次は豆腐でも作るか

マイミクきょーこさん経由で「男前豆腐」なるものを知る。
どっちが親だかわからんが…
http://www.sanwatouyu.co.jp/
http://otokomae.jp/

なんかこういうノリって食玩で昔流行った気がする。
Flashと商品パッケージだけで馬鹿売れするなら、それも新しい産業のあり方だろう。
それにしても腹減ったな。
フランスにはまともな豆腐など売ってないので、
今度は大豆買って豆腐作ってみるか…。
豆乳ぐらいなら手に入るかもしれないしな。
水が硬いからうまく固まるかどうかわからんが。
ついでに納豆も作ってみたいが、
これは嫁さんに怒られるだろうなあ…。

影の伝説

img2.jpg

うわー。
http://www.arikon-movie.com/
それにしてもずいぶんと懐かしいものをモチーフにするなあ。
てゆかチャンバラもそういう意味ではかなり懐古ですが。
外国うけはするかもしれない。
(こうやってどんどん日本の戦国史観がゆがんでいくんだが)

全然関係ないがmasafumiくんに教えてもらった

火炎放射器のつくりかた。

http://mirror.linnwood.org/flamethrower/

タイミングのいい間違いメール

東工大時代に使ってたメールアドレスをまだ転送させているんだけど、今日そのアドレス宛に変なメールが届いた。
以下一部加工済み(○の部分)。

タイトル「Re:○○人材センターの○○です【面談の件】」
内容:
○○人材センター
○○ 様
この度大変お世話になります。○○@応募者です。
早速に、ご連絡をいただき誠にありがとうございます。
履歴・職歴を添付させていただきます。
また、ご訪問日時ですが、
 (略)
はいかがでありましょうか。
ご検討賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

ちなみに履歴書とかまで添付されてた。もう棄てましたが。
しかも昨日のBlogに書いた関係の会社だったから驚いた。
新手のSPAM?とか考えたのはWord開いた後だったし…。
それにしても何でこのメールのCCに私の大学メールが届くんだろう。
オークションでこのアドレス使ったことはないし、
間違えようにもこんな階層深い大学アドレスなんて間違えるの難しい。
どっかで付き合ったことがあるのかもしれん。
ああ、研究データ取得用のサイト立ち上げたときかな、とか。
本人には問い合わせメールを出してみましたが返事なし。
なお本アドレスには、ある扇専門商社のアドレスに同じ名前の人がいるらしく、しつこく注文書を送りつけてくることがあった。相手は「自分は客だ」と思っているらしく非常に傲慢な態度。
指摘メールを送ったが、それが今度はアドレス帖に登録されてしまったらしく、たびたび間違いの巨大添付メールが来るようなってしまった時期がある。
最近こないところを見ると、OSの再インストールでもしたのだろうか。
というわけで間違いメールご勘弁。

知られざるニポンの真実

仕事柄、日本のことについて紹介しないといけないことが多いので、
Wikipediaをよく使うのだが、Googleに「Wikipedia 日本」と訊くとけっこう恐ろしいものが発見できる。
 
今日は「UnCyclopedia」というWikipediaそっくりの「ウソ百科事典」を発見してしまった。
ここに書いてある日本についての記述がすごい。
訳すの面倒な人はこのサイトに丁寧な訳があるので見られたし。
これによると、
東京の主要輸出品はアニメ、ヘンタイ、ハローキティーで(中略)最近日本は、恐ろしい怪物を利用する能力を駆使し、ガメラ、ゴジラ、人造モスラなどの製品を輸出し(…略…)日本は忍者ばかりで構成されたひとつの島である。しかし、これらの忍者はほとんど休眠中であって、カッとして人を殺すようなことは無いだろう(…略…) 日本は近年まで極めて農業中心の経済であった。主要な農作物は、米、小麦、女子校生のパンティーである。これらの品目の多くは日本各地の自動販売機にあり、またはすべての地下鉄駅に設置された糞食いロボットから購入することができる。
なんだか日本ってすごい国だなあ。
まあ間違ってないところも結構あるのが怖いところなんですが。
 
ちなみにオリジナルのページでは今もウソ日本が語られ続けられている。
例えば「日本の神と女神」の項
服部半蔵
女神ベルダンディ、ウルド、スクルド
デーモン犬夜叉
ゴジラ(God Zilla)

…などなど…

 
いや、たしかに多神教なんですが、そこまで書かなくても…。
関連リンクから探るに、この辺の方々がいろいろ書いているようです。
勘弁してください、Dave Barryさん。
 

抹茶フラペinLA

ロサンゼルスに住んでいる友人夫妻のBlogを読んでいて知ったんだが、

スターバックス米国で「抹茶フラペチーノ」が発売開始されたらしい。

しかもデフォルトでメロンシロップが入ってくるらしい。

フランスでは全然発売される雰囲気が無い。

というかパリのポンピドゥー前以外でスタバ見たこと無い。

各国版の抹茶フラペを発見したんだが、

香港版のポスターが個性的なのでご紹介。

いや、たしかに後悔しないですよ、抹茶フラペは。
日本がうらやましい一瞬。自分で作るか?

Music Baton

最近は音楽が息子を中心に回っているし。

Musicバトンなんてのは、CD買って買って買い捲ってるひとが楽しんだらいいんだと思う。

と思っていたら、バトンが回ってきた。

★Total volume of music on my computer:
[今パソコンに入ってる音楽ファイルの容量]

コンパクトフラッシュに1GBを超えないように入っている。

★Song playing right now:
[今聴いている曲]

今日はSharon PhilipsのNuff Saidというアルバム。

ここ で聴ける、ってゆーかここで1日聴いてた。

★The last CD I bought
[最後に買ったCD]

忘れた、息子のCDかもしれない。

いや、フランス語の本についてたCDだな。

★Five songs I listen to a lot, or that mean a lot to me:
[よく聴く曲、または自分にとって特に思い入れのある5曲 ]

「しっぽのきもち」  谷山浩子、「ニャコとニャンピ」などもよい、このCDに入ってるだけで5曲は埋まる。
「川本真琴」の全盛期、これもいい曲は全部一枚のCD「川本真琴」に収まっているので便利。

洋楽は個々に紹介するのが面倒なのでこのへん

★Five people to whom I’m passing the baton:
[5人にこのバトンを送る]

SPAM化するのがいやなので書きたい人は適当にTBしてくださいな。

VIDEOGAME BATON

「ゲームバトン」なるチェーンメール、もといChained Blogが、masafumi君 からまわってきたので付き合ってみる。
てゆーか、元ネタはたなかゆうさん経由「ザイーガ」のパルモ姐さんじゃないですか。

というわけで、淡々と答えてみます。

Total volume of game files on my computer (コンピュータに入ってるゲームファイルの容量)

どーやって数えたらいいんだろう、そんなファイル容量。
「いま遊んでいる」だとするとRoboGamerのプロジェクトファイル一式で494MBだそうです。
VCD化した上にインストールした「Singles」(シムピープル独身バージョン、フランスらしいエロチックな内容)とか、遣り掛けでまだ解いてない「Age of Mythology」とか、その他、ダウンロードしたけど怖くてインストールしてない大航海時代オンラインとかも含めると、結構な%でHDDを圧迫している予感。

Game playing right now(今進行中のテレビゲーム)

PONG(tm)
悪いけど、これは本当。
http://akihiko.shirai.as/projects/RoboGamer/
もうすこしで、PONGのレベル1のCPUに対する完全勝利法が見つかるんだけどなあ…。

The last video game I bought(最後に買ったテレビゲーム)

「Singles」ただしmasafumiくんへのお土産として。

Five video games I play to a lot, or that mean a lot to me (よくプレイする、または特別な思い入れのある5つのテレビゲーム)

順位はいろいろ入れ替わりますが…

・ドラゴンバスター(AC)
 曲、ゲームシステム、緊張感、世界観、難易度、どれをとっても最高。あれこれ付け足せば付け足すほどイケてないゲームになるのがすごい。

・リブルラブル(AC)
 ヒューマンインタフェースとゲーム性について初めて真面目に考えることになった作品。曲もよし。

・AQUAQUA(PS2,アクアクア)
 「Wetrix」という名でN64で発売されていた落ちものパズルアクション。PS2時代に開発をお手伝いしていた思い入れもあり。そゆー意味では「Winning Eleven5」もそうなんだが、やりこみ度が違う。

・ギャラガ88(AC/PCE)
 このタイトルを書くたびに「1988年」について思い出す。自分にとっては村上春樹における「スリーフリッパーのスペースシップ」なのかもしれん。

・TETRIS(AC)
 これも同様。1991年ですね。あまりにも有名だが、自分人生的にカウンターストップができる唯一のアーケードゲーム。

もちろんRPGとかもいろいろあるんだが、RPGは最後の方が苦役になるので、思い出すのも面倒。

Five people to whom I’m passing the baton (バトンを渡す5名)

とりあえずmixi内でまわしてみることにします。

・シバさん
・佐藤 (にごう)さん
・yotaさん
・かけひさん
・じょーじさん

もちろん他の方の抜き打ちTB歓迎。
なんか英語的に変なので外人に伝わるかは不明。

日本勝ったらしい

もしかして北朝鮮に勝ってW杯出れるの決まったってことですか? ドイツで見れるのかなあ。。。

 http://www.sankei.co.jp/news/050608/spo109.htm

バンコク時間で起きていた人から情報もらった。感謝。


肝心のチケットが、第一次販売で売り切れ続出だったり。 しかも高い・・・。 http://www.geocities.jp/worldsoccerkansenki/worldticket.html

移動は、ドイツ入っちゃえばそこそこ安くいけそうですね。 http://www.btctkt.com/blog/archives/2005/03/w.html

多分俺は行きません・・・。何か無い限り。


ひょえー。

情報まとまってるなあ。すごいなあ世界のサポーター。

フランスはワールドカップ終わってから、サッカーについては一般人の熱は冷めてるしなあ(周りでは見るよりやるほうが人気かも)。

もちろん子どもたちには人気のようです。ユニフォームもよく売ってるし。

3月にドイツに行ったときは、駅とかにロゴマークが出てましたね。

ちょうどケルンにも行きました。フランスから電車で5時間かからない。

それにしても、ニュースサイトは記者の興奮が有り余っていて、どの記事も、冷静にどういう状況でどういうゲームをしたのか全然わからない…。 テレビ見てるわけじゃないからなー。

それにしても世界で最初にW杯出場決めたのか…それは大騒ぎだなあ。

マスターカード作る人が増えるってわけだね。

国道一号線は本当に東京から京都までつながっているか

ヤマハの50CCのミッション式原付TDRで日本橋から京都に向かって「国道一号線は本当に東京から京都までつながっているかツアー」というのをやったことがあります。

当時、本当にバカで、冒険に飢えていたのでしょう。

同行した友人もそうとうバカでした。

神奈川県が終わらないうちに、はやくも帰りたくなりました。

でも2日ほど寝ないでがんばって走り続けて、なんとか大阪南港まで行きました。

途中、国道一号線は何度も存在感が薄くなったり、支線にわかれていたりして大変でした。

バイパス、自動車専用道に入ってしまったりしそうになったので、わざわざ回り道したこともあります。

でも時々「日本橋からxxxキロ」とか書いてあると、やたらとうれしくなったものです。

日本橋には「ここが起点」という標識のようなものがあるのですが、京都では分からずじまいでした。

というか、もう当初の目的はどうでもよくなっていて、どこまで西にいけるか、という意地の耐久レースになっていたように思います。

帰りは無給油連続走行記録に挑戦中、名古屋→静岡の山中で深夜にガス欠して、親切な男色っぽいお兄さんに助けてもらいました。

なぜかガソリンを持っていて、しかも千円札までくれた上に、一緒に行こうと誘うので、怖くなって信号無視して逃げました。

いい思い出です。ごめんなさい、男色っぽいお兄さん。

なんでこんな話題を書いているかというと、

トラックバックステーションで「スクーターでお手軽ツーリング」というお題があったからなんですが。

フランスは道路が整備されているし、道はのどかだからスクーター向きかもしれないなあ。