偏光フィルターの本来の使い方

Scritter, UbiCodeの解説のために普段から小さな偏光フィルタを切ってiPhoneケースに入れています。

20121112-111420.jpg

こうしておくと方向も切り替えも自由にできます。だいたいA4サイズで1000円しませんので、このサイズなら30円分ぐらいでしょうか。

でもって相模原市プレゼン準備に向けてロケハン中。

近所の水路です。

20121112-110455.jpg

せっかく鯉が泳いでいるのによく見えません。
ここでこの直線偏光フィルタを使うと…。

20121112-110506.jpg

こんな風に水面の強い反射が消えて、鯉が見えます。

なぜ?どうして???
はまたの機会にでも。

古くて新しい東京駅丸の内南口

今日から古くて新しい駅舎。
改札前がこの状態です。
駅員さんに「駅の壁、照らしてるのはいつ見れるの?」という質問をするおばちゃんがいました。

皆さんデジタルサイネージを一生懸命撮っていらっしゃいます。
人々、デジタルサイネージなどの記録として残しておきます。

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=rIfPqmHX4Ks[/youtube]

芸術科学会理事会に出席など

芸術科学会の理事会に出席しました。

「野営ゼミ」が終わった前日の夜からCQ出版社の原稿を書き始めて38ページ。終わって14時過ぎ。クルマの中で昼ごはんを食べて海老名から銀座に移動したCG-ARTS協会へ。

ちなみにファッションは前日のまま。
いくらCG-ARTS協会だからって冗談で着ていったSIGGRAPHポロにGパンにスニーカーかないでしょうよと。

20120831-043303.jpg
(この格好、勘弁して欲しい)

ああ、Appleストアで父の誕生日プレゼントでも買いたかったな。。。

それはそれとして、芸術科学会の理事会はJAIST宮田先生をはじめとしてみんな良い人や。

そのまま晩餐会になったのですが、私よりも大学の先生として職歴の長い人ばかりなので、勉強になる。

TEUの三上先生は年齢が近いし、客層も近いのでこの手の場でのオフライントークは良い機会です。
4000通のレポートですよ、半期15週間で。他人事じゃないけど。

100人超えるとシステム開発しても見返りあるよね。

「大学の先生の仕事術」って本書いたら買う人いるかな?

その後、富大のT先生と山手線内で次期の芸術科学会DiVAの編集方針について打ち合わせ。

約束では次期は私が編集委員長に。

まあ面白くするしかないんですけど。

とか考えながら、ロマンスカーで某N社のインタビュー原稿を執筆。

良い作文になった。
お金もらえないから自己満足かステマ(捨て身のマーケティング)にしかならないけど。

その後、研究室に戻るとT君がP4(格ゲー)をやってた。

20120831-043120.jpg

それも一コマ送りで。
ガード後の硬直時間について調べていたらしい。

その情熱を制作に傾けられないものか。

作品も研究も全く進んでいないに等しい。
大学きてるだけマシかもしれないけど、遊んでるだけなら時間の無駄だし、自分に跳ね返ってくると思う。

腹立たしいのでPS3のHDMIケーブルに細工した。

腹立たしいには全く収まらないので、某ITE学会誌の依頼原稿を仕上げる。
寝かして置いて自分が寝ても、気分が悪い時間が長引くだけだと思う。

Jane McGonigalの「ゲームで世界を救う」が正しいなら、うちの学生を救ってやってください。
http://t.co/J3aRmp3A

ジェーン(自称:某能天気なゲームデザイナー)が言う10億時間のゲームプレイが何年になっても「今やらなきゃならない事」をやらずに済ませても、気分の悪い時間が長引くだけだと主張したい。

で、原稿終わった。
明日は新潟、7:20出発予定。

軟禁されませんよ〜に!

Some interests at Media Art Festival 2008

[DJ Shodo] -Sound Calligraphy- (ver.2)
http://gs.idd.tamabi.ac.jp:16080/~yang02/works/os_ver2.html

It can drawing by brush painting then it makes a dynamic sounds immediately.
The latest version is installed. It is smaller, kind and more interactivities. It have not shown on international stage, a winner of
student CG competition this year.

http://www.cgarts.or.jp/scg/2007/prize/interactive.html
Latest version (video)
http://www.cgarts.or.jp/scg/2007/prize/onkyoshodo/index.html
http://www.cgarts.or.jp/scg/2007/prize/onkyoshodo/window.html

[(lighting ball for a new sports)] Mme. Sachiko KODAMA, Kentaro FUKUCHI et al.

http://www.kodama.hc.uec.ac.jp/boundingstar/index.html

The lighting ball has PIC micro processor. The ball material made by soft silicone.

[ene-geometrics 02] Mr.SEKINE (Univ. KEIO)

http://www.cgarts.or.jp/scg/2007/prize/ene_geometrix/indes.html
http://www.cgarts.or.jp/scg/2007/prize/ene_geometrix/window.html

Heat convection visualization. Very beautiful.

[Stability Disaster Log] Karolina SOBECKA

When user shake the box, the room is shaked.

[Si Mi Sei Vicino (If you are close to me)]

Magnetic field visualization between users.

[Slot Machine Drawing] Mr.Junji WATANABE

http://www.rollcanvas.org/basic_en.html

Easy to make an animation on a virtual “long roll” paper. (Installed at ARS)

http://akihiko.shirai.as/

[CFP] Prix Ars Electronica 2007 – Call for Entries

Dear friends and participants of Prix Ars Electronica!

The 21st Prix Ars Electronica 2007 – International Competition for Cyberarts has a few new features.

The new Hybrid Art category, a new prize for Media.Art.Research, and the integration of Net Vision into Digital Communities are the most visible signs of the intensive work that is being done on the definition of the competition’s categories. As always, the aim is to continually keep the Prix Ars Electronica updated in line with leading-edge developments in the dynamic field of cyberarts.

Prix Ars Electronica 2007
Online Submission Deadline: March 9, 2007

Computeranimation / Film / VFX, Digital Musics, Interactive Art, Hybrid Art,
Digital Communities, u19 – freestyle competition, [the next idea] grant,
Media.Art.Research Award

All details about the categories and the online submission
are available online only at: <http://prixars.aec.at>

Total prize money: 122.500 Euro

Please feel free to forward this to all interesting/ed parties.

best regards
Iris

Contact: Iris Mayr
Project Manager Prix Ars Electronica

AEC Ars Electronica Center Linz
Museumsgesellschaft mbH
Hauptstra゜e 2
A-4040 Linz
Tel. ++43.732.7272-74
Fax ++43.732.7272-674
info at prixars.aec.at
http://prixars.aec.at

If this e-mail has been sent to you by mistake or if you’d like to have your name removed from our mailing list, please send an e-mail with the word UNSUBSCRIBE in the subject line to the following address: info at prixars.aec.at

Akihiko Shirai, Ph.D
Invited Researcher
Presence & Innovation Laboratory ENSAM France
http://akihiko.shirai.as/

http://akihiko.shirai.as/