報道が子供ならネタもまた子供

mixiニュースで上の方にくるって事は
注目されているんだろうな。
というか、mixiニュースは土日更新しないから、
うざいニュースでも消えてくれない。これはニュースと言わんだろ。
■告白を待つ女は68% 告白されたら「意識する」は46%
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=867193&media_id=64

ただしソースはメンズノンノ。
うわーPOPEYEかとおもったよ(似たような…)。
なんというか最近こういうエントリーって増えているんだけど
アクセスする人多いわけですかね?
アンケートの母集団が少ない/偏りすぎだし、
そもそも年齢設定とか表示すらされてないし。
選択肢の日本語である程度、調査のクオリティについて想像は付くけどな。
ま、いいんだけど。
この本を紹介しておくよ。
■「社会調査」のウソ―リサーチ・リテラシーのすすめ (文春新書)

忙しいのに何mixiニュースにツッコミ入れてるんだ。
非表示にしとこうっと。

やはり俺は食べ物にはこだわるから、

■新作は緑茶風味 カテキン入り「コカ・コーラ」新登場
http://news.ameba.jp/economy/2009/06/39683.html

■ベネズエラ政府、「健康に害」としてコーク・ゼロ回収
http://news.ameba.jp/world/2009/06/39904.html

ちなみにカテキンは飲んでみたが、普通にまずい。
コカゼロも、これなら炭酸水のほうがうまいと思う。

やはり俺は食べ物や健康にはこだわるから、
コーラは「オリジナル」以外飲んじゃいけないと思うんだ。

…え、そういう論理じゃないって?

2-3月は休んで過ごしたい

留学生にこっそり教えよう。
日本の一年、特に教育がらみの組織はこんな風に過ぎる。
全ては、なぜか4月に始まる。
これは農耕を中心としていた日本の政(まつりごと)に由来すると思われる。
春が来て、めでたい気分でサクラを見て、何もかも忘れるぐらい酒を飲むのだ。
訪問者にとってはこの時期が訪問しやすい時期であると言える。
ただし初めて日本をこの時期に訪問すると、印象が良く成りすぎるので注意だ。
5月にはゴールデンウィークなる休みがやってくる。
冷静に考えれば欧米の春休みが種まき時期に組織的/宗教的に1週間休むのに比べ、
日本の場合はカレンダーで上手くつながった休みを基準に連休が構成される。
つまり運次第と度胸次第では休めるが、そうでなければ逆に精神的苦痛をともなう。
「休み」といいつつ、全業種が休みではないので、サービス業の場合は、逆に苦
役を伴うことも。
6月は雨。とにかく雨だ。
この時期に初めて日本を訪問すると、印象が「熱帯雨林」になる。
運が悪いと7月下旬まで雨が続くこともある。
7-8月は夏休みだ。
学校は休みだが、それにかこつけてどこの観光地に行っても人が一杯。
事務関係は完全に停止するわけではないが、期待してはいけない。
サービス業は忙しすぎて、頭が真っ白になる。
時々来る台風も、まるでイベントを楽しんでいるかのようだ。
外国人にとって楽しいかもしれないのは花火大会と浴衣ぐらいだろう。
それにしてもただ暑いだけではなく、湿度が高く深いきわまりない。
この時期に初めて日本を訪問すると、印象が「サウナ」になる。
夏休みのダメージが大きすぎて、9月の中旬までは正気が戻らない。
夏休みにしっかり勉強をしていた学生は、別人になっている。
夏休みにしっかり遊んでいた学生も、別人になっている。
9月の中旬から突然、思い出したように真面目に事が進む。
10月は日本を過ごすのに一番いい時期かもしれない。
寒くもなく暑くもなく。
夜は長く、何かクリエイティブな作業に集中するのに向いている。
都会を離れれば収穫祭など楽しいイベントに満ちあふれている。
11月もそれほど悪くない。
北の町は冬支度を始めるが、赤く色づく山々も美しい。
そしてすばらしい季節ほど、あっという間に過ぎ去る。
12月は日本がいちばんせわしくなる時期だ。
欧米がクリスマス休暇で家族と過ごす時期に、
日本人は忘年会と称して同僚と酒を飲みまくる。
普段から家族ではなく同僚と晩餐をし、年始も新年会で飲むのに。
宗教観もせわしない。クリスマスを祝い、年神も祝い、神社にも寺にも行く。
大学は特にせわしない。
そもそも日本では12月を「師走」と呼び、先生と呼ばれる職業は走り続ける。
たかだか1月に7日ほど休暇をとるために、そこまで忙しくする必要があるのか。
年賀状の風習はすばらしいが、電子メールの時代に、
さらにストイックな時間と労力をかけすぎる行為ではあるまいか。
1月はめでたい。
せわしない気分が元旦になると突然失せ、日本人は酒と惰眠をむさぼる生物と化す。
テレビは駅伝など目が離せない番組や、ムダな電波を垂れ流し、時間を浪費する。
欧米では2日から市場は動いているのにくらべ、なんと愚鈍な一年のスタートか。
そんな一般の状況とは裏腹に、大学受験生は1月の2週目には大事な試験がある。
年始の急速の巻き返しに、決してヒマではない大学ではあるが、
この試験に大学教員を強制的にかり出したり、学位論文に必死になっている
大学院生を研究室から閉め出したりという不思議な状況も特筆に値する。
そんなわけで2月から3月は、今年のすべてをまとめ、来年の全てを計画する時期
でもある。
しかしどういうわけかこの時期の日本には杉花粉という人間の正常な思考を破壊し、
強制的な睡眠や、鼻水すら制御できない状況を生み出す。
公共の場で手術用のマスクを装備することを許されるため、表情も読めなくなる。
農耕時代で言えば種をまく準備をする重要な時期なのである。
学位論文の審査も、入試の結果も、新入生の受け入れの準備も、来年度の予算とか、
スケジュールとかもうほんとうに大変なことばかり。
でも花粉が日本人の脳を狂わせる。
加えてとんでもなく寒い。また雪が降ると、電車はあっけなく止まる。
この時期に日本に来ると、どうしてこの国がGDP世界第2位なのか疑問に思うはずだ。
しかし年度予算の中でどうしても年内に片付けなければならないものなどがあり、
突然羽振りの良い買い物や、どう考えても1週間ぐらいで仕上げた内容だけれども、
1年分ぐらいの成果を含んだ報告書などが仕上がってくるのもこの時期だ。
まあそんなわけで、日本人、特に教育機関で働く人間の
ライフサイクルを年間を通してみると、こんな感じなのだ。
ちなみに学期が4月で始まることから、会社企業も同じような傾向がある。
つまりこの2-3月に温泉やら海外やらでしっかり休める日本人こそ、
本当の意味で幸福な日本人であると言える。
逆にこの前後2年ぐらい、社会的な立場が期待されていないのかもしれない。
大学生の卒業旅行などは、その最たる例だろう。
・・・というか、本当に休みたいです。
(それがいいたくてこんなに長い話…)
1ヶ月でいいから温泉で湯治していたい。
仕事が激しいからとかじゃなくて、
自分のエンジンがフル回転しないことに腹が立つ。
病院でもらった花粉症の薬がそろそろ効かなくなってきたし。
だいたいこのペースだと4月のサクラの頃は、ほぼ肺炎ってぐらいまで進行する
しなあ…。

たとえ話数点

仕事のストレスが(略)。
着実に進めようと思っているのに、うまくいかない。
座ってる場所と能力が合ってない気がする。
コストもテクノロジーも解決しているのにスケール感が合わない。
組織の中で従順であろうとすればするほど、空転する。
まずは高校サッカーでたとえてみる。
カメラはエースストライカーを追っている。
その影で、バックスにもものすごくいい動きをしている子がいたりする。2年生?
確かに優秀なプレイヤーであればバックスでも優秀なのかもしれないが、
周りが見えていて、それだけの機動力があるのに、なぜそのポジション?
と監督の采配を疑いたくなる。
年功序列か?
ならば3年生をバックスに入れればよいのであって、
彼をそこにおいてバックスの経験を積ませることに何か意味があるのか。
サッカーにたとえると、違う点は、
「1点でも敵チームよりも多く得点すれば勝ち」というルールではないところかも。
そんな狭い相手で優越競ってどうする、
世界のステージで戦ってきた人間なのに。
…腐れていても仕方がないので気分を入れ替えて
執筆したり実家のペンキ塗りをしたりする。
ペンキ塗りは勉強になる。
ビートたけしの家もペンキ屋だった。
自叙伝も何作か読んだことがあるが、
父親のペンキ作業の話は非常に勉強になることが多かった。
まずペンキというのは基本的には二度と同じ色は作れない。
作業の段取りというものが非常に重要だ。
素人はまずペンキを塗るためにペンキから塗ってしまうが、
クオリティを左右する行程のほとんどは準備で決まる。
錆び落とし、掃除、乾燥、マスキング、下塗り、そして本塗り。
刷毛を使うかローラーを使うか。
2度塗り3度塗りするか、一度で決めるか。
塗っている最中だっていろいろ考えることはある。
ノビをとるか、乾きをとるか、仕上がりのムラをとるか。
同じ製品だって缶が違えば二度と同じ色は作れないから
塗料の残量を考えて作業しなければならない。
作業の後半だって、片付けを最小負荷で終了させるために
多くのテクニックがある。
ムダしていいなら、楽もできようものだけど、
塗料に関しては余裕があった方がいいが、
多くの場合、ムダを出さない作業方法ほど、美しく仕上がる。
美しく仕上がった表面を見るのは楽しい。
真っ白は特に難易度が高く、奥深い。
ホリゾン切ったスタジオのように
奥行きが感じられなくなるぐらい、真っ白。
今回学んだことは「前に塗った人間が見える」ということ。
いい加減にマスキングした塗装を次の塗装者がフォローできるわけではない。
サメとかダマとかホコリとかダレとかウキとか、
どれをとっても前の人間の塗装に影響する。
塗料の消費にだって影響する。
しかしペンキのことを知らない人を相手に
前の塗装者のせいにするわけにもいくまい。
自分だっていつも完璧に仕上げるわけでもないしな。
自分だってこのペンキがダメになる頃は、
誰がここを塗ったかだって思い出せないに違いない。
そのときにペンキが足らなかったんだとか、
日が暮れそうだったんだとか、そんな言い訳は思い出せないはず。
だからこそ、しっかりやらないとダメなんだと思う。
妥協のある仕事は伝染する。
なんかこんな事書いていたら、
自分が職人なんだなあということを再認識。
職人が博士持ってたりするから苦労するのか?
それともこれは東京限定なのか。
いいやちがうな
ゲーム業界で働いていた頃が懐かしいな。
ここに、一つの回答にたどり着くのに、
複数の経路がある課題があるとする。
「どの道を通っても良い」と言われているなら、
『速くて低コストな道』
『とにかく安全な道』
『いろんな寄り道が出来る道』
『誰も通ったことがない道』
どこを通りますか?
多くの仕事は道順なんて見えてない事が多いが、
それでも上司や周りとは、道の選び方が間違ってると
うまくいかないことも多いと思う。
4月ぐらいに向けて、何か大きな環境の変化が
来るような気がする。
(でないと自分が壊れそうだ)

クォーターパンダの1/4は何でできているか

マクドのクォーターパンダ(以下QP)が大阪でデビュー、期間限定の企画店で1000万円も売り上げたらしい。

すげーな大阪人。
『バファリンの半分はやさしさでできている』
というコピーがあったけど

『QPの1/4は何でできているか』
今日の帰りの京王線では、そこについて考えてみたい。

まず物理的には

『QPは肉でできている』

といえる。
実は肉々しさを演出するためか、QPには野菜がほとんど入っていない。
月見なんちゃらとか、エビなんちゃらの代わりに肉増量。
しかもすでにギガマックとかダブルチーズとかあるのにね。
ではこの『肉』は何でできているのだろう?

QPを2回以上試食してみたのが、明らかに歯ごたえやら

胃の中での残り方が無印ハンバーガー100円とはちがう。

某マクド某店に

『何でできているんですか?』

と屈託無く聞いてみたところ、回答は自信満々に

「牛100%!」

だという。

『他のハンバーガーと同じ肉?』

と聞くと

「同じです」

と答える。

続いて

「クオーターとはよんぶんのいち、つまり1ポンドのよんぶんのいち0.25ポンドすなわち113グラムのにくということで…」と30貫(=112.5kg)はありそうな店長らしき青年が答えてくれた。

『肉は同じなの?』

「同じです」と再度やりとり。

そっかー
おなじなのかー

てっきり豚肉とか増粘材とか肉に歯ごたえを出す何か、

がくわえられてると思ったんだが、それもないと言い切ったか。

公式に公開されている情報を調べてみる。
http://www.mcdonalds.co.jp/quality/basic_information/menu_info.php

お品書きについては各位で読んでいただくとして、

チーズバーガー(CB)は303kcal 120円。
ちなみにマックポークは391kcal 120円。

そしてQPダブルチーズ(DC)は

830kcal 790円

『通常のビーフパティの約2.5倍を2枚』とある。

ここで便宜上

肉の比較としてQPDC=5CBと定義する。
野菜とバンズが圧倒的に足らないけど。

価格の上では5CB=600円なので+190円高い。
それに加えて5CBから比べると。野菜とバンズ4セット分が圧倒的に足らない。
カロリー的にも5CB=1515kcalとなるため圧倒的。
ちなみに例の『腐らないフライドポテト(M)』は454kcalある。

以上のことから、いえること。

【その1】QPのクォーターは広告である

QPの本質は肉厚であり、肉質ではない。
これを『うまい!』といって食べている人が、
従来のCBを

『まずぅて食うたれへん』

と言っているのであれば、それは

食事を

"喉ごし"や

"歯ごたえ"や

"膨満感"で

食べているのであり、味覚ではない。

よく噛め、って話でもあるだろう。

いずれにせよ『うまい』と感じさせる為の仕掛け、

派手で高いプロモーション費用で

『肉をおかずに肉を食べさせる』ことで

上手に捻出している経済がここに見える。

【その2】QPは半分ぐらいローカロリー

どういうわけか、830kcalしかない。
どうやっても5CBとは計算が合わない。

もしかしたら他のパティと違う秘密がここにあるのかもしれない。

赤身が他に比べて多いとか。

それにしても『上下のパンと野菜4セット』で倍もカロリー違うのかと。

カネに糸目を着けず830kcal程度接種したいならQBDCはお勧めだ。

同程度のカロリーはCBを2.5個でバランスよく摂取できるわけなんだが。

さらにいうと満腹感を追うなら、後者の方が圧倒的にボリュームがあるだろう。

【その3】心理効果が大きく左右する

これはとても大きい。

公開されている情報で計算してみるだけで我に返る。
ところで会食ならともかく、

私は時間もない上にお金もないので、ファーストフードに500円以上かける気は毛頭ない。

故にセットのポテトなんぞ食べたいとも思わないし、

できれば丑年だけに牛肉だって食べたくない(あまりおいしいと思わない)。

なのでつい、

選ぶ物がなく

マックポークやチーズバーガーを頼むのだが、

あるときマックポークのオーダー後。

ぽつねんとレジ横で待っていたら、気配に気がつかなかったmcd店員が

『貧乏人が』

という私語を他の店員とついうっかりしているのを目の当たりで聞いてしまったことがある。

ただの事故で他の雑談だったのかもしれないが、

そのまま商品受け取らずに退出したくなるほどショックだった。

スマイルがなければ、買う気すら起きない状況なのだということに気がつくべきだ。

嘉門達夫の"ハンバーガーショップ"という曲で『ご一緒にポテトはいかがですかぁ?』なんて節があるように。
そんなわけで今度からマックポークやCBを頼む時は

『ああ俺カネないから…』

という心理でレジに立ってはいけない。

『俺様、健康志向だから!!』

という顔で行きたいところだ。
まあそんなに日常的に行きたかないけど。
こうしてみると、安売り戦略と高級志向の繰り返しで、

顧客をうまくコントロールしているかに見えて、

実際にはそうでもないスパイラルに落ちているようにも見える。

もしくはそのせめぎ合いか。

店内でネットが使えてコーヒーお代わり無料。

すると勉強道具かPSPをもった高校生の巣になる。

電源がとれるところでは携帯電話もしゃべり放題なので、なおさらだ。

そんなガキどもの横でまっとうなビジネスマンが作業に使えるわけもなく、

というかそもそも席もないし。

せいぜい牛丼代わりにしか使えないってわけで。

そんなせめぎ合い、新春の景気が通り過ぎたあたりで

次はなにがくるのか、見極めていきたいところでもある。

…意外とダブルバーガーあたりだったりして。

クリスマスイブで地球環境を考える

ふつうに通勤して外勤して
いつもよりも早く帰っただけなんだけど
ここは予想以上に激しい場所でした。

カップル大杉。
(去年の今頃はまだ着任していなかったので知らない)

せっかく『エコアイランドお台場』とかいって
ライトダウンしてみたりもしているけど
再点灯のための演出なんじゃなかろうか。と思うぐらい。
※ところで某温泉でも気温20度だったりするんだろうか。
 是非行って確かめたいところ。
しかしまあ・・・。
"上目遣い女子"

がこんな多い日もあるんだねえ。
普段は全く見かけないけど。

しかしお台場ってそんなに盛り上がれる場所ないだろーと思うのは私だけ??
どこでどうやって盛り上がるデートコースを設計するんだろう?

私の通勤ルートである公園とかは普通の人は知らないだろうし

…やっぱフジテレビか?「あいのり」ラブワゴンがVinusfortにあったりするしな。
それともDECKSからの夜景とかだけでも愛する二人には十分なんだろうか?
ああでも、あそこには「クリスマスツリー型ディスプレイ」もあったからな、面白いかもしれん・・・。
てゆかそんな盛り上がりするカップルってどうなのよ、と一人ツッコミ。
さて話を戻します。
エコの話です。エコの。
コンビニでふつうに買い物しただけなんだけど
カップル大杉。
(わかってはいたけれど)
避妊具が飛ぶように売れている。
目を覆わずとも視界に入る。

レジ店員にこやかー。ナチュラルスマイル。

てゆかサンクスはこの時期に合わせて「広告の品」ですか。
まあ日本でも1日4人のいきおいでHIV感染する世の中ですからねぇ・・・。
それにしても人大杉。
カップル大杉。

さて、かく言う自分も明日からフロア3連勤かあ。
カプールに解説するのって難しいんだよなあ…。
彼氏に花持たせるテクニックとかも大事だし、
どっちかというと彼女の方が身を乗り出して聞いてきたり、

「へぇえすごぉいドキドキ

とか言っててもどこまで演技なのかわからんときもあるし。
まあそんな裏まで読みませんけどねえ。
いつも真っ正直ですわ。

で突然、地球環境の未来を救うために、

人類に何かできるか?

とか考えてみるわけです。

『増えすぎた人類がどどっと死んじゃったら
 少しはいいんじゃないでしょうか?』

でも俺は痛いのはイヤだ、とみんな思うわけです。
俺だけは死にたくない、とみんな思うわけです。

じゃあ自分以外の誰か、ってことで
勢いづいて包丁持って暴れたりトラックで突っ込んだりしても明日の世は全くよくなりません。

ホントです。
命は大事にしなければいけません。

ではこういうのはどうでしょう?
『ゆっくり人口が減る』

なるほど。これはエコだ。
誰も傷つけられなくて良いし
食糧問題も、自動車社会も、環境汚染も、エネルギー問題も、ゆっくりではあるが解決するんじゃないか。
そういう意味では、

独身が増えるのも、

HIVも、

サンクスの特売も、

ある意味強力な地球環境保護活動。

頑張れ非モテ(地球に愛を込めて)。

で、ここでシミュレーションするわけです。
たとえば日本に限ってでもいい。

戦後の日本はせいぜい6000万人ぐらいの人口で産めよ増やせよするわけです。

私なんかそういうベビーブームの終わりの頃の生まれ。
だいたい人口が30年で倍ぐらいになっちゃったわけです。

で、その後の30年で倍になったわけではないですよね。

ところでみなさんの親御さんの世代が、

そんなに街中でイチャついていたでしょうか?

そういうご時世ではなかった、20代で結婚した、お見合いが多かった、

そのような積極的な婚活環境が、そのまま、今の世の中に当てはまると、

ベビーブーム世代がもう子持ちです。しかも2-3人ぐらい。

つまり人口は戦後60年で4倍、2-3億人です。アメリカ人口に匹敵する。

まあ実際にはそんなことにならず、

日本人口はむしろ減少傾向にあります。

そのかわり年金制度は破綻しそうなんですが。

【緊急注釈】

※ここまで京王線内で書いていたところで、目の前で女性が倒れました。つらそうです。周りの男性は助ける気配がありません。あー大丈夫かな…あ、席が譲られました。頑張れ女性。えらいぞ席を譲ったリーマン。

話をエコに戻します。
核論としては『人口増加のソフトランディング』です。
ポイントは

ただ人口を減らす為に出生制限をする、

という話ではないのです。

そういう意味では中国の『一人っ子政策』は秀逸です、

その後の経過が気になります。

人口爆発をコントロールし、中の上の家庭は非常に裕福。

さらにいうと、中国でエリートになれない/ならない優秀な人材はどんどん海外にでています。

欧州研究界にも中国人があふれてきた。

国際競争力を維持しながらグローバルで人口を減らすにはどうしたらいいか、

それとも世界が中国化するのか。

今後も注目です。

突然ですが、話をウチの息子に移しましょう。
私が上記のような説に至ったのは最近なのですが、

すでにそのときは二人の子宝に恵まれてしまいました。

地球環境どうこうのマクロな話とは全く正反対に、生まれてしまった以上、

責任もって育てなければなりません。

しかし、同じ親から産まれたにも関わらず、この二人はぜんぜん性格が違います。

上のナルは大人しく、優しい性格です。

拘りますが、争いを好まず、食事も自分が信頼しているものしか食べません。まるでウサギです。

下のルカは、真逆、というか雄々しく、すべて自分の物にしなければ気が済まないところがあります。

特に食べ物に関しては新生児の頃から食いしん坊で、

30分に一度授乳を要求します。

そのかわり食事以外にはあまり拘ったりしつこくしたりは無いようです。

でも食べたい物は実力で奪います。

とにかく産まれてからそのまま持って出てきた性格、というか行動パターンが確立しています。
私にとっては、どちらもかわいらしい息子たちです。
どちらかというとルカのほうが女の子にはモテそうな気がします。まあわかりませんけど。

そんな二人なのですが、今日、ついに事件が勃発したようです。
ルカがナルを得物で殴って泣かせたそうです。
1歳が5歳をノックアウト。
すばらしい。
ってゆか、フランスでもそういう姉妹が近くにいたのですが、

今日身を持って自分のこととしてとらえるようになるとは。

まあ、なんというか、ミクロではこういうことが起きるわけです。

仮に世界にナルとルカと、

あと出産可能女性が1名しか存在しなかったら、

おそらくその女性の意志はともかくとして、

ルカが実力行使して、ナル遺伝子は絶滅でしょう。

実際にはそこはそこでの生存戦略があるんでしょうけど。

ともかく、私のようなたわけ者が頭で考えるよりもずっと高度かつミクロの世界で、

ルカ型の生物は生き延びて子孫を増やすわけです。

おそろしや。まあ自分もその一種といえばその通りなんですけど。
でもミクロ以下、分子生物学のレベルでも、実際には表に出てこない、

役に立たない機能が、その生物の多様性を維持して

環境の変化に耐えられるようにしていたりするわけなんですけれども。

そんなわけで若い人は大いにデートしたらいいと思うんです。

そしてよりよい相手を捜したらいいと思うんです。

デートで彼女連れてるからって、

気分悪い

その辺の人を助けないような男

まずいと思うんです。

サンクスももっと頑張って避妊具売って、望まない妊娠を避けるべきです。

恥ずかしいわ私、そんなの買うのドキドキ

といって望まない授かり婚して、

仕舞いには即離婚してたりするお姉さんのほうが、

よっぽど恥ずかしいかもしれないです

そうやって地球の未来はちょっとずつですが、明るくなっていくのかもしれません。
メリークリスマス。クラッカー

あと3週間…!

週末疲れすぎ。
いくら売っても、レンタカー代で消えるしね。

雑用多すぎ。
ボスは私の歓送会の列席者を自分でリスト作ってくれ、という。
すばらしい上司に恵まれて俺は感動だよ!!
最終発表として何かプレゼンでも用意しようかと思ったけど、最後の最後までこき使う予定らしいので、やめとく。というか今日はフランスの学校はストです、全国的に。

天気悪すぎ。
雨が降ったり降ったり止んだり。
「どんより」という言葉がぴったり。
気分が↓になります。自転車だし。
できれば→→Pとかで行きたいもんだけど。

今週末、今朝までにかけて、家具とか不用品とかがガンガンさばけた。
ほとんどタダみたいな値段で供出しているのではけて当然なんだけど。
あとは冷蔵庫とソファーベッドぐらいだな。
ソファーベッドは日本まで安く送れるなら送ってしまいたいぐらいだよ。もったいない。
開発とか事務関係のメールが沢山。
3ヶ国語入り混じりなんだけど、学生にフランス語でメール書かれると、所要時間倍増。
さらに軽いジョークとか入っていると、どう反応したらいいか困る。
読めないとか書けないとかじゃなくて、感覚が違いすぎて、笑うどころか腹が立つ。

登校拒否したいよ。
てゆか今日はストだし。
息子の学校は休校。
そういえば自分が小学生のときも、よく先生がストしてたな。
子供ほったらかして、屋上でタバコ吸ってた。
学ぶ権利を楯に、児童vs教師で戦ったらどうなるんだろうね。

少なくともフランスの学生は、ちょっとづつ、ストに対して怒りを募らせているように思う。
TGVや市内交通が止まると、通学すら大変になる。学校に行っても休みだった
り、先生がたどり着けなかったりするし。
年金問題なんて、20代にはどうでもいい話題だろうし。
Lavalはそれほど影響はないけど、今日は職場に行ったらそれなりに険悪そう。
ところで昨日TVをナイジェリアから来た青年に売ってしまったので、何も見れない。
ナルが毎朝見ていた「Debeut des Zouzous」のペンギンさんともSamSamとも、別れを告げずにお別れしたことに。フランスの朝の子供番組は、クオリティの高い番組が多かったので、残念。

今朝は、蚤の市で出会ったおばあさんが、整理棚を買ってくれた。重いよ。
ちなみにいずれも25Euroとか、激安。
レストランで昼ごはん1人前で終わりですな。
アパート退去3週間前。
だんだん殺伐とした部屋になってきたよ。
今日記を書いているソファもいずれなくなるのか…。
タイル張りの部屋は冬場は冷たい。
天気が悪いし、雑用多いし、膝が痛いし、エトセトラ。
肉体的な疲労だけでなく「心の力」がたりない…。
世の中はこれを「うつ」というのかもしれないが、自分は「心の力」と呼んでいる。
あれね、そう、清麿とかが溜めてるやつ。
このコンディションで柔道に行くのは危険かもしれないしな…。
LaStation(通称:兄貴のケバブ屋)のケバブでもかじりながら、歩いて職場に行ったら元気出るだろうか。
とにかく、歩こう。
こういうときはプログラミングとかに集中してたほうが、元気になれるかもしれないし。
息子二人は鼻水すごいけど元気すぎ。
ルカはガンガン大きくなってる。ついに寝返り完成。
ナルは通訳ができるようになってきたし。
そして情緒のある、丁寧で優しい子供に育ったな。
日本人の激しい子供たちに揉まれて、壊れないことを祈るよ。

未来バイクに暗雲

エコビークル、エレクトリックビークル、電動バイク、呼び方は何でもいいんだ
けど、ヤマハから発売されているコミューター2車種(てゆーか全車種)が、" つ
いに"販売中止になってしまった。
■「EC-02」、「Passol-L」の販売中止についてのお知らせ
http://www.yamaha-motor.jp/ev/index.html

新開発のモーター内臓ホイール、発売当初は助成金まで出たEVなんだけど、この
電池リコール問題。発売当初から問題になっていて、結局回収交換とか細々とや
りつつも、やはり交換品にも問題…そのままついに発売中止。
せっかく日本に帰ったら使おうと思ってたのに!
それにしてもヤマハともあろうメーカーが、こんなことってあるんだろうか?
社内や業界内で、ガソリン支持派からEVに対する圧力があったと見るんだけど、
実際のところどうなんだろう?
電動キックボード/スクーターでナンバー取得したほうが、現実的なんだろうか
ねえ。
でも車体の安全性能とかは、やっぱり中国製電動キックボードなんかよりは、圧
倒的にバイクメーカーのほうがいいんだけどなあ。
残念極まりない。
ちなみにリチウムイオン電池で有名なエナックスはEVもやっていて、こんなカッ
コいい(?)クルマも製造していたりする。
http://www.enax.jp/products/e_vehicle/index.html

まあカート並みっつうか、未来の車なんですけど。
この大きさと速度だと公道走るのはきついよな。
やっぱりバイクタイプが邪魔にならなくていいと思う。
ちょっとぐらい遅くて不便でも、エコで静かなバイクに乗りたいってユーザは居
るんだよ、ここに!
…で、ヤマハ「EC-02」をヤフオクで探してみたりするが、ほとんど出てこない。
ほんと残念極まりない。
しかし日本のメーカーってこういうの多いよなあ。
いいコンセプトなのに、社内から自滅するようなプロダクト。
「キヤノン・キャット」とか…知ってる人いないか…。
補足。
まいみくさんより「それは苛立ちすぎ」との指摘。
実際には政治的な問題ではなく、本体の設計にも関わる部分だという。
じゃあやっぱり熱問題?それとも振動?
でもメーカー的に前傾姿勢だと、もうちょっと対応もスピーディになると思うんですよね…。
2年近く寝かせた挙句に販売中止だもん。
懐かしい記事。
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0507/21/news118.html

購入しても乗れない人の悲痛な叫びはこの辺で聞けます
http://kakaku.com/bike/itemview.asp?PrdKey=76103210724

20万もするのに乗れないなんて、サディスティックにもほどがあるよ…。
ちなみに去年のいまごろ、燃料電池車を発表しているので、内部的にはそっちに移行しているのかもしれませんが…どうなんでしょうね。
http://www.yamaha-motor.co.jp/news/2006/10/19/fc-aqel.html

はやいところEV不信を払拭していただきたいところです。

衝撃メッセージいくつか

mixiメッセージで、知らない人から何か届いた。
なんだろう…?
—引用—
●差出人 : りっきぃ
●日 付 : 2007年09月26日 23:22
●件 名 : 突然スイマセン
●メッセージ本文
directXのコミュで見かけてメッセしました。。。
自分が使ってるPCはOSが正規版ではないので
マイクロソフトの公式HPでdirectXがダウンロードできません
よいうわけでよろしければ正規でなくてもダウンロードできるサイト知っていれ
ば教えてもらえないでしょうか( ´Д⊂
いきなりすいません
うっとうしければ無視してください( ´Д⊂
—引用終わり—
鬱陶しいよ!!
ってゆーかそれ以前にそういうの違法だし!!
ちなみに、りっきぃさんご本人はDirectXコミュにも参加されていないようです。
私も不快なのでコミュからは脱会させていただきました。
…てゆーか使うSDKならとっておけよな!!
本買ったって付いてくるじゃん!!
Microsoftも変なところで正規ライセンス認証かけるなよー!!
mixiでSPAM送る勇気あるならヤマダ電器の店頭でダウンロードしてこいよ!!!(謎)
そんなメッセージにBlogで答える俺、34歳冬。
※暇じゃないです。
そんな感じで未読が溜まったThunderBirdのメールボックスに戻ると、
某POPカルチャー関係の著名人が集まったJAPAというメーリングリストから
「展覧会に関する資金調達についてのご相談」
という、自分が助けてあげられそうなネタが舞い込む。
質問者は、以前も助けたことがある学生さん。
(そもそも何故JAPAに学生さんが混ざってるのか、という疑問はさておき)
JAPA会員一覧
http://www.ppp.am/japa_member.html
とりあえず、展覧会というのは写真展なんだけど。
「本郷零時3分」
http://chi.iii.u-tokyo.ac.jp/photo_dialogue/index.html
なつかしーな、写真展運営。
資金関係なんて、いちばん頭まわるところだよな…。
…と、やっぱり次の職、自分が向いていることに気づく俺、34歳冬。
※暇じゃないです。
ところでこのJAPAというMLは各界の著名人しか集まってないはずなんだけど、
どうも発言数が多い某CCというおばちゃんがいる。しかもいつも内容が薄い上に
攻撃的。
今回も、ML上でアドバイスを求められたやり取りを「説教」と指摘される。
プロフィル的にはマンガ翻訳関係の在米腐女子の成れの果てっぽい人なんですけど。
まあ会ったことない人のこと、色々言ってもしょうがないよね。
相手は会ったことないのに、ずいぶんと色々言ってくるけど。
『気をつけよう、人を諭す前に、「おまえもなー」』
そもそもMLというコミュニケーションの方法自体に問題があると思う俺、34歳冬。
※暇じゃないんですっっ。

ツイてない日とは

「ツイてない日」というのはこういうことを言う。
・朝ごみを出そうとベランダに置いたら雨に降られる
・病院に行こうとバスの時間に合わせて出たら2分も早くバスが行ってしまった
・バス代(1Euro)払おうと思ったら、財布に小銭が90サンチームしかなく札を使う。
・サンドウィッチを買ったら8サンチームたりなくて札を使う。
・病院の帰りのバスでも、どういうわけか目の前でバスが早発。時計は3分早めてあるのに!
・息子を迎えにいこうと思ったら雨がざあざあ
・バゲットを買おうと思って「0.80Euroのちょうだい」といったら売り切れで「1.08Euroならある」といわれて了解したら、財布に1Euroしかなかった。
ちなみにこれ、全部今日の出来事。
まあでもレントゲン撮っても何も出てこなかったから、捨てたもんではないのかもしれないけど。