【告知 】10/12 ProcessingによるAndroidアプリ開発講習会(無料・通訳付き)

【告知】海外アーティストに学ぶ「Processingで作るクリエイティブなAndroidアプリ」講習会 10/12(金)13-17時「ロフトワーク 渋谷」にて.参加費無料,通訳付き.

 

申し込み上限20名なのでこっそり募集です.

 

講師のDaniel Sauterさんはドイツ出身のアメリカ在住の先生のようですね.
【Creative Coding for Mobile Devices: Build Sensor-Based Android Apps using Processing】
■主催
Daniel Sauter
daniel-sauter.com/■日時
10/12(金)13:00-17:00■場所
loftwork Lab(10F)
www.loftwork.jp/loftwork_ID.htmlロフトワーク 渋谷(loftwork SHIBUYA)
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂 1-22-7 道玄坂ピア

■参加費
無料

■持ち物/準備すること
Your own laptop with the following software
Processing 2.0 available for free at processing.org/download/
Android SDK available for free here developer.android.com/sdk/index.html
If you se Windows or Linux, follow the instructions here to install the USB drivers: wiki.processing.org/w/Android#Instructions
Mac users don’t need to do this.
Participants who didn’t install the software yet will get those instructions at the beginning of the workshop. It speeds things up it it’s installed before.

■募集人数
20名(上限)
※ワークショップ進行のお手伝いがいただければ
参加人数の上限が増える可能性がございます。

■応募フォーム
goo.gl/vnbzo

■ワークショップの内容

This workshop is an introduction to Processing for Android, and specifically the creative potential of the hardware features built into Android devices shipped today.We’ll create a series of projects using motion and position sensors, the touch screen panel, geolocation and compass, front and back cameras, WiFi networking, peer-to-peer networking using Bluetooth and WiFi Direct, databases, and 3D scenes on the Android.
The workshop will utilize Processing 2.0b, Android SDK, and the Ketai Library for Processing. A basic understanding of programming and access to an Android device are recommended.※難易度については多少高度な内容になってくるので初心者の方は参加は厳しいかもしれません。★神奈川工科大学の情報メディア学科1年生であれば全く問題なく参加できるレベルです.AndroidSDKをインストールしてGoです!

※イベント自体は英語で開催されますが
こちらのほうで通訳をご用意しております。

■Daniel Sauterさんについて
Daniel Sauter is an artist who creates interactive installations and site-specific interventions dealing with the cultural and social implications of emerging technologies.
He is an Associate Professor of New Media Arts at the University of Illinois at Chicago, School of Art and Design, organizer of the Mobile Processing Conference in Chicago, and author of Rapid Android Development: Build Rich, Sensor-Based Applications with Processing (Pragmatic, 2012).

[wpdm_file id=1]

 

ProcessingでSQLiteを使う

とあるプロジェクトでProcessingからSQLで扱えるデータベースをがっちり使いたいので、数時間かかって使えるようになったメモ。
[使ったもの]
Processing1.1
SQLibrary bezier.de/processing/libs/sql/
ここでマニュアル通りProcessingのスケッチフォルダ、
「/Users/(user)/Documents/Processing/libraries」
に「SQLibrary」として配置するが、
“SQLite_example1” はJDBCがないといって動いてくれない。
[参考にしたURL]
Mac OSX 10.6 Snow Leopardには最初からSQLIte3が入っているらしい。動作確認方法。
d.hatena.ne.jp/replication/20100311/1268319642
東大の研究者Leoさんが開発したJDBC「Xerial」をダウンロードしてくる。
leoclock.blogspot.com/2008/10/sqlitejdbc-javasqlite.html
www.xerial.org/maven/repository/artifact/org/xerial/sqlite-jdbc/3.6.20/
(参考)「PostgreSQL用JDBドライバの登録テスト」→SQLiteに置き換えて全く問題なし。
www.asahi-net.or.jp/~ei3k-iwt/imac_sage/macosx_f/pgjdbc.html
「/Library/Java/Extensions」フォルダに入れ[sqlite-jdbc.jar]にリネームする。
これでSQLibraryのサンプルが動きます。

Using this database: /Users/aki/Documents/Processing/libraries/SQLibrary/examples/SQLite_example1/data/test.db
table_one
foo
-100
bar
99

これで大きめのテーブルがProcessingで使えます。