SIGGRAPH ASIA 2015 Kobe 最終日まとめ! #SIGGRAPH15Kobe

最終日は、日本を代表するアニメーションにおける第一人者の会社が集まる最終日を飾るにふさわしいセッションが午後13時から3時間に渡って行われます。

CG in Anime「アニメにおけるCG」

Thursday, 05 November
13:00 – 16:00
Kobe Int’l Exhibition Hall No. 2 Meeting Room 3A, Level 3

http://sa2015.siggraph.org/jp/attendees/computer-animation-festival.html?view=session&type=caf_panels_talks&sessionid=195

AnimationではなくAnimeです。出演者が豪華です。

ポリゴンピクチャーズ Daisuke Miyagawa, Polygon Pictures Inc.
サンジゲン Hiroaki Matsuura, SANZIGEN Inc.
グラフィニカ Hiroki Yoshioka, Graphinica, Inc.
神風動画 Junpei Mizusaki, Kamikazedouga Co., Ltd.
東映アニメーション Koichi Noguchi, Toei Animation
東京工科大学 Koji Mikami, Tokyo University of Technology
神風動画 Kumi Shimizu, Kamikazedouga Co., Ltd.
白組 Ryuichi Yagi , SHIROGUMI INC.
デジタルフロンティア Ryo Horibe, Digital Frontier Inc.
デジタルフロンティア Yusaku Toyoshima, Digital Frontier Inc.

デモ展示系も16時ごろには撤収が始まりますので、急いだほうがよいです!

【これまでのまとめ】


さて以下、SIGGRAPH終了後の加筆です。

 

SIGGRAPH ASIA 2015 Kobe Electronic Theater

SIGGRAPH最大の注目イベントであるSIGGRAPH ASIA 2015 Electronic Theaterについて紹介します。

Images are from Official Site. Thanks.

SIGGRAPHはCGの学会ですが、学術面だけでなく、アニメーションショートフィルムのフェスティバルであるComputer Animation Festival (CAF)が開催されています。その中でもElectric Theaterというイベントは大シアターを構築し、世界中のCG関係者の反応を見ながら、世界最高のCG作品を凝縮して観ることができるプレミアムイベントです。
分野は、日本で主力になっているセルアニメーションがむしろ少数派で、技術紹介、テレビの広告CM/CFやハリウッド主力のVFXメイキング、そしてスタジオ紹介、新作映画のプロトタイプ、メッセージ性の強い長編アートフィルム、大学・専門学校などが個人や大規模製作などで挑戦するショートフィルムがあり、その多様性や新しい表現力、そして来場者の反応そのものも楽しみなイベントです。CAFに採択される作品は展示場の2Fで常時それぞれのテーマで上映されており、別売のUSBに収録されますが、スタジオのメイキングなど製品のボーナストラックになるような映像は収録されないことも多く、その場で見ることは大変重要です。

そして、Electronic Theaterはその中でも特に2時間程度の枠にセレクトされたプレミアム中のプレミアム上映なのです。
さらに初日にはライゾマティクス・真鍋大度さんのPreShowイベントがあったようなので、見れた人は今年の運を使い切ったぐらいの超ラッキーだと思います(自分は売り切れで残念)。

Electronic Theater

ここでは、作品をより深く知る目的で、作者の公開している動画を中心に紹介していきたいと思います。
日本語の解説を書かれているサイトがありましたので、そちらも紹介させていただいております。

Afternoon Class

Director / Producer: OH Seoro
Country: SOUTH KOREA

Blue Eyes -in HARBOR TALE-

Director / Producer: Yuichi Ito
Country: JAPAN

Chase Me

Director: Gilles-Alexandre Deschaud
Country: FRANCE

Chaud Lapin

(訳注:温かいウサギ)

CHAUD LAPIN – Teaser from Chaud lapin on Vimeo.

CHOCOLATE DARWIN

Original Chocolate Darwin Mood Trailer (2010/2011) from PAXI GALAXI on Vimeo.

Duo

Director: Janis Aussel, Elsa Boyer, Marie-Pierre Demessant, Dorian Lee, Laurent Moing, Guitty Mojabi, Aron Bot
Producer: Gobelins, l’école de l’image
Country: FRANCE
Duo

Electrofly

Director: Natalia C. A. Freitas
Producer: Mareike Keller
Country: GERMANY

Escargore

Director: James Cunningham
Producer: Oliver Hilbert
Country: NEW ZEALAND

Escargore

Flaw

Director: TAKCOM
Producer:Takahiko Kajima, Akira Iio
Country: JAPAN

Jazz Orgie

Director: Irina Rubina
Producer: Ghaith Al-Adwan, Irina Rubina
Country: GERMANY

L’Aid

Director: Quentin Dufour, Martin Neyra, Kilian Olmos, Ugo Pfliger, Cécile Verdier
Producer: MOPA
Country: FRANCE

L’Aïd from http://www.laid-lefilm.com.

http://www.laid-lefilm.com

Leonard

Leonardo – Teaser from Leonardo Movie on Vimeo.

Director: Felix Hazeaux, Thomas Nitsche, Edward Noonan, Frank Pina, Raphaelle Plantier
Producer: MOPA
Country: FRANCE

Natural Attraction

Director: Marc Zimmermann
Producer: Pablo Almeida
Country: GERMANY

SOME THING

Director:Elena Walf
Producer: Heiko Schulze, Paul Maresch
Country:GERMANY

Splintertime

SPLINTERTIME trailer from Studio Rosto A.D on Vimeo.

Director: Rosto
Producer: Nicolas Schmerkin
Country: FRANCE

The Hobbit: The Battle of the Five Armies Reel

Director:Peter Jackson
Producer:Carolyn Blackwood, Carolynne Cunningham, Peter Jackson, Fran Walsh, Zane Weiner.
Country:NEW ZEALAND

The Witcher 3: Wild Hunt Launch Cinematic

Director: István Zorkóczy / Producer: Alex Sándor Rabb, HUNGARY

TOKYO COSMO

Directed by Takahiro Miyauchi, SHIROGUMI inc., Japan
Youtube Channel of Producer, Takuya Okada

Zerogon

Zerogon (By Joshua Planz & John Mattiuzzi) from John Mattiuzzi on Vimeo.

Director/Producer: Joshua Planz and John Mattiuzzi, USA
日本語解説

SIGGRAPH ASIA 2015 Kobe 3日目見どころまとめ

SIGGRAPH ASIA 2015 Kobe 3日目見どころまとめ。

まだCAFのシアターを見ていないので、そのあたりも気になりますが、
3日目にもなると基本はEmerging TechnologiesやExhibitionなどの展示・体験ものを見ておきたいところですが、セッションもとっても気になるので予習です。

公式のサーバーがめっさ遅くなることが多いので公式PDFのコピーをおかせていただきます。

【予習&まとめ】

【便利なリンク】

日本語Twitter #SIGGRAPH15Kobe



〔白井的オススメセッションまとめ〕

Computer Animation Festival

09:00 – 10:45
Kobe Int’l Conference Center, Main Hall, Level 1
Panel Session

Abstract Thought from Pixar’s Inside Out

Pixar Animation Studios
– Albert Lozano
– Jonas Jarvers
– Masha Ellsworth
– Ron Zorman

Symposium on Education

09:00 – 10:45
Kobe Int’l Exhibition Hall No. 2, Meeting Room 2A, Level 2

Game and Education

Education Papers
– Game Jam Based Iterative Curriculum for Game Production in Japan
– Future Delta 2.0: An Experiential Learning Context for a Serious Game about Local Climate Change
– SQUARE ENIX AI ACADEMY: A Seminar Series for the Introduction of Digital Game AI

Technical Papers

Video Processing

09:00 – 10:45
Kobe Int’l Conference Center, International Conference Room, Room 301, Level 3
– Video Diff: Highlighting Differences Between Similar Actions in Videos
– JumpCut: Non-Successive Mask Transfer and Interpolation for Video Cutout
– Blind Video Temporal Consistency
– Fast Computation of Seamless Video Loops
– Real-Time Noise-Aware Tone Mapping

Courses

HCI/UX in Science-Fiction Movies and Television

09:00 – 12:45
Kobe Int’l Conference Center, Room 503, Level 5

Courses

09:00 – 12:45

AI in Feature Film Animation: How Crowds Artists use AI Techniques at Pixar

Kobe Int’l Conference Center, Room 504+505, Level 5

なにやら404,405でハンズオンデモがあるようす(BC以上)

Hands-on Demonstrations

09:00 – 18:00
Kobe Int’l Conference Center, Room 404, Level 4

Computer Animation Festival

Animation Theater

09:30 – 12:15
Kobe Int’l Exhibition Hall No. 2, Meeting Room 3A, Level 3
– Shorts & Features One (35 mins)
– Shorts & Features Two (40 mins)
– Game, Science, Music & Visual Effects (45 mins)
– Rising Stars – Student Films (45 mins)

Symposium on Visualization in High Performance Computing

Special Talk: Importance and Difficulty of Data-Specific Visualization

11:00 – 12:00
Kobe Int’l Conference Center, Room 502, Level 5
– Hirofumi Seo, Sciement, Inc.
★今年の夏のSIGGRAPH CAFでビジュアリゼーション部門で受賞した瀬尾さんのトークです。

Invited Special Presentation

The Ultra reality Experience: HOKUSAI’s Ukiyo-e Painting in Real-time 3DCG with 8K Super HiVision HDR Displays

8K スーパーハイビジョン リアルタイム3DCGによる超臨場感空間「北斎ジャポニズムの世界観」
11:00 – 12:00
Kobe Int’l Exhibition Hall No. 2, Meeting Room 3B, Level 3


★全てのバッジで入れるそうです!リアルタイム8Kでデモありと聞きましたがなんか凄すぎて観ないとわからない!

Symposium on Education

Education Workshop: “KOTOBA SHINTAI”: A Workshop to Explore the Interconnectivity Between Words and Body Movements

13:45 – 16:15
Kobe Int’l Exhibition Hall No. 2, Meeting Room 2A, Level 2
YCAMでのワークショップに関する報告と思います!

「コトバ身体」言葉と身体の動きの関係性を発見するワークショップ
講演者代表:菅沼聖、山口情報芸術センター

このワークショップは言葉でダンスの動きを記録し再生することにより 、身体の動きと言語の新しい関係性を探るものです。
「コトバ身体」はYCAM(山口情報芸術センター)の教育普及チームとYCAM InterLab、振付家山下残により、身体表現と日本語の言葉の関係性を考えるために企画されました。SIGGRAPH Asia2015では、日本語だけでなく英語での入力にも対応しました。
参加者は身体の動きをコンピューターに記録し、その動きを言葉でタグをつけます。他の参加者もそれぞれの言葉で動きを記録します。例えば、ある人が「象」と思う動きも、他の人には「暇な交通警察官」と思えるかもしれません。参加者は記録された動きと言葉により、オリジナルのダンスの振り付けを作り出すことができます。

(実際の体験は一部の参加者の方のみ、または短時間のご体験に限らせていただく場合がございます。あらかじめご了承下さい。発表は英語、一部日本語になります。英語が分からない方もご参加いただけます。)

11/4 16:15 – 18:00
教育パネルディスカッション:PreVisualization:アジアにおけるプリビズの活用方法
講演者代表:山口聡(ACW-DEEP)

Previsualization – プリビズは欧米では映画製作の欠かせないプロセスとして認知されていますが、その大切さはまだアジアでは広くは知られていません。アジアには伝統的な物語や素晴らしいアイデアがあり、プリビスによって映画はもっとよいものを作り出せる可能性があります。プリビズ教育を行っている学校はアジアではまだ多くありませんが、次世代の映画製作の人材育成には、プリビズは大変重要です。「PREVIS SOCIETY ASIA」はアジアでのプリビズの普及のために設立され、このパネルディスカッションはその第一歩です。アジアとアメリカからのパネリストが、参加者とともにプリビズ教育の意義と方法について話し合います。

モデレーター:山口 聡(PREVIS SOCIETY ASIA、ACW-DEEP)
パネリスト: Christopher Chen(PREVIS SOCIETY ASIA、Reallusion )、Danyo Yoon(PREVIS SOCIETY ASIA、Pretzeal Studios)、Daniel Gregoire, (PREVIS SOCIETY、HALON Entertainment)、 Gavin Boyle(BaseFX)

(ディスカッション、質疑応答は英語が中心となりますが、通訳によるサポートがあります)

16:30 – 18:00
Kobe Int’l Exhibition Hall No. 2, Meeting Room 2A, Level 2
Symposium on Education BCFC1FC
Education Panel and Closing
– PreVisualization: How to Develop PreVis in Asia?
– Closing Remarks, Zhigeng Pan, SIGGRAPH Asia 2016 Symposium on Education Co-Chair
シンポジウム 閉会のご挨拶:潘志康 Zhigeng Pan
SIGGRAPH Asia 2016マカオ、 教育シンポジウム共同委員長 杭州師範大学、中国図像図形学学会副理事長

 

Featured Session

Post Pixels: Beyond Tangible Bits, Towards Radical Atoms

11:00 – 12:45
Kobe Int’l Conference Center, Main Hall, Level 1
Hiroshi Ishii, Massachusetts Institute of Technology
Jun Rekimoto, The University of Tokyo & SONY CSL
Masahiko Inami, Keio University
Yoichi Ochiai, University of Tsukuba
Hiroo Iwata, University of Tsukuba

Art Papers

Introduction and Welcome of Art Gallery and Art Papers at SIGGRAPH Asia 2015

14:15 – 14:30
Kobe Int’l Conference Center, Room 403, Level 4

Exhibition Talks

Presented by Pixar Animation Studios: The Art & Science of RenderMan – A Workshop by Pixar

14:30 – 15:45
Kobe Int’l Conference Center, Main Hall, Level 1
-Dylan Sisson, Technical Artist, Pixar Animation Studios

Computer Animation Festival

Artists Talks ‘Award Winners’

15:30 – 17:00
Kobe Int’l Exhibition Hall No. 2, Meeting Room 3A, Level 3
– Jury Special Prize: Afternoon Class (Director, OH Seoro)
– Best Student Prize: – Natural Attraction (Director, Marc Zimmermann)
– Best Show: Chase Me (Composing Artist, Somphout Chanhthaboutdy)

Computer Animation Festival

Electronic Theater 19:00 – 21:00

Kobe Int’l Conference Center, Main Hall, Level 1

白井はこの枠で、ET(Electric Theater)をみます。
16:15 – 18:00の枠もありますが展示がありますので。

Electronic Theater
– Afternoon Class
– Blue Eyes -in HARBOR TALE-
– Chase Me
– Chaud Lapin
– CHOCOLATE DARWIN
– Duo
– Electrofly
– Escargore
– Flaw
– Jazz Orgie
– L’Aid
– Leonard
– Natural Attraction
– SOME THING
– Splintertime
– The Hobbit: The Battle of the Five Armies Reel
– The Witcher 3: Wild Hunt Launch Cinematic
– TOKYO COSMO
– Zerogon


以下のリストはそのほかのプログラムです。BCFC1FCという記号はパスのクラスです。

10:00 – 11:00
Kobe Int’l Exhibition Hall No. 2, Convention Hall, Exhibitor Talk Stage, Level 1
Exhibition Talks ExBCFC1FC
Presented by Intel Corporation
Memory Sharing in the Compute Architecture of Intel Processor Graphics
– Stephen Junkins, Intel Corporation
10:30 – 12:00
Kobe Int’l Conference Center, Room 401, Level 4
Symposium on Mobile Graphics and Interactive Applications FC1FC
Papers Session Three
Augmented Reality
– Tag It!: AR Annotation Using Wearable Sensors
– Mobile Multisensory Augmentations with the CultAR Platform
– Augmented Reality Using High Fidelity Spherical Panorama with HDRI
– Mixed-Reality Web Shopping System Using Panoramic View Inside Real Store
11:00 – 12:00
Kobe Int’l Exhibition Hall No. 2, Convention Hall, Exhibitor Talk Stage, Level 1
Exhibition Talks ExBCFC1FC
Presented by Intel Corporation
Practical Layered Reconstruction for Defocus and Motion Blur
– Jon Hasselgren, Intel Corporation
11:00 – 12:00
Kobe Int’l Exhibition Hall No. 2, Convention Hall, Level 1
Emerging Technologies Talk BCFC1FC
Session Three: Touch the Surface
– Yubi-Toko: Finger Walking in Snowy Scene using Pseudo-haptic Technique on Touchpad
– Twech: A Mobile Platform to Search and Share Visuo-tactile Experiences
– Elastylus: Flexible Haptic Painting Stylus

11:00 – 12:45
Kobe Int’l Exhibition Hall No. 2, Meeting Room 2A, Level 2
Symposium on Education BCFC1FC
Education Panel
Tomorrow’s Digital Content Leaders in Asia
11:00 – 12:45
Kobe Int’l Conference Center, International Conference Room, Room 301, Level 3
Technical Papers FC1FC
Modelling and More
– Garment Modeling with a Depth Camera
– High-Quality Hair Modeling from a Single Portrait Photo
– MeshHisto: Collaborative Modeling by Sharing and Retargeting Editing Histories
– Interactive Design of Probability Density Functions for Shape Grammars
– AniMesh: Interleaved Animation, Modeling, and Editing
11:00 – 12:45
Kobe Int’l Conference Center, Room 501, Level 5
Technical Papers FC1FC
Sampling and Light Transport
– Unbiased Photon Gathering for Light Transport Simulation
– Anisotropic Gaussian Mutations for Metropolis Light Transport through Hessian-Hamiltonian
Dynamics
– A Matrix Sampling-and-Recovery Approach for Many-Lights Rendering
– Blue Noise Sampling using an SPH–based Method
– AA Patterns for Point Sets with Controlled Spectral Properties
12:00 – 13:30
Kobe Int’l Conference Center, Room 402, Level 4
Symposium on Mobile Graphics and Interactive Applications FC1FC
Demonstrations
– A Hand Gesture Control Framework on Smart Glasses
– A Platform for Mobile Augmented Reality App Creation without Programming
– A System to Support the Amateurs to take a Delicious-Looking Picture of Foods
– Augmented Reality Using High Fidelity Spherical Panorama with HDRI – Demonstration
– Extending HMD by Chest-worn 3D Camera for AR Annotation
– Free-Hand Gesture-based Interaction for Handheld Augmented Reality
– Identity and Embodiment in the Virtual Reality Artwork Trio
– JoggAR: A Mixed-Modality AR Approach for Technology-Augmented Jogging
– MAVIS: Mobile Acquisition and Visualization – Hands On
– Mobile – Based Streaming System for Omnidirectional Contents
– ScoringTalk and WatchingMeter: Utterance and Gaze Visualization for Co-located Collaboration
– TheMOON – Architectural Design and Fluid Movement for Touch Based Online 3D Retail Shopping
12:00 – 14:00
Kobe Int’l Exhibition Hall No. 2, Convention Hall, Exhibitor Talk Stage, Level 1
Exhibition Talks ExBCFC1FC
Presented by Full Sail University
Master Thesis Students in the Video Game Industry
– Jeremiah Blanchard, Program Director of Game Development, Full Sail University
13:00 – 14:00
Kobe Int’l Exhibition Hall No. 2, Foyer, Level 1
Posters Presentation ExBCFC1FC
13:00 – 14:20
Kobe Int’l Exhibition Hall No. 2, Convention Hall, Level 1
Emerging Technologies Talk BCFC1FC
Session Four: Human Interfaces
– ChameleonMask: A Human-Surrogate System with a Telepresence Face
– JackIn Head: An Immersive Human-Human Telepresence System
– SkinWatch: Adapting Skin as a Gesture Surface
– Ear Ball for Empathy: Research into the Simulation of Sensory Experiences Common to
Developmental Disorders
13:00 – 15:15
Kobe Int’l Exhibition Hall No. 2, Meeting Room 3A, Level 3
Computer Animation Festival
Animation Theater ExBCFC1FC
Invited Screening: Knights of Sidonia (133 mins)
13:30 – 15:15
Kobe Int’l Conference Center, Room 401, Level 4
Symposium on Mobile Graphics and Interactive Applications FC1FC
Papers Session Four
Interaction
– A Hand Gesture Control Framework on Smart Glasses
– Toe Detection with Leg Model for Wearable Input/Output Interface
– MovieTile: Interactively Adjustable Free Shape Multi-Display of Mobile Devices
– PlanWell: Spatial User Interface for Collaborative Petroleum Well Planning

14:15 – 14:45
Kobe Int’l Exhibition Hall No. 2, Convention Hall, Exhibitor Talk Stage, Level 1
Exhibition Talks ExBCFC1FC
Presented by Isotropix
Clarisse iFX: A new approach to 3D
– Sam Assadian, CEO and Co-Founder, Isotropix
14:15 – 16:00
Kobe Int’l Conference Center, International Conference Room, Room 301, Level 3
Technical Papers FC1FC
Fabrication
– Dapper: Decompose-and-Pack for 3D Printing
– Level-Set-Based Partitioning and Packing Optimization of a Printable Model
– Perceptual Models of Preference in 3D Printing Direction
– Interactive Design of 3D Printable Robotic Creatures
14:15 – 16:00
Kobe Int’l Conference Center, Room 501, Level 5
Technical Papers FC1FC
Tracking and Transients
– IM6D: Magnetic Tracking System with 6-DOF Passive Markers for Dexterous 3D Interaction and
Motion
– 3D Motion Sensing of any Object without Prior Knowledge
– Capturing the Human Figure Through a Wall
– Solving Trigonometric Moment Problems for Fast Transient Imaging
– Online Structure Analysis for Real-time Indoor Scene Reconstruction
14:15 – 16:30
Kobe Int’l Conference Center, Room 502, Level 5
Symposium on Visualization in High Performance Computing BCFC1FC
Panel & Closing
Computational Visualization R&D Problems 2015
– Issei Fujishiro, Keio University
14:15 – 18:00
Kobe Int’l Conference Center, Room 503, Level 5
Courses FC1FC
Practical Grammar-Based Procedural Modeling of Architecture
14:15 – 18:00
Kobe Int’l Conference Center, Room 504+505, Level 5
Courses FC1FC
Building 3D Web Applications using WebGL

<h3>Invited Special Presentation</h3>

14:30 – 15:30
Kobe Int’l Exhibition Hall No. 2 Meeting Room 3B, Level 3
The Ultra reality Experience: HOKUSAI’s Ukiyo-e Painting in Real-time 3DCG with 8K Super HiVision
HDR Displays
8K スーパーハイビジョン リアルタイム3DCGによる超臨場感空間「北斎ジャポニズムの世界観」

14:30 – 15:50
Kobe Int’l Exhibition Hall No. 2, Convention Hall, Level 1
Emerging Technologies Talk BCFC1FC
Session Five: AR for Various Scenes
– CalibraTable: Tabletop System for Influencing Eating Behavior
– Living Book of Anatomy Project: See your Insides in Motion!
– Please Show Me Inside: Improving the Depth Perception Using Virtual Mask in Stereoscopic AR
– Scope+: A Stereoscopic Video See-Through Augmented Reality Microscope
14:30 – 16:00
Kobe Int’l Conference Center, Room 403, Level 4
Art Papers BCFC1FC
Session One
DEATH
– (Projection) Mapping the Brain: A Critical Cartographic Approach to the Artist’s Use of fMRI to
Study the Contemplation of Death
– SyncDon II: Bio-Synchronical Communication
– Dear Human
14:45 – 15:15
Kobe Int’l Exhibition Hall No. 2, Convention Hall, Exhibitor Talk Stage, Level 1
Exhibition Talks ExBCFC1FC
Presented by Isotropix
Interactive High-end VFX at Dneg
– Eric Vezinet, Rendering Supervisor, Double Negative
15:15 – 15:45
Kobe Int’l Exhibition Hall No. 2, Convention Hall, Exhibitor Talk Stage, Level 1
Exhibition Talks ExBCFC1FC
Presented by Isotropix
Clarisse iFX Workflow Overview
– Yann Couderc, Product Specialist, Isotropix

15:30 – 16:45
Kobe Int’l Conference Center, Room 401, Level 4
Symposium on Mobile Graphics and Interactive Applications FC1FC
Papers Session Five
Games
– SMASH: Synchronization Media of Athletes and Spectator through Haptic
– Augmented Creativity: Bridging the Real and Virtual Worlds to Enhance Creative Play
– A Fast and Robust Pipeline for Populating Mobile AR Scenes with Gamified Virtual Characters

16:15 – 18:00
Kobe Int’l Conference Center, Room 403, Level 4
Art Papers BCFC1FC
Session Two
LIFE
– Numerical Anamorphosis: An Artistic Exploration
– Conceptual Superposition. The Aesthetics of Quantum Simulation
– HCI in Performance Arts and the Case of Illimitable Space System’s Multimodal Interaction and
Visualization

16:15 – 18:00
Kobe Int’l Conference Center, Main Hall, Level 1
Computer Animation Festival ETFC1FC
Electronic Theater
– Afternoon Class
– Blue Eyes -in HARBOR TALE-
– Chase Me
– Chaud Lapin
– CHOCOLATE DARWIN
– Duo
– Electrofly
– Escargore
– Flaw
– Jazz Orgie
– L’Aid
– Leonard
– Natural Attraction
– SOME THING
– Splintertime
– The Hobbit: The Battle of the Five Armies Reel
– The Witcher 3: Wild Hunt Launch Cinematic
– TOKYO COSMO
– Zerogon
16:15 – 18:00
Kobe Int’l Conference Center, International Conference Room, Room 301, Level 3
Technical Papers FC1FC
Specialized Design
– WrapIt: Computer-Assisted Crafting of Wire Wrapped Jewelry
– Legolization: Optimizing LEGO Designs
– Computational Design of Metallophone Contact Sounds
– Interactive Surface Design with Interlocking Elements
16:15 – 18:00
Kobe Int’l Conference Center, Room 501, Level 5
Technical Papers FC1FC
Single Images
– Break Ames Room Illusion: Depth from General Single Images
– Deviation Magnification: Revealing Departures from Ideal Geometries
– Revealing and Modifying Non-Local Variations in a Single Image
– Transform Recipes for Efficient Cloud Photo Enhancement

16:45 – 18:00
Kobe Int’l Conference Center, Room 401, Level 4
Symposium on Mobile Graphics and Interactive Applications FC1FC
Papers Session Six & Closing
Visualization
– And He Built a Crooked Camera: Aa Mobile Visualization Tool to View Four-Dimensional Geometric
Objects
– Interactive Animated Mobile Information Visualization- Collaborative Magic Lens Graph Exploration

SIGGRAPH ASIA 2015 Kobe 2日目見どころまとめ

11月3日は企業展示「Exhibition」と体験展示による最先端技術デモ「Emerging Technologies」、「Art Gallery」が公開になります(文末)。

白井は11-14時の学生VRコンテスト「IVRC」関連セッションで発表です。

そうですよ!真鍋大度(Daito Manabe)がPre Showの演出を担当されるのですよ!これは見たい(が売り切れていますorz)。


【予習&まとめ】

【便利なリンク】

日本語Twitter #SIGGRAPH15Kobe



Tuesday, 03 November 2015

以下だいたい時系列。赤字は初心者や英語苦手な人にもおすすめセッション。白井フィルタかかってます。

Keynote(基調講演)

09:00 – 10:45
Portopia Hotel, South Wing, Portopia Hall, Level 1
(Includes Opening and Awards Ceremony)
From Story to Screen: Ronnie Del Carmen’s Path to Pixar
And a Peek Inside the Making of Inside Out
– Ronnie del Carmen, Pixar Animation Studios

Computer Animation Festival(CAF)

09:30 – 12:15
Kobe Int’l Exhibition Hall No. 2, Meeting Room 3A, Level 3
Animation Theater
– Rising Stars – Student Films (45 mins)
– Shorts & Features One (35 mins)
– Shorts & Features Two (40 mins)
– Game, Science, Music & Visual Effects (45 mins)

Exhibition Talks

The Ultra Reality Experience: HOKUSAI’s Ukiyo-e Painting in Real-time 3DCG with 8K Super HiVision
HDR Displays
8K スーパーハイビジョン リアルタイム3DCGによる超臨場感空間「北斎ジャポニズムの世界観」

 

Courses

  • Capturing Reality for Computer Graphics Applications
  • Advances in Geometry and Reflectance Acquisition

Technical Papers

  • Color and Sketching
    このセッションは面白いもの多そう

– Adaptive Color Display via Perceptually-Driven Factored Spectral Projection
– A Model of Local Adaptation
– Color Changing Effects with Anisotropic Halftone Prints on Metal
– Closure-Aware Sketch Simplification
– Autocomplete Hand-Drawn Animations

Symposium on Education

11:00 – 14:00
Kobe Int’l Exhibition Hall No. 2, Meeting Room 2A, Level 2
Education Workshop
– Innovation in the Age of Virtual Reality through Organizing International Student Competition
Akihiko Shirai, Kanagawa Institute of Technology
11:00 – 18:00
Kobe Int’l Conference Center, Room 404, Level 4
Hands-on Demonstrations


Innovation in The Age of Virtual Reality Through Organizing International Student Competition

(国際学生コンテストを通したVR世代のイノベーション)
講演者代表:白井暁彦、神奈川工科大学/IVRC実行委員会

1993年から開催され、これまでにバーチャルリアリティ(VR)の既成概念を拡張するような、独創的で親しみの持てる作品を数多く生み出してきた国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト(IVRC, International collegiate Virtual Reality Contest)は、日本VR学会を中心にボランティアによって運営される、世界最大かつ最も歴史のあるVR作品コンテストです。学生が企画・制作したインタラクティブ作品の新規性・技術的チャレンジ・体験のインパクトを、一般体験可能な状態で競うことにより、(1)自ら考え・学び・手を動かすことのできる優秀な人材の育成、(2)バーチャルリアリティの啓蒙普及、(3)地域・企業・学術を結ぶ,バーチャルリアリティ・コミュニティの醸成を目的として、日本をはじめアメリカ、フランスを中心とした世界各国からの参加者が参加しており、コンテストを通して「自ら考え・学び・手を動かすことのできる」優秀な人材を育成する、21世紀的な体験型教育システムでもあり、その実績はSIGGRAPHやLava Virtualをはじめ国際的にも高く評価され、IVRCを体験した学生たちのその後の活躍も、高く評価されています。
本ワークショップでは、このような活動の概要を実行委員長である舘暲先生(東京大学名誉教授)にお話いただき、IVRCの変革と国際化をすすめてきた白井暁彦のオーガナイズにより、IVRC卒業生である稲見昌彦先生、長谷川晶一先生をはじめとする、VR/CG/ゲーム/メディアアート/学術研究分野で活躍する各位をお呼びし、デモや記録映像、経験談とともに日本語と英語で幅広い人々に体験を共有します。
(英語、一部日本語と英語通訳)

〔発表者・パネリスト〕11:30~12:30
オーガナイザー:白井暁彦(Akihiko SHIRAI) 神奈川工科大学
舘 暲 (Susumu TACHI) 東京大学 高齢社会総合研究機構
稲見 昌彦 (Masahiko INAMI) 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 東京大学
長谷川晶一 (Shoichi HASEGAWA) 東京工業大学
髙橋 誠史 (Masafumi Takahashi) 株式会社バンダイナムコスタジオ
山岡潤一 (Junichi Yamaoka) 慶應義塾大学 SFC研究所/日本学術振興会
西田 惇 (Jun NISHIDA) 筑波大学 グローバル教育院
日英インタープリター:青木美穂(Miho AOKI) 州立アラスカ大学フェアバンクス校

〔デモ展示発表〕入退場自由 11:00~12:45
CHILDHOOD
西田 惇, 髙鳥 光, 佐藤 綱祐 (筑波大学 グローバル教育院 エンパワーメント情報学プログラム)

VibroSkate
日野 綾香 Ayaka Hino (東京工業大学大学院 総合理工学研究科 知能システム科学専攻)

Manga Generator
安藤歩美, 鈴木久貴, 鈴木百合彩, 津田良太郎, 山口裕捺, 柴本恵理子,白井暁彦
(神奈川工科大学 情報学部 情報メディア学科 白井研究室)

TagCandy
山岡潤一(慶應義塾大学 SFC研究所 訪問研究員, 日本学術振興会特別研究員)


 

Exhibitor Talks

Presented by Pixar Animation Studios
The Art & Science of RenderMan – A Workshop by Pixar
– Dylan Sisson, Technical Artist, Pixar Animation Studios
12:00 – 13:30
Kobe Int’l Conference Center, Room 402, Level 4
Symposium on Mobile Graphics and Interactive Applications

Animation Theater

Filmakademie Baden-Wuerttemberg’s Institute of Animation, Anniversary Program “25th
Anniversary Screening” (70 mins)
13:15 – 14:15
Kobe Int’l Exhibition Hall No. 2, Convention Hall, Level 1

Emerging Technologies Talk

Session One: Enhance Real World by Projection Mapping
– Interactive Volumetric Fog Display
– Diminishable Visual Markers on Fabricated Projection Object for Dynamic Spatial Augmented
Reality
– Sticky Projection Mapping: 450-fps Tracking Projection onto a Moving Planar Surface
13:30 – 15:30
Kobe Int’l Conference Center, Room 401, Level 4
Symposium on Mobile Graphics and Interactive Applications

Papers Session One
Ray Tracing and Rendering
– Latency Tolerance Techniques for Real-time Ray Tracing on Mobile Computing Platform
– An Efficient Hybrid Ray Tracing and Rasterizer Architecture for Mobile GPU
– A Mobile Ray Tracing Engine with Hybrid Number Representations
– Apparent Resolution Enhancement for Near-Eye Light Field Display
– Tile-Based Path Rendering for Mobile Device
14:00 – 15:00
Kobe Int’l Exhibition Hall No. 2, Convention Hall, Exhibitor Talk Stage, Level 1

Computer Animation Festival

Panel Session
Creating a Cosmic Transformation: Sanjay’s Super Team
Production Focus on Pixar Animation Studios Short film ‘Sanjay’s Super Team’
Pixar Animation Studios
– Alec Bartsch
– Arjun Rihan
– Athena Xenakis
– Charu Clark
– Mei Kee Poh
– Vincent Serritella
14:15 – 16:00
Kobe Int’l Conference Center, International Conference Room, Room 301, Level 3
Generated Faces
14:15 – 16:15
Kobe Int’l Exhibition Hall No. 2, Meeting Room 3A, Level 3

Computer Animation Festival: Animation Theater

Invited Screening: RAKUEN TSUIHO – Expelled from Paradise (104 mins)

Courses

14:15 – 18:00
Kobe Int’l Conference Center, Room 403, Level 4
Making Digital Characters: Creation, Deformation, and Animation

14:25 – 15:45
Art and Technology at Pixar, from Toy Story to Today

Kobe Int’l Exhibition Hall No. 2, Convention Hall, Level 1

Emerging Technologies Talk

Session Two: Displays – Beyond Pixels
– Ketsuro-Graffiti: A Canvas with Computer Generated Water Condensation
– fVisiOn: Interactive Glasses-free Tabletop 3D Images Floated by Conical Screen and Modular
Projector Arrays
– R2D2 w/ AIRR: Real Time & Real Space Double-Layered Display with Aerial Imaging by RetroReflection
– X-Dimensional Display: Superimposing 2D Cross Sectional Image inside 3D Wireframe Aerial Image
14:30 – 15:30
Kobe Int’l Exhibition Hall No. 2, Meeting Room 3B, Level 3
Invited Special Presentation

The Ultra Reality Experience: HOKUSAI’s Ukiyo-e Painting in Real-time 3DCG with 8K Super HiVision
HDR Displays
8K スーパーハイビジョン リアルタイム3DCGによる超臨場感空間「北斎ジャポニズムの世界観」
14:30 – 16:15
Kobe Int’l Exhibition Hall No. 2, Meeting Room 2A, Level 2
Symposium on Education

Education Workshop

– SQUARE ENIX AI Academy: AI Workshop for Blackboard Architecture
*In English and Japanese Language– English Presentation; Suitable for Japanese Attendees
15:00 – 16:00
Kobe Int’l Exhibition Hall No. 2, Convention Hall, Exhibitor Talk Stage, Level 1

(Kobe City Booth)
Symposium on Visualization in High Performance Computing

Contest Fast-Forwards
15:40 – 16:30
Kobe Int’l Exhibition Hall No. 2, Convention Hall, Level 1

(Kobe City Booth)
Symposium on Visualization in High Performance Computing

Contest
15:45 – 18:00
Kobe Int’l Conference Center, Room 401, Level 4
Symposium on Mobile Graphics and Interactive Applications

Computer Animation Festival

Pre-Show by Daito Manabe
Daito Manabe, Rhizomatiks Research
16:15 – 18:00
Kobe Int’l Conference Center, International Conference Room, Room 301, Level 3

Symposium on Education

Student Focus Session
Education Talk
Pixar’s Abstract Thought – Educational Journeys from Inside Out Artists
*In English with Japanese Translation
16:30 – 18:00
Kobe Int’l Conference Center, Room 502, Level 5
Symposium on Visualization in High Performance Computing

Tutorial One
Hands-on Seminar of Remote Visualization System PBVR
– Takuma Kawamura, Japan Atomic Energy Agency
17:00 – 19:00
Kobe Int’l Conference Center, Main Hall, Level 1

Computer Animation Festival

Electronic Theater

– Afternoon Class
– Blue Eyes -in HARBOR TALE-
– Chase Me
– Chaud Lapin
– CHOCOLATE DARWIN
– Duo
– Electrofly
– Escargore
– Flaw
– Jazz Orgie
– L’Aid
– Leonard
– Natural Attraction
– SOME THING
– Splintertime
– The Hobbit: The Battle of the Five Armies Reel
– The Witcher 3: Wild Hunt Launch Cinematic
– TOKYO COSMO
– Zerogon

SIGGRAPH Asia 2015 Reception

Sponsored by Kobe City Council

19:00 – 21:00
Portopia Hotel, South Wing, Ohwada Grand Banquet Room, Level 1


展示関係

展示特にEmerging TechnologiesとArt Galleryは会期中いつ見に行ってもよいのですが、じつは最初のほうに見ておいたほうが良いと思います。壊れて展示不可能になったり、人気になって体験できなかったり、展示している側が新しい発見をして中身が変わってしまうこともありますので。

Art Gallery

– Apostroph
– AT Field_Paralyzed Sense
– At Home with Others
– Conglomerate Distortions
– Digital Ascetic – The Platform of Suffering
– Echoes of Alakiwohoch
– Furnished Fluid
– Hau Dong Ca (Song of A Medium in Ceremony)
– Inner Mind Architecture
– Neuro Memento Mori: Meditations on Death
– Phase Shift
– S>HEEmerging Technologies

09:30 – 16:30
Kobe Int’l Exhibition Hall No. 2, Convention Hall, Level 1

– A Practical Ball Sports Platform Combining Dynamic Body Action with Real-time Computer Graphics
during Ball Play
– Ballumiere: Real-time Tracking and Projection System for High-Speed Flying Balls
– Bump Ahead: Easy-to-Design Haptic Surface using Magnet Array
– CalibraTable: Tabletop System for Influencing Eating Behavior
– ChameleonMask: A Human-Surrogate System with a Telepresence Face
– Consistent Desktop Sharing Based on Document Coordinate System for Face-to-Face Online
Meeting
– Diminishable Visual Markers on Fabricated Projection Object for Dynamic Spatial Augmented
Reality
– Dollhouse VR: A Multi-view, Multi-user Collaborative Design Workspace with VR Technology
– Ear Ball for Empathy: Research into the Simulation of Sensory Experiences Common to
Developmental
Disorders
– Elastylus: Flexible Haptic Painting Stylus
– Electric Bow Interface 3D
– fVisiOn: Interactive Glasses-free Tabletop 3D Images Floated by Conical Screen and Modular
Projector Arrays
– Interactive Volumetric Fog Display
– JackIn Head: An Immersive Human-Human Telepresence System
– Ketsuro-Graffiti: A Canvas with Computer Generated Water Condensation
– Living Book of Anatomy Project : See your Insides in Motion!
– MUBASE and SASR System
– Novel 3D Head-Up-Display for Automobile
– Peeling Museum
– Please Show Me Inside: Improving the Depth Perception Using Virtual Mask in Stereoscopic AR
– R2D2 w/ AIRR: Real Time & Real Space Double-Layered Display with Aerial Imaging by RetroReflection
– Scope+ : A Stereoscopic Video See-Through Augmented Reality Microscope
– SkinWatch: Adapting Skin as a Gesture Surface
– Sticky Projection Mapping: 450-fps Tracking Projection onto a Moving Planar Surface
– ThirdHand: Wearing a Robotic Arm to Experience Rich Force Feedback
– TransformTable
– Twech: A Mobile Platform to Search and Share Visuo-tactile Experiences
– WholeGrip: Grip Type Master Hand with the Whole Hand Tactile Feedback
– X-Dimensional Display: Superimposing 2D Cross Sectional Image inside 3D Wireframe Aerial Image
– Yubi-Toko: Finger Walking in Snowy Scene using Pseudo-haptic Technique on Touchpad

SIGGRAPH ASIA 2015 初日イベントまとめ

【予習&まとめ】

【便利なリンク】

日本語Twitter #SIGGRAPH15Kobe


【初日まとめを書く前に】

なんか突発的に風邪ひいたおかげで10月末の記憶と仕事が消し飛びました。
そんなわけで待ちに待ったSIGGRAPH ASIA 2015神戸の開催前夜を神戸で迎えております。

さて、すでにお伝えした通り、白井の発表メインはExhibitionでの富士通SSLとの展示と11/3の教育シンポジウムでのワークショップです。

これだけでもう盛りだくさんで、おそらく見て回る時間がないといえばないのですが、それは「エキスポ参加の周回遅れ」というもので、当日現地に行って感覚でものを見ようとすると、混雑と興奮でろくな体験もできずに終わってしまいます。一方、予習さえしておけば、時間の使い方や優先順位も出てくるというものです。

さて、このブログエントリーですが、初日の予習と計画、事後メモに使いたいと思います。

一目でわかるその日のスケジュールは公式「Schedule at a glance」をご参照ください。

CAF(コンピュータ・アニメーション・フェスティバル)の上映プログラムはこちら

初日の計画

  1. 午前中にレジストレーション
    Registrationエリアに行って、バッジを受け取ります。白井は参加者、ローカルコミッティ、メディア、出展者などなどたくさん登録があります。ちなみにメディア登録をしていないと写真撮影が許可されないので注意です。
  2. 教育シンポジウムを聴講
    テーマ「イノベーティブエデュケーション 革新と創造の教育、アート、テクノロジー、エンターテイメントの交差点」プログラム詳細はこちら
  3. 先生方とランチミーティング
  4. 午後は設営
    設営が早く終わったらセッション聴講と自分の発表準備ですね。
  5. 夕方はTPFF聴講
    Technical Papers Fast Forward(TPPF)とはSIGGRAPH最高の難易度である学術論文(Technical Papers)の内容を1件30秒でわかりやすく説明する人気セッションです。

    Technical Papers Fast Forward” Monday, 02 November: 18:30 – 20:00

  6. 20時〜Sake Partyその後、遅い晩飯

という感じです。

 

 

注目のセッション(時間順)

白井フィルタ入っているのでガチ勢むけのセッションも含まれます。初心者向け、ミーハー向けには赤色をつけておきました。

11/2 09:00 – 10:45

開会のご挨拶 シンポジウム委員長 青木美穂 (アラスカ大学フェアバンクス校)
オープニング基調講演
「Opening Keynote – Game Over? New Approaches to Teaching Engineering Courses」(ゲームオーバー?? ゲーム化による情報工学授業の新しい試み)
講演者:ポルトガル、リスボン大学教授、ACM 著名講演者 Joaquim Jorge 教授
ACM 著名講演者プログラム公認プレゼンターの Joaquim Jorge 教授が、ゲーミフィ
ケーションにより大学の情報工学の授業を楽しく受講できる試みについて語ります。
(日本語通訳付き)

11/2 11:00 – 12:45 教育シンポジウム招待講演

「EDUCATIONAL ESCARGORE: Visual Effects Education Practices at Media Design
School」(エディケーショナルエスカルゴーアー、メディアアートデザインスクールでの VFX 教育)
講演者:Oliver Hilbert、メディアデザインスクール
今年の SIGGRAPH Asia 2015 コンピューターアニメーションフェスティバルでエレク
トロニックシアター入選に輝いたニュージーランドの学校作品、「Escargore」の制作
を指導したメディアデザインスクール講師 Oliver Hilbert 先生がメディアデザインスク
ールでの VFX 教育のカリキュラム、授業、作品の制作過程について語ります。
(日本語通訳付き)

Technical Briefs 09:00 – 11:45 Image and Video Processing

Kobe Int’l Conference Center, Room 501, Level 5
– Depth-Aware Coherent Line Drawings
– Depth-Aware Patch-Based Image Disocclusion for Virtual View Synthesis
– Exemplar-based Video Completion with Geometry-Guided Space-Time Patch Blending
– Gradient Domain Binary Image Hiding Using Color Difference Metric
– Illustration2Vec: A Semantic Vector Representation of Illustrations
– Panorama to Cube: A Content-Aware Representation Method
– Randomized Redundant DCT: Efficient Denoising by Using Random Subsampling of DCT Patches
– Region-Based Painting Style Transfer

09:00 – 12:45 Workshops R&D in the Video Game Industry

Kobe Int’l Conference Center, Room 401, Level 4
– Just Keep Digging, and Other Principles for Videogame R&D
– Master Thesis Students in the Video Game Industry
– Doing R&D for Open Worlds
– Physics Simulation R&D at Square Enix
– Shader Development at OLM

10:00 – 12:10 Workshops Head-Up Displays and their Applications

Kobe Int’l Conference Center, International Conference Room, Room 301, Level 3
Oral Presentations Session One
– HUD and the Potential of New Market
– Psychological Research Issues on Visual Attention while Using Head-up Display
– Safety and Efficacy of Head-up Display from a Physiological Optics Standpoint
– Evaluation for the Usage of HUD Contents Depending on Gender while Driving

14:15 – 15:15 Computer Animation Festival Panel Session

Kobe Int’l Exhibition Hall No. 2, Meeting Room 3A, Level 3
The Technology Behind ‘Big Hero 6’
Walt Disney Animation Studios
– Toby Jones
– Rajesh Sharma

14:15 – 15:45 Workshops

Haptic Media and Contents Design

Kobe Int’l Conference Center, Room 401, Level 4
Invited Talks
– Designing Haptic Media Technologies for Embodied Creation
– Haptic Interface Design for Future Interactive Devices
– Haptoclone as a Test Bench of Weak Force Haptic Interaction

14:15 – 16:00 Courses

How to Write a SIGGRAPH Paper: A Guide to Choosing a Good Research Topic, Doing the Research,
and Writing It Up

Kobe Int’l Conference Center, Room 403, Level 4

14:15 – 16:00 Courses

AI Techniques for Contemporary Digital Games

Kobe Int’l Conference Center, Room 504+505, Level 5
(日本語コース) ゲームのための最新AI手法
(Japanese Version, 日本語版)

14:15 – 18:00 Courses

Cross-Cultural User-Experience Design: Worldwide, including Japan, China, and India

Kobe Int’l Conference Center, Room 503, Level 5

16:15 – 18:00 Courses

Art and Technology at Pixar, from Toy Story to Today

Kobe Int’l Conference Center, Room 504+505, Level 5
(日本語コース) ピクサーのアート&テクノロジー ~トイ・ストーリーから現在まで~
(Japanese Version, 日本語版)

11/2 16:15-18:00 パネル

Panel: Pioneers?? — You Can Become One Too!SIGGRAPHの技術領域は,コンピュータグラフィックス,ロボティクス,コンピュータビジョン,ヒューマンコンピュータインタラクション,バーチャル/オーグメンテッドリアリティなど多岐に及びますが,先駆的な研究でこれらの分野を引っ張ってこられた3名の先生方に,君もパイオニアになれる! と題したパネル討論をしていただきます.パネリスト: 金出武雄先生(カーネギーメロン大学),西田友是先生(広島修道大学/UEIリサーチ),Steven Feiner 先生(コロンビア大学).(1日目: 11月2日(月)16:15-18:00)(同時通訳が入る予定です)

夜はSake Party!!

SIGGRAPH名物「酒パーティー」
日時:2015年11月2日(月)19:00 – 21:00
会場:アリストンホテル神戸16階バルセロナ
兵庫県神戸市中央区港島中町6-1

CSzmaXSUkAA7bEO

4XUJsp7hrWgEyDa3

いやー初日から盛りだくさんですね!!


Twitterふりかえり

SIGGRAPH ASIA 2015 Kobeにて研究成果を発表します

(本記事は白井研究室ブログの再掲です)

まず白井研究室としては2つ大きな発表があります。

(1) 富士通ソーシアルサイエンスラボラトリと「ExPixel × LiveTalk によるユニバーサルなゲーム空間」を企業展示エリアExhibitionに展示します。

Universal Gaming Space using ExPixel and LiveTalk, by Fujitsu Social Science Laboratory

SIGGRAPHASIA2015_ExPixel MangaGenerator Flyer

神奈川工科大学白井研究室で開発された、ひとつのモニタで複数の映像を見ることができる技術です。メガネの有無によって、異なるコンテンツを見ることができます。
聴覚障がい者と健常者が共に楽しくゲームを行える環境を実現しました。
LiveTalkによって、リアルタイムに生成される発話内容を、ExPixelのメガネを通して確認し、コミュニケーションを取りながらゲームを行えます。
The “ExPixel” can show multiple contents on a same single display simultaneously. Observer can see different contents wearing glass or off. This technology is invented by Shirai Lab in
Kanagawa Institute of Technology, Japan.

発話を音声認識しリアルタイムにテキストに変換して共有できる聴覚障がい者参加型コミュニケーションツールです。聴覚障がい者への情報保障の問題点を改善し、ユニバーサルデザイン会議を実現します。
We realized a new way of game playing environment that can satisfy both deaf person and non-deaf person. The subtitle is generated in real-time on hidden channel and viewer can see through polarized glass. The “LiveTalk”, is an application that can recognize presenter’s speech and convert it to text to display in real time. It can realize universal designed conference between deaf and non-deaf person.

 

そして、11/3には教育シンポジウムIVRC関連セッション「Innovation in The Age of Virtual Reality Through Organizing International Student Competition」にてManga Generatorを発表します。

SIGGRAPH Asia 2015 Kobe Symposium on Education
シーグラフアジア2015 神戸 教育シンポジウム
テーマ「イノベーティブエデュケーション 革新と創造の教育、アート、テクノロジー、エンターテイメントの交差点」

11月3日 11:00 – 14:00 教育ワークショップ
「国際学生コンテストを通したVR 世代のイノベーション」

教育シンポジウムの詳細はこちら

教育シンポジウムでは、CGやインタラクティブ技術と教育に関する研究発表の場を提供し、また教員、学生の方々をはじめ、幅広い層の参加者の皆様に楽しんでいただけるプログラムを企画いたしました。シンポジウムでは日本、ニュージーランドなどアジア、太平洋地域をはじめとする多数の教育研究機関、公的機関、団体、またピクサーアニメーションスタジオ、スクエア・エニックスなど映像・ゲーム業界からの発表、講演者が集まり、研究発表・討論・講演・ワークショップをいたします。公募論文と企画はそれぞれ3名のピュアレビューワーと審査委員会によって厳選され、50件の応募から13件が採択されました。
シンポジウムでは、日本語訳付きの講演、体験型のワークショップセッションなど、英語が苦手な方にも参加していただけるセッションも予定しております。
シンポジウムのオープニングセッションでは、ACM著名講演者プログラムからリスボン大学Joaquim Jorge教授を迎え、ゲーミフィケーションにより情報工学の授業をゲーム化し楽しくする試みについて講演していただきます。

委員長:青木美穂 州立アラスカ大学フェアバンクス校

[教育ワークショップ]

Innovation in The Age of Virtual Reality Through Organizing International Student Competition

(国際学生コンテストを通したVR世代のイノベーション)
講演者代表:白井暁彦、神奈川工科大学/IVRC実行委員会

1993年から開催され、これまでにバーチャルリアリティ(VR)の既成概念を拡張するような、独創的で親しみの持てる作品を数多く生み出してきた国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト(IVRC, International collegiate Virtual Reality Contest)は、日本VR学会を中心にボランティアによって運営される、世界最大かつ最も歴史のあるVR作品コンテストです。学生が企画・制作したインタラクティブ作品の新規性・技術的チャレンジ・体験のインパクトを、一般体験可能な状態で競うことにより、(1)自ら考え・学び・手を動かすことのできる優秀な人材の育成、(2)バーチャルリアリティの啓蒙普及、(3)地域・企業・学術を結ぶ,バーチャルリアリティ・コミュニティの醸成を目的として、日本をはじめアメリカ、フランスを中心とした世界各国からの参加者が参加しており、コンテストを通して「自ら考え・学び・手を動かすことのできる」優秀な人材を育成する、21世紀的な体験型教育システムでもあり、その実績はSIGGRAPHやLava Virtualをはじめ国際的にも高く評価され、IVRCを体験した学生たちのその後の活躍も、高く評価されています。
本ワークショップでは、このような活動の概要を実行委員長である舘暲先生(東京大学名誉教授)にお話いただき、IVRCの変革と国際化をすすめてきた白井暁彦のオーガナイズにより、IVRC卒業生である稲見昌彦先生、長谷川晶一先生をはじめとする、VR/CG/ゲーム/メディアアート/学術研究分野で活躍する各位をお呼びし、デモや記録映像、経験談とともに日本語と英語で幅広い人々に体験を共有します。
(英語、一部日本語と英語通訳)

〔発表者・パネリスト〕11:30~12:30
オーガナイザー:白井暁彦(Akihiko SHIRAI) 神奈川工科大学
舘 暲 (Susumu TACHI) 東京大学 高齢社会総合研究機構
稲見 昌彦 (Masahiko INAMI) 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科
東京大学大学院情報理工学系研究科システム情報学専攻 / 工学部計数工学科 教授
長谷川晶一 (Shoichi HASEGAWA) 東京工業大学
髙橋 誠史 (Masafumi Takahashi) 株式会社バンダイナムコスタジオ
山岡潤一 (Junichi Yamaoka) 慶應義塾大学 SFC研究所/日本学術振興会
西田 惇 (Jun NISHIDA) 筑波大学 グローバル教育院
日英インタープリター:青木美穂(Miho AOKI) 州立アラスカ大学フェアバンクス校

〔デモ展示発表〕入退場自由 11:00~12:45
CHILDHOOD

西田 惇, 髙鳥 光, 佐藤 綱祐 (筑波大学 グローバル教育院 エンパワーメント情報学プログラム)
VibroSkate
日野 綾香 Ayaka Hino (東京工業大学大学院 総合理工学研究科 知能システム科学専攻)

Manga Generator
安藤歩美, 鈴木久貴, 鈴木百合彩, 津田良太郎, 山口裕捺, 柴本恵理子,白井暁彦
(神奈川工科大学 情報学部 情報メディア学科 白井研究室)

TagCandy
山岡潤一(慶應義塾大学 SFC研究所 訪問研究員, 日本学術振興会特別研究員)

日本語Facebookもよろしく

なお、白井先生は若手プログラムリエゾンとして、日本語FacebookやBlogでのSIGGRAPH ASIAプロモーションに活躍されております。
大変役立つ情報も多いのでこちらもご活用ください
http://aki.shirai.as/sa2015

SIGGRAPH ASIA 2015オンライン登録が28日(水)まで延長となりました!

白井@日本科学未来館でDCEXPO展示中です

自分の展示がLaval Virtual、隣がSXSW(サウスバイサウスウエスト)、さらに隣がSIGGRAPH ASIAという並びだったので、ケルンメッセの田村さんにいろいろ情報を聞いてきました。

オンライン登録が28日(水)の19:00(日本時間)まで延長となりました。

先週木曜日に締め切りだったのですが,延長です!
国際会議ということで日本語ONLYの人も多いとは思うのですが,せっかくの日本開催ですし,さらに多くの参加者に登録していただきたいとのことで延長です.

お得情報1:事前登録をすると、展示会入場料1,000円が無料になる。

無料です.いま登録すれば無料なんです.

お得情報2:今年の展示会来場者のチケットは下記、プログラムにも参加できる

学術講演のすべてが聴講できるフルカンファレンスパスですと,日本円で10万円ぐらいの値段になってしまいますが,上記の無料登録で入手できる「展示会来場者」のエントリーで以下の魅力的なプログラムにも参加できます.

– コンピュータアニメーションフェスティバル (アニメーションシアター:展示会場 2F)

– 展示会 (今年はJob Fair も開催)

Job Fairの出展企業はこちら
http://www.kurihaku.jp/pro/special/siggraph_jobfair.html

– 出展者トーク&セッション

出展者トーク&セッションのスケジュールはこちら
(展示会場内にエリアがありますが、セッションによって場所の確認要)

http://sa2015.siggraph.org/images/downloads/schedule/program/Exhibition_Talks_and_Sessions.pdf

– ポスター

– ポスター プレゼンテーション

登録について補足情報

「フルカンファレンスパスまで手を出せないけど、ちょっとだけ
本格的な感じを体感したい方」が、3,000円のエレクトロニックシアターと
展示会来場者をセットで登録をする人が多いようです。

そこで、注意点が一つあります。

展示会+エレクトロニックシアターは「展示会来場者」からの登録になります。

注: 間違ってカンファレンス参加者から入る方が、まれにいらっしゃるようです

注: エレクトロニックシアターチケットの単体の登録はできません、必ず、展示会来場者登録が必要です!

登録方法はこちら

下記URLの左側下から二番目の「展示会来場者」から登録。

http://hk1.rt-eventsolution.com/siggraph2015/index.php

万が一、登録方法を間違ってしまった方はこちらにお問い合わせください

シーグラフアジア日本事務局
Tel: 03-5793-7770
Email: kmjpn (at) koelnmesse.jp

日本語の見どころ情報

大会実行委員長の北村喜文先生から以下の情報が発信されましたので引用いたします.


 

SIGGRAPH Asia 2015 はいよいよ11月2日~5日に神戸で開催されますが,Webからの参加登録は10月28日(水)午後5時までです.
質・量ともにかなり充実したプログラム構成になっていますが,その概要を日本語で紹介するページを用意してみました.
http://www.icd.riec.tohoku.ac.jp/sa15-overview-j.html
ご参考にしていただけましたら幸いです.


(以下公式より引用)

SIGGRAPH Asia (シーグラフアジア) 2015 のプログラムの概要

コンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術の国際会議・展示会 ACM SIGGRAPH Asia 2015は,11月2日(月)~5日(木)に神戸で開催されます.これは2008年にシンガポールで初開催されて以降の第8回で,日本での開催は2009年の横浜以来6年ぶり2度目となります.これまで毎回数千人規模で開催されてきました.今年も,これまで多方面の多くの皆さまのご協力を得て,SIGGRAPH Asia 史上最大の数のプログラムで開催する準備を進めてまいりました.またお陰様で,いずれのプログラムにも予想を上回る多くのご投稿を世界中からいただき,結果として,質・量ともにかなり充実したSIGGRAPH Asia 2015を開催できることになりました.非常に幅広いプログラム構成となっていますが,各プログラムチェアからの内容についてのご紹介を下にまとめましたので,ご参考にしていただけましたら幸いです.

  • オフィシャル言語は英語ですが,一部のプログラムには同時通訳が入る予定です.または日本語のセッションもあります.
  • Webからの参加登録は,10月28日(水)17:00 (日本時刻)までです.(延長されました)

神戸でお会いしましょう.

Panel: Pioneers?? — You can become one too!

SIGGRAPHの技術領域は,コンピュータグラフィックス,ロボティクス,コンピュータビジョン,ヒューマンコンピュータインタラクション,バーチャル/オーグメンテッドリアリティなど多岐に及びますが,先駆的な研究でこれらの分野を引っ張ってこられた3名の先生方に,君もパイオニアになれる! と題したパネル討論をしていただきます.パネリスト: 金出武雄先生(カーネギーメロン大学),西田友是先生(広島修道大学/UEIリサーチ),Steven Feiner 先生(コロンビア大学).(1日目: 11月2日(月)16:15-18:00)(同時通訳が入る予定です)

Opening Keynote

アカデミー賞を受賞した「ファインディング・ニモ(Finding Nemo)」や「カールじいさんの空飛ぶ家(Up)」,「レミーのおいしいレストラン(Ratatouille)」などで,ピクサー・アニメーション・スタジオのストーリースーパーバイザーなどを務められ,ディズニー/ピクサーが今年公開した新作「インサイド・ヘッド(Inside Out)」でピート・ドクター監督と共に共同監督を務められたロニー・デル・カルメン(Ronnie del Carmen) 氏に,From Story to Screen: The Journey of Ronnie Del Carmen and Pixar’s “Inside Out” と題して,フィリピンから米国に渡りピクサーの共同監督となるまでの道程と,最新映画に込められた思いなどをお話しいただきます.(2日目: 11月3日(月)9:00-10:45)

Featured Session: Talk & Panel “Post Pixels”

MITメディアラボの石井裕先生に,“Post Pixels: Beyond Tangible Bits, Towards Radical Atoms”と題してご講演をいただます.その後,世界に誇る日本の精鋭4名の先生方に加わってもらっての討論会が予定されています.パネリスト: 暦本純一先生(東京大学),稲見昌彦先生(慶應義塾大学),落合陽一先生(筑波大学),岩田洋夫先生(筑波大学).(3日目: 11月4日(水)11:00-12:45)

Closing Keynote

IEEE Robotics and Automation Society次期会長の 田所諭先生(東北大学,ImPACTタフ・ロボティクス・チャレンジPM)に,”Challenge of Disaster Robotics”と題してご講演いただきます.20年前の阪神・淡路大震災の経験を踏まえ,4年前の東日本大震災では大活躍することとなったレスキューロボットの研究・開発の現在と未来,そしてロボットと社会との関係,さらに国際的な第一線のロボット研究者から見たSIGGRAPHやデジタルコンテンツ分野への期待などについてお話いただきます.(4日目: 11月5日(木)11:00-12:45)

 

Art Gallery

SIGGRAPH Asiaで2年ぶりとなるArt Galleryでは,世界中から応募された134作品の中から20作品がセレクション作品となりました.今回のテーマは「Life on Earth?」.映像,サウンド,パフォーマンス,インスタレーションなど,デジタル技術を活用した作品をはじめ,アートとサイエンスなどの異なる領域でコラボレーションしているような多様な作品の展示によって,多義的な「ライフ」(生命、生活、人生etc.)とアートとの関わりを捉え直し,アートがいかに人間の知覚や経験を拡張しつつ,現代のLifeを進化させることができるかを提示します.

Art Paper

19件の研究論文が投稿され,厳しい査読を経て採択された9件の論文セッションが11月4日・5日の午後に実施されます.また4日目: 11月5日10:45-11:30には,「Digital Collaborations and Opportunities」と題して,Art Galleryのコミッティ・メンバーによるパネルディスカッションが開催されます.

Computer Animation Festival

デジタル表現を用いた最も革新的かつ物語性の強い映像作品を集めた映像祭です.今年は世界中から集まった400近い応募から著名な世界的な審査員が厳選した作品を,エレクトロニックシアターとアニメーションシアターにて上映します.この他にも長編映画の特別上映やピクサーの最新作,日本が独自に牽引するCGアニメ等の制作秘話を紹介するプロダクションセッションなど盛り沢山! ”Festival”(祭)の冠に違わないSIGGRAPH Asiaの最も華やかな一面です.

Courses

本プログラムは,CGの基礎研究はもとより,映画,テレビ,ゲームからアートにおける最新デジタル表現に関する多様なメニューを用意しました.またデジタルファブリケーションやクラウドコンピューティングを含む最新CG応用展開についても,従来のコースプログラムには無かった魅力的な話題を取り揃えました.コースは,1時間45分のショートコースと,3時間半におよぶ半日コースがあります.これらの濃縮された時間の中で,CGの基礎から最先端動向までをご堪能ください.なお初日(11月2日(月))には日本語コースもあります.

Emerging Technologies

SIGGRAPHはCGとインタラクティブテクノロジーに関する国際会議ですが,その両輪の一つ,インタラクティブテクノロジーを担うのが,Emerging Technologiesです.このプログラムでは世界中から投稿された80件の中から厳選された29件の発表がデモンストレーション形式で実施されます.世界の未来を動かす新しい技術に,触り・体験し・感じることのできる最高のチャンスです.開催期間は11月3日~5日,朝9時30分から16時30分までとなっています.また期間中には,それぞれの発表者が口頭でその技術とビジョンを語るE-Tech TalkがE-Tech会場内にて開催され,さらに最終日には委員会と体験者の皆さんの投票によるE-Tech Prizeの表彰式が実施されます.

Exhibition

SIGGRAPH Asia の展示会場では,他の展示会では出展されていない企業の最新の製品が多数見ることができます.最先端の技術をブース展示のみならず,出展者によるプレゼンによってもの紹介する場が設けられています.また,JOBフェアも会場内で展開されています,会場の奥にはArt GalleryとEmerging Technologyが設置されており,更に盛り上げています.

Special Session

この分野の権威ある国際論文誌として知られている IEEE Transactions on Visualization and Computer Graphics (TVCG) に発表された論文の著者が,その内容を発表する特別セッションをSIGGRAPH Asia 2015 でも開催します.
その他に,8Kスーパーハイビジョンリアルタイム3DCGによる超臨場感空間「北斎ジャポニズムの世界観」のデモと解説,また,WorkshopやSymposiumの発表者などによるHands-on Demonstrationsもあります.

Posters

最新の研究成果を見ることができるだけでなく,現在進行中の研究の経過や新しい研究方針の提案などを,直接議論するプログラムがPostersです.カバーする分野はCG技術からインタフェースデザインやユーザエクスペリエンス,芸術と幅広く,また発表者と気軽に交流ができる数少ない場となっています.

Symposium on Education

教育シンポジウムでは,CGやインタラクティブ技術と教育に関する研究発表の場を提供し,また教員・学生の方々をはじめ,幅広い層の参加者の皆様に楽しんでいただけるプログラムを企画いたしました.日本,ニュージーランドなどアジア・太平洋地域をはじめとする多数の教育研究機関,公的機関,また,ピクサーアニメーションスタジオ,スクエア・エニックスなど,映像やゲーム業界からの発表や講演者が集まり,研究発表,討論,講演を予定しています.日本語訳付きの講演や体験型のワークショップセッションなど,英語が苦手な方にも参加していただけるセッションも予定しております.初日(11月2日(月))9時からのオープニングセッションでは,ACM著名講演者プログラムからリスボン大学 Joaquim Jorge教授を迎え,ゲーミフィケーションにより情報工学の授業をゲーム化し楽しくする試みについて講演していただきます.

Symposium on Mobile Graphics and Interactive Applications

モバイルグラフィックスとインタラクティブ応用に関するシンポジウムは,産業・学術の両面から,グラフィックスに幅広く役立つモバイルアプリケーションについて考え議論する場です.今年は,NVIDIA や Nokia でのコンピューテーショナルフォトグラフィ,コンピュータビジョン,オーグメンテッドリアリティなどの研究で有名なDr. Kari Pulli (現在,Vice President of Computational Imaging, from Light Inc. )の招待講演が,2日目: 11月3日(火)10:45-12:00 にあります.

Symposium on Visualization in High Performance Computing

スパコンの街「神戸」にふさわしい可視化シンポジウムを開催します.SIGGRAPH 2015 Computer Animation Festivalで”BEST VISUALIZATION OR SIMULATION”を受賞したサイアメント代表取締役社長・医師の瀬尾拡史氏,可視化研究で世界を牽引する Prof. Kwan-Liu Ma (UC Davis)による講演をはじめとして,44件の投稿から公正で厳しい審査を経て選ばれた15件の技術論文,オープンデータ可視化コンテスト,慶応大学 藤代一成 教授が主宰するパネル討論,可視化ソフトのチュートリアルなどを予定しています.(開催期間は11月2日~4日,Basic Conference Passから参加可能です.)

Technical Briefs

2012年からSIGGRAPH Asiaに新設されたプログラムで,Technical Papersと同様コンピュータグラフィクスの最新の研究成果に触れることができる場です.モデリング,レンダリング,アニメーションなどの伝統的なCG分野だけでなく,触覚フィードバックやVR,AR,3Dプリンティングなど今話題の技術もカバーされています.アカデミアでの研究成果だけでなく,産業界での開発現場から生まれた技術に関する発表も多く含まれており,業界の動向を広く深く知ることができるプログラムとなっています.

Technical Papers

SIGGRAPH (/Asia)の技術分野の国際会議としての権威を支えるプログラムの1つがTechnical Papersですが,今年も300件を越える投稿から厳しい査読を経て採択された84件の論文が概ね常時2パラレルセッション発表されます.日本の研究者が絡む論文は5件(速報値)です.各著者がそれぞれの論文内容を40秒ずつ次々と紹介するいつも大好評の Fast Forwardは,1日目: 11月2日(月)18:30-20:00 に開催されます.

Workshop

ワークショップはSIGGRAPH Asia特有のプログラムであり,様々な研究トピッ クのプロポーザルの中からのJuryの審査を経て3つのテーマが選ばれました.こ れは,haptic media and contents design,head-up displays and their applications,R&D in video game industryと多岐に渡るテーマ構成になっており,アカデミアから産業,あるいはソフトからハードまで幅広い分野をカバーする構成となっています.個々のワークショップによる査読を経て選ばれた論文だけでなく,その分野の注目すべき著名人の招待講演や,また参加者が最先端の技術を実際に体験できるデモセッションも同時に開催するものもあります. 3つ全てのワークショップは,初日の11月2日のみに開催されます.どうかお見逃しなく.

Student Volunteer Program

SIGGRAPHの華やかなプログラムを舞台裏で支えるのが世界中から集まった学生ボランティアです. 今年,私たちのユニフォームは日本古来のはっぴです.ボランティア伝統の赤いベストの魂を,赤いはっぴに受け継ぎました.次代を担う若者たちの熱いパッションを,どうか感じて下さい.


p.s. 白井は企業展示と教育シンポジウム

白井は全日程参加,企業展示で富士通SSLブースにて共同研究の成果発表および11/3は教育シンポジウムでIVRC関連のデモと発表をいたします.こちらも近日中に詳細発表いたします.

11/3   11:00 – 12:45 教育ワークショップ

Innovation in The Age of Virtual Reality Through Organizing International Student Competition(国際学生コンテストを通したVR世代のイノベーション)

1993年から開催され、これまでにバーチャルリアリティ(VR)の既成概念を拡張するような、独創的で親しみの持てる作品を数多く生み出してきた国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト(IVRC, International collegiate Virtual Reality Contest)は、日本VR学会を中心にボランティアによって運営される、世界最大かつ最も歴史のあるVR作品コンテストです。学生が企画・制作したインタラクティブ作品の新規性・技術的チャレンジ・体験のインパクトを、一般体験可能な状態で競うことにより、(1)自ら考え・学び・手を動かすことのできる優秀な人材の育成、(2)バーチャルリアリティの啓蒙普及、(3)地域・企業・学界を結ぶ,バーチャルリアリティ・コミュニティの醸成を目的として、日本をはじめアメリカ、フランスを中心とした世界各国からの参加者が参加しており、コンテストを通して「自ら考え・学び・手を動かすことのできる」優秀な人材を育成する、21世紀的な体験型教育システムでもあり、その実績はSIGGRAPHやLava Virtualをはじめ国際的にも高く評価され、IVRCを体験した学生たちのその後の活躍も、高く評価されています。

本ワークショップでは、このような活動の概要を実行委員長である舘暲先生(東京大学名誉教授)にお話いただき、IVRCの変革と国際化をすすめてきた白井暁彦のオーガナイズにより、IVRC卒業生である稲見昌彦先生、長谷川晶一先生をはじめとする、VR/CG/ゲーム/メディアアート/学術研究分野で活躍する各位をお呼びし、デモや記録映像、経験談とともに日本語と英語で幅広い人々に体験を共有します。

(英語、一部日本語と英語通訳)

 

〔デモ展示予定作品〕入退場自由

CHILDHOOD

vibroSkate

Manga Generator

TagCandy

SIGGRAPH Asia 2015 教育シンポジウムプログラム概要

2015/10/12現在、こちらのURLにある「schedule at a glance」(一目でわかるスケジュール)が、現状の最もまとまった公式ポータルなのですが、まだ一部、更新されていないですね、このあと最新に差し代わるものと思います。

http://sa2015.siggraph.org/jp/attendees/schedule-glance.html

さて、日本からの発表も多い「SIGGRAPH Asia 2015の教育シンポジウム」のプログラム概要が届きましたので共有いたします。

SIGGRAPH Asia 2015 Symposium on Education

■ Monday November 2nd, 2015

9:00 – 10:45 Symposium Opening Session, “Game Over? New Approaches to Teaching Engineering Courses”, ACM Distinguished Speaker Dr. Joaquim Jorge (Portugal) (日本語通訳付)

11:00 – 12:45 Invited Education Talk Presentation: “Educational Escagore: Visual Effects Education Practices At Media Design School”, Oliver Hilbert, Media Design School (New Zealand) (日本語通訳付)

14:15 – 16:00 Education Papers:
– A Dynamic, Flexible & Interactive Display Method of Paintings for Communicative Art Appreciation among Students
– Development and Evaluation of Education Materials for Stereoscopic 3D Computer Graphics Animation
– Teaching visual storytelling using Motion Capture and Visual Effects

16:15 – 18:00 Education Talks:
– Taking Animation Project Learning into the Virtual
– Learning Hawaiian Hula Dance by Using Tablet
– Courses on 3D Image Display for Students Who Aim to become Information Media Engineers and Creators

■ Tuesday November 3rd, 2015

9:00 – 10:45 SIGGRAPH ASIA 2015 Keynote Speech time (no symposium session)

11:00 – 14:00 Education Workshop: “Innovation in the Age of Virtual Reality through Organizing International Student Competition”(一部日本語)

14:30 – 16:15 Invited Education Workshop: “SQUARE ENIX AI ACADEMY: AI Workshop for Blackboard Architecture”, Yoichiro Miyake, SQUARE ENIX (Japan)(一部日本語)

16:30 – 18:00 Student Focus Education Talk: “Pixar’s Abstract Thought – educational journeys from Inside Out artists”, Jonas Jarvers, Pixar Animation Studio (USA)(日本語通訳付)

■ Wednesday November 4th, 2015

9:00 – 10:45 Education Paper Presentations, “Game and Education”
– Game Jam Based Iterative Curriculum for Game Production in Japan
– Future Delta 2.0: An Experiential Learning Context for a Serious Game about Local Climate Change
– SQUARE ENIX AI ACADEMY: A Seminar Series for the Introduction of digital game AI

11:00 – 12:45 Education Panel “Tomorrow’s Digital Content Leaders in Asia”
Moderators: Shuzo John Shiota, Polygon Pictures (Japan) and Miho Aoki University of Alaska Fairbanks (USA)
Panelists: Colleen Case, ACM Education Council SIGGRAPH (USA), Issei Fujishiro, Keio University (Japan), Loong Choon See, Singapore Economic Development Board Japan Office (Singapore) and Ricky Fong, Hong Kong Trade Development Council (Hong Kong)

13:45 – 16:15 Education Workshop: ‘KOTOBA SHIINTAI’: A workshop to explore the interconnectivity between words and body movements
16:30 – 18:00 Education Panel: “PreVisualization”
18:00 Closing Remarks, Dr. Zhigeng Pan, SIGGRAPH Asia 2016 Symposium on Educaiton Co-Chair


11/3についてはこちらのブログに日本語詳細情報をまとめておきました。ご参考まで。

■SIGGRAPHA ASIA 教育シンポジウム 11/3の面々が素晴らしい件

SIGGRAPHA ASIA 教育シンポジウム 11/3の面々が素晴らしい件

SIGGRAPHA ASIA 教育シンポジウム 11/3の面々が素晴らしい件

SIGGRAPH ASIA 2015神戸、白井自身は若手プログラムリエゾンという役割以外、発表者としては主にエキシビションと、教育シンポジウムの11/3で国際学生VRコンテストの国際化担当委員としてIVRC関係の発表を行います。

チェアの青木先生(アラスカ大)から11月3日の予定プログラムを頂いたのですが、これが素晴らしい。
許可を頂いたので、さっそく公開します。ちょうど基調講演のあとで、建物としては別棟で開催されておりますので、まずは予定表にしっかりマークお願いいたします!

ちょうど文化の日ですし、中高生などのご参加も歓迎です。事前にTwitterDM等でご一報いただけますと大変助かります!

SIGGRAPH Asia 2015教育シンポジウム11/3(火)プログラム

11/3(火)11:00 – 14:00

Innovation in the Age of Virtual Reality through Organizing International Student Competition:

1993年から開催され、これまでにバーチャルリアリティ(VR)の既成概念を拡張するような、独創的で親しみの持てる作品を数多く生み出してきた国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト(IVRC, International collegiate Virtual Reality Contest)は、日本VR学会を中心にボランティアによって運営される、世界最大かつ最も歴史のあるVR作品コンテストです。学生が企画・制作したインタラクティブ作品の新規性・技術的チャレンジ・体験のインパクトを、一般体験可能な状態で競うことにより、(1)自ら考え・学び・手を動かすことのできる優秀な人材の育成、(2)バーチャルリアリティの啓蒙普及、(3)地域・企業・学界を結ぶ,バーチャルリアリティ・コミュニティの醸成を目的として、日本をはじめアメリカ、フランスを中心とした世界各国からの参加者が参加しており、コンテストを通して「自ら考え・学び・手を動かすことのできる」優秀な人材を育成する、21世紀的な体験型教育システムでもあり、その実績はSIGGRAPHやLava Virtualをはじめ国際的にも高く評価され、IVRCを体験した学生たちのその後の活躍も、高く評価されています。
本ワークショップでは、このような活動の概要を実行委員長である舘暲先生(東京大学名誉教授)にお話いただき、IVRCの変革と国際化をすすめてきた白井暁彦のオーガナイズにより、IVRC卒業生である稲見昌彦先生長谷川晶一先生をはじめとする、VR/CG/ゲーム/メディアアート/学術研究分野で活躍する各位をお呼びし、デモや記録映像、経験談とともに日本語と英語で幅広い人々に体験を共有します。
〔デモ展示予定作品〕入退場自由
CHILDHOOD

vibroSkate

Manga Generator

TagCandy

Innovation in the Age of Virtual Reality through Organizing International Student Competition
Akihiko Shirai, Kanagawa Institute of Technology

In this Education Workshop, attendees will learn efforts of promoting Virtual Reality and Interactive Technologies in education from prominent Japanese researchers. Attendees also will be able to experience actual student Virtual Reality projects from IVRC, International Collegiate Virtual Reality Contest. The competition started in the 1993 and has grown to the oldest and successful Virtual Reality competition in the world. The workshop features a presentation by Susumu Tachi, Tokyo University Professor of Emeritus, who has been the general chair of the IVRC. Professor Susumu Tachi will present this student competition’s outline and its 22 years of history. The organizer, Akihiko Shirai and his colleagues, Prof. Masahiko Inami and Shoichi Hasegawa, who has reformed and internationalized the competition, and past participants of the competition will share his experience with the competition through visual records from the past and demonstrations of actual works from the recent competition with other experts.

This session will include actual demonstration of 4 students projects, “CHILDHOOD”, “VibroSkate”, “Manga Generator” and “TagCandy”. Attendees will be able to experience these works in person.

The session presentation will be in English and Japanese with English translation.

11/3(火)14:30 – 16:15 (日本語通訳付)
“SQUARE ENIX AI ACADEMY: AI Workshop for Blackboard Architecture”

スクエアエニックスのゲームAI専門家、三宅陽一郎氏によるゲームAIを理解するための体験型ワークショップです。これは以前から三宅氏が行われているワークショップの一部をご講演とともに行っていただくものです。ゲームAIについての予備知識などは必要なく、どなたでも参加、見学していただけます(実際の体験参加は人数に制限があるため、その他の方は講演後の体験時間は見学となります)。

11/3(火)16:30 – 18:00(日本語通訳付)
“Pixar’s Abstract Thought – educational journeys from Inside Out artists”

ピクサー社員の方々に、今年公開の映画「インサイド・ヘッド」の制作の裏話を織り交ぜて、自分の学歴、経歴やピクサーへの就職、仕事などについてお話ししてもらい、カジュアルな雰囲気で学生の参加者の方々にも質問をしていただけるものです。

教育シンポジウムのセッションはベーシックカンファレンスパスで入場できますので、お誘い合わせの上、是非ご参加下さい。

■SIGGRAPH ASIA 2015 神戸ポータル http://aki.shirai.as/sa2015/

■SIGGRAPH ASIA 2015関連Twitterハッシュタグ #SIGGRAPH15Kobe

【初心者向け】SIGGRAPH ASIA 2015 Kobe登録関係まとめ

「SIGGRAPH ASIA若手プログラムリエゾン」として完全にボランティアでSIGGRAPH ASIA神戸に関する情報を発信し続けている白井です。今日は、中高生・専門・高専・大学生といった学生さんや一般の方など「国際会議に初めて参加します!」という人向けにSIGGRAPH ASIAに登録する手順を解説してみたいと思います。

★本サイトに特設したポータルはこちらです。役に立つ情報がたくさんありますのでご参考。
http://aki.shirai.as/sa2015/

★本エントリは「SIGGRAPH ASIA 2015 Kobeに無料で参加登録してみたら何か困った」というタイトルでしたが加筆修正して登録関係の話をまとめています。

公式の登録サイトはこちらです(料金、登録カテゴリ)。
http://sa2015.siggraph.org/jp/registration-travel/registration-categories-fees.html

無料で登録してみるよ。

s1

さまざまなカテゴリがあり、目玉が飛び出そうな値段も書かれていますが、今回の読者さんは「4. 展示会のみ」を選ぶとおもいます。10月23日までは無料ですが、以下の参加権利が含まれているようです。

え!CAFが含まれているんですか!これは世界中から集められたアニメーションの上映会が無料で見れてしまうということです。どんな作品が上映されるのか!YouTube上でカッコよく編集されたとれトレイラーが公開されているので見てみたいと思います。

手描きあり、3Dあり、VFXあり、ゲーム・映画のメイキングありの盛りだくさんです!個人や学校、小規模制作のショートフィルムも多いのが特徴です。これは楽しみ。チェアの塩田周三氏のインタビューもあるのでご紹介。

え?英語が流暢すぎてわけわからない?ご心配なく。日本語の安生健一氏(オー・エル・エム・デジタル 取締役/研究開発部門 R&D スーパーバイザー)との対談がこちらにありますので是非ご参照。それにCAFは国際的なアニメーションショートフィルムのフェスティバルです。言語や文化の壁は(ないとは言えないけど)気にせずリラックスして世界最高の作品を味わいましょう。

ちなみに「Posters Presentation」は通常の国際会議におけるポスター発表です。きれいなグラフィックや数式、論文の概要が書かれたポスターを前に、研究者が直々に発表をしています。夏の北米大会のにおいては日本人が最も多いセッションでもありますので、きっとこの分野を学ぶ初学者の学生さんには大変刺激になることともいます。論文ほど何度は高くありませんが、新しさにかけては本当に新しい。「こんなことが研究になるんだ~」「来年はここに立ってやる!」という感じでワクワクしながらコミュニケーションとってみてください。私も楽しみです。ちなみに白井研究室の研究はSIGGRAPH2014北米大会でのポスターで世界3位を取ったことがあります

ところで参加資格っぽいところにこんなことが書かれています。

注意:無料でのシーグラフアジア 展示会へのご入場は、コンピュータグラッフィックス関連のビジネスでのご来場及び学生のみとさせて頂いております。会場で受付をする際にご本人確認の為、名刺や学生証などIDのご提示をお願いします。

名刺を作っていきましょう!学生さんは国際在学証明証は必要ないと思いますが学生証と名刺です。白井の経験では最初のSIGGRAPHは名刺は100枚ぐらいもっていっても損はないと思います。

さて登録開始。

票の下にあるこちらのボタンを押します。

するとこのURLに飛んでいきます。
http://hk1.rt-eventsolution.com/siggraph2015/index.php?CH=login

すると、「Not Yet Registered? 登録がまだの方」に続いて、「カンファレンス参加者/投稿者」「グループ登録」「展示会来場者」「展示者ログイン」の4つのカテゴリが表示されます。初めての人にはとってもわかりづらい。英語で理解する&消去法で判断する限りでは「展示会来場者」に該当すると思います(発表者は一番上)。

さて、次のステップです。
s2
招待・割引コードは持っていませんので「Next」を押して次へ。
s3
続いて「メンバーシップ」です。これはACM SIGGRAPHやEuroGraphicsなど連携学会の会員であるかどうかを聞いています。このページを読んでいる人はおそらく会員ではないでしょうから「Next」を押して次へ。

s4

「Personal Details 登録者情報」の入力です。「英語で入力してください」と明記があるので頑張って入力しましょう。
初めての英語での登録者のために間違いやすいところをメモしておきます。

  • Title:敬称です。Mr, Ms, Dr., Prof. から選べます。先生と呼ばれるのが好きな人でなければ性別でどうぞ。
  • First Name:下の名前。最初の一文字を大文字にします。
  • Last Name: 苗字。ファミリーネーム。国にもよりますが、全部大文字で書くと名前であることがわかりやすいです。
  • Job Title: ご職業。白井は准教授なので「Associate Professor」としていますが、この手の情報はバッジに印刷されることが多いのであまり長いのはお勧めしません。「Student(学生)」「Artist(アーティスト。何のアーティストかは書いたほうがいいかも)」「Researcher(研究者)」「Engineer(エンジニア)」などなど。
  • Organization: ご所属です。自分の所属組織を英語で確認するチャンスです。なおフリーランスの人は「Individual(個人)」とか表記するとよいのでは。
  • Address: 市町村以下の住所を下から書きます。最後のカンマ不要。
  • State: 日本には州がないので不要です。
  • Postal Code: 郵便番号ハイフンなし
  • Country: Japan
  • E-Mail: 今後もSIGGRAPHからの情報を受け取りたいアドレスをご登録ください。
  • Phone, Mobile Phone: 国際表記ですので国番号「+81」からはじめて、ご自分の電話番号の最初のゼロを取ってハイフンなしで記入します。SIGGRAPHがこの電話番号を使って何かすることはまずないと思います。
  • 「I agree 同意する」: チェックします
  • Password, Verify Password: 以後、このシステムにログインする場合のパスワードを設定します。2回同じものを入力してください。

s5

なお、「同意」の内容ですが、以下の通りです。

当社は、正当な理由がある場合を除き、皆様の承諾を頂くことなく、皆様からご提供頂いた個人情報を、当社の関連会社及び公式運営会社以外の第三者には提供致しません。ただし、皆さまが当社経由で当社以外の企業/団体に対して情報提供、サービス提供、商品の注文、応募、仲介をご依頼いただいた場合や、それらの企業・団体が関係する展示会やセミナーの申し込みをされた場合などには、当該企業や団体に個人情報を開示・提供することがあります。

「当社」と書かれているのはケルンメッセ(ドイツのエキスポ会社で、SIGGRAPH ASIAはシンガポール支社が実施しています。日本法人もあります。)です。基本的にエキスポ出展者に自分から個人情報を出さない限り勝手に使いません、ということです。「こういうのわからない、こわい」という人は登録するメールアドレスをDM受信用のアドレスにしておけば何の問題もないと思いますよ。

さて次へ…あれ?

s6

The Email address had been registered!

If you have previously registered with us, your information may still be in our database.
Please login here to complete your registration.

この状態から先に進めなくなってしまいました!

Here」にはログイントップへのリンクがあり、メールアドレスや登録したパスワードを入力しても入れませんでした。

s7

さらにパスワード再発行を試してみましたが、届いたメールが…。

s8

パスワードが空白文字列なのですが…(もちろん試してもログインできない)。

皆様無事登録できているのでしょうか??それとも発表者なのに無料登録fを試した私に罰が当たったのでしょうか…?ちょっとケルンメッセさんに問い合わせてきます!

無事登録できました!

どうやら私のメールアドレスで別カテゴリの登録があったようです(企業出展者と学会発表者)。団体登録などで事前登録となった人もパスワードがないため同様の問題があるかもしれません。

別のメールアドレスで試したら上手くいきました!

シアターチケットの初日がもう売り切れているようです(10/23)!
白井は、展示もあるので遅い時間を申し込みました。
Electronic Theater Ticket (4 Nov 2015, Wednesday | 19:00 – 21:00)

それからレセプション(公式懇親会)も11月3日(火)の午後7時から9時に開催されますので申し込みました。
※10/28現在、「単体でのレセプションチケットは完売しました」との表示。残念。

なお、有料の部分はクレジットカード決済のみ受け付けているようです、本人名義でしか支払えないようなので、それ以外の決済方法があるかどうか問い合わせてみたところ、やはり登録者本人のクレジットカードが必要とのことです。クレジットカードがない方の場合は、会場の受付カウンターにて現金でご購入頂く事になるそうです。なお、無料登録だけであればカードは不要なのでまずは10/28までに参加登録をすることがおすすめと思います。

ます。

申し込みは今すぐ!

■ SIGGRAPH ASIA 2015オンライン登録が28日(水)まで延長となりました!

register button
*オンライン登録は10月28日(水)19時迄です(日本時間)。

日本語情報ポータルはこちら

http://aki.shirai.as/sa2015/