2010-10-23

  1. おとなしく京都駅に帰ってきた。#EntComp2010 01:43 via Echofon
  2. Kinectの求人にはMotion Interaction Artistという職種がしばらくあった RT@hari_nezumi: RT@drinami: ゲーム業界だと同じ職種でも日本ではデザイナー,アメリカではアーティストと言うらしい#ec2010game 01:51 via Echofon
  3. 「さきっちょ」の科学コミュニケーション能力は高い。#ShiraiLab 04:41 via twittbot.net
  4. .@miyayou さんの「エンターテインメント・コンピューティング 2010 つぶやきまとめ (土曜日)」をお気に入りにしました。 http://togetter.com/li/62092 04:47 via Togetter – トゥギャッター
  5. なるほど4時です 08:01 via twittbot.net
  6. 始まってます。何故か大根が出てきました。RT@akita11: A会場は、そろそろ話題のセクハラインタフェースの発表かな。#entcomp2010 15:24 via Twitter for iPhone
  7. やりきれない諸君に「ラブプレス」を紹介しておく。てゆか大根をマッサージすればよかったのか。#EntComp2010 15:26 via Twitter for iPhone
  8. 「セクハラライブ」か。大根にとってはとんだハラスメントだ。#EntComp2010 15:28 via Twitter for iPhone
  9. ブラックな笑いってなんやねん。 会場がVJすぎて検出しようがない~。 そして「筐体の造型」という意味では、もっと太い大根の方がセクシーだよね。 #EntComp2010 15:30 via Twitter for iPhone
  10. セクハラ大根の質疑応答。 「ラブプレス」における喜怒哀楽の同居による笑いの実装と、嫁の内部モデルについても紹介しておいた。 次のインタラクションとかで発表しておいた方がいいのかもなあ。#EntComp2010 15:37 via Twitter for iPhone
  11. 社会に向けてメディアアートを発信するって、責任ある行為です。 うちも やってみた、だけでは語れない大変さがありました。 「ラブプレス」 http://www.shirai.la/project/lovepress#EntComp2010 15:49 via Twitter for iPhone
  12. タグ付与#entcomp2010 RT@miyayou miyayou お世話になっています。土曜日のつぶやきもまとめました。 RT エンターテインメント・コンピューティング2010 つぶやきまとめ (土曜日)http://togetter.com/li/62092 15:52 via web in reply to miyayou
  13. アートにおけるパッションはどう解釈されているんだろう。ちなみに昨日の自分の発表ではシラーの「感性的衝動と形式的衝動を遊戯によって媒介」を紹介したが、もっとちゃんと話す場所が欲しい。#entcomp2010 16:00 via web
  14. 「奉仕」させるUI RT@nakamuraセクハラおやじに対してどういった嫌がらせができるかを考えてみるのは面白いと思う.是非ともどういう実現方法がいいか考えて欲しい.あと,若い男の子向けのライブハウスは適して無いんじゃないかな.#entcomp2010 16:04 via web in reply to nakamura
  15. 昼食を諦めデモ見学をコンプリートしたい 迅速に見る方法ないかなー。[EXPRESS]とかバッジつけて…。 RT@teradatsutomuみなさんデモ発表の投票をお願いいたします!#entcomp2010 16:09 via web in reply to teradatsutomu
  16. 蝉は7年も地中で暮らし、一夏鳴いてその一生のクライマックスを迎える。君が小学生6年生の時に捕まえそびれた蝉の子孫が、そこで鳴いているってことだ。#ShiraiLab 16:41 via twittbot.net
  17. 狂言すばらしい。擬音が。 鋸「づかづかづかづかり・・・」 話がモンティ・パイソンにおける「シチュエーション」コメディの話になった。 #entcomp2010 18:25 via web
  18. スラップスティックがSensory motor play(感覚運動遊び)を使った遊びだとすると、シチュエーションコメディはシンボリックプレイやルールプレイに通じるものがあるな。笑いの共通要素への思索は遊び研究に通じるものがあるな。#entcomp2010 18:29 via web
  19. エンタテイメントコンピューティングにおける「ゆりもどし」もあるだろうなー。#entcomp2010 18:30 via web
  20. 「あらびき団」 あれはたしかにメタ笑いだよな。あの設え東野・藤井でコンペをさせることで、新規開拓を掘り起こしている。 #本来上演に耐えないもの。#entcomp2010 18:32 via web
  21. 狂言師がラーメンズの「スタディ」の動画公開の流れ。 『単に自分が好きなだけです!ラーメンズはとりあえず全部見たほうがいいです』#entcomp2010 18:33 via web
  22. なんと基調講演で ラーメンズ「スタディ」フルで見て、笑いの分析が始まった。 一瞬講演者が話の流れを忘れた風味!#entcomp2010 18:51 via web
  23. 茂山:ラーメンズは相当稽古している、これはおそらく台本はかけないだろう、質問するから身体表現で答えろ、といった言葉遊びから始まっていると想像する。このように現場で作った作品はたくさん増えている。#entcomp2010 18:54 via web
  24. 茂山:内容がない、ストーリーがないという狂言はありえないが、ちょっとみてほしい。 「これはこのあたりですまいいたすものでござる」 〜おじゃる→まろは… ほーっほっほほ 〜ござるか→わからぬのよな…#entcomp2010 18:57 via web
  25. 毒(ぶす)のパロディだね 「す」#entcomp2010 18:58 via web
  26. 茂山:いかに古いものの形で新しい笑いを作っていくか。狂言というのは真似、に近い。コントよりも狂言が先にあるわけですけれども、コントから狂言に笑いを輸入していくことで高級な笑い、質の高い笑いを追求していきたいわけです。#entcomp2010 19:01 via web
  27. これからも基本設計と戦略がしっかりしたロジック・シチュエーション笑いを追求してみようと決意した。#ShiraiLab#entcomp2010 19:02 via web
  28. <質疑応答> Q:アドリブはどうなの?狂言てもとからいろいろ A:アドリブは対応できる人がいて初めて笑える。#Entcomp2010 19:04 via web
  29. 「ゆりもどし」について個人的に考察。 未来館での実演でもアドリブに耐えられるSCとそうでない人っている。 しっかり稽古すると、(普通の人は)形式が強くなってくるが、そうするとアドリブも飛ばしも十分たえられる。#entcomp2010 19:07 via web
  30. 初日夜、上方落語にツッコミ(あいの手)を入れてしまった私。恥ずかし。 でもあれも計算づくで振られたものと思います。わ。#entcomp2010 19:08 via web
  31. そういう話だよね共有するべくは RT@moja_etsuko RT@T_SONOYAMA: やはり!濡れた方が…(ry QT@moja_etsuko:@T_SONOYAMA 皮をむかれてむきだしになった部分の方が水分量多いぶん感度が良くなってた#entcomp2010 19:22 via web in reply to moja_etsuko
  32. 個人的な雑感: 笑いに対して真剣に。 その真剣さすら笑いにできるのだから。 エンタテイメントコンピューティングもそうあってほしい。#entcomp2010 19:24 via web
  33. 「Best Tweets賞」ねらってた 存在しなくて残念w#entcomp2010 19:28 via web
  34. 関テレ「カンテーレ賞」は「ご近所知るえっと」椎尾研。 設営撤去中かも…パンを加えて会場に向かわないと。 そういえば今夜の「革命TV」椎尾研特集もテレビ受けするわけで。#entcomp2010 19:30 via web
  35. 茂山童司「童司賞」は ダイラタント流体〜「ダイラタノシー」IVRC2009から受賞しまくりだ。 そして後ろで遅刻パンが…#entcomp2010 19:33 via web
  36. 【遅刻パン】おいしいところを持っていくパン。くわえたまま交差点で異性にぶつかると結ばれる。 RT@T_SONOYAMA今年のお茶大は遅刻に始まって遅刻に終わるwww#entcomp2010 19:35 via web
  37. 阪大 吉元くんりっぱやわー。「IVRCで!」がラジオで流れる。流体だけに。#entcomp2010 19:36 via web
  38. 気をとり直してカンテーレ賞の授賞。 「ちこくちこく…」「ああパンがない」って さらに壇上で先生自ら記念撮影。#entcomp2010 19:37 via web
  39. 関東人にとって地方TV局のグッズは普通に目に入らないので、同じ日本語が書いてあっても異文化風味でいいよね。#entcomp2010 19:39 via web
  40. 芸術科学会賞 プレゼンターは土佐さん 「カルチュラルコンピューティング賞」 拡張現実感技術を用いた伝統芸能保持者の身体感覚の伝送に関する研究 土山祐介 檜山敦(東大 廣瀬研)#entcomp2010 19:41 via web
  41. 「芸術科学会賞」は『エスパードミノ』須木・鈴木・小林(IAMAS)#entcomp2010 19:42 via web
  42. 予告編がアップされてる。 うわー本当に、AKBじゃなくてRKJになっとる。 RT@drinami今晩@siio 研が革命×テレビに登場 http://ow.ly/2YoVt#entcomp2010 19:43 via web in reply to drinami
  43. 「Phoenix-Letters」 口頭発表から選出される賞としては文句なしだな。沢山の人が見ていたし、なにより「外国人の高校2年生3週間」というのはすごい。 ちなみに個人的に彼女に夢を聞いてみたが、将来バイオの研究者になりたいそうだ。#entcomp2010 19:49 via web
  44. これからも講義やゼミでハイエンドな笑いを追求しようっと。 あと日本語フランス語の世界でも。 19:50 via web
  45. EC2010論文賞は「昆虫音声」! 個人的にベストだっただけに、これは嬉しい。 ストイックに信号処理して、昆虫語を解釈できるセンサグリッドつくって地球環境を変えて欲しい。#entcomp2010 19:53 via web
  46. つぎは次点、惜しいけど何も無い賞! 東工大 三武くん バーチャルクリーチャ#entcomp2010 19:55 via web
  47. くまのたたりだー バーチャルなリンゴのうらみじゃあー #entcomp2010 19:56 via web
  48. バーチャルな表彰状に対して 立派なコメント。すばらしい。 そういえばD論おわったらどうするのかな?#entcomp2010 19:57 via web
  49. EC2010デモ、個人的には「ベリーマウス」の将来に期待。 展開としては「iPhone手相」の成功も祈りたい。 EC2010の「4日目」の話として「インタラクション2011」@未来館の紹介。一般向け展示は大変だよー。#entcomp2010 20:02 via web
  50. 「インタラクション2011」 なんと展示発表は「すべての発表申込を受け入れる」=査読なし。 しかも一般講演締切(11/8)採択結果のあとインタラクティブ発表の締切り。 インタラクティブ発表賞はたしかに価値は高いな。#entcomp2010 20:04 via web
  51. 実際、エスパードミノは混んでいた。 ディスカッションもしっかりやっていた。 学生のプレゼンがだらーんとしていた展示はそれだけで印象悪かった(中身も中途半端なものが多い)。#entcomp2010 20:05 via web
  52. インタラクション2011、査読ないってことは「ラブプレス」も大丈夫かしら。そしてEC2010はインタラクションに規模的に並んだ。EC2011は椎尾先生が実行委員長。 http://www.interaction-ipsj.org/2011/#entcomp2010 20:07 via web
  53. 椎尾研、これからこのままACEシンガポールに発送か…大技だな。 そして椎尾研の学生は重賞受賞しただけに来年は貢献しないとね! いやー。「東京ディズニーランド貸切・参加費50万円」はさすがに無理。。運営は楽かもしれないが!#entcomp2010 20:08 via web
  54. フランスで4/6-10開催のLaval Virtual 2011もよろしくお願いいたします!国際公募デモReVolutionは今年、大きく変わり口頭発表も。 http://www.laval-virtual.org/#entcomp2010 20:11 via web
  55. 鉄の時代にはじまり鉄の時代に終わってるな RT@syuu1228: 未来すげぇ!RT@keisuke_n: こういうふるい記事を見るとむふふがとまらないw > アメリカが思い描いていた未来。1940~1960年代の科学雑誌カバー http://bit.ly/c3MPJA 23:27 via Echofon
  56. 論文ったーではない人力 あとで読もうRT@hortense667: CiNii 論文 – アニメにおける人物顔画像の萌え因子特徴評価と検索分類システムへの応用(ITS画像処理,映像メディア,視覚および一般) http://bit.ly/8Y7zQK 23:28 via Echofon
  57. 新横浜ついた。激混みしているので、新横浜→菊名→橋本行きで華麗に着座。 23:30 via Echofon

Powered by t2b

http://akihiko.shirai.as/