耳鼻科ソムリエ2013版

今シーズン初の耳鼻科に行ってみた。
日本に帰ってきてからはや6シーズン目になりますが、いまだにベストな耳鼻科に出会えていません。

自分的ベストな耳鼻科とは・・・
・仕事をしている人にもいきやすい時間帯に診療している
・いきなり薬の処方から入らない
・話を聞いてくれる
・鼻処置が巧い
・先生はお爺さんでも良い
・設備は古くてもいい
といったところなのですが、それはすなわち幼稚園のころからお世話になっている横浜鶴見の山田耳鼻科のことで、たまにいくと老若男女、いつもいつも大変な人気です。
(ちなみにここの先生のお子さんは私と同じ幼稚園だった、本人とはつきあいがない)

ゲーム開発者時代は都立大学駅前にいい感じの爺様耳鼻科がありました。
フランス時代は花粉症自体がありませんでしたが、アレルギー専門医がいたので細かく調べてもらえたりしてこれはこれで助かりました。

で、相模原市は良い耳鼻科が少ないです。
駅前エリアにはいくつかありますが、子供向けとか、いきなり薬から入る先生とかで、全く合いません。
もちろん、耳鼻科からしてみれbなただでさえ子供の鼻炎で沢山来すぎなので、大人の花粉症なんて、通院回数少なければそれに越したことはないのだと考えるのでしょうけど、実際患者の側では、ただでさえ使い物にならない状態なので、病院に行く回数は増えても、鼻吸引などはこまめにしていただいて、副鼻腔炎などを防ぎたいところなのです。が解ってもらえないですね。話を聞いてくれないので。

で、今年は通勤途上にある総合病院Xに行こう、と決めておりました。
ここは可もなく不可もない大病院だし、どうせ待つし、先生は非常勤で、週に2回しか耳鼻科がないし。
・・・おっと、ここにも限界集落の香りが・・・

まあそこまで悲壮感はないので、ここに行こうと決めていったわけです。
例によって仕事がちょっと長引いて、渋滞して、ついたのが17時3分。
受付のお姉さん「本日の受付は17時まででして・・・」
私「で?」
受付のお姉さん「本日の受付は17時まででして・・・」
私「つまり?」
受付のお姉さん「またの機会に」
私「はあ・・・」
ちなみに”またの機会”とは土曜日で、その日はもう日本にいない。手遅れ感。

しかたないのでGoogle様に聞いてみる。
「Google様Google様、ここから一番近い耳鼻科はど~こ?」
・・・あった!しかも車で2分ぐらいのところ・・・

そりゃあ大病院も耳鼻科に力を入れないわけである。
自分も盲点だった、相模原市ばかり検索していてとなりの愛川町検索していなかったとは。
しかも通勤途上に看板が見える場所にある・・・普段いかに耳鼻科のことを忘れていたいのか、ということが自分で思い知らされる。

で、行ってみました。
設備投資いい感じ、待合室雰囲気良い、客層は愛川町民(ただし日本人ばかり)、待ち時間は20分程度と混んでいる割に短め。

先生は
・問診票を一読
・アレルギーテストは?と尋問
・レントゲンを撮ろう、検査をしよう
・薬は極限まで多め、14日分
・2週間後に来るように
・鼻処置は高速だが下手ではない
 (本当に巧いと、快感を感じるがそこまでではない)

あんまり話は聞いてくれなかったけど、
まあこういう客(患者)は薬沢山出すしかないオチにしかならないよね。
本当は漢方で処方してもらいたかったのだけど・・・。

・・・というわけで、ありがとうございました、と去ろうとしたところ、
先生の机に鉄道関係の写真やら置物やらがあることに気づく。
「吸引やってって」といわれてネブライザー台を見ると、なんと
そこには巨大な鉄道レイアウトが。

「先生良い趣味してるじゃないですか」と言おうと思ったけども、鼻にネブライザーが刺さっているので言えず。

車両は新幹線ゼロ系とかドクターイエローとか、超特急と周辺、それから電気貨物車がお好きなようだ。

これって先生の趣味なんだろうか、それとも買ったんだろうか。
今度聞く機会があったら聞いてみよう。
まあでも「鉄道マニアに悪い人はいない」って言うからなあ。

でも耳鼻科1回で万札が粉々になるんだぜ!
意識朦朧だし、なんとかしてほしいから医者に行ってるので、文句も選択肢もないけどな!

以下診療内容メモ。

■診療の部

・初診料 270点
・標準順音聴力検査 350点
・チンパノメトリー 340点
・副鼻腔X線写真 2回+電子画像管理加算(単撮) 287点
・処方箋料(6種以下) 68点
・一般名処方加算(処方箋料) 2点
・鼻処置 12点
・ネブライザー 12点
・滅菌精製水(タリビット耳鼻科用液 0.3%, 3mg, 0.2ml,  テイカゾン点眼・点耳・点鼻液0.1%, 0.5ml) 3点
・副鼻腔自然口開大処置 25点

合計1369点 負担額4,110円

■薬局の部
クラリシッド錠200mg 126点
内服調剤料14日以下  63点

アレグラ60mg
プランルカスト錠 112.5 EK
ムコトロン錠 250mg
以上 364点
内服調剤料14日以下 63点

ナゾネックス点鼻液 50μg 56噴霧用 189点
外用調剤料 10点

ゼペリン点眼薬 0.1% 90点
外用調剤料 10点

調剤基本料 40点
後発医薬品調剤体制加算3 19点
薬剤服用歴管理指導料 41点

 合計 薬剤料 769点 技術料 246点 =1015点 本人負担 3,050円

実に保険適用前で23,840円もかかっている。
これは経過が楽しみであるね(涙)。