2013年5月のほしい書籍リスト

雨なのもあって書店に行ってきました。
以下、「買ってもいいかな?」と思った本です。
調査はくまざわ書店アリオ橋本店

以下、順不同。棚構成順のような感じ。
旧作も含まれていますがお気になさらず。


「ソフトウェアデザイン総集編2001-2012」
Software Design 総集編 【2001~2012】

いままでのソフデザが1冊1PDFの形で収録された付録ディスクがついてきています。


「Objective-Cの絵本」
Objective-Cの絵本 (絵本シリーズ)


「インタフェースデザインの実践教室」
インタフェースデザインの実践教室 ―優れたユーザビリティを実現するアイデアとテクニック

後に紹介する「インタフェースデザインの心理学」とセットでほしい。


「OpenGLESとC++で作るiPhone/iPad実戦3Dゲーム」
OpenGL ESとC++で作るiPhone/iPad実戦3Dゲーム

Unity全盛の中、パンツァーゲームをGLESとC++で作るという視点が面白い。「実践」ではなく「実戦」。


「ドット絵 プロフェッショナルテクニック」
ドット絵プロフェッショナルテクニック―ドット打ちからアニメーションまで (Game developer books)

「Squirrelゲームプログラミング」
Squirrelゲームプログラミング 組み込みスクリプト言語による実践テクニック

ゲームスタジオのインハウススクリプトについての解説、特に日本のスタジオの雄あるスクウェア・エニックスからのノウハウ公開は珍しい。ビジュアル的にもさすがスクエニという感じで、オリジナルではあるけれども3Dキャラクターなども入っておりちゃんと読んでみたい本。

「ゲームプログラミングのための行動AI数学」
ゲームプログラミングのための行動AI数学

なんかタイトルが狙いすぎな気もするが、このシリーズの編集者の意向なのであろう。

<Unity関係> Unity4対応を買わねばならないので難しいところ

「Unityで作るiPhone/Androidアプリ入門」
Unityで作るiPhone/Androidアプリ入門

「Unityで作るスマートフォン3Dゲーム開発講座 Unity4対応」
Unityで作るスマートフォン3Dゲーム開発講座 Unity4対応 (SMART GAME DEVELOPER)

「ゲームの作り方 Unityで覚える遊びのアルゴリズム」
ゲームの作り方  Unityで覚える遊びのアルゴリズム

「Unity 4マスターブック―3Dゲームエンジンを使いこなす」
Unity 4マスターブック―3Dゲームエンジンを使いこなす

「Unityライブラリ辞典 ランタイム編」
Unityライブラリ辞典 ランタイム編

「独習UML 第4版 (CD-ROM付)」
独習UML 第4版 (CD-ROM付)

「パーフェクトPython」
パーフェクトPython (PERFECT SERIES 5)

「マンガライン デザイン・アイデア素材集」
マンガライン―デザイン・アイデア素材集

「アメコミデザイン」
アメコミデザイン

「和文フリーフォント116」
和文フリーフォント116 (design parts collection)

「これからはじめるInDesignの本 〔CS6/CS5.5対応版〕」
デザインの学校 これからはじめるInDesignの本 〔CS6/CS5.5対応版〕

「3D立体映像表現の基礎」
3D立体映像表現の基礎−基本原理から制作技術まで−

河合先生の本。

「ディジタル映像分析 OpenCVによる映像内容の解析」
ディジタル映像分析―OpenCVによる映像内容の解析

この本は本当に役に立ちそう、誰にでも役に立つわけじゃないけど。

「テクニカルアーティストスタートキット -映像制作に役立つCG理論と物理・数学の基礎- [演習データ付属]」
テクニカルアーティストスタートキット -映像制作に役立つCG理論と物理・数学の基礎- [演習データ付属]

著者陣がすごい、内容もマニアック。どこかの学校で使われていたりするんだろうか?

「Google API Expertが解説する Google Maps APIプログラミングガイド」
Google API Expertが解説する Google Maps APIプログラミングガイド

いまさらだけど、書籍があるとは知らなんだ。

「PC自作の基礎知識2013」
PC自作の基礎知識2013 (日経BPパソコンベストムック 日経WinPCセレクト)

PC自作なんて当たり前だと思うのだけど、学生は意外と知らないし、数年に一度ぐらい学ばないと新しい規格とか知らないので。

以下オーム社

「メディア学入門 (メディア学体系1)」
メディア学入門 (メディア学体系1)

「感覚・知覚・認知の基礎 (現代電子情報通信選書―知識の森)」
感覚・知覚・認知の基礎 (現代電子情報通信選書―知識の森)

「知能の原理 ―身体性に基づく構成論的アプローチ―」
知能の原理 ―身体性に基づく構成論的アプローチ―

「はじめてのAIプログラミング―C言語で作る人工知能と人工無能」
はじめてのAIプログラミング―C言語で作る人工知能と人工無能

「はじめてのAIアプリケーション−C言語で作るネットワークエージェントと機械学習−」
はじめてのAIアプリケーション−C言語で作るネットワークエージェントと機械学習−

以下オライリー

「インタフェースデザインの心理学 ―ウェブやアプリに新たな視点をもたらす100の指針」
インタフェースデザインの心理学 ―ウェブやアプリに新たな視点をもたらす100の指針

「実践 コンピュータビジョン」
実践 コンピュータビジョン

以下、美術・デザイン本

「ロゴデザインの見本帳」
ロゴデザインの見本帳

「ロゴづくりアイデア大全」
デザインを学ぶシリーズ ロゴづくりアイデア大全

「フライヤーのレイアウト」
フライヤーのレイアウト―映画・展覧会・演劇…目立つチラシのデザインテクニック


「パパとママにアピールするレイアウト&カラーズ」
パパとママにアピールするレイアウト&カラーズ -こども向け商品カタログ・雑誌・パンフレットのデザイン事例集 (LAYOUT & COLOURS)

ちなみに研究室向けにWindows8ストアアプリの開発情報探しに行ったんだけど、全く手に入らなかった!棚がないのかも。

余談なんだけど雑誌「イラストノート」が中村佑介特集だったので個人的に買ってしまった。
http://www.illust-note.jp/%E6%9C%80%E6%96%B0%E5%8F%B7/
イラストノートNO.26 (付録付き) (Seibundo mook)
[browser-shot url=”http://www.illust-note.jp/%E6%9C%80%E6%96%B0%E5%8F%B7/” width=”600″]

Nexus7で物理キーボードを使う

「タブレットなんて、ビューワーにしかならん!」

と奥さんによく言われます。その通りだと思います。

その通りだと思うのですが、やはり可搬性やiPad,Androidの進化を考えると無視できない。

何とかモノ書き業に使いたい!
何とか生産的な作業に使いたい!
でないとこの板はただのオモチャにしかならないじゃないか!!

というわけで、前回の「文章を書くためのツール考―パソコン編―」に引き続き、スマートフォンをモノ書きに使うための検討を続けています。
今回はキーボード編です。
最近はPC選ぶのもキーボードが中心になってきましたし。
(Mac Book Airに勝てるキーボードはASUSやAcer、Lenovoしか出してません…現状)

Bluetoothキーボードはいろいろ試しているのですが、
ハードなフルキーボードはほとんど出ていません。
昔ながらのPS2キーボードなどを愛好する私としては、ちょっとしたアイテムを追加してみました。

ELECOM「U2HS-MB02-4SBK」、というmicroUSBをふつうのUSBに変換するポートです。

ELECOM USBHUB2.0 スマホ・タブレット用 microUSBケーブル+変換アダプタ付 バスパワー 4ポート ブラック U2HS-MB02-4BBK
microUSBからふつうのUSBに変換するコネクタもついて、近所の量販店で1000円以下でした。

これをNexus7に刺して、さらに無線マウスとPS2/USB変換につながったPS2キーボードを指します。
マウスはなんの問題もなくつながります。右クリックとホイールが超快適。そしてホームボタンなどもクリックできますので画面を触る必要がない。

肝心のキーボードのほうは…ちょっと設定があります。
メールなどはタブをうまく使うとよいでしょう。
日本語の文章入力では、Jotaなどで試していますが、うまく切り替わらない。

いろいろ試してみましたが、無料でできる一番簡単な方法は、
・Google日本語入力に切り替える
・Ctrl+Spaceで日本語切り替え
いちど日本語切り替えすると、以後は半角全角キーで切り替えられます。画面下に表示されるのも便利。
画面下のソフトキーボードが邪魔になるIMEもあるのですが、
おそらく、ですが、Google日本語入力は物理キーボードモードが用意されているようです。

さてこうなると、Bluetoothでもいいキーボードが出てほしくなりますね。

それってモバイルじゃないんじゃね?と言われそうですが。

HDMIに接続するだけのAndroid製品も出てきていますので、お気に入りのキーボードやマウスとAndroid鍵だけで環境が持ち歩けるという、
昔でいうところのNCよりもスマートなコンピューティング環境ができつつあります。

あとはプログラミング環境がほしくなりますね~。

継続使用してみて脱PCできるかどうか、試してみたいと思います。