・カンボッジ」(rue Bichat),2.フォンテーヌ・オ・ロワ通りのカフェ(rue de la Fontaine au roi),3.ヴォルテール大通りの小劇場「バタクラン」(Bataclan, Boulevard Voltaire),4.シャロンヌ通り(rue de Charonne),5.レピュブリック通り(avenue de la Republique),6.ボーマルシャ通り(boulevard Baumarchais))及び7.パリ北部近郊の国立競技場(Stade de France)において,銃撃事件等が発生しました。仏政府の発表によれば,少なくとも127人以上が死亡し,多数が負傷しました。

2 本事件については,オランド仏大統領はイスラム過激派ISIL(イラク・レバントのイスラム国)により実施されたとして発表しました。一方,ISILは本事件について犯行声明を発出し,フランスに対する更なる攻撃を警告しています。

3.14日,パリ警視庁の観光安全対策官は,今般の連続テロ事件の発生を受けて,現在,すべての観光名所が閉鎖されており,今後,新たなテロ事件の発生の可能性も排除できないので,不要不急の外出を控えるよう呼びかけています。また,同日,パリ市の施設(学校,美術館,図書館,体育館,プール,マルシェ)は全て閉鎖され,集会・デモに対する許可は取消されると報じられています。必要な場合を除いて外出は避け自宅に止まるよう呼びかけております。フランス外務省は,さらに,オランド大統領はが記者会見でフランス全土における緊急事態を宣言し,フランス外務省は国境(陸路,空港,鉄道,海上)におけるコントロールの強化を発表しました。

4.当地報道によれば,14日,パリ市の施設(学校,美術館,図書館,体育館,プール,マルシェ)は全て閉鎖され,集会・デモに対する許可は取消されると報じられています。さらに,オランド大統領は記者会見でフランス全土における緊急事態を宣言し,フランス外務省は国境(陸路,空港,鉄道,海上)におけるコントロールの強化を発表しました。

5.つきましては,フランスへ渡航・滞在される方は,以上の状況を考慮し,テロ事件や不測の事態に巻き込まれることのないよう,最新の関連情報の入手に努めてください。特に,イル・ド・フランス州へ渡航・滞在されている方は不必要な外出は避け,事件現場周辺には近づかず,テロの標的となりやすい場所(政府・軍・警察関係施設,公共交通機関,観光施設,デパートや市場など不特定多数が集まる場所)は可能な限り避け,訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な状況を察知したら,速やかにその場を離れるなど安全確保に十分注意してください。

(追記終わり)


2015年11月14日10:50時点の経過情報です。


パリ市10区・11区における銃撃事件・人質立てこもり事件,国立競技場における爆発事件の発生に伴う注意喚起(その2)

1.13日22時頃(現地時間)、現地の報道によれば、パリ10区及び11区(1.ビシャ通りのレストラン「ル・プティ・カンボッジ」(rue Bichat)、2.フォンテーヌ・オ・ロワ通りのカフェ(rue de la Fontaine au roi)、3.ヴォルテール大通りの小劇場「バタクラン」(Bataclan, Boulevard Voltaire)、4.シャロンヌ通りrue de Charonne)、5.レピュブリック通り(avenue de la Republique)、6.ボーマルシャ通り(boulevard Baumarchais))及び7.パリ北部近郊の国立競技場(Stade de France)において、銃撃事件等が発生しました。

2.現地の報道では、一連の事件に伴う被害数は、死者100名以上、重軽傷者130名以上と報じられています。なお、11区の米国の音楽グループがコンサートを行っていたバタクランのライブ会場においては、人質をとり立てこもっていた犯人3名が、特殊部隊の介入により死亡し、立てこもり事件は終結と報じられています。

3.今次の連続テロを受け、パリ警視庁は市民に、どうしても必要な場合を除いて外出は避け自宅に止まるよう呼びかけており、また、13日23時55分頃、オランド大統領は記者会見でフランス全土における緊急事態を宣言し、国境を閉鎖すると発表しました。

4.つきましては、フランスへ渡航・滞在される方は、以上の状況を考慮し、テロ事件や不測の事態に巻き込まれることのないよう、最新の関連情報の入手に努めて慎重に対応してください。


 

朝8:30時点の速報

在留邦人の皆様
たびレジに登録された皆様

2015年11月14日
在フランス日本国大使館より

パリ市10区・11区における銃撃事件・人質立てこもり事件,国立競技場における爆発事件の発生に伴う注意喚起

1.13日22時頃(現地時間)、パリ市10区・11区の3カ所(rue de la Fontaine au roi, rue de Charonne, et au Bataclan)において銃撃事件が発生しました。現地の報道によれば,死者は当初の報道では18人でしたがその後報道が更新される度に増えています。また,犯人は人質をとっていると報じられてます。

2.また,現地報道によれば,サッカー仏独親善試合が行われていたパリ北部近郊の国立競技場(Stade de France)で2度爆発が発生し,観戦中のオランド大統領は現場から退避し,少なくとも負傷者が1名でている模様です。

3.つきましては,フランスへ渡航・滞在される方は,以上の状況を考慮し,テロ事件や不測の事態に巻き込まれることのないよう,最新の関連情報の入手に努めてください。特に,パリ市を含むイル・ド・フランス州へ渡航・滞在されている方は,特にテロの標的となりやすい場所(政府・軍・警察関係施設,公共交通機関,観光施設,デパートや市場など不特定多数が集まる場所)は避けるようにしてください。


 

日本の外務省、在フランス日本大使館、グッジョブ。Bien travaillerです。

CTvOLpqUwAAz7Nx

以下関連ツイート

関連リンク

在フランス日本大使館 安全情報
http://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/anzen/

Facebookの災害時情報センター。安否情報を記録できます。

https://www.facebook.com/safetycheck/paris_terror_attacks/

 

パリの2015/11/13同時襲撃事件、どこで起きているのか?在フランス日本大使館からの情報から。」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。