Laval Virtual 2017ふりかえり講演を予定しております

2017年4月25日のTokyo VR Meetup にて、Laval Virtual 2017振り返り講演を実施できることになりました。

開催日時:2017年04月25日(火)19:20~22:00

会場:デジタルハリウッド大学大学院 駿河台ホール

今年のLaval Virtualはとても規模が大きく、9,000平米, 出展社240社。プロフェッショナルデイに当たる3/22-3/24の3日間での来場者は前年度30%増の約7,900名、パブリックデイに当たる3/25,3/26の2日間での来場者は9,800名と合計17,700名の来場者を集め、欧州最大VRの祭典となりました。今回のLaval Virtualは会場の広さ、展示規模の大きさだけでなく、学生コンテスト、Startup contest、AR/VR Contents festival, 市場関連では投資フォーラムなどもあり、とても数人でレポートできる規模ではありませんでした。また一方で、アンテナの良い日本からの参加者は数多くの重賞受賞があり、大きなプレゼンスをみせていました。Laval Virtual 2018参加者向けの情報も含めて紹介したいと思います。

日本の学生VRコンテストIVRC2016からLaval Virtual Award経由でACM SIGGRAPH Awardを受賞しEmerging Technologies展示を決めた「Real Baby – Real Family」

https://twitter.com/o_ob/status/844997866624073730

Best VR/AR Contents賞を受賞した たゆたう さん

超人スポーツ協会(リリース)、立命館大学、筑波大学の「Laval Virtual Award」部門賞受賞もありました。多くは、国際公募デモセッション「ReVolution」にて採択されており、今年は「TransHumanism++」というテーマ。無料で広いブースを獲得し、大変な盛況でした。

 

日本からのVIP参加者も gumi 國光氏、東大 稲見昌彦先生、慶応大学 中村伊知哉先生などもご参加いただいておりました。特に國光氏は投資フォーラムやラウンドテーブルでのご講演に加え、Laval市郊外に常設されるLaval Virtual Center(2017年夏オープン)の見学などもされているようです。

以下(時間の都合上、講演で扱えるかわかりませんが)VR関連の日本から見えづらいニュースとしては、Lavalにフランス本社を持つ老舗EON Realityの国際インターンシップセンターIDCが、新たに4パートナー、7カ国増えて32カ国なったようです。第5回を迎えるLaval Virtual併催のイベントも満席だったようです。
https://www.eonreality.com/events/eon-experience-fest-2017/

またLaval Virtual Asiaとして、中国・青島の都市から10年で5億ユーロの投資を獲得しました。

http://www.futura-sciences.com/tech/actualites/technologie-realite-virtuelle-met-cap-vers-grand-public-salon-laval-virtual-66797/

VRの研究者と無名都市と市民が20年で”VRの首都”を作り、それが実を結びつつあります。

Laval Virtual 2018の状況などもふくめて、ご紹介できれば幸いです。

 

 

(まとめ中) SIGGRAPH 2015: Emerging Technologies

安藤幸央さんが、Technical Paper Fast Forwardの簡単まとめをしていただいているので

http://www.andoh.org/2015/08/siggraph-2015-paper-fast-forward-12.html

http://www.andoh.org/2015/08/siggraph-2015-paper-fast-forward-22.html

見習って、SIGGRAPH 2015 Emerging Technologiesのまとめをしてみようと思いました。基本は公式の対訳(一部”奇怪”翻訳)ですが後に取材映像も足していきたいと思います。★の部分は白井の個人的なメモです。

http://s2015.siggraph.org/attendees/emerging-technologies

Emerging Technologiesとは?

Play with the latest interactive and graphics technologies before they transform the way we live and work. Emerging Technologies presents demonstrations of research from several fields, including displays, input devices, collaborative environments, and robotics.

最新のインタラクティブ・グラフィックス技術で遊んでみよう。エマージングテクノロジーはディスプレイ、入力デバイス、コラボレーション環境、ロボットなどさまざまなの分野から研究のデモンストレーションを展示しています。

SIGGRAPH公式のACM Digital Libraryから2週間以降で提供される予定です。

Room 402AB, Tuesday, 11 August, 3:45 – 5:15 pmにEmerging Technologies Talksという口頭発表がありました。以下の作品が選出されています。おめでとう!
VibroSkate, Wobble Strings, Fairy Lights in Femtoseconds, Air Haptics, Making Small Spaces Feel Large

【予告編ビデオ】

とりあえずチェックリストもかねて、まずは採択作品を数えてみます(アルファベット順)。

  1. A Multi-Projector Display System of Arbitrary Shape, Size, and Resolution
  2. Acoustruments: Passive, Acoustically Driven, Interactive Controls for Handheld Devices
  3. AffectiveWear: Toward Recognizing Facial Expression
  4. Air Haptics: Displaying Feeling of Contact With AR Object Using Visuo-Haptic Interaction
  5. An Auto-Multiscopic Projector Array for Interactive Digital Humans
  6. CHILDHOOD: Wearable Suit for Augmented Child Experience
  7. Christie Digital Sandbox
  8. Deformation Lamps: A Projection Technique to Make a Static Picture Dynamic
  9. Doppler Time-of-Flight Imaging
  10. Fairy Lights in Femtoseconds: Aerial and Volumetric Graphics Rendered by a Focused Femtosecond Laser Combined With Computational Holographic Fields
  11. FlashTouch: Touchscreen Communication Combining Light and Touch
  12. Ford Immersive Vehicle Environment
  13. High-Brightness HDR Projection Using Dynamic-Phase Modulation
  14. HoloChat: 3D Avatars on Mobile Light-Field Displays
  15. LASTER Technologies Omnivisio Project
  16. MEME – Smart Glasses to Promote Healthy Habits for Knowledge Workers
  17. Making Small Spaces Feel Large: Infinite Walking in Virtual Reality
  18. MidAir Touch Display
  19. Moving Around in Virtual Space With Spider Silk
  20. Panoramical
  21. Po2: Augmented Haptics for Interactive Gameplay
  22. SemanticPaint: Interactive Segmentation and Learning of 3D Worlds
  23. The Light-Field Stereoscope
  24. VibroSkate: A Locomotion Interface With Exact Haptics and Kinesthesia
  25. Wobble Strings: Spatially Divided Stroboscopic Effect for Augmenting Wobbly Motion of Stringed Instruments

アルファベット順だととてもわかりづらいので以下、技術分野でまとめてみました。


ディスプレイ関連

A Multi-Projector Display System of Arbitrary Shape, Size, and Resolution
形状・サイズ・解像度自由なマルチプロジェクターディスプレイシステム

This project demonstrates automatically calibrated integration of general content delivery from a Windows desktop with a multi-projector display of arbitrary, shape, size, and resolution. These sophisticated, completely automatic geometric and color registration techniques for deploying seamless multi-projector displays on popular non-planar surfaces (for example, cylinders, domes, truncated domes, etc.) have generated significant attention in recent years. This is the first time such calibration has been integrated with content delivery.

Duy-Quoc Lai, Aditi Majumder, Mahdi Tehrani / University of California, Irvine

円柱、ドーム、切断ドームなど、非平面表面上でシームレスなマルチプロジェクターディスプレイを展開するため、自動的に任意の形状、大きさ、解像度のマルチプロジェクタを表示して、Windowsのデスクトップから一般的なコンテンツの配信の統合を校正する技術。完全に自動化された幾何学とカラーレジストレーション技術。コンテンツ配信と統合されたデモ展示は今回が初めてとのこと。UCアーバイン(米国)。

★本当にふにゃふにゃなディスプレイで背面投影していて、ただのメディアプレイヤーで表示しているだけなので、あまりにみすぼらしすぎて、どこが技術の見所だったのかを訴求する力を失っている展示形態が残念。近くの大学なんだからもうちょっとがんばってもよかったのでは。

Christie Digital Sandbox

For the past year, Christie has been working on technology that expands the capabilities of today’s automatic projection-calibration systems. The company’s latest technology can seamlessly calibrate projection-mapped displays automatically. Now easy, affordable, and accessible projection mapping is possible on any surface – smooth or complex, even 3D.

Projection mapping (or “Shader Lamp”) applications use complex models or features in architecture and the surrounding environment as the display canvas. This powerful and engaging projection application is used for entertainment, visualization, and marketing. But until now, initial setup of a projection-mapped display required a high degree of expertise, and ongoing maintenance of the displays was expensive. For these reasons, projection-mapping displays are usually installed only in large-scale entertainment venues.

At SIGGRAPH 2015, Christie presents automatic alignment of a 3D model using its Automapper technology, which can maintain the alignment of a projection display in less than 30 seconds, even after the projector and/or the projection surface is moved.

Kevin Moule, Derek Scott, Nicholai Wasilka, Roy Anthony / Christie Digital

過去、クリスティーデジタル社は、現在の自動投影キャリブレーションシステムの機能拡張技術に取り組んできました。同社の最新技術でシームレスかつ自動的なプロジェクションマッピングが可能になります。スムーズまたは複雑な任意の表面上で、簡単、手頃な価格でアクセシブルなもちろん3Dも。プロジェクションマッピング(または「シェーダランプ」)アプリケーションは、複雑なモデルや建築の機能とディスプレイキャンバスとして周囲の環境を使用しています。この強力なアプリケーションは娯楽、視覚化、およびマーケティングのために使用されますが、今までは、プロジェクションマッピングされたディスプレイの初期設定は、専門知識の高度を必要とし、ディスプレイの継続的なメンテナンスが高価でした。これらの理由により、投影マッピングディスプレイは、通常、大規模な娯楽施設に設置されています。このデモでは、クリスティプロジェクターは投影面が移動された後でも、30秒未満でプロジェクションディスプレイの整列を維持することができ、Automapper技術を用いて3Dモデルの自動整列を行います。

★Invited展示とのことで、SIGGRAPH、Laval Virtual、IVRCなどにも大きな貢献をしていらっしゃるChristie社の技術展示。がっちり組まれたトーラスではあまり意味がない感じもするのが残念であるが、実際のプロジェクションマッピングの過酷なビジネスでのニーズが生かされた研究と思う。色補正技術などはまだやっていないとのこと。

High-Brightness HDR Projection Using Dynamic-Phase Modulation
ダイナミック位相変調を用いた高輝度HDRプロジェクション

Traditional projection systems use a high-power light source and amplitude (attenuating) light modulators (for example, DMD, LCD, or LCoS) to form an image by blocking light where it is not needed. This approach works well for images with limited dynamic range, but does not efficiently scale to applications that require high peak luminance and dark black levels, such as high-dynamic-range (HDR) content. Image statistics for HDR in the cinema suggest that the average picture level (APL) is typically about 5-10% of the peak luminance.

At SIGGRAPH 2014, this development team showed a monochromatic, low-power proof-of-principle projector and demonstrated that light that would otherwise be blocked in image formation can be used effectively to create very bright highlights. The demonstration was very well-received, but there were very obvious image artifacts, and it was unclear at the time how well the proposed technology would scale to the higher power required by larger screens or brighter ambient conditions for practical applications such as cinema, home theater, simulation, theme parks, and advertising.

A newly designed custom light source plus, an optimized system architecture, and improved image processing were combined to create the new prototype, which is now full color, 1000 lumens, and largely artifact-free (haloes, sharpness, uniformity, speckle, rendering). While this research prototype is still in an early stage of development, it shows that the technology has the potential to move beyond the research lab and affect our everyday lives.

Gerwin Damberg, Wolfgang Heidrich / The University Of British Columbia

James Gregson, Anders Ballestad, Eric Kozak, Johannes Minor, Raveen Kumaran / MTT Innovation Inc.

従来のプロジェクタシステムは、高出力光源と振幅(減衰)光変調器を使用して(例:DMDは、LCDまたはLCoS型)は、必要とされていない光を遮断することによって画像を形成します。このアプローチは、限られたダイナミックレンジを有する画像に適していますが、効率的にこのような高ダイナミックレンジ(HDR)コンテンツとして高いピーク輝度と暗い黒レベルを必要とするアプリケーションに拡張できません。映画館でHDRのための画像の統計は、平均画像レベル(APL)は、典型的に、ピーク輝度の約5〜10%であることを示唆しています。この開発チームは、単色、低電力証明の原理プロジェクタを提案します。画像形成にブロックされる光は非常に明るいハイライトを作成するために効果的に使用できることを実証しました。新たに設計されたカスタム光源を加え、最適化されたシステムアーキテクチャ、および改善された画像処理について(レンダリングハロー、シャープネス、均一性、スペックル(斑点))フルカラー1000ルーメン。MTT、ブリティッシュコロンビア大学(カナダ)

★以下、実際の取材映像。従来プロジェクタの30倍の輝度が出ている。


 

以下作業中

Acoustruments: Passive, Acoustically Driven, Interactive Controls for Handheld Devices
AffectiveWear: Toward Recognizing Facial Expression
Air Haptics: Displaying Feeling of Contact With AR Object Using Visuo-Haptic Interaction
An Auto-Multiscopic Projector Array for Interactive Digital Humans
CHILDHOOD: Wearable Suit for Augmented Child Experience

Deformation Lamps: A Projection Technique to Make a Static Picture Dynamic
Doppler Time-of-Flight Imaging
Fairy Lights in Femtoseconds: Aerial and Volumetric Graphics Rendered by a Focused Femtosecond Laser Combined With Computational Holographic Fields
FlashTouch: Touchscreen Communication Combining Light and Touch
Ford Immersive Vehicle Environment
High-Brightness HDR Projection Using Dynamic-Phase Modulation
HoloChat: 3D Avatars on Mobile Light-Field Displays
LASTER Technologies Omnivisio Project
MEME – Smart Glasses to Promote Healthy Habits for Knowledge Workers
Making Small Spaces Feel Large: Infinite Walking in Virtual Reality
MidAir Touch Display
Moving Around in Virtual Space With Spider Silk
Panoramical
Po2: Augmented Haptics for Interactive Gameplay
SemanticPaint: Interactive Segmentation and Learning of 3D Worlds
The Light-Field Stereoscope
VibroSkate: A Locomotion Interface With Exact Haptics and Kinesthesia
Wobble Strings: Spatially Divided Stroboscopic Effect for Augmenting Wobbly Motion of Stringed Instruments