Laval Virtual, exhibitors pickup from 2016 #LavalVirtual

 

Thanks for your interest to come Laval Virtual. I’ve tried to pickup nice exhibitors from Laval Virtual 2016 (last edition).

http://www.laval-virtual.org/en/exhibitors/list-of-exhibitors.html

in Laval” mark means, it locates in Laval city or near from Laval region area.

If you have any interest to come to Laval Virtual, please visit official site and some resources.

Non profit association / Institute 

CLARTE, non-profit VR support center, long time worked in Laval to motivate VR technologies. Mainly CAVE and CAD/CAM technology. 

http://www.laval-virtual.org/en/exhibitors/list-of-exhibitors/13-clarte.html

www.laval-virtual.org
Present at the professional days (22-24 march) Presentation. CLARTE is a research and a technological transfer center specialized in Virtual and Augmented Reality.

AM-ParisTech, my labo 😊 I guess some interesting colloaborations with local SMEs in Laval.

http://www.laval-virtual.org/en/exhibitors/list-of-exhibitors/81-arts-et-metiers-paristech-laval.html

www.laval-virtual.org
Present at the professional days (22-24 march) Presentation. The Arts et Metiers ParisTech team, located in the heart of the Virtual Reality hub of Laval …

Laval 3Di : Art school for realtime graphics (in Laval)

http://www.laval-virtual.org/en/exhibitors/list-of-exhibitors/43-laval-3d-interactive-stand-b29.html

www.laval-virtual.org
Presentation. Laval 3Di is the first partnership of its kind bringing together different academic programs specialized in the creation of interactive numeric medias.

ESIEA, engineering school in Laval

http://www.laval-virtual.org/en/exhibitors/list-of-exhibitors/25-esiea.html

www.laval-virtual.org

Horizon JAPAN, Japanese study club in ESIEA

Acutually, they love Japan, they speak Japanese very well and they study VR, probably some students seeks internship in Japan. They may organize a party in Laval Virtual.

https://www.youtube.com/watch?v=RghW5wdvXs0&t=23s

www.youtube.com
Merci Francois !

 

EDNA, Industrial art school, good sense for AR and new media (Nantes, not far from Laval)

http://www.laval-virtual.org/en/exhibitors/list-of-exhibitors/32-l-ecole-de-design-nantes-atlantique.html

www.laval-virtual.org
Present at the professional days (22-24 march) Presentation. Supported by the Chamber of Commerce and Industry of Nantes-Saint Nazaire, L’École de design Nantes …

 

Local developper

Enozone, the president had stuided in Japan (in Laval)

http://www.laval-virtual.org/en/exhibitors/list-of-exhibitors/38-enozone.html

www.laval-virtual.org
Present at the professional days (22-24 march) Presentation. Enozone is a company specialized in computer graphics and interactive 3D applications.
URANIOM, personarized avatar creation service (in Laval)

https://www.youtube.com/watch?v=1wN-DVbqYcI&t=134s

www.youtube.com
URANIOM demonstrates an interesting tool and service in Laval Virtual. You can create your high quality avatar for famous video game. Fallout4, FIFA, Skyrim,…

http://www.laval-virtual.org/en/exhibitors/list-of-exhibitors/307-xxii-creative.html

www.laval-virtual.org
Present at the professional days (22-24 march) Presentation. We are a digital studio in love with tech+art. Visual experience designers through gaming, motion design …

Global Player in VR, located in Laval / France

 

EON Reality, best global company of industrial VR. They have 22 entrepreneurship internship center in the world, Laval is most biggest one. in Laval

http://www.laval-virtual.org/en/exhibitors/list-of-exhibitors/30-eon-reality.html

www.laval-virtual.org
TEAM Alps (IVRC2016 invited), they are second educated students in EON Reality France. They have experienced in IVRC2016 Tokyo, they have a new project in Laval Virtual 2017.

https://www.youtube.com/watch?v=hTziFV0-qrk

www.youtube.com
Related: EON’s Students win Prize at Laval 2016 watch https://www.youtube.com/watch?v=Y9EA5CxkmcQ http://www.eonreality.com/press-releases/eon-reality-studen…
 
Orange, telecome company like NTT

http://www.laval-virtual.org/en/exhibitors/list-of-exhibitors/134-orange.html

www.laval-virtual.org
Immersion, one of the big distributer of VR materials

http://www.laval-virtual.org/en/exhibitors/list-of-exhibitors/21-immersion.html

www.laval-virtual.org
Present at the professional days (22-24 march) Presentation. Immersion, creating 3D experiences since 1994. European expert and international major player in …

Techviz, industrial visualization (Nihon Binary is cooperated)

http://www.laval-virtual.org/en/exhibitors/list-of-exhibitors/22-techviz.html

www.laval-virtual.org
Present at the professional days (22-24 march) Presentation. TechViz is a software Editor and a global provider of a market-leading immersive 3D visualization technology.

ESI, virtual prototyping

http://www.laval-virtual.org/en/exhibitors/list-of-exhibitors/18-esi-france.html

www.laval-virtual.org
Present at the professional days (22-24 march) Presentation. ESI is a world-leading provider of Virtual Product Engineering software and services with a strong …

 

Key technologies

 

Lumiscaphe, realtime renderer (Japan division exisit)

http://www.laval-virtual.org/en/exhibitors/list-of-exhibitors/20-lumiscaphe.html

www.laval-virtual.org
Presentation. About Lumiscaphe. Founded in 2001, Lumiscaphe is a software publisher and systems integrator of innovative solutions in the field of the Digital Aspect …

Haption, haptic robot mede in Laval (Nihon Binary is cooperated)

http://www.laval-virtual.org/en/exhibitors/list-of-exhibitors/39-haption.html

www.laval-virtual.org
Present at the professional days (22-24 march) Presentation. HAPTION designs, manufactures and sells hardware and software solutions based on force-feedback.
Here are good video and photo in past Laval Virtual. You can also see student volunteers and local visitors.

http://www.laval-virtual.org/en/key-data/previous-laval-virtual/photos-videos.html

www.laval-virtual.org
You can find our videos on our youtube channel. Share : Partners

Call for Demo ReVolution 2017 TransHumanism++ (ver.3) #LavalVirtual

フランス最大のVRにおける国際イベント第19回「Laval Virtual」および、
公募デモ部門「ReVolution 2017」のご投稿のお誘いです。本年は [TransHumanism++] というテーマで募集しております。
従来からの協力であるIVRCに加え、超人スポーツ協会、
株式会社gumiがパートナー企業に参加し、
国際色豊かで豪華なプログラム委員会で、皆様の投稿をお待ちしております。
また併催の国際会議 ACM VRIC とは分離したトラックで募集し、別途オープンアクセスのオンラインジャーナルを発行する予定です。

投稿はEasyChairにてオープン中で、必要アイテムは
・ビデオ(最大5分)
・概要(2〜10ページ)
・設営プラン
・代表画像
となっております。
締め切りは、投稿ID生成期限が2016年12月31日、投稿締め切りが2017年1月6日、採択結果のアナウンスを1月23日に予定しております。

Laval Virtual ReVolutionの特徴である、往復の旅費等が支給される「招聘(Invites)」採択枠に併設して、今年度は大型展示に耐えられるよう「TransHumanism++ Stadium」という採択部門を用意しております。

特にVR学会会員や超人スポーツ協会、芸術科学会、VRスタートアップの皆様におかれましては、日頃の研究成果の欧州での発信にぜひご活用ください。

日本語での情報はこちらで共有しております。
http://j.mp/LAVALJP

ご質問等もお寄せください。
皆様の応募をお待ちしております。  白井暁彦
<以下、拡散よろしくお願いいたします!>

—- please distribute to your channel —-

LAVAL VIRTUAL REVOLUTION 2017
CALL FOR DEMOS (ver.3)

Presentations of the world’s most innovative achievements in the field of virtual reality, augmented reality and their future applications, Laval Virtual ReVolution is an annual honor of the world’s finest VR projects by Laval Virtual. It is a hall of fame that decides the best Virtual Reality demonstration and/or application from all over the world. Virtual Reality is not only a technology but also a never ending story about the history between computers and humans. We cannot know the ending of this story yet, as we still need to find and walk one of the many possible paths that will lead us to a future navigated by brilliant stars.

Future voyagers will continue to stare at those stars along their way. While the Virtual Reality culture can also be built by academic papers or commercial products independently, we would like to suggest a new relation between developmental projects and the general public at on-site demonstrations. If a project has impact, technology and persuasiveness, it might move the general public and change our common sense. So, this means a revolution in the history of Virtual Reality.

Please try to join today’s stardom with your exciting projects and share in the activity from all over the world! We hope to accept your brilliant projects which can help to foster the current conceptions of Virtual Reality and make changes to the current human-computer interfaces and Virtual Reality history.

[TransHumanism++]

Laval Virtual ReVolution 2017 calls for innovative virtual reality demo projects that fall under the theme, “TransHumanism++”.

Transhumanism (abbreviated as H+) is an international intellectual movement which aims at transforming the human society by developing widely available sophisticated technologies that will greatly enhance human intelligence, physical condition, and psychological capacities. https://en.wikipedia.org/wiki/Transhumanism

Transhumanists support the emergence and convergence of technologies including nanotechnology, biotechnology, information technology, and cognitive science. They also welcome hypothetical future technologies such as simulated reality, artificial intelligence, superintelligence, 3D bioprinting, mind uploading, chemical brain preservation and cryonics. They believe that humans can and should use these technologies to surpass the limitations of humankind.

Laval Virtual ReVolution 2017 seeks to act as a milestone for the realization of “Transhumanism + future of {Virtual Reality + Arts + Culture}”. We welcome the submission of scientific experiences and academic demos that showcase a brighter future for humankind with the aid of Transhumanism projects. Some examples of Transhumanism projects include super human sports which can be enjoyed in everywhere by anyone at every time with augmented human technologies. Demonstrations will be judged based on for their durability, innovation, and value of entertainment or human-being.

 

Technology Demonstration

  • New device and integrations
  • Super Human Sports
  • Handicap and universal design experience
  • Scientific Demonstration
  • Large space demonstration
  • Haptic interface
  • Display technologies
  • Interactive Arts
  • Entertainment VR
  • New Media Designs
  • New Game Systems
  • New Human Interfaces and Displays

… And new use, public testing, Proof of Concept (PoC)  of VR are encouraged. The accepted abstract will be published by online proceedings.

 

Current Virtual Reality technology includes computer generated graphics, display technologies, haptics, force feedback and interface design in the context of implementing new experiences that encourage users to use a virtual system to enhance their real, mundane lives. It may be called as entertainment system in current virtual reality. However its function may be linked to humanism which bring us into the next generation of human being. Share your experience, and proof it in the professional and public during Laval Virtual 2017. ReVolution is best opportunity to demonstrate your projects to professional and for the grand public.

 

Submission via EasyChair

REGISTRATION  ShortenURL: http://j.mp/LVREVO17

 

[Mandatory Items]

  • Video: not longer than 5 min
  • Abstract: Recommend to use ACM Proceedings format. The paper must be in PDF format, page should be 2 to 10 pages. File extension must be PDF.
  • Install plan: logistic, floor plan and experience scenario for professional and public day
  • Representative picture: a photo which can explain entire experience for the public

 

[Scoring Criteria]

All submissions  will be reviewed by the jury committee, which consists of academic and industrial professionals of engineering and art, according to the following criteria:
Originality : Novelty in technical and artistic sense
Creativity : Bringing about interest and excitement
Feasibility : Rate of implementability to realize your concept
Safety and logistics for abroad : The project must be suitable for oversea exhibition
Attractivity : Presence and Impact for the visitor of Laval Virtual

 

[Submission Deadline and Result announcement]

  Submission ID creation deadline: 31/DEC/2016 (End of 2016 in GMT)

  Submission update close: 6/JAN/2017

  Result: 23/JAN/2017

 

[Acceptance classes]

Invites : Flight tickets (3 person maximum), accommodation (3 person maximum), LV Party tickets + Lunch + Dinner + Stand for all days

  4 projects from partner events and open competition.

Welcome: 3m x 3m Stand ( Wednesday to Sunday )

  Top projects from the open submission

Weekend: Stand ( Saturday to Sunday, only for the grand public days  )

  Jury recommend project from the open submission

 

[new!] “TransHumanism++ Stadium”

  Large space (around 5m x 10m), scheduled demo, 2 hours per session (10-12h, 13-15h, 16-18h)

 

[Winners 2017]

Invited project from ACM SIGGRAPH

LightAir: a Novel System for Tangible Communication With Quadcopters Using Foot Gestures and Projected Images,  Skolkovo Institute of Science and Technology
https://twitter.com/o_ob/status/758679223745732608‬

Perceptually Based Foveated Virtual Reality, NVIDIA Corporation
https://www.youtube.com/watch?v=L_I5Dxdbjqg

 

[Program Committee] TBD

Akihiko SHIRAI, Session Chair, Kanagawa Institute of Technology

Alexandre Bouchet, CLARTE

Abdelmajid Kadri, Arts et Métiers ParisTech
Carolina Cruz-Neira, University of Arkansas
Jean-Marc Seigneur, University of Geneva
Juan De Joya, Pixar Animation Studios
Philippe David, SNCF
Thierry Frey, ACM SIGGRAPH
Machiko Kusahara, Waseda University
Masahiko Inami, Univ. of Tokyo
Marco Sacco, EuroVR
Yoichi Ochiai, Univ. of Tsukuba

 

[Official Sponsor] Gumi Inc. http://www.gu3.co.jp/en

[Program Partner]

Super Human Sports Society http://superhuman-sports.org/

International collegiate Virtual Reality Contest (IVRC) http://ivrc.net/2016/en

ACM SIGGRAPH http://www.siggraph.org/

 

[Website] http://www.laval-virtual.org/

[Contact] revolution a laval-virtual.org

 

Agenda in SIGGRAPH 2015

Here is my agenda in #SIGGRAPH2015

Today, 9th August 2015,  is my 1st presentation in IVRC BoF
http://s2015.siggraph.org/attendees/birds-feather
International Collegiate Virtual Reality Contest
Sunday, 9 August, 1:00 pm – 2:00 pm, Los Angeles Convention Center, ACM SIGGRAPH Theater, South Lobby
After this event, I’ll take some film for SIGGRAPH ASIA 2015 promotion in Emerging Technology.
And watch Paper Fast Forward in the night.

Here is my tomorrow’s 2nd presentation in “CG in ASIA”
Monday 10th August, it’s also in ACM SIGGRAPH Theater.
http://s2015.siggraph.org/attendees/acm-siggraph-theater-events

3.30PM – 3.45PM
“ExPixel: Multiplex hidden imagery, research in entertainment system beyond 3d” – Akihiko Shirai
3.45PM – 4.00PM
“Seeing 3D from 2D using spare data” – Lee Yong Tsui
4.00PM – 4.15PM
“Adapting Southeast Asian art forms for digital animation” – Hans-Martin Rall
4.15PM – 4.30PM
“Computer Graphics Taking Stage in Anime” – Shuzo John Shiota
4.30pm – 4.40pm
“Sneak Peek of SIGGRAPH Asia 2016” – Hongbo Fu
4.40PM – 5.00PM
“Video-projection exhibition” – Miao and Serguey

Posters kiosk No.5 “ExPixel FPGA”
Poster Session: 12 August, 12:15 pm
http://s2015.siggraph.org/attendees/research

See you there!

 

チームラボの高須さんからシンガポールのSTEM教育について学ぶ

<↑ご本人からいただいたYouTubeリンク>
「7/27 ファブラボ関内にて、シンガポールのSTEM教育について具体的な話をシェアしたい」というタイトルで、最近あまりり日本にいないチームラボの高須正和さんからfacebookイベントのお誘いを受けた。
開催案内から
7月27日(月)19時〜@ファブラボ関内(さくらWORKS<関内>)
ゲスト:高須正和さん
無駄に元気な、チームラボMake部の発起人。チームラボ/ニコニコ学会β/ニコニコ技術部などで活動をしています。日本のDIYカルチャーを海外に伝える『ニコ技輸出プロジェクト』を行っています。日本と世界のMakerムーブメントをつなげることに関心があります。現在シンガポール在住。MakerFaire 深圳(中国)、Mini MakerFaire シンガポールの実行委員。
※STEM教育とは、サイエンス(science)、テクノロジー(technology)、エンジニアリング(engineering)、数学(math)に重点を置いた教育のこと。
<高須正和さんからのメッセージ>
パスポート保持者330万、160万人の期限付きビザと52万人の無期限ビザの外国人入れて550万の小国家シンガポールでは、国民の能力を可能な限り引き出さないと国ごと沈むため、投資として教育に大量のリソースが投下されている。
能力主義(メリトクラシー)は、シンガポールの大きな旗印であり、学生も先生も教育プログラムそのものも常に評価され、最適化を繰り返している。「結果で判断される」のはシンガポールの教育の大きな特徴である。
STEMについて、シンガポールではサイエンスセンターが中心となって、退職後のエンジニアなどを中心に300以上のクラスを開設し、学生は通常の教育とどちらでも学べるようになっている。教育省が両方を統括し、「STEMはどの層にどのように利くのか」(ダメな学生を再生させるのか、TOPをさらに伸ばすのか、それともまた別の層に利くのか)を実績をベースに評価している。
OECDが発表している「15歳の時点での国際学力比較ランキング」(最新調査は2012年)だと、シンガポールは
数学:2位、読解力:3位、科学:3位
と、上海や香港とトップを争っている。ベースになる人口がまったくちがう(上海には、12億の中国人から優秀な人が集まるが、シンガポールは全人口だ)ことを考えると、「とてもうまくやっている」国だと思われる。
このランキングは、首相の演説でたびたび引用されるぐらい、シンガポールの教育関係者は気にしている。
すぐ隣のマレーシア(50位ぐらい)やインドネシア(60位ぐらい)とはまったく違う。
1965年の時点では同じ国だったマレーシアと、ここまで差がついたわけだ。
ここに日本語のリンクあります
ちなみに、日本は
数学:7位、読解力:4位、科学:4位
で、シンガポールと同じく、悪くない。
いっぽうSTEM発祥の地アメリカは
数学:36位、読解力:24位、科学:28位
と、シンガポールや日本には遠く及ばない。
MakerFaireの創始者デール・ダハティは、様々なプレゼンで「1970年代ぐらいから、アメリカだと技術系の話よりもマネージメント系、MBAとかが中心になってしまった。科学教育やりなおさないとならない、だからメイカーフェア」と語っている。アメリカがSTEMにパワーを入れだしてから、大きい国がきちんと動いて、子供たちの数学力が上がってくるまでには、まだ数年かかるのだろう。
(大学になると、アメリカの大学には世界中のトップが集まるから、このランキングは意味がなくなる)
ところが、なんとなく僕の周りでは、アメリカの話はよくきくけど、シンガポールの教育の話はあんまり聞かない。
・アメリカの教育は進んでいるが、日本の教育は遅れている
的な話を、「そういう教育をするはっきりとした根拠」みたいなものが示されないまま、もともとサイエンスや数学専攻でなかったり、教育の専門家でない人がしているように見える。
なんであれSTEMが流行った方がいい気がするので、どんなお題目でも推進した方がいい気がするけど、学ぶなら日本より成績のいい国のやりかたも見たほうがいいように思う。
そして、シンガポールでは「理論でなくて、実際にうまくいくかどうかで判断しよう」という国是のもと、もともと教育が大好きな人たちがSTEMについて実測しながら取り組んでいる。
僕は教育の専門家でもなければ数学の成績がよかったわけでもないから、この分野で自分の考えに価値があるとは思わない。でも、STEM教育の中心地サイエンスセンターシンガポールはメイカーフェアシンガポールの実行母体なので、シンガポールでSTEMに取り組む多くの同僚がいる。この、Maker Faire Singapore team2015に載っている人は、僕とインターンのミナキシ以外はほぼSTEMの専門家である
彼らの活動と、シンガポールの教育について紹介したい。
シェアしたいのは、たとえばこういうものである。シンガポールの学校はシンガポール人と永住者の子供しかいない(日本人の子供は私立日本人スクールに行っている。別にガイジンも通えるのだけど、自分の国に帰るつもりの人たちは、他国の教育プログラムに子供を通わせない)ので、シンガポールには3万人ぐらい日本人が住んでいるけど、あまり世の中に出ていない情報なんじゃないかと思う。
<実施概要>
日時:7月27日(月)19:00- スタート
場所:ファブラボ関内(さくらWORKS<関内>)
主催:ファブラボ関内/NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ
参加費:1000円(学生500円)
コメンテーター:会津泉さん(ハイパーネットワーク社会研究所)、大和田健一さん(ファブラボ関内・日本Androidの会 横浜支部代表)、濱中直樹さん(ファブラボ関内/ファブボット 「かんなちゃん」 をつくろう!・at.Fab主宰)ほか
<開始30分ぐらいから参戦>
—-

ヴィヴィアン大臣・新しいABC

Art = ココロにグッと来るものをきちんと考え、
Build = ないものをゼロからつくり、
Communication = 言葉にしづらいもののよさをきちんと伝えること
中学校のSTEM教科書
全部Google Sitesになっている
★URL公開許可いただきました(2018/8/12)
原理的なことから教える。たとえばキット組み立てて終わるのではなく,「抵抗」が出てきたら「抵抗とは何なのか?」「どういう構造なのか?」「何に使われるのか?」「いくらなのか?」など。
中学校の写真。40名ぐらいの生徒に先生が3人。先生がテンション高い。
部品の値段なども教えている。
ティーチングアシスタントはものづくりのOBと思われる。
適正が重要で、アシスタントと先生の給与も差がないようだ。これを中学でやる計画。
これを教育が進めているのではなくて、シンガポールの科学未来館が進めている。
 
STEM.INCというグループ中心になって進めている。
MakerカルチャーがどうやってSTEM教育に関係があるのかの講演。
高須さんが日本語字幕つけているので絶対参照したほうがいいです。ここで読むのをやめてまずビデオみましょう!
「どうやって習う」のではなく「どうやって参加させる」をサポートしている。
Makerカルチャー行動、自分から学ぶ、勝手にやる、コピー、シェア、再利用が大好きである。
自分たちのアイディアだけで何をするかのアイディアを出すのは難しい。
シンガポールで重要な12のエンジニア領域を選びその産業が必要とするところから学んでいる。
科学・数学・技術・工学で教えていたことと、教えるべきだったこと、基本的な電子回路設計の考え方、Arduinoなど。
たとえば、心拍センサ。心臓の仕組みをみて、「心拍とは何か」を考える。
Arduinoが何かを知り、LEDを光らせる。心拍センサの実機をみて、それから数学のグラフを見てどのようなアルゴリズムで心拍を拾うのか。動作を確認するためにオシロスコープを見る。16際になる25のセンサーを用いて体全体を図るようなプログラムがある。
産業界からのSTEMパートナー。スポンサーシップや、サイエンスセンターと一緒になってコンテストの運営やプロジェクトの大規模化をしている。
結果として「科学技術を楽しんだか」、「科学技術的に問題解決をしたか」といった科学者としての素養が各項目15%あがっている。平均満足度で。科学者やエンジニアがどういうものか、そういう仕事につきたいという医師も上がっている。自主的なSTEM取り組みもあがっている。
3年ぐらいでゼロからここまできているらしい。
・OECD2012 PISA学力到達度国際比較ランキング
数学、読解力、科学において、上海、香港シンガポールがトップ3にあるが、日本は7位ない、アメリカは(STEM発祥の地なのに)24位以下。
シンガポールでは、もともと勉強をすきで楽しんでいた人たちが教育に取り組み、「ちゃんと勉強すると」
XX主義を配して「うまくいっているかどうか」で考える。
・サイエンスフェアやばかった
学生が自力でエントリーしてポスター発表する。
たとえば「ドリアンを焦がすとできる炭をつかって水をきれいにする研究」。
preliminary studyがちゃんとしている。
「人間のように歌うソフトウェアをつくりたい」英語と中国語の初音ミクを作りたいらしい。
これが14~16才なんだそうです。
学校がつまんなくなるレベルの子供たちで、この子達は将来NUSではなくMITとかいってしまうだろうね、という話。
シンガポールの詰め込み教育は世界的にも有名で、日本人は3万人住んでいるが、ほとんどは日本人学校。
体罰もある。宿題をやってこないひととか、ルールがあるようだ。何がいいことで悪いことなのかをしつけないのは社会の悪。
大人になってもできない子は別のコースへ。
質疑応答パートは動画にて公開予定です、しばし待たれよ。
自分たちの武器は何だろう。

【その後,高須さんによるまとめ】

 

【関連つぶやき】

「日本人,もっと競い合え,勉強しろ!」ってのが高須さんの言いたかったことの中央にあったように感じる.

ハッシュ #SGSTEM をつけてね,というのを見ていなかったごめん.