画像電子学会のセミナーが興味深い

画像電子学会 第37回秋期セミナー
テーマ:CG研究と教育の最前線-改訂書籍にみる教育内容と先端事例-

■趣旨:
CGの教科書として長年にわたって高く評価されている,コンピュータグラフィッ
クス(発行:CG-ARTS協会)が本年3月に大改訂されました.本セミナーは,その
執筆陣に加え斯界で活躍されている講師陣をお招きし,一過性の流行ではなく,
将来にわたって長く定着して使われる可能性の高い技術とその活用法を紹介しま
す.今回は,産学の人材育成に関する交流会「CG-ARTS人材育成フォーラム」と
の連携により合同開催をいたします.

■対象:
・CGに関する最新技術を習得したい方,CGに興味を持つ学生の方.・CG技術の教
育を行っている教員の方
・企業の第一線で活躍されている方,および入社数年の研究開発者の教育用にも
ご利用ください.
・CG-ARTS人材育成パートナー企業を中心としたゲーム制作会社,CGプロダク
ション,Web制作会社など
・協会委員,認定教育校などの教育機関の教育者

■開催日時: 2015年 10月22日(木) 9:45~19:30
■開催場所: 株式会社スクウェア・エニックス
(〒160-8430 東京都新宿区新宿6丁目27番30号 新宿イーストサイドスクエア)
http://www.jp.square-enix.com/company/ja/access/index2.html

■参 加 費:
会   員(賛助会員,協賛学会会員を含む)            12,000円
非 会 員                                           15,000円
学    生(大学院生を含む)・参与(旧長期継続特典利用の方)    4,000円
*参考書籍として①改訂新版「コンピュータグラフィックス(税込価格3,888
円)」,②改訂新版「ディジタル画像処理(税込価格 4,212円)」を当日の学習用と
して特別割引(①3,300円、②3,500円)にて販売いたします.参加申込時に「書籍希
望」とその番号を明記してください.
*1名につきの価格です.参加者には講演資料のテキスト(モノクロ)とカラー
で見やすいDVDによる講演資料の電子ファイル(パスワード 付)を用意する予定
です.(振込み手数料はご負担下さい)

■定 員: 100名 (定員になり次第締切りますので,お早目の申し込みをお願
い致します)

■申込み先等:
〒116-0002 東京都荒川区荒川3-35-4 ライオンズマンション三河島第二 101号室
画像電子学会「第37回秋期セミナー事務局」
E-mail:kikaku at iieej.org TEL  03-5615-2893  FAX  03-5615-2894
下記事項をご記入の上,FAX又はE-mailにてお申し込み下さい.(CG-ARTS協会に
参加者リストを送る関係でなるべく19日までにお申込みください)
タイトル:第37回秋期セミナー申し込み
参加者氏名,所属先,専門分野,資格(会員 賛助会員/学生会員/非会員 協賛
学会名など),連絡先E-mail,書籍の有無,請求書の有無

■ 主 催:画像電子学会,CG-ARTS協会(公益財団法人 画像情報教育振興協会)

■ 協 賛(予定):日本印刷学会,日本画像学会,日本写真学会,日本図学会

■ プログラム
9:15 開場
9:45-9:55(10分)
画像電子学会・CG-ARTS協会からご挨拶

9:55-10:40(45分)
「改訂新版 コンピュータグラフィックス」改訂の概要と技術動向
乃万 司(九州工業大学)
CGのソフトウェア開発を行うための理論や手法を一冊に凝縮した専門書「コン
ピュータグラフィックス」.精度の高い記述で,画像生成の仕組みから最新研究
のアルゴリズムまで,事例を盛り込み,CGエンジニアに必要な内容をわかり易く
解説している同書の改訂に関するポイントを,技術動向とともに紹介します.

10:40-11:25(45分)
「改訂新版ディジタル画像処理」改訂の概要と技術動向
奥富 正敏(東京工業大学)
画像処理の基礎理論から手法,アルゴリズム,各分野での応用事例まで盛り込ん
だ専門書「ディジタル画像処理」.サンプルイメージを数多く使った構成で,さ
まざまな画像処理をわかり易く解説している同書の改訂に関するポイントを,技
術動向とともに紹介します.

11:30-12:10(40分)
トピックス1:イメージベーストライティングの基礎から最新技術まで

岩崎 慶(和歌山大学)
現実世界の複雑な照明を効率的に表現する手法として,イメージベーストライ
ティングが提案されている.本発表では,イメージベーストライティングを用い
た高速レンダリング手法の概要と最近の研究事例について解説します.

12:10-13:20 昼食

13:20-14:00(40分)
トピックス2:ライトフィールドディスプレイとその可能性
小池 崇文(法政大学)
ライトフィールドディスプレイは,CG,光学,デバイスの複合技術であり,より
リアルな映像を体験させるディスプレイとして将来の普及が大きく期待されま
す.その最新技術動向と可能性について解説します.

14:00-15:00(60分)
トピックス3:リアルタイムハードウェア・ソフトウェア
林 洋人・麓 一博(株式会社セガゲームス)
前半は「ゲームでのリアルタイムグラフィックス」についての基礎的な技術的動
向について、セガにおいてグラフィックス開発サポート担当されてきた林氏が解
説し、後半は「TAのためのリアルタイムグラフィック学習」というテーマで、具
体的なリアルタイムシェーダを構築する技術について紹介します。

15:10-16:00(50分)
トピックス4:AIの活用とディープラーニング -ゲームAIの最新動向-
三宅 陽一郎(株式会社スクウェア・エニックス)
自力で知識を蓄積・分析するなどの学習が可能なディープラーニングや自然言語
を解析し膨大な知識ベースを参照するWatsonなど,現在の人工知能活用について
解説します.

16:00-16:50(50分)
トピックス5:アニメへの3DCGの活用 -改訂新版ディジタル映像表現より-
塩田 周三(株式会社ポリゴン・ピクチュアズ)
映画やテレビでのアニメ制作における3DCGの活用について,制作工程やマーケッ
トの変化や利点・課題を解説します.

17:00-17:45
CG-ARTS協会人材育成パートナー企業のご紹介

18:00-19:30
人材育成パートナー企業との産学交流会(懇親会)
以上