小中学の6.5%に発達障害の可能性、その調査項目とは?

「小中学の6.5%に発達障害の可能性 4割は支援受けず」
2012/12/5 17:00 (2012/12/5 21:31日経新聞)

 全国の公立小中学校の通常学級に在籍する児童生徒の6.5%が、人とコミュニケーションがうまく取れないなどの発達障害の可能性があることが5日、文部科学省の調査で分かった。推計で約60万人に上る。しかし4割弱の児童生徒は特別な支援を受けておらず、専門家は「支援策を話し合う校内委員会などが十分に機能していない」と指摘している。

http://mxt.nikkei.com/?4_8722_119538_1

[browser-shot url=”http://mxt.nikkei.com/?4_8722_119538_1″ width=”600″]

日経の記事だけ観て教育を語るのは意味がないので、調査の詳細を知るべく、文部科学省のプレスリリースを探した。

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/tokubetu/material/1328849.htm
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/tokubetu/material/__icsFiles/afieldfile/2012/12/05/1328849_01.pdf
[browser-shot url=”http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/tokubetu/material/1328849.htm” width=”600″]

以下、調査項目について上記PDFから抜粋。

<質問項目>
Ⅰ 児童生徒の困難の状況
<学習面(「聞く」「話す」「読む」「書く」「計算する」「推論する」)> ※1
・聞き間違いがある(「知った」を「行った」と聞き違える)
・聞きもらしがある
・個別に言われると聞き取れるが、集団場面では難しい
・指示の理解が難しい
・話し合いが難しい(話し合いの流れが理解できず、ついていけない)
・適切な速さで話すことが難しい(たどたどしく話す。とても早口である)
・ことばにつまったりする
・単語を羅列したり、短い文で内容的に乏しい話をする
・思いつくままに話すなど、筋道の通った話をするのが難しい
・内容をわかりやすく伝えることが難しい
・初めて出てきた語や、普段あまり使わない語などを読み間違える
・文中の語句や行を抜かしたり、または繰り返し読んだりする
・音読が遅い
・勝手読みがある(「いきました」を「いました」と読む)
・文章の要点を正しく読みとることが難しい
・読みにくい字を書く(字の形や大きさが整っていない。まっすぐに書けない)
・独特の筆順で書く
・漢字の細かい部分を書き間違える
・句読点が抜けたり、正しく打つことができない
・限られた量の作文や、決まったパターンの文章しか書かない
・学年相応の数の意味や表し方についての理解が難しい(三千四十七を300047や347と書く。分母の大きい方が分数の値として大きいと思っている)
・簡単な計算が暗算でできない
・計算をするのにとても時間がかかる
・答えを得るのにいくつかの手続きを要する問題を解くのが難しい(四則混合の計算。2つの立式を必要とする計算)
・学年相応の文章題を解くのが難しい
・学年相応の量を比較することや、量を表す単位を理解することが難しい(長さやかさの比較。「15cmは150mm」ということ)
・学年相応の図形を描くことが難しい(丸やひし形などの図形の模写。見取り図や展開図)
・事物の因果関係を理解することが難しい
・目的に沿って行動を計画し、必要に応じてそれを修正することが難しい
・早合点や、飛躍した考えをする
(0:ない、1:まれにある、2:ときどきある、3:よくある、の4段階で回答)

<行動面(「不注意」「多動性-衝動性」)> ※2
・学業において、綿密に注意することができない、または不注意な間違いをする。
・手足をそわそわと動かし、またはいすの上でもじもじする。
・課題または遊びの活動で注意を集中し続けることが難しい。
・教室や、その他、座っていることを要求される状況で席を離れる。
・直接話しかけられたときに聞いてないように見える。
・不適切な状況で、余計に走り回ったり高い所へ上ったりする。
・指示に従えず、課題や任務をやり遂げることができない。
・静かに遊んだり余暇活動につくことができない。
・課題や活動を順序だてることが難しい。
・「じっとしていない」、またはまるで「エンジンで動かされているように」行動する。
・(学業や宿題のような)精神的努力の持続を要する課題を避ける。
・しゃべりすぎる。
・課題や活動に必要なものをなくしてしまう。
・質問が終わる前に出し抜けに答え始めてしまう。
・気が散りやすい。
・順番を待つことが難しい。
・日々の活動で忘れっぽい。
・他人を妨害したり、邪魔をする。
(0:ない、もしくはほとんどない、1:ときどきある、2:しばしばある、3:非常にしばしばある、の4段階で回答)

<行動面(「対人関係やこだわり等」)> ※3
・大人びている。ませている
・みんなから、「○○博士」「○○教授」と思われている(例:カレンダー博士)
・他の子どもは興味を持たないようなことに興味があり、「自分だけの知識世界」を持っている
・特定の分野の知識を蓄えているが、丸暗記であり、意味をきちんと理解していない
・含みのある言葉や嫌みを言われても分からず、言葉通りに受けとめてしまうことがある
・会話の仕方が形式的であり、抑揚なく話したり、間合いが取れなかったりすることがある
・言葉を組み合わせて、自分だけにしか分からないような造語を作る
・独特な声で話すことがある
・誰かに何かを伝える目的がなくても、場面に関係なく声を出す(例:唇を鳴らす、咳払い、喉を鳴らす、叫ぶ)
・とても得意なことがある一方で、極端に不得手なものがある
・いろいろな事を話すが、その時の場面や相手の感情や立場を理解しない
・共感性が乏しい
・周りの人が困惑するようなことも、配慮しないで言ってしまう
・独特な目つきをすることがある
・友達と仲良くしたいという気持ちはあるけれど、友達関係をうまく築けない
・友達のそばにはいるが、一人で遊んでいる
・仲の良い友人がいない
・常識が乏しい
・球技やゲームをする時、仲間と協力することに考えが及ばない
・動作やジェスチャーが不器用で、ぎこちないことがある
・意図的でなく、顔や体を動かすことがある
・ある行動や考えに強くこだわることによって、簡単な日常の活動ができなくなることがある
・自分なりの独特な日課や手順があり、変更や変化を嫌がる
・特定の物に執着がある
・他の子どもたちから、いじめられることがある
・独特な表情をしていることがある
・独特な姿勢をしていることがある
(0:いいえ、1:多少、2,はい、の3段階で回答)

※1 <学習面(「聞く」「話す」「読む」「書く」「計算する」「推論する」)>の質問項目については、「LDI-R-LD診断のための調査票-」(日本文化科学社)を参考に作成。
※2 <行動面(「不注意」「多動性-衝動性」)>の質問項目については、株式会社明石書店の著作物である「ADHD評価スケール」を使用。よって、同社に無断で転載、複製、翻案、頒布、公衆送信を行うことはできない。
※3 <行動面(「対人関係やこだわり等」)>の質問項目については、スウェーデンの研究者によって作成された、高機能自閉症に関するスクリーニング質問紙(ASSQ)を参考に作成。

Ⅱ 児童生徒の受けている支援の状況
・校内委員会において、現在、特別な教育的支援が必要と判断されているか
(0:必要と判断されている 1:必要と判断されていない)
・現在、通級による指導を受けているか
(0:受けていない、1:自校通級、2:他校通級)
・過去に通級による指導を受けていたことはあるか
(0:受けていない、1:自校通級、2:他校通級)
・過去に特別支援学級に在籍していたことがあるか
(0:在籍していたことがある、1:在籍していたことはない)
・「個別の教育支援計画」を作成しているか
(0:作成している、1:作成していない、2:現在はないが過去に作成していた)
・「個別の指導計画」を作成しているか
(0:作成している、1:作成していない、2:現在はないが過去に作成していた)
・特別支援教育支援員の支援の対象となっているか(支援員一人が複数の児童生徒を
支援している場合も含む)
(0:なっている、1:なっていない、2:現在はなっていないが過去なっていた)
・授業時間以外の個別の配慮・支援を行っているか(補習授業の実施、宿題の工夫 等)
(0:行っている、1:行っていない、2:現在は行っていないが過去行っていた)
・授業時間内に教室以外の場で個別の配慮・支援を行っているか(通級による指導を除く)(個別指導 等)
(0:行っている、1:行っていない、2:現在は行っていないが過去行っていた)
・授業時間内に教室内で個別の配慮・支援を行っているか(特別支援教育支援員による支援を除く)(座席位置の配慮、コミュニケーション上の配慮、習熟度別学習における配慮、個別の課題の工夫 等)
(0:行っている、1:行っていない、2:現在は行っていないが過去行っていた)

以上引用終わり。

国の研究所と法律に基づく調査なのだけど、いったいどんな意味があるのだろう?

うちの息子は

<行動面(「不注意」「多動性-衝動性」)> では以下が該当するように思う。
・学業において、綿密に注意することができない、または不注意な間違いをする。
・指示に従えず、課題や任務をやり遂げることができない。
・(学業や宿題のような)精神的努力の持続を要する課題を避ける。
・課題や活動に必要なものをなくしてしまう。
・気が散りやすい。
・日々の活動で忘れっぽい。

<行動面(「対人関係やこだわり等」)>では
・みんなから、「○○博士」「○○教授」と思われている(例:カレンダー博士)
・他の子どもは興味を持たないようなことに興味があり、「自分だけの知識世界」を持っている
・特定の分野の知識を蓄えているが、丸暗記であり、意味をきちんと理解していない
・言葉を組み合わせて、自分だけにしか分からないような造語を作る
・とても得意なことがある一方で、極端に不得手なものがある
・いろいろな事を話すが、その時の場面や相手の感情や立場を理解しない
・共感性が乏しい
・周りの人が困惑するようなことも、配慮しないで言ってしまう
・友達と仲良くしたいという気持ちはあるけれど、友達関係をうまく築けない
・友達のそばにはいるが、一人で遊んでいる
・仲の良い友人がいない
・球技やゲームをする時、仲間と協力することに考えが及ばない
・ある行動や考えに強くこだわることによって、簡単な日常の活動ができなくなることがある
・特定の物に執着がある
・他の子どもたちから、いじめられることがある

これぐらいは該当するなあ。程度の差こそあれ。

国の法律に基づく研究機関の研究だそうです。一通り読んでみたけどやはりよくまだわからないことだらけだ。

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/tokubetu/hattatu.htm

[browser-shot url=”http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/tokubetu/hattatu.htm” width=”600″]

次の選挙でこの手の公教育における問題に差し込んでいる政党はどこだろう?

朝日新聞で各候補者(小選挙区含む)の政治主張の可視化があるのだけど、教育問題については全く触れていない。

http://www.asahi.com/senkyo/sousenkyo46/asahitodai/

[browser-shot url=”http://www.asahi.com/senkyo/sousenkyo46/asahitodai/” width=”600″]

この時点で、マスコミ、ジャーナリズムが偏重しているということが本当によくわかる。

「消費税増税賛成、ただしこの目的で増税して世の中をこうしたい!」という話をできる政治家がどれだけいるのか。

各党がそういったビジョンがしっかりした政治家をどれだけ集められているのか。

本気で選挙に参加したい国民に対して、本気で責任もって受け止められる政治家がどれだけいるのか。

少なくとも、小学生が義務教育終わるぐらいまでの期間は、責任もっていただきたいものである。

 

小中学の6.5%に発達障害の可能性、その調査項目とは?」への3件のフィードバック

コメントは受け付けていません。