SIGGRAPH ASIA 2017 Student Volunteersから推薦状の依頼がきたので…

SIGGRAPH ASIA 2017 Student Volunteersから推薦状の依頼がきました。

https://sa2017.siggraph.org/submitters/student-volunteers

うちの学生がエントリーしたので、それに対して登録された指導教員への確認と推薦、ということですがURL1つで解決です。
せっかくなので項目を紹介しておきます。

1. How are you acquainted with this student?
2. How well do you know this Student?

On a scale from 1 to 10, please rate the student on each characteristic, in comparison to other students you are familiar with at the same level.
3. Motivation
4. Intellect
5. Ethical Standards / Integrity
6. Oral & Written English Skills
7. Potential for Success in the Student Volunteer program

Would you recommend this student
to be in the Student Volunteer program at SIGGRAPH?
Other Comments:
Thank you for your time. We appreciate your input, and look forward to working with selected students at this year’s Conference.

Submit Recommendation

これだけです!

その学生との馴れ初め、他の同様に親しい学生と比べた場合の、やる気、知性 、倫理的基準/誠実さ、口頭および英語力、学生ボランティアプログラムの成功の可能性…てな感じです。

日本の大学だったらグチグチと「俺はそんな学会に学生を出すつもりはない」とか言う先生がいるかもしれません。
面倒な推薦状フォーマットもありません、ちょっとした作文とフォームだけで完了です。

アメリカの大学への推薦状なんかもこういう電子フォームの形式が多いのですが、
日本でも一般化してほしいですよね。日本は性悪説に立って有りもしない不利益を力説して、結局、非効率な仕事を増やしてしまう先生が多い感じがします。

そして可愛い学生には旅をさせよ!だと思います。学生を自分の兵隊か何かと勘違いしてはいけません。

ところでSIGGRAPH ASIAですが、来年の2018年は東京開催ですよ!
2017バンコクのボランティアの応募は終了してしましましたが、来年は是非!

(と言っても経験を積んでおくことは大事なので今年応募しておくことを強くおすすめしていた次第)

 

SIGGRAPH ASIA 2015 Kobe 2日目見どころまとめ

11月3日は企業展示「Exhibition」と体験展示による最先端技術デモ「Emerging Technologies」、「Art Gallery」が公開になります(文末)。

白井は11-14時の学生VRコンテスト「IVRC」関連セッションで発表です。

そうですよ!真鍋大度(Daito Manabe)がPre Showの演出を担当されるのですよ!これは見たい(が売り切れていますorz)。


【予習&まとめ】

【便利なリンク】

日本語Twitter #SIGGRAPH15Kobe



Tuesday, 03 November 2015

以下だいたい時系列。赤字は初心者や英語苦手な人にもおすすめセッション。白井フィルタかかってます。

Keynote(基調講演)

09:00 – 10:45
Portopia Hotel, South Wing, Portopia Hall, Level 1
(Includes Opening and Awards Ceremony)
From Story to Screen: Ronnie Del Carmen’s Path to Pixar
And a Peek Inside the Making of Inside Out
– Ronnie del Carmen, Pixar Animation Studios

Computer Animation Festival(CAF)

09:30 – 12:15
Kobe Int’l Exhibition Hall No. 2, Meeting Room 3A, Level 3
Animation Theater
– Rising Stars – Student Films (45 mins)
– Shorts & Features One (35 mins)
– Shorts & Features Two (40 mins)
– Game, Science, Music & Visual Effects (45 mins)

Exhibition Talks

The Ultra Reality Experience: HOKUSAI’s Ukiyo-e Painting in Real-time 3DCG with 8K Super HiVision
HDR Displays
8K スーパーハイビジョン リアルタイム3DCGによる超臨場感空間「北斎ジャポニズムの世界観」

 

Courses

  • Capturing Reality for Computer Graphics Applications
  • Advances in Geometry and Reflectance Acquisition

Technical Papers

  • Color and Sketching
    このセッションは面白いもの多そう

– Adaptive Color Display via Perceptually-Driven Factored Spectral Projection
– A Model of Local Adaptation
– Color Changing Effects with Anisotropic Halftone Prints on Metal
– Closure-Aware Sketch Simplification
– Autocomplete Hand-Drawn Animations

Symposium on Education

11:00 – 14:00
Kobe Int’l Exhibition Hall No. 2, Meeting Room 2A, Level 2
Education Workshop
– Innovation in the Age of Virtual Reality through Organizing International Student Competition
Akihiko Shirai, Kanagawa Institute of Technology
11:00 – 18:00
Kobe Int’l Conference Center, Room 404, Level 4
Hands-on Demonstrations


Innovation in The Age of Virtual Reality Through Organizing International Student Competition

(国際学生コンテストを通したVR世代のイノベーション)
講演者代表:白井暁彦、神奈川工科大学/IVRC実行委員会

1993年から開催され、これまでにバーチャルリアリティ(VR)の既成概念を拡張するような、独創的で親しみの持てる作品を数多く生み出してきた国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト(IVRC, International collegiate Virtual Reality Contest)は、日本VR学会を中心にボランティアによって運営される、世界最大かつ最も歴史のあるVR作品コンテストです。学生が企画・制作したインタラクティブ作品の新規性・技術的チャレンジ・体験のインパクトを、一般体験可能な状態で競うことにより、(1)自ら考え・学び・手を動かすことのできる優秀な人材の育成、(2)バーチャルリアリティの啓蒙普及、(3)地域・企業・学術を結ぶ,バーチャルリアリティ・コミュニティの醸成を目的として、日本をはじめアメリカ、フランスを中心とした世界各国からの参加者が参加しており、コンテストを通して「自ら考え・学び・手を動かすことのできる」優秀な人材を育成する、21世紀的な体験型教育システムでもあり、その実績はSIGGRAPHやLava Virtualをはじめ国際的にも高く評価され、IVRCを体験した学生たちのその後の活躍も、高く評価されています。
本ワークショップでは、このような活動の概要を実行委員長である舘暲先生(東京大学名誉教授)にお話いただき、IVRCの変革と国際化をすすめてきた白井暁彦のオーガナイズにより、IVRC卒業生である稲見昌彦先生、長谷川晶一先生をはじめとする、VR/CG/ゲーム/メディアアート/学術研究分野で活躍する各位をお呼びし、デモや記録映像、経験談とともに日本語と英語で幅広い人々に体験を共有します。
(英語、一部日本語と英語通訳)

〔発表者・パネリスト〕11:30~12:30
オーガナイザー:白井暁彦(Akihiko SHIRAI) 神奈川工科大学
舘 暲 (Susumu TACHI) 東京大学 高齢社会総合研究機構
稲見 昌彦 (Masahiko INAMI) 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 東京大学
長谷川晶一 (Shoichi HASEGAWA) 東京工業大学
髙橋 誠史 (Masafumi Takahashi) 株式会社バンダイナムコスタジオ
山岡潤一 (Junichi Yamaoka) 慶應義塾大学 SFC研究所/日本学術振興会
西田 惇 (Jun NISHIDA) 筑波大学 グローバル教育院
日英インタープリター:青木美穂(Miho AOKI) 州立アラスカ大学フェアバンクス校

〔デモ展示発表〕入退場自由 11:00~12:45
CHILDHOOD
西田 惇, 髙鳥 光, 佐藤 綱祐 (筑波大学 グローバル教育院 エンパワーメント情報学プログラム)

VibroSkate
日野 綾香 Ayaka Hino (東京工業大学大学院 総合理工学研究科 知能システム科学専攻)

Manga Generator
安藤歩美, 鈴木久貴, 鈴木百合彩, 津田良太郎, 山口裕捺, 柴本恵理子,白井暁彦
(神奈川工科大学 情報学部 情報メディア学科 白井研究室)

TagCandy
山岡潤一(慶應義塾大学 SFC研究所 訪問研究員, 日本学術振興会特別研究員)


 

Exhibitor Talks

Presented by Pixar Animation Studios
The Art & Science of RenderMan – A Workshop by Pixar
– Dylan Sisson, Technical Artist, Pixar Animation Studios
12:00 – 13:30
Kobe Int’l Conference Center, Room 402, Level 4
Symposium on Mobile Graphics and Interactive Applications

Animation Theater

Filmakademie Baden-Wuerttemberg’s Institute of Animation, Anniversary Program “25th
Anniversary Screening” (70 mins)
13:15 – 14:15
Kobe Int’l Exhibition Hall No. 2, Convention Hall, Level 1

Emerging Technologies Talk

Session One: Enhance Real World by Projection Mapping
– Interactive Volumetric Fog Display
– Diminishable Visual Markers on Fabricated Projection Object for Dynamic Spatial Augmented
Reality
– Sticky Projection Mapping: 450-fps Tracking Projection onto a Moving Planar Surface
13:30 – 15:30
Kobe Int’l Conference Center, Room 401, Level 4
Symposium on Mobile Graphics and Interactive Applications

Papers Session One
Ray Tracing and Rendering
– Latency Tolerance Techniques for Real-time Ray Tracing on Mobile Computing Platform
– An Efficient Hybrid Ray Tracing and Rasterizer Architecture for Mobile GPU
– A Mobile Ray Tracing Engine with Hybrid Number Representations
– Apparent Resolution Enhancement for Near-Eye Light Field Display
– Tile-Based Path Rendering for Mobile Device
14:00 – 15:00
Kobe Int’l Exhibition Hall No. 2, Convention Hall, Exhibitor Talk Stage, Level 1

Computer Animation Festival

Panel Session
Creating a Cosmic Transformation: Sanjay’s Super Team
Production Focus on Pixar Animation Studios Short film ‘Sanjay’s Super Team’
Pixar Animation Studios
– Alec Bartsch
– Arjun Rihan
– Athena Xenakis
– Charu Clark
– Mei Kee Poh
– Vincent Serritella
14:15 – 16:00
Kobe Int’l Conference Center, International Conference Room, Room 301, Level 3
Generated Faces
14:15 – 16:15
Kobe Int’l Exhibition Hall No. 2, Meeting Room 3A, Level 3

Computer Animation Festival: Animation Theater

Invited Screening: RAKUEN TSUIHO – Expelled from Paradise (104 mins)

Courses

14:15 – 18:00
Kobe Int’l Conference Center, Room 403, Level 4
Making Digital Characters: Creation, Deformation, and Animation

14:25 – 15:45
Art and Technology at Pixar, from Toy Story to Today

Kobe Int’l Exhibition Hall No. 2, Convention Hall, Level 1

Emerging Technologies Talk

Session Two: Displays – Beyond Pixels
– Ketsuro-Graffiti: A Canvas with Computer Generated Water Condensation
– fVisiOn: Interactive Glasses-free Tabletop 3D Images Floated by Conical Screen and Modular
Projector Arrays
– R2D2 w/ AIRR: Real Time & Real Space Double-Layered Display with Aerial Imaging by RetroReflection
– X-Dimensional Display: Superimposing 2D Cross Sectional Image inside 3D Wireframe Aerial Image
14:30 – 15:30
Kobe Int’l Exhibition Hall No. 2, Meeting Room 3B, Level 3
Invited Special Presentation

The Ultra Reality Experience: HOKUSAI’s Ukiyo-e Painting in Real-time 3DCG with 8K Super HiVision
HDR Displays
8K スーパーハイビジョン リアルタイム3DCGによる超臨場感空間「北斎ジャポニズムの世界観」
14:30 – 16:15
Kobe Int’l Exhibition Hall No. 2, Meeting Room 2A, Level 2
Symposium on Education

Education Workshop

– SQUARE ENIX AI Academy: AI Workshop for Blackboard Architecture
*In English and Japanese Language– English Presentation; Suitable for Japanese Attendees
15:00 – 16:00
Kobe Int’l Exhibition Hall No. 2, Convention Hall, Exhibitor Talk Stage, Level 1

(Kobe City Booth)
Symposium on Visualization in High Performance Computing

Contest Fast-Forwards
15:40 – 16:30
Kobe Int’l Exhibition Hall No. 2, Convention Hall, Level 1

(Kobe City Booth)
Symposium on Visualization in High Performance Computing

Contest
15:45 – 18:00
Kobe Int’l Conference Center, Room 401, Level 4
Symposium on Mobile Graphics and Interactive Applications

Computer Animation Festival

Pre-Show by Daito Manabe
Daito Manabe, Rhizomatiks Research
16:15 – 18:00
Kobe Int’l Conference Center, International Conference Room, Room 301, Level 3

Symposium on Education

Student Focus Session
Education Talk
Pixar’s Abstract Thought – Educational Journeys from Inside Out Artists
*In English with Japanese Translation
16:30 – 18:00
Kobe Int’l Conference Center, Room 502, Level 5
Symposium on Visualization in High Performance Computing

Tutorial One
Hands-on Seminar of Remote Visualization System PBVR
– Takuma Kawamura, Japan Atomic Energy Agency
17:00 – 19:00
Kobe Int’l Conference Center, Main Hall, Level 1

Computer Animation Festival

Electronic Theater

– Afternoon Class
– Blue Eyes -in HARBOR TALE-
– Chase Me
– Chaud Lapin
– CHOCOLATE DARWIN
– Duo
– Electrofly
– Escargore
– Flaw
– Jazz Orgie
– L’Aid
– Leonard
– Natural Attraction
– SOME THING
– Splintertime
– The Hobbit: The Battle of the Five Armies Reel
– The Witcher 3: Wild Hunt Launch Cinematic
– TOKYO COSMO
– Zerogon

SIGGRAPH Asia 2015 Reception

Sponsored by Kobe City Council

19:00 – 21:00
Portopia Hotel, South Wing, Ohwada Grand Banquet Room, Level 1


展示関係

展示特にEmerging TechnologiesとArt Galleryは会期中いつ見に行ってもよいのですが、じつは最初のほうに見ておいたほうが良いと思います。壊れて展示不可能になったり、人気になって体験できなかったり、展示している側が新しい発見をして中身が変わってしまうこともありますので。

Art Gallery

– Apostroph
– AT Field_Paralyzed Sense
– At Home with Others
– Conglomerate Distortions
– Digital Ascetic – The Platform of Suffering
– Echoes of Alakiwohoch
– Furnished Fluid
– Hau Dong Ca (Song of A Medium in Ceremony)
– Inner Mind Architecture
– Neuro Memento Mori: Meditations on Death
– Phase Shift
– S>HEEmerging Technologies

09:30 – 16:30
Kobe Int’l Exhibition Hall No. 2, Convention Hall, Level 1

– A Practical Ball Sports Platform Combining Dynamic Body Action with Real-time Computer Graphics
during Ball Play
– Ballumiere: Real-time Tracking and Projection System for High-Speed Flying Balls
– Bump Ahead: Easy-to-Design Haptic Surface using Magnet Array
– CalibraTable: Tabletop System for Influencing Eating Behavior
– ChameleonMask: A Human-Surrogate System with a Telepresence Face
– Consistent Desktop Sharing Based on Document Coordinate System for Face-to-Face Online
Meeting
– Diminishable Visual Markers on Fabricated Projection Object for Dynamic Spatial Augmented
Reality
– Dollhouse VR: A Multi-view, Multi-user Collaborative Design Workspace with VR Technology
– Ear Ball for Empathy: Research into the Simulation of Sensory Experiences Common to
Developmental
Disorders
– Elastylus: Flexible Haptic Painting Stylus
– Electric Bow Interface 3D
– fVisiOn: Interactive Glasses-free Tabletop 3D Images Floated by Conical Screen and Modular
Projector Arrays
– Interactive Volumetric Fog Display
– JackIn Head: An Immersive Human-Human Telepresence System
– Ketsuro-Graffiti: A Canvas with Computer Generated Water Condensation
– Living Book of Anatomy Project : See your Insides in Motion!
– MUBASE and SASR System
– Novel 3D Head-Up-Display for Automobile
– Peeling Museum
– Please Show Me Inside: Improving the Depth Perception Using Virtual Mask in Stereoscopic AR
– R2D2 w/ AIRR: Real Time & Real Space Double-Layered Display with Aerial Imaging by RetroReflection
– Scope+ : A Stereoscopic Video See-Through Augmented Reality Microscope
– SkinWatch: Adapting Skin as a Gesture Surface
– Sticky Projection Mapping: 450-fps Tracking Projection onto a Moving Planar Surface
– ThirdHand: Wearing a Robotic Arm to Experience Rich Force Feedback
– TransformTable
– Twech: A Mobile Platform to Search and Share Visuo-tactile Experiences
– WholeGrip: Grip Type Master Hand with the Whole Hand Tactile Feedback
– X-Dimensional Display: Superimposing 2D Cross Sectional Image inside 3D Wireframe Aerial Image
– Yubi-Toko: Finger Walking in Snowy Scene using Pseudo-haptic Technique on Touchpad

SIGGRAPHA ASIA 教育シンポジウム 11/3の面々が素晴らしい件

SIGGRAPH ASIA 2015神戸、白井自身は若手プログラムリエゾンという役割以外、発表者としては主にエキシビションと、教育シンポジウムの11/3で国際学生VRコンテストの国際化担当委員としてIVRC関係の発表を行います。

チェアの青木先生(アラスカ大)から11月3日の予定プログラムを頂いたのですが、これが素晴らしい。
許可を頂いたので、さっそく公開します。ちょうど基調講演のあとで、建物としては別棟で開催されておりますので、まずは予定表にしっかりマークお願いいたします!

ちょうど文化の日ですし、中高生などのご参加も歓迎です。事前にTwitterDM等でご一報いただけますと大変助かります!

SIGGRAPH Asia 2015教育シンポジウム11/3(火)プログラム

11/3(火)11:00 – 14:00

Innovation in the Age of Virtual Reality through Organizing International Student Competition:

1993年から開催され、これまでにバーチャルリアリティ(VR)の既成概念を拡張するような、独創的で親しみの持てる作品を数多く生み出してきた国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト(IVRC, International collegiate Virtual Reality Contest)は、日本VR学会を中心にボランティアによって運営される、世界最大かつ最も歴史のあるVR作品コンテストです。学生が企画・制作したインタラクティブ作品の新規性・技術的チャレンジ・体験のインパクトを、一般体験可能な状態で競うことにより、(1)自ら考え・学び・手を動かすことのできる優秀な人材の育成、(2)バーチャルリアリティの啓蒙普及、(3)地域・企業・学界を結ぶ,バーチャルリアリティ・コミュニティの醸成を目的として、日本をはじめアメリカ、フランスを中心とした世界各国からの参加者が参加しており、コンテストを通して「自ら考え・学び・手を動かすことのできる」優秀な人材を育成する、21世紀的な体験型教育システムでもあり、その実績はSIGGRAPHやLava Virtualをはじめ国際的にも高く評価され、IVRCを体験した学生たちのその後の活躍も、高く評価されています。
本ワークショップでは、このような活動の概要を実行委員長である舘暲先生(東京大学名誉教授)にお話いただき、IVRCの変革と国際化をすすめてきた白井暁彦のオーガナイズにより、IVRC卒業生である稲見昌彦先生長谷川晶一先生をはじめとする、VR/CG/ゲーム/メディアアート/学術研究分野で活躍する各位をお呼びし、デモや記録映像、経験談とともに日本語と英語で幅広い人々に体験を共有します。
〔デモ展示予定作品〕入退場自由
CHILDHOOD

vibroSkate

Manga Generator

TagCandy

Innovation in the Age of Virtual Reality through Organizing International Student Competition
Akihiko Shirai, Kanagawa Institute of Technology

In this Education Workshop, attendees will learn efforts of promoting Virtual Reality and Interactive Technologies in education from prominent Japanese researchers. Attendees also will be able to experience actual student Virtual Reality projects from IVRC, International Collegiate Virtual Reality Contest. The competition started in the 1993 and has grown to the oldest and successful Virtual Reality competition in the world. The workshop features a presentation by Susumu Tachi, Tokyo University Professor of Emeritus, who has been the general chair of the IVRC. Professor Susumu Tachi will present this student competition’s outline and its 22 years of history. The organizer, Akihiko Shirai and his colleagues, Prof. Masahiko Inami and Shoichi Hasegawa, who has reformed and internationalized the competition, and past participants of the competition will share his experience with the competition through visual records from the past and demonstrations of actual works from the recent competition with other experts.

This session will include actual demonstration of 4 students projects, “CHILDHOOD”, “VibroSkate”, “Manga Generator” and “TagCandy”. Attendees will be able to experience these works in person.

The session presentation will be in English and Japanese with English translation.

11/3(火)14:30 – 16:15 (日本語通訳付)
“SQUARE ENIX AI ACADEMY: AI Workshop for Blackboard Architecture”

スクエアエニックスのゲームAI専門家、三宅陽一郎氏によるゲームAIを理解するための体験型ワークショップです。これは以前から三宅氏が行われているワークショップの一部をご講演とともに行っていただくものです。ゲームAIについての予備知識などは必要なく、どなたでも参加、見学していただけます(実際の体験参加は人数に制限があるため、その他の方は講演後の体験時間は見学となります)。

11/3(火)16:30 – 18:00(日本語通訳付)
“Pixar’s Abstract Thought – educational journeys from Inside Out artists”

ピクサー社員の方々に、今年公開の映画「インサイド・ヘッド」の制作の裏話を織り交ぜて、自分の学歴、経歴やピクサーへの就職、仕事などについてお話ししてもらい、カジュアルな雰囲気で学生の参加者の方々にも質問をしていただけるものです。

教育シンポジウムのセッションはベーシックカンファレンスパスで入場できますので、お誘い合わせの上、是非ご参加下さい。

■SIGGRAPH ASIA 2015 神戸ポータル http://aki.shirai.as/sa2015/

■SIGGRAPH ASIA 2015関連Twitterハッシュタグ #SIGGRAPH15Kobe

Agenda in SIGGRAPH 2015

Here is my agenda in #SIGGRAPH2015

Today, 9th August 2015,  is my 1st presentation in IVRC BoF
http://s2015.siggraph.org/attendees/birds-feather
International Collegiate Virtual Reality Contest
Sunday, 9 August, 1:00 pm – 2:00 pm, Los Angeles Convention Center, ACM SIGGRAPH Theater, South Lobby
After this event, I’ll take some film for SIGGRAPH ASIA 2015 promotion in Emerging Technology.
And watch Paper Fast Forward in the night.

Here is my tomorrow’s 2nd presentation in “CG in ASIA”
Monday 10th August, it’s also in ACM SIGGRAPH Theater.
http://s2015.siggraph.org/attendees/acm-siggraph-theater-events

3.30PM – 3.45PM
“ExPixel: Multiplex hidden imagery, research in entertainment system beyond 3d” – Akihiko Shirai
3.45PM – 4.00PM
“Seeing 3D from 2D using spare data” – Lee Yong Tsui
4.00PM – 4.15PM
“Adapting Southeast Asian art forms for digital animation” – Hans-Martin Rall
4.15PM – 4.30PM
“Computer Graphics Taking Stage in Anime” – Shuzo John Shiota
4.30pm – 4.40pm
“Sneak Peek of SIGGRAPH Asia 2016” – Hongbo Fu
4.40PM – 5.00PM
“Video-projection exhibition” – Miao and Serguey

Posters kiosk No.5 “ExPixel FPGA”
Poster Session: 12 August, 12:15 pm
http://s2015.siggraph.org/attendees/research

See you there!

 

SIGGRAPH & SIGGRAPH ASIA 2015 神戸 見学ガイド(非公式版)

☆本稿,いろいろ書き足していくと思います☆

■まとめページ開設(まずはこちらへ): http://aki.shirai.as/sa2015/
■日本語Facebook: https://www.facebook.com/SA2015Kobe

地元での応援も本格的に始まっているようです!
https://www.facebook.com/hyogo.sangyo
早期割引は10月2日まで!その後は10月23日までが通常価格(当日より安い)です。
http://sa2015.siggraph.org/jp/registration-travel/registration-categories-fees.html


 

CEDEC2015が近くなってきました!
ここ数年,毎年発表者として参加させていただいておりました&賞などもいただいておりましたCEDECですが,残念ながら今年は私事都合でお休みさせていただきます.
その代り,イキのいい3年生をレポーターとして送り込みますので,うちの学生を見かけたら是非いろいろ対話&体験させてあげてくださいね.

関連して,ゲーム関連企業の方から「SIGGRAPH ASIA 2015(神戸)ってどうなの?」という相談をされることが増えてきました.夏のSIGGRAPHももうすぐ開催ですしね.
というか自分,「若手プログラムリエゾン」というお役目をいただいているのでした!
(もうちょっと働かねばと思うのですが,まずはこういった非公式版ガイドを書くのも大事な仕事とと思います)

まずは宿確保しましょう

まずSIGGRAPH ASIAは世界最大のコンピュータグラフィックス&インタラクティブ技術の国際会議SIGGRAPHのアジア版(以下SA)です.
毎年,シンガポールを中心に(偶数年)アジア各地(奇数年)で開催されていますが,6年ぶりに日本で開催です.前回は港町・横浜で開催されましたが,今回も港町・神戸が開催地に手を挙げてくださったそうで,神戸開催となりました.

【シーグラフアジア2015カンファレンス&展示会 会場】
シーグラフアジア2015は2015年11月2日から5日まで神戸国際会議場・国際展示場にて開催されます。
〒650-0046 兵庫県神戸市中央区港島中町6-9-1
神戸国際会議場・神戸国際展示場

そういえば,横浜でのCEDEC開催はまさにこのSIGGRAPH ASIA 2009がきっかけになったものと推察します.CGやアニメーションで経済を刺激しようという横浜市の思惑,東京電車エリアに大型カンファレンス会場がない,という開催側の需要にうまくマッチした形です.

■SIGGRAPH ASIA 過去の動員実績

2014年 – 深圳(中国)︓来場者5,968、出展者45社
2013年 – 香港(中国)︓来場者6,078、出展者96社
2012年 – シンガポール︓来場者7,000、出展者130社
2011年 – 香港(中国)︓来場者7,734、出展者122社
2010年 – ソウル(韓国)︓来場者9,000、出展者102社
2009年 – 横浜(日本)︓来場者6,424、出展者71社
2008年 – シンガポール︓来場者3,389、出展者81社

■製品やサービスを売るだけではなく地元の若い人々との接点を作る場所

上記の表を見ると,韓国の動員が大きいですが,地元の中高生へのアプローチがあったためと記憶しております.当時のつぶやきから.

yfrogのおかげで写真が残っていないのは残念ですが,制服の地元中高生がSIGGRAPHのExhibition会場を埋め尽くす様子はインパクトがあり,本分野への未来への投資を感じました.

日本は前回の6000人台を超えられるかどうか?に注目が集まると思います.関西のCG,グラフィックデザイン系の専門学校や人材系の企業ブースが増えることが大事ではないでしょうか?

 

さて国際会議で行く神戸はこんな土地です.
・京阪奈からアクセスよし
・ホテルはキャパ少なく取りづらい,時期によってはUSJのおかげで本当にとれない.
・ゆえに宿高い
・新神戸駅はアクセス最高というわけではない
・頑張れば東京圏日帰りも不可能ではない
・医工学関係の研究や産業,カンファレンス強し
・温泉有り,ビーフ有り!
間違ってたらごめんなさい.ご指摘いただければ補強します.

まずは宿確保しましょう

というわけで,自費だろうが社用だろうが,参加する予定がある人は,今すぐ宿予約したほうがいいと思います.
実施会社であるケルンメッセさん&近畿日本ツーリストさんのご配慮で,ホテル予約プログラムが走り始めました.まずはこちらをどうぞ.
http://www.ec-knt.jp/SIGGRAPH/ja/index.html
見たところ,Hotels.comよりは安くて数が多いと思います!少なくとも暴利ではない良心的価格.

何を見るべきか?

とあるゲーム開発会社の中間管理職の方から「うちの若い衆,英語全然ダメなんだけど,SA神戸って見に行って何か役に立つの?」質問をいただきました.

YesかNoでいえばYesだと思います.
7月末時点,SA神戸すべてのプログラムが公開されていませんので,夏のSIGGRAPHを使って説明します.
まずは夏のSIGGRAPHの開催イベント一覧…英語ですねすみません.
アップデートとしてはBlogのほうが見て面白い,わかりやすいと思います.

もっとわかりやすい資料としてはYouTubeのSIGGRAPHチャンネルがあります.
https://www.youtube.com/user/ACMSIGGRAPH

SIGGRAPH 2015 – Computer Animation Festival Trailer

SIGGRAPHの歴史の中でも一番魅力的な,ショートフィルムのフェスティバル(Computer Animation Festival: CAF)です.CAFだけの小部屋上映会がありそれだけにアクセスできるチケットあります.アート系の人は必須必見ですが,技術系の人はElectric Theaterがその傑作選で2時間ぐらいで一気に見れますのでそちらでもよいかもしれない.いずれにせよ公開前・公開直後の映像やメイキングが一気に見れるのが価値有ります.DVD(USB)には商業映像は収録されないことが多いです.いわゆる商用Blurayパッケージのボーナストラックになるような映像だからでしょうか.

SIGGRAPH 2015 Dailies Trailer

日々面白いものを紹介するセッションです.論文にはなりづらい,商業系映像・小規模製作のメイキングが多いです.

SIGGRAPH 2015 – Real Time Live! Trailer

ここ3年ぐらいではじまったリアルタイム自慢大会です.ゲーム関連&大学の研究のリアルタイムデモを含めたプレゼンショーで,大ホールでやります.プリレンダー系の技術が多い中,リアルタイム・ゲーム関連の人は必見です.私と西川善司さんが最前列にいることが多いでしょう(笑).

SIGGRAPH 2015 – Emerging Technologies Trailer

通称,E-Tech.白井が20年ぐらいにかけて中心的に参加してきた分野はこちらですね.VRやインタラクティブ技術などの革新的な技術をデモするゾーンです.デモだからと言って甘くはないです,これはここに来ないと体験できない.論文と並んで,世界の頂点の一つです.フランスLaval Virtualとの交換作品もあり,日本のVRの研究者の活躍も目覚ましく,国際VRコンテストIVRCからも今年は2件採択されていますが,MicrosoftやDisney Research,NVIDIAなどの最新技術,技術者と直接接する機会があるのも重要と思います.

SIGGRAPH 2015 – Technical Papers Trailer

SIGGRAPHの中でも頂点オブ頂点になるのが,この技術論文(Technical Papers)の関連セッションです.全部で100件近い採択がありますが大変興味深い,一方で前提知識なしでは大変キツイ.
そのため,初日夜にTechnical Papers Fast Forward(PFF)という「1件30秒」というフラッシュプレゼン大会があり,これがまた面白わかりやすいです.
OpenGLの安藤さんが毎年日本語解説をまとめられておりますので必見です.
http://www.andoh.org/2014/08/siggraph-2014-papers-fast-forward-day1.html
また,会期前半にはCoursesという,前提知識理解のための予習復習セッションがありますので,部下に「この分野について調べてこい!」というのであれば大変役に立ちます.

そういうわけで,「見てわかる」という意味ではどんな言語レベルの人も価値はあると思います!
以下,まとめますと

英語全然ダメっすというひとでも大丈夫そうなプログラム
Art Gallery, Emerging Technologies, Exhibition,
Awards Presentation,
Computer Animation Festival-Daytime Selects,
Computer Animation Festival-Electronic Theater,
Dailies, Exhibits Fast Forward, International Center,
Real-Time Live!, Studio, Technical Papers Fast Forward

専門の分野であれば何とかスライド読める人向け
Courses, Exhibitor Tech Talks, Keynote Session,
Production Sessions, Talks,

かなり専門家向け
Technical Papers (分野による), Art Papers(発表による), Panels(話題による), Making @ SIGGRAPH 2015

熱意があれば無駄にならない、日本語OKな交流系
Birds of a Feather, Posters, Reception
CV用意してくる、就職市場が何を求めているのか知る
Job Fair
→フリーランスで仕事探している人,映像系アーティストなどは絶対準備していったほうがいい!

■ SIGGRAPH(米国)におけるJob FairのポータルであるCreative Heads
CANONやSEGAなど日本企業に加えて海外の研究系企業のロゴも見えます.そして値段は4000USD~.日本は求人サービスあるんだろうか?

そのほか,毎年,中嶋正之先生と共著で執筆している「SIGGRAPH見聞記」がお役に立てると思います(映像情報メディア学会誌).CiNiiにいくとPPVで買えますね.
http://ci.nii.ac.jp/naid/110009892012

どの参加カテゴリーで登録

SIGGRAPH,SAには複数の参加カテゴリがあります.
どのRegistration classにするべきかはご予算次第で,個人でお金に糸目がないなら「迷ったらフルカンファレンスでいいんじゃね?」ということでいいと思いますが,日程や予算に限りがある人は選んでもいいと思います.

SA神戸の登録カテゴリと価格が公開されていますので紹介しておきます.時間があったら解説もしてみたいと思います.
http://sa2015.siggraph.org/jp/registration-travel/registration-categories-fees.html

sa1
個人で,本当にお金がないんです,という人でも1000円から参加できます.必見のシアターを加えても5000円です.シアターはダイジェストですが,見れる本数と内容から考えると,映画たくさん見るより安い.これは行かないほうが損というものですよ!

 

なんと展示会のみのチケットでもCAF(アニメーションフェスティバル)とExhibitionと基調講演にアクセスできてしまうという大盤振る舞い.Postersもたくさん人が来る可能性があって発表者にも利益ありますね.
なんと展示会のみのチケットでもCAF(アニメーションフェスティバル)とExhibitionと基調講演にアクセスできてしまうという大盤振る舞い.Postersもたくさん人が来る可能性があって発表者にも利益ありますね.

 

sa3
なんと団体割引もあるんですねえ

 

 

上司の上司のための説明資料としては「Reason to Attend」という資料がありますので,英語読解力のチェックのために翻訳させるといいと思います.これが翻訳できないとなると本当にビジュアルしか見れないことに…それでも価値はあると思います.

 

忘れちゃいけないExhibition

Exhibitionとは企業展示・機器展示です.
見学側としては「機種選定,決定権がある」もしくは「推薦する立場」の人は是非見に行ったほうがよいと思います.
またCG関連企業の経営者さんは,社員旅行だと思って大挙してExhibitionに出場するのがよいと思います.そういうフェスティバルなんですよSIGGRAPHは.
「うちの会社は日本市場しか見てないよ!」という企業さんも参加してみる価値はあると思います.東アジアのコンペチターは日本語をよく勉強していますし,日本市場を狙っていますので,そこにぽっかり穴をあけるのはよくないです.
逆に「アジアのCG業界で一目置かれたい!」という企業や大学等研究機関にとっては,これはめったにないチャンスです.
CEATECやInterBee,IVR展のような客層と少し違う,しかし出展費用はそこまで高くない.
早く判断して宿代を安く済ませることができれば,もしくは関西近郊であれば,なおさらだと思います.

ちなみに白井研究室はExhibitionにも参加します!富士通SSL社と並んでブースを出しますよ!

こんな折,実行委員長の北村先生からメッセージをいただきました.

SA15プログラムにはいずれもそこそこの数の投稿があり,レベルの高いプログラムが組めそうな状況が見えてきております.皆様のご尽力に感謝いたします.

一方では,Exhibitionの盛り上がりはあまり伸びがないように聞こえてきます.
Exhibitionはその国/地域のCG産業の盛り上がりを感じるのにもっともわかりやすい場だと思います.
たとえば,

・映像関連(オリンピックに向けて仕事がほしい/人がほしい)
・電機メーカー(VR関連の新規事業,コンシューマエレクトロニクスなどでのアジア圏でのプレゼンス)
・ゲーム関連企業(人がほしい!/知名度あげたい/ファンサービス)
・IT関連企業(社員活性化,異文化を体験)
・ベンチャー企業(知名度向上,アジアでのパートナー掘り起し)
・学校(高専,専門学校,大学等)/研究所(社会周知,発信)
・自治体(LavalのようなVRで町おこしをうちの自治体でもやりたい!)
などなど,大きなチャンスだと思います!

実はExhibition参加は大穴かもしれない

ケルンメッセさんから以下のような情報が届きましたので紹介します.
—-
★★★ 出展者&スポンサー募集中 ★★★

最終出展申込締切:2015年7月31日(金) お急ぎ下さい!

◇ シーグラフアジア史上最大規模での開催!
◇ 国内出展でありながら海外への情報発信も強力にサポート!
◇ 50超の国と地域から来訪する7,000人以上の業界関係者とダイレクトに商談!
◇ これまでの関係強化はもちろん、新規ビジネス構築には欠かせない基盤!

スタートアップ・ベンチャー企業様向けのプランもご用意しております。
詳細は事務局までお問合せ下さい。

最終出展申込締切:2015年7月31日(金)まで お急ぎ下さい!

ご出展・スポンサーシップに関するお問い合わせ
http://a01.hm-f.jp/cc.php?t=M260918&c=6287&d=4cd0

★★★ 助成金を活用してシーグラフアジアに出展! ★★★

J-LOP+(ジェイロッププラス)  ⇒ http://plus.j-lop.jp/

平成26年度補正予算による助成金制度、J-LOP+(ジェイロッププラス)。
海外展開に必要な「映像素材等のローカライズやプロモーション」を行う事業者に対しての助成金制度。
お申込の条件、要件、対象費用、手続のルール等はJ-LOP+へお問合せ下さい。

経産省が応援するクールジャパンからの流れですね.

J-LOP+は、平成26年度補正予算による「地域経済活性化に資する放送コンテンツ等海外展開支援事業費補助金」を活用し、海外展開に必要な「映像素材等のローカライズやプロモーション」をおこなう事業者に対し、補助金を交付することにより、日本のコンテンツの海外展開を支援し、「日本ブーム創出」にともなう「関連産業の海外展開の拡大」や「訪日観光等の促進」による地域経済活性化につなげることを目的としています。
J-LOP+は、平成26年度補正予算による「地域経済活性化に資する放送コンテンツ等海外展開支援事業費補助金」を活用し、海外展開に必要な「映像素材等のローカライズやプロモーション」をおこなう事業者に対し、補助金を交付することにより、日本のコンテンツの海外展開を支援し、「日本ブーム創出」にともなう「関連産業の海外展開の拡大」や「訪日観光等の促進」による地域経済活性化につなげることを目的としています。

ちなみにJ-LOPは鳥取県 とっとりマンガ王国と「Manga Generator」のコラボレーションによるワールドツアーでもお世話になっております.
SIGGRAPH ASIA 2015神戸に会社丸ごとで出展するナイスな助成金ではないでしょうか.

公式資料から紹介

ご厚意で,ケルンメッセさんから出展者(Exhibitor)向けの資料をいただきましたので共有します.

sa1
来場者見込6400名です!

 

来場者の属性
アニメーション関係が多いとのことですが,学生がメインの参加層であることは見逃せません.

 

来場者の購買決定権保有者および関心
来場者の購買決定権保有者および関心

sa2

出展タイプと出展参加料金
米国SIGGRAPHに4000USD出すよりは,渡航費やその後のフォローも考えるとかなり安いんじゃないでしょうか?日本に来たい海外の才能を発掘するという上でも,日本のとんがった才能を発掘するという上でも.

s5 s6 s8

 

米国SIGGRAPHに4000USD出すよりは,渡航費やその後のフォローも考えるとかなり安いんじゃないでしょうか?日本に来たい海外の才能を発掘するという上でも,日本のとんがった才能を発掘するという上でも.

まとめ・フィードバック募集

以上,査読や執筆で超忙しい中,駆け足でまとめてみましたが,関連情報などあればまた加筆したいと思います.

質問などありましたらTwitter(@o_ob)等でどうぞ!

特に「上司にこういう質問された,こういう情報ほしい!」など歓迎です.

中学高校高専,専門学校,大学等の学校団体で見学されるかた,こちらも歓迎!

直接ケルンメッセさんにお問い合わせください,その際ご一報いただいて,ケルンメッセさんにも「白井先生のBlog見ました」と言っていただけるとよいフィードバックになると思います.
☆白井はケルンメッセが儲かってもあまりいいことはありませんが,中高生も含めた若手の参加が期待できるためにはSA神戸&SIGGARPH自体が盛り上がってほしい,その想いで筆を執っております☆
See you in KOBE!!