Laval Virtual ReVolution 2017 投稿のご案内

2017/3/22-26にフランスLaval市にて開催されるヨーロッパ最大のVRフェスティバル「Laval Virtual」、そしてその中で開催される世界VR作品公募展「ReVolution 2017」今年のテーマは「TransHumanism++」です。

投稿に必要なアイテムは
・Abstract
・Floor Plan
・代表画像
・ビデオ
この4つだけ!ACM会議とは別扱いなので重複投稿規程はゆるめなのと、今年はオープンアクセスジャーナルもついてきますのでお得感半端ないですよ?
もちろん学生コンテスト、ACM VRIC、Starup Contest、AR/VR Contents、そしてAward、Exhibitionへのエントリーも歓迎です。

2017年のLaval Virtualは重要な年になります。
・従来の駐車場のほぼ全域がテントになる
・ReVolutionのスポンサーにgumi超人スポーツ協会、ACM SIGGRAPHが参加。
・「TransHumanism++ Studium」時間限定方式の広いアリーナを作ります
・3,000平米のLaval Virtual Centerが7月に竣工
・そしてあの出展者が…!あのスタートアップが参加するかも!
すでにSIGGRAPHからの参加決定がNVIDIA、スコルコーヴォ工科大、IVRCから「Real Baby / Real Family」が選出

新規投稿作成は大晦日まで。
その先の更新も可能としますので、張り切ってご投稿下さい!

投稿ページ(EasyChair) http://j.mp/LVREVO17

■関連投稿

Call for Demo ReVolution 2017 TransHumanism++ (ver.3) #LavalVirtual
http://aki.shirai.as/2016/10/call-for-demo-revolution-2017-transhumanism-ver-3-lavalvirtual/
株式会社gumiがIVRC2016&Laval Virtual ReVolution協賛企業に参加
http://aki.shirai.as/2016/07/gumi-ivrc2016-revo/

日本語での情報はこちらで共有しております。
http://j.mp/LAVALJP

 

 

For my 20 years in VR, I support FrenchTechLaval. #VIRTUALFRENCHTECH

Laval is a small city, but it is world famous in VR history. Now Laval City is challenging to apply to get the mark “VirtualFrenchTech” by the French Ministry of Economy. The mark supports French start-up companies in VR/AR and digital contents. You can join to support this before 11th April. It is free. But if you already joined to Laval Virtual, I believe you sign it🙂

スタートアップ企業の経済的価値と雇用創出への貢献を見据えたフランス政府は、2013年末、これら企業の発展を支援する「La French Tech(フレンチテック)」の推進を決定しました。国外では世界のイノベーション先進都市において展開され、フランス企業のこれら都市への進出および外国スタートアップ企業のフランス進出を支援するものです。

Laval市はAR/VR分野におけるFrench Techに挑戦しています.

http://lavalfrenchtech.fr/en/ English

オンラインフォームによるご支援の参加表明「I GIVE MY SUPPORT!」だけでもかまいませんが、可能であれば今週中にご支援のレターおよび,支援者のご紹介をよろしくお願いいたします(レターのフォーマットはこちら Francais / Support letter in English ).

Laval Virtualは現在、世界最大のVRコンベンションです。入場者規模も最大ですが、冬の時代が長く続いたVRの歴史において、20年の実績を持ちます。
本件の後押しには、特にビジネススタートアップと、国外からのご支援者のレターが重要と聞いております。
今週木曜日(日本時間)までに,担当のEloïse Laurent, Antoine Joufflineau {eloise.laurent, antoine.joufflineau } @laval-developpement.fr あてにサインしたレターをスキャンしてお送りいただけますと幸いです. 文面は自由に改変いただいてかまいません.
よろしくお願いいたします。

なお私のGeneral Director, Laurent Chrétien へのレターを支援レターを引用します。
Laval時代の友人Valerie Moreauが書き起こすのを手伝ってくれました。懐かしく思いながら、レターをしたためさせていただきました。

Mr Laurent Chrétien
Laval French Tech Technical Referent
Maison de la Technopole
6 rue Léonard de Vinci, CS 20119
53001 Laval, France

Laval, March 24, 2016

Dear Sir,

For almost 20 years, Laval has contributed to the emergence of virtual and augmented reality technologies. From a pioneering position, Laval has become the European Capital of Virtual Reality and associated techniques particularly owing to the Laval Virtual international trade show which contains international academic conference, student competition, academic awards, global awards and a festival in the public, I have visited many times. It allowed me to build strong relationships with the local ecosystem comprised of startups, research labs, engineering schools and other higher education facilities.

My collaboration with Laval started in 2004 when I attended the Laval Virtual event for the 1st time and got to meet the Laval eco-system. It was then decided that I would benefit from a 1-year position as a post-doctorate in the Presence & Innovation laboratory of Arts et Métiers ParisTech in Laval, led by Prof Simon Richir, also scientific director of Laval Virtual.
Then, I got a grant from the Japanese governmental grant (JSPS), in order to work for 2 more years at Presence & Innovation laboratory. Some results like GPUVision and WiiMedia could be honored in ACM SIGGRAPH with some software results. My experience in Laval like knowledge in virtual reality and/or sensory-motor interaction design without linguistic elements had been published into my books “WiiRemote Programming”, “Science in Entertainment Systems” and these books are also affecting to current video game and virtual reality research community for long time.
Here is an open presentation in 2012:
http://www.slideshare.net/aquihiko/interesting-difference-of-vr-researchstyle-between-japanese-and-french-vr

Between December 2004 and December 2007, I took part in many different projects in the Arts et Métiers laboratory, especially the creation of several innovative applications dedicated to the Parc de l’Aventure Virtuelle.
I also directed several student projects from the laboratory. I have then been able to appreciate the high quality of students trained in Laval in the field of VR and AR.
During my 3-year-postdoc in Laval, I have been able to appreciate the importance and the complementarity of the VR ecosystem in Laval, not only on a Research point of view, but also the multiple courses and the companies working in the thematic.
Teaching experience for French masters, and also overseas like Haiti students are also good experience for me. Especially, collaborating with SMEs through labo innovation were good experience because we, Japanese university didn’t has such innovation method until current.

At the same time, I also started to get involved in the Laval Virtual organization, especially on a new project called ReVolution, which is an international open competition in virtual reality innovation. I remained also very much involved in IVRC (International Virtual Reality Contest, world longest VR competition, http://ivrc.net/ ) taking place every year in Japan. This event has signed a partnership with Laval Virtual back in 2003 and it is still continuing.

After my return to Japan, I was appointed in Miraikan (National Museum of Emerging Science and Innovation) to expand my experience into the public and appointed in Associate Professor at KAIT (Kanagawa Institute of Technologies) where I founded my own laboratory, Shirai Lab from 2010. Then I signed an agreement between Arts et Metiers ParisTech and KAIT. I regularly welcome Laval student at KAIT and in my laboratory.

I now plan to create more links between Japan and Laval, via IVRC and the collaboration with the Arts et Métiers loaboratory. A double Franco-japonese diploma is being envisaged.

I am aware that the French Tech labeling is a significant boost to the national and cross-border development and recognition of technology companies and startups.
Besides, Laval’s expertise in the field of virtual and augmented reality as well as the setting up of a thematic network on this issue will represent a major asset for the French Tech network.

That is why I strongly support the Laval application for its labeling and for the setting up of an AR|VR thematic network within the French Tech.

Akihiko SHIRAI, Ph.D
Shirai Lab,
Associate Professor in
Kanagawa Institute of Technology, JAPAN

Photo and Tweet in Laval Virtual 2016, with my student Mr Yuta Yamaguchi.

ラヴァルの日本人妊婦伝説、その後。

今日の新聞より。
http://www.laval.maville.com/Nee-dans-le-TGV-Miku-va-bien-elle-a-3-ans/re/actudet/actu_loc-413394—-_actu.html


Nee dans le TGV, Miku va bien, elle a 3 ans
En 2004, le TGV s’etait arrete a Laval pour qu’une Japonaise puisse accoucher a l’hopital. Maddy Arthuis a rencontre la petite fille au Japon.
≪ Pour Miku et ses parents, je suis la mamie de France. ≫ Maddy Arthuis, conseillere municipale a Laval, rentre du Japon des souvenirs plein les yeux et de l’emotion plein le coeur. Lorsqu’elle est nee a Laval, le 10 mars 2004, (1) Maddy est allee voir le bebe en tant que membre du conseil d’administration de l’hopital. Puis a eu un coup de coeur. ≪ Je me suis attachee a Miku, j’ai loge son papa et, depuis trois ans, nous correspondons regulierement par Internet. ≫Au Japon, 5 ans est un anniversaire important.
Maddy avait prevu d’aller sur place avec son mari. ≪ Lorsque Takuo et Chitoko ont appris son deces, ils m’ont invitee pour feter les 3 ans de Miku et j’ai oui. ≫ Maddy s’inscrit donc a un circuit de 11 jours au Japon et la famille l’accueille 5 jours de plus. ≪ Les parents et les grands-parents avaient fait une cagnotte pour m’offrir l’hotel. ≫ Et c’est la rencontre de Maddy avec Miku. ≪ On se demandait tous comment ca allait se passer. Je me suis mise a sa hauteur, lui ai donne des chocolats et le courant est passe tout de suite. ≫ Pour un bebe ne prematurement, Miku se porte comme un charme. ≪ Elle n’arrete pas de bouger et de courir partout. Comme tous les enfants du monde. ≫Aujourd’hui Miku, qui vit a Ichihara, province de Chiba pres de Tokyo, va avoir une petite soeur. Maddy retournera sans doute un
jour la voir mais elle veut surtout que sa maison, a Laval, ≪ lui soit toujours ouverte. ≫
(1) Ete 2003. Takuo et Chitoko Yamazaki doivent partir en voyage de noce. Pas de chance, cette annee-la, a cause de
la guerre en Irak, les Japonais empechent tous leurs ressortissants de partir. Ce n’est donc qu’en 2004 que le jeune couple s’envole pour la France. Takuo est enceinte de 6 mois et demi mais on lui dit qu’elle peut partir en voyage. En revanche, ce qu’on ne lui dit pas c’est que faire Nice – Le Mont Saint-Michel, c’est peut-etre risque. Ressentant de vives
douleurs, la jeune femme est mise dans le TGV qui fait un arret non prevu a Laval, le temps de conduire Takuo et Chitoko Yamazaki a la maternite de l’hopital. Miku nait donc prematuree et ne pese, a la naissance, que 1,5 kg.
Jacqueline AZZI.
Ouest-France
TGVの中で生まれたMikuちゃんは元気です。いま3歳。
2004年に日本人女性が病院で分娩するためにTGVがLavalに緊急停車しました。
Maddy Arthuis市会議員(参事官)は
「Mikuちゃんとご両親に、私がフランスのおばあちゃんよ」と
日本でその少女に会い、思い出いっぱいのまなざしで日本から戻ってきました。
彼女がLavalで生まれたとき、2004年3月10日(1)、Maddyは病院の管理者メンバーの一人として会見に行きました。
そして胸打たれたのです。
「私はMikuに愛着を持ってしまった、私は(Mikuの)お父さんにうちに泊まりに来ない、と3年間ネット経由で連絡を取っています」
日本では5歳は重要な誕生日ですので、Maddyは彼女のご主人と日本に行く計画を立てていました。「TakuoとChitokoが(旦那の)死を知ったので、彼らは3歳の誕生日を祝うために私を呼んでくれたので、ひとつ返事で応えました」
Maddyは11日間の日本滞在の予定でしたが、その家族はさらに5日、歓迎しました。
「ご両親と祖父母はホテル代を提供するためにお金を出し合ったんです」
…これがMikuとMaddyの再会でした。
「その出会いがよかったのかどうか、わからないけど、彼女の目線にあわせて、チョコレートあげたら、あっというまに打ち解けたわ」
あまりにも早産だったMikuはこんなにかわいらしくなりました。
「Mikuはどこでも落ち着いてない、走り回る。世界の子供と同じように」
現在、Mikuは市原、東京に近い千葉という地方に住んでいます。そして妹ができるそうです。Maddyは疑いなく、見に来るでしょう。でも、特に、とりわけ、Lavalの家で見たいんです。
「いつだって歓迎よ」
(1)2003年の夏、TakuoとChitoko Yamazakiは新婚旅行に行かねばならなかった。今年はチャンスがない、なぜならその年はイラク戦争があったから。日本人は出国を見合わせた。
2004年、若いカップルはフランスに行き、Takuoは妊娠6ヶ月半(訳注:おそらくChikotoさんが奥さんなので間違い)。でも彼女はいけるわ、とご主人に言った。一方、ニースからモンサンミッシェルはきついかも、とは言わなかった。鋭い痛みがおそい、娘はTGVに産み出されて、Lavalに停車することになり、TakuoとChitokoは病院にとどまることになった。Mikuは早産で1.5kgだった。
Jacqueline AZZI ウエストフランス社

補足。
Laval郊外のスーパーで買い物したあと、バスを待っていたときの話です。
モロッコ系?の少年を連れたおばあさん(マダム)が、
「あなたたち、日本人?私、日本人の家族を家に泊めたことがるのよ!」と声をかけてきました。
病院を退院した後、早産で生まれた赤ん坊とお母さんらは、その奥さんのうちに滞在したそうです。
「最初、はがきが届いたけど、その後全く連絡がないの」と、
なんだか不満そうにその後の経過を聞いていました。
事件当時、フランス語が全くできない、ということで、Lavalに過去、住んでいた日本人女性(この方も現在はどうされているか知りませんが…)が急遽呼び出され、ボランティアチームを結成して、ほんと大変だった、と聞かされたこともあります。
(Laval市、Mayenne県ふくめ、私たち以外の日本人家族はいないそうです。フランス人と結婚した日本人女性は何人かいるそうですが。ちなみに私が住み始めたのは2004年12月。)
またこのTGV緊急停車事件は2004年の「Laval十大ニュース」として市内報にも何度か出ていました。
市川にお住まいの山崎さん一家が元気であることを祈ってやみませんが、ぜひ、フランス語の挨拶ぐらいは覚えて、お世話になった人々に御礼をしたほうがいいと思います。それに、モンサンミッシェル訪問も果たしてください。
フランス人は、特に子供にはやさしいです。
特に西部は人情にあついだけに。

補足2

 TGV車内で生まれた子供は、一生涯、TGV無料らしいです。

補足3

 こんなエントリーを書いていたら、次の日に、自分の子供が生まれてしまいました。

 さすがにTGV車内ではないんですが。

La fete de jeu

このWiiRemoteを使った作品を数点、展示する予定です。
http://www.fetedujeu.org/

このイベントはLudotequeという玩具図書館の主催によるものです。
(Lavalにはフランスで3番目にできたルドテックがあり活動が盛んです)
フェスティバルでは市内のいたるところにテーブルゲームやアナログな遊びが展開され、
古城の美術館では夜通しオンラインゲームやWii大会が開催されるようです。
こども相手にオンラインゲームで殺し合いもどうかと思いますので
自分のインタラクティブ作品で乗り込んでいってみようと思っています。

[laval] チェックシート

これから英語でお送りする内容の日本語版です。
関係者はできるだけ早く返信してください!
Laval Virtualコミュ@mixi
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=16125107&comm_id=608707&page=all


こんにちわ、ボンジュール
今日、Laval Virtual ReVolutionまで残すところあと1週間となりました!
あなたのプロジェクトの準備について全て問題ないと期待しております。
よりクオリティの高い運営のために、以下のチェックシートをうめて、今週金曜日正午(グリニッジ標準時)までにお送りいただければ幸いです。
・発表関係者のフルネーム
・ご利用の飛行機
・Laval駅到着/出発の日付時刻、TGV番号
・駅までの送迎の必要有無
・ホテルの名前(チェックイン/アウト日)
・貸し出し希望機材の確認
・作業スペースの希望(13-17th)
・発表準備
・買い物の必要
・電源購入希望
・Laval Virtual Awardsへの登録
・参加者バッジの登録
・ブースアドレスの確認
・懇親会の参加予定
・その他観光などのご相談
以下チェックシート本体です。
・発表関係者のフルネーム
(Mr. Taro YAMADAの形式でお願いします)

・ご利用の飛行機
 Arrival [] Paris到着時間 []
 Departure [] Paris出発時間 []

・Laval駅到着/出発の日付時刻、TGV番号(もしくは車)
 (例)
  Arrival 16th [TGV5236] CDG2 18h24 -> Laval 20h46
  Departure 23rd [TGV5280] Laval 15h56 -> CDG2 17h35
・地理がわからない場合、駅までの送迎の必要有無 (Yes・No)

・ホテルの名前(チェックイン/アウト日)

 (Citotel Laval / Grand Hotel de Paris / etc…)

・貸し出し希望機材の確認(あれば)

・作業スペースの希望(13-17th)
 市内にある私の研究室(ENSAM P&I Lab)にて作業スペースをお貸しします。ネットワーク等もありますので、ホテルよりは快適だと思います。工作作業も可能ですが場所に限りがありますので予約制。
・発表準備
 週末まで5日間、1万人を超える来客が見込まれています。オーラル発表はありませんが英語フランス語のドキュメントやシステムの耐久性強化などの準備をよろしくお願いいたします。
・買い物の必要
 現地で購入する必要があるものがあれば今のうちにリストしてください。
 ※フランスでは法律により日曜日に開店している大規模店舗はありません。
・電源購入希望
 フランスの電源は220-240V,50Hz,C型プラグです。例年、電源アダプタを焼損する発表者がたくさんいらっしゃいます(マルチ入力対応でも壊れることがあります)。市内電器店の在庫も限りがありますので、ご心配な方はあらかじめ、定格をお伝えいただければ購入しておくことは可能です(30Euroほど)。
Radio-Tele-Laval  95 rue Bernard Le Pecq 53000 LAVAL 02 43 66 83 92
・Laval Virtual Awardsへの登録

 アカデミー賞のような授賞式です(金曜午後に発表)。ぜひご登録ください!
 http://www.laval-virtual.org/inscription/trophees.php

・参加者バッジの登録
 発表者全員が必要です。当日朝は込み合いますので事前登録をお勧めします。
 http://www.laval-virtual.org/inscription/badge.php

・ブースアドレスの確認
 こちらに公開されております
  http://www.laval-virtual.org/index.php?option=com_content&task=view&id=27&Itemid=41&lang=en
・懇親会の参加予定
 17日夜、設営終了後(21時ごろ)にささやかですが、懇親会を予定しております。
 会費制で予算は40Euro/人程度を予定しております。
 予約の関係上、参加されない方がいらっしゃいましたら、ご連絡ください。
 場所はシーフードレストラン、Tavernes de Maitre Kanterを予定しています(Grand Hotel de Parisの横)。
 22, rue de la Paix 53000 LAVAL Tel : 0243535344
 (参加者の希望により22日夜に開催するかもしれません)
・その他観光などのご相談
 もしLaval Virtual開催後、Laval市内、モンサンミッシェルやParisなどの観光の方がいらっしゃいましたら遠慮なくご相談ください。
そのほかの緊急のご相談は、メールもしくは携帯電話、もしくはSkypeにてお願いいたします。
(伏:メールにてお伝えします!)
お会いできることを楽しみにしております。
 しらいあきひこ

[Laval] 発表時間/撤収/配布物/懇親会/質問票

日本語版準備説明資料
http://www.laval-virtual.org/revolution/2007/ReV2007JP.pdf

【発表時間について】
http://www.laval-virtual.org/index.php?option=com_content&task=view&id=19&Itemid=54

Wednesday 18 : 10AM – 6PM
Thursday 19 : 9AM – 6PM
Friday 20 : 9AM – 4PM
Saturday 21: 9AM – 18PM
Sunday 22: 9AM – 17PM
>準備は16日の午後2時から出来るようですが,デモはこの5日間の
>開催時間中はずっと行う必要があるのでしょうか???
はい、日曜(22日)の夕方までになります。
特に土日は1万人超えの一般フランス人の入場がありますので
体験者向けの準備は入念にお願いいたします。
【撤収について】
>撤収は最終日の終了後に行えばよいのでしょうか?
そうなります、例年夕方17-18時ごろです。
現在、日没は21時ごろですので十分作業できます。
【配布物について】
英語版の配布物、掲示物等ありましたらフランス語版の翻訳も
(時間があれば)対応できると思いますので、お早めにお送りいただければ幸い
です。
【懇親会について】
 17日夜にささやかな飲み会を企画しております。
 シーフードとワインのうまいお店で、予算40Euro/人以下を想定しています。
 もちろん準備が優先ですが、チームごと参加者のとりまとめをよろしくお願い
いたします。
 希望者が多い場合、もしかしたら22日夜に開催するかもしれません。
【質問票を送ります】
 この後、英語&日本語で参加者に最後の連絡をいたしますが、それに関して、
不安のあることがありましたら今のうちにご相談ください。
こんなことを聞く予定です
・発表関係者のフルネーム
・(国際便の場合)飛行機フライト番号・到着日
・Laval駅到着/出発の日付時刻、TGV番号
・地理がわからない場合、送迎の必要有無
・ホテルの名前(チェックイン/アウト日)
・17日か22日に開催する懇親会の参加予定
・その他観光などのご相談
以上

[Laval] 国際デモ発表に輸送を推奨しない理由

Laval Virtual準備コミュ@mixiにて
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=16125107&comment_count=14&comm_id=608707
某ひでさんからの質問への回答。
(Laval Virtualに限ったことではありませんが、SIGGRAPH,IVRCなども含めて)国際デモ発表に輸送を推奨しない理由です。
Laval Virtualは基本的に輸送を推奨していません。
理由は…

(1)壊れる

 日本でも某急便のように普通に物流で「投げる」人がいるわけですけど、ダンボール箱に日本語で「易損品」とか「上積み厳禁」とか「精密機器」とか書いてあったって読めません。それに「plasma display」と英語で書いて
あったってあまり役にはたちません。フランス語では「eclan plasma」ですし、それが「fragile」であるか、2人以上で持たないと壊れるとか、中央が弱いとか、物流のすべての工程でかかわる人々がわかるかどうかなんて保証がないです。
(2)届かない

 郵便事故は日本でも珍しくなくなってきたみたいですけど、海外では普通に発生します(届かないから気がつかないだけです)。フランスの郵便システムは歴史も人材層もその給料もしっかりしているんですけどねえ…。
 なおUPSとEMSはクロノポスト→郵便局という感じに届きますので、結局郵便局受け取りです。FedExは独自のローカル配送ルートを持っていますが、末端の業者は請負です(品質は悪くないですけど、フランス語です)。
 ありがちな笑えない例としては「出荷者の字が汚くて伝票が読めない」という状態で届かないこともあります。その場合、FedExのトラッキングステータスには「あて先不鮮明」とか書かれます。アルファベットの書き方は各国違いますので本当に注意が必要です。「箱やインボイスに書いてあるじゃん!!」とか言っても後の祭りです。
(3)遅れる

 24時間対応、土日も配送!ってのは欧州には通用しないと思います。パリなどの大都市であればCDG空港から税関→即日配送もありえるかもしれませんが、地方都市は税関→中規模都市→ローカル配送となります。当然トラッキングNoの更新も即時ではないのであまり役に立たなかったりします(たとえばフランスから出荷すると「混載待ち」で何日も止まってたりします)。相手国のカレンダー上の休日などもあったりしますし…だいたい2営業日ぐらいは余裕を持ったほうがいいです。
(4)関税

 フランスは付加価値税VAT/TVA(≒消費税)が税率19.6%です。
修理品やアカデミックなデモであっても商品的価値があるなら普通に輸入するとこの金額はかかるはず、もしくは一般課税で家電は2割(未確認)。
これらのコストを受け入れ研究室やイベント主催者側で持つわけにはいきませんので、何とか免税になる方法を考えるしかないですね。
もしいい免税方法を知っている人がいたら教えてください。
立て替えるのは勘弁です…。
インボイスに「商品見本・商品価値なし」と書いてあっても、普通郵便以外だと問い合わせられることが多いです。
(UPSやFedexの事務所から電話がかかってきます…郵便局からはきかれたことがない)
加えて返送時にも税金はかかりますよね?

補足訂正:


・自国の製品を送り戻した場合:
  VAT含めて無税が原則。日本は確実に無税。
・他国製の製品を一度海外へ搬出し、自国へ持ち戻った場合:
  搬出時に持ち出し証明を取得すればよい。

…だそうです。ご指摘感謝>gtk

(5)返送の出荷をいつやるか?

送るだけなら郵便局(LaPoste,国営)やUPS、クロノポスト(LaPosteの子会社)が便利です。
ただしUPSやクロノポストは日曜日に集荷をしません。
お金の問題が片付くなら後日研究室から発送にしてもいいんですけど、日本のEMSと同じでCN22,CN23に当たる書類を書いておいたほうがいいです。
http://www.ems-post.jp/
インボイスには『贈物及び商品見本(商品価値のないもの)の場合、支払条件」欄に「No Commercial Value」の記載』を忘れずに。
フランスの郵便局(LaPoste)では「PostExport」とか「Colissimo」というプリペイド箱つき国際郵便があります。EMSと同じ感覚ですが、2kg-7kgまで入れられる箱があり、値段も30Euro程度とお手軽ですし、窓口かポスト(箱は入りませんが…)に出すだけなのでお手軽です。双方、速達、保険込み、ColissimoはトラッキングNoもついてます。
http://www.coliposte.fr/
ということで上記5点、ということですね、輸送を推奨しない理由。
ちなみに欧州内ならそれほど苦労はないんですけどねえ…。

[Laval] バッジ登録、アワード、ホテル

岐阜大チームむけ返信
■登録関係
>>・発表者バッジの登録
>>・Awardにエントリー
>>それから、学生コンテストにも忘れず登録してください!
>バッジは登録したつもりだったのですが、登録できていなかったということでよろしいでしょうか。
>Award,学生コンテストでは、どのようなことをすることになるのでしょうか。
バッジは担当ではないので状況はよくわかりませんが、発表者(ReVolutionでWelcome/Invite)は無料で取得できますし、
当日登録は人が多すぎて大変面倒ですのでよろしく事前にご登録ください。
AwardはVRのアカデミー賞のようなものです。
当日会場で発表しているプロジェクトが有利であるようです。
金曜日の午後に派手な授賞式があり、各部門で受賞者を発表します。
毎年日本から多数の受賞者が誕生しています。
学生コンテストは、日本のIVRCと提携している先になります。
Village de la CreationというのがIVRC団体部門にあたります。
ここに登録すると、18-20日に発表を行います。
(ReVolutionで採択されているプロジェクトは、週末21,22日も発表ということを除けば、やることは同じです)
・学生参加費が無料になる(バッジが手に入る)
・学生コンテストの審査をしてもらえる(受賞のチャンスが増える)
・日本のIVRCに参加できる枠はフランス学生向けですので対象外になります
■バッジ登録
■完全なビジター(ビジネス向け)
■学会VRIC参加者
■学生コンテスト
■アワード応募
全てこちらです
http://www.laval-virtual.org/index.php?option=com_content&task=view&id=37&Itemid=51&lang=ja

■宿泊関係
>できれば、1泊あたりのだいたいの宿代を教えていただけると嬉しいです。
基本は一部屋価格ですので日本に比べて割安感があります(為替と格によりますが)。
☆☆級で50-60Euro/singleというのが大体の相場のようです。
Tripleの部屋だとロールオーバーベッドが入り、一人当たりの平均価格は少し減るとは思いますが、
滞在が長いと疲れますので、その辺はシングルか、シェアがいいかは明言したほうがいいですよ。
なお、Laval Virtual事務局が定宿にしているCitotel Lavalはすでに満室のようです!
調べてみたところ、会場徒歩圏のホテルは16-22の会期中満室で、バスで移動するエリアに余裕があるようです。

B&Bホテル
http://fr.federal-hotel.com/hotel_b—b-laval-change_9520.htm
(学生ボランティアが泊まっている宿ですので、言っておけば行き来は車で送ってくれる可能性があります)
>輸送について
”遅くとも16日”に届くのであれば、研究室でかまいません。
なお、帰国時はどうされますか?廃棄ですか?
返送する場合はその準備もお願いします。
(個人的には郵便局LaPosteがお勧めです)

[Laval] 電源と木材、発送先と旅行

LavalVirtual準備に関して
■JAISTチームから電源と木材加工について質問
>> 電源は大丈夫でしょうか?
> Lavalで少し作業を行いたいのですが,
> 作業場所を貸していただけますか?
> 作業内容の木材の加工です.
木材加工については私の研究室を使ってください。
かいせい君が棲みついているので適当にどかして(笑)。
ネットもWifiで使えますし。
広い場所がほしければ、他の場所も検討します。
工具は、電動ドリルとハンディ電動鋸があります。
後は巻尺もあるので裁断作業はできるとおもいます。
木材の購入については、最長が180cmということですね。
まあバスでも買えないことはないと思いますが、かいせい君が事前に買っておくのがよさそうですね。
電源については220VのC型プラグです。
電源タップは自爆の元になるので最小限で、とくにランプ入りのはブレーカーを巻き込んで破損する可能性大です。
延長ケーブル等は2-3ユーロから購入可能ですが、C型→日本型のアダプタはめったに手に入りませんので買ってきてください。
特にホテルの壁電源などはコンセントの口数が少ないので、100円ショップで売ってるような3分岐が結構役に立ちます。
直流電源がほしい場合は現地の電気店にアダプタが売っていますので、
事前に電圧とプラグ形状を言っていただければ探しておきます。
高いものでも30Euroぐらいですので重い変圧器を持ってくるよりは賢いと思います。
なお、秋月電気で売っている中国製のスイッチング電源(アダプタ)は、どういうわけか
100-230V対応のようなことを書いてある割には、去年の会場では爆発しまくっていました(6グループが破損)。
イベント会社が準備した電源装置との相性もあるのかもしれません。
あとは工具類、半田ごて等も一通りそろっていますが、
かいせい君が必要そうなものをDIY店で探しながらみつくろっていくのがよいと思います。
電子部品についてはオーディオ用部品以外はまず即日は手に入りませんので、
2セット以上の余剰交換パーツ、回路図等を持ってくることをお勧めします。
■岐阜大チームから旅行関係について質問
>荷物の発送先を教えてください
 事故が起きるので基本的には推奨していませんが
 私の研究室にて事前にあずかることはできます。
 16日までに到着し、研究室から会場まで(徒歩30分程度)
 各自で運んでいただけることが前提になります。
 (スタッフによる車での運搬の可能性もあります)
送り先
Akihiko Shirai, Ph.D
Presence & Innovation Laboratory ENSAM France
Ingenierium 4, rue de l’Ermitage 53000 Laval.
Tel [Labo] (+33) 02 43 67 05 76
>国内の移動について
>ホテルの予約について
フランス国内のトラベルサポートが必要な人は、
往復の飛行機について、時間と便名を教えてください。
こちらにフランス国内の旅程をまとめてあります。
フランス関係
http://akihiko.shirai.as/modules/bwiki/index.php?France

TGV時刻表
http://akihiko.shirai.as/modules/bwiki/index.php?France%2FHoraireTGV

CDG空港からLaval
http://akihiko.shirai.as/modules/bwiki/index.php?France%2FCDG2Laval

一番簡単なのはCDG空港から直通のTGVでLavalに行くことです。
曜日にもよりますが1日1便、16時過ぎに到着するなら便利です(土曜はもっと遅い便がある)。
それよりはやいばあいは、モンパルナス経由がよいでしょう。
TGVのチケットは
http://www.voyages-sncf.com

で探すことができます。最近英語対応になったはず。
ただし事前購入はフランス国内の住所がないとできないはずですので、
もし立替購入等したい場合は教えてください。
(最近E-Ticketが利用できるようになり、PDFを送るだけですみますので。)
ホテルの予約依頼も今のうちにお願いします。
そろそろ予約が厳しくなっているようです。
日程と、フルネーム、Mr/Msつきでお伝えください。
パリやモンサンミッシェルなどに行かれる場合も簡単に日程ををお伝えいただければよい旅行をお助けできると思います。
Bon voyage,
ご質問はこちらからどうぞ!
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=16125107&comment_count=7&comm_id=608707

(mixiみれないひとはメール等でどうぞ)