ルカ高熱その後

朝、また39度超えになったので

私は昨夜からのガストロでダウン中なのでナルと留守番して
久美子が病院に行くことに。
Gregoireがクルマで飛んでくる。ありがたい。
お昼前になってやっと連絡が取れたのだけど、
レントゲンと血液検査をして現在結果まち
ルカは昼の間、病院にとどまるらしい。
マイコプラズマだったらどうしよう、
ちなみに自分のレントゲンの予定は月曜日だったので
もしマイコプラズマだったら…と思うと早めの対応しなかったことが悔やまれる。
…が、事なきを得た、という結果に落ち着くことを期待したい。
ちなみに仕事関係では、
今日の午後はクレッセントの小谷社長らによる高品質HMD+モーションキャプ
チャのデモが予定されている。
トラック一台つかってフランスの有力顧客にプレゼンしてきたらしい、すごい。
夜の懇親会に参加したいが状況が許さないよなあ…。
就職活動関係ではちょっと動きあり。
明日はフランスは全国的に花火大会。
天気がいいといいんだけど。

ルカ高熱

深夜22時に38.8度をマーク。
この国で初めて救急(15番)に電話した。
アナウンスが早すぎて聞き取れない、がなんとか。
実は自分もガストロでトイレに縛り付けられてる。
腹が嵐。
近所のジルに「たすけてー」と電話して助けてもらった。
解熱剤飲ませて様子を見ているが、吐いたり下痢したりしたら救急車。
今夜も長くなりそう。

家族そろって風邪引き

昨日のエントリーで書いた息子の高熱とはまたちょっと違った症状で、嫁も私もナルもルカも風邪引きしてしまったらしい。
のどが痛い、頭が痛い、全身がだるい、鼻水が止まらない。
私や嫁はともかく、赤ん坊がくしゃみしていると、かわいいのだが、いたたまれない。
仕事のほうも学期末、バカンス前のやっつけ仕事でストレスをぶつけられることが多くて、ほんと壊れそう。
絶えろ、じゃなかった、耐えろ、自分。

ルカかるかった・ちちちち

Chichi2.jpg

さっそく駄洒落で某まいみくに対抗なんですが。
これから意図して育児ネタを書いていこうと思います。
まったく興味の無い人は軽くスルーしてくださいな。
ルカは、3週間はやく生まれただけあって、体重2.76kg
B5ノートパソコンより、ちょっと重いぐらいです、感覚的にはマクラぐらいの重さですが。
出産直後の入院中でも、体重は減り続け…
1日入院が伸びてやっと体重が2.6kg近辺になったところで退院。
基本は母乳育児、フランスではめちゃくちゃ珍しい布おむつで挑戦しています…
が、やはり体重が上がってくれない。
母乳はどれだけ飲んでるか判りづらい。
吸うのもあげるのもテクニックがいる。
乳腺炎とかもめちゃ痛いし(嫁が)。
そもそも、飲んでいる乳の量がいまいちなので、腹持ちも悪い。
夜中の授乳は1時間から1時間半おき。
しかも母乳しかだめってことは、嫁は眠れない。
というわけで、粉ミルク、通称・父乳(ちちちち)を提案。
薬局では新生児用の体重増加ミルクなどもあったので使ってみる。
これで夜中は1名は安眠、体重も少しづつだけど増えてきた。
しかし3kgの壁は大きかった。
市役所の保健婦さんも週2日も、タニタの新生児用体重計を持って、様子を見に来てくれてました。
(まあ他には雑談だけであまり役には立たなかったのですが…)
最初の1週間使ったミルクは終わってしまい、同じブランドの4ヶ月以下スタンダード用に切り替えてみた、でもこれはあまりよくなかった。
母乳に比べて哺乳瓶は飲むのが楽なので、ごきゅごきゅ飲むんだけど、なんだかこのミルクは腹持ちがとても悪いみたい。10分もするとまた泣き出す…食欲があるのはいいんだけど…これはたまらない。
別の薬局で症状を説明したら「このミルクがいいわよ」と紹介される。なんだか野生の勘で(注・フランス暮らしが長いので、薬局でこの手の薦められ方をしたときによかったためしがあまり無い)、栄養構成を確認。薬剤師に資料提供してもらい、細かい違いを聞き出す。
とりあえず新しいカンは買わずにコンポーザン(栄養構成)だけメモして別の薬局へ。
…で、別の薬剤師が驚く。
「これを書いたのは誰!?これは太りすぎの赤ちゃんが食欲を抑えるためのミルクよ!!あなたの場合は逆!!」
うーん。やっぱり。
確かに夜中に何度も授乳するのは問題だけど、基本的な問題は「体重が増加しない」ってところですので、最初の薬剤師は間違いですね。
まあ結局、ミルクの構成を自分で理解しながら比較するという基本的なソリューションに出ることに。
スーパーマーケットに行って、全てのミルクメーカー、製品のカンの裏に書いてある、エネルギー(KJ/Kcal)、タンパク質、脂質、炭水化物などを比較。エネルギーは普通2000KJ、高いもので2100KJ、製品ごとの違いは特にタンパク質と糖質に問題があって、高いものは水溶性タンパク質が配合されていることが多い。一般的には糖質の構成の違いで味の違いが出る。
まあそれはともかくルカが飲んでくれないと困るので、飲んでくれるミルクの構成を比較。

■飲んでくれるけど腹持ちが悪いらしいミルク
「Guigoz 1er」 (100gあたり)
 熱量 2145KJ/513kcal
 タンパク質 13.9g中
  カゼイン(77%) 10.7g
  水溶性プロテイン(23%) 3.2g
  その他
 炭水化物 52.4g中
  ラクトース 36.4g
  Dextrine-マルトース 16.0g
 脂質
  100%植物性油脂 27.5g
  リノール酸 0.41g
  αリノール酸 0.5g
 水分 3.0g
 ミネラル 3.2g
 以下、ビタミン(A,D,E,K,C,etc…)などは各社大きな違いなし。
■まあまあいい感じなミルク
「Nestle NIDAL NOVAIA 1」 (100gあたり)
 熱量 2171KJ/519kcal
 タンパク質 9.5g中
  カゼイン 2.85g
  水溶性プロテイン 6.65g
  その他
 炭水化物 57.9g中
  ラクトース 49.4g
  Dextrine-マルトース 8.5g
 脂質
  油脂 27.7g
  リノール酸 0.41g
  αリノール酸 0.525g
 水分 3.0g
 ミネラル 1.9g
 以下、ビタミン。
ミルクの見た目は、ネスレのほうがさらっとしている。これはやはり水溶性タンパク質とカゼイン(=乳固形分)の違いによるものだと思う。
で、炭水化物が多くないと腹持ちが悪いってのはなんとなくわかる気がするので、夜中はこれにしてます(日本人っぽい?)。
ちちちち関係は他にもネタがあるのでまた今度。

写真はホームドクターによる検診の様子。

祝3kg超え!

息子のフランス国籍と教育についてメモ

フランスも日本と同じく血統を主とする国籍を支持しているようですが、出生による国籍取得もあります。

というわけでルカはフランス国籍です、フランス人ではありませんが。

日本大使館に出生書類を3ヶ月以内に提出すると、日本国籍を「留保」できます。

国籍法は昭和60年に改正されていますが、たぶん大きな変更は無いはずです(18歳→22歳になったのかも)。
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji06.html

「(日本の)フレンチスクールに行けばフランス国籍を維持できる」という話も聞きました。実際どうなのかわかりませんが、確かに、フランスで義務教育を受けるとフランス国籍を取得できるという話を聞いたことがあります。

白百合、暁星などのフレンチスクール、それからJFJT(リセ・フランコ・ジャポネーズ・ドゥ・東京)も対象なのではと推測。

http://www.lfjt.or.jp/

ここによると
http://www.mcfh.net/france.htm
1993年の新国籍法により、フランスで生まれても、両親が外国籍の場合、フランス国籍をとるには以下の条件を満たさなければなりません。(2001年現在)
①16歳から21歳までの5年間に、国籍取得の申請手続きをした者
②申請時からさかのぼって5年間の間、フランスに滞在した者

と、あります。

今のところ、国籍は本人が決める問題、と考えていますが…実はフランス国籍の子供がいると、永住権取得できるんですね。

http://www.interq.or.jp/tokyo/ystation/france.html
 ●正規滞在許可証(Crate de Resident)
正規滞在許可証は10年カードとよばれる実質的な永住権。
これを取得すれば滞在・労働・商業の自由な活動が許可されます。10年ごとに更新が必要ですが、問題
なければ自動更新されます。
<申請対象者>
・通常労働許可証を取得し、更新によって5年間を経た人(6年目に申請できます)
※以前の「4年間を経て5年目に申請」から変更。
・フランス人の配偶者で婚姻実績が1年以上あり、現在も婚姻関係にある人
・フランス国籍を有する子供の親で、フランスに住んでいる人
・同許可書所持者の配偶者 
・15年以上、または合法的に10年以上(10年間の学生滞在を除く)のフランス滞在を証明できる外国人

で、永住権取得すると、現行の日本の法律だと、建前上は日本国籍は捨てねばならないようです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E7%B1%8D#.E5.9B.BD.E7.B1.8D.E5.94.AF.E4.B8.80.E3.81.AE.E5.8E.9F.E5.89.87
—-
国籍選択制度による喪失

国籍選択制度とは、二重国籍者に対し一定の期限までにいずれかの国籍の選択を義務づける制度である。二重国籍を解消することを目的としており、選択がされない場合は国籍を喪失させる措置が採られる立法例が多い。

日本においては、1984年の国籍法改正の時に導入された(施行は1985年)。もっとも、日本国籍を選択した場合は外国籍の離脱に努める義務が生じるが、国籍離脱に関する外国の法制度が様々であることなどを考慮し、その後に外国籍の離脱の手続をとらないことをもって日本国籍喪失事由とはしていない。

まあ、当面はルカよりもナルの教育のほうが問題…。
あと2年もフランスにいたら、フランス永住権は見えてくるけど、日本には帰れなくなりそうだし…。

東京都内に住むなら、LFJTは魅力だなあ…。

ナルにとっては大きな環境の違いが無いし。

このまま日本の幼稚園に言ったら、カルチャーギャップが激しくて登校拒否になりそう。

日本名に悩む

478855166_94.jpg

まいみくのタコラさんに質問されたので、
海外出産した場合の名前について、メモ。
>日本のパスポートに限ってのことなんですが、アルファベット表記がヘボン式以外って認められたんだっけ?
問題ないです、というか彼はフランス国籍ですから(そのうち重国籍になる予定)。
日本のパスポートだけの問題です。
「非ヘボン式ローマ字氏名表記等申出書」を提出すればよいようです。
あとは併記などで英語つづりを名乗っている普通の日本人も結構いるようです。
ちなみにナルはNaruhikoですが、生真面目にヘボン式(米国人、しかも本当の名前はHepburn;ヘプバーン)で書いてしまったがために、フランスでは「ナドゥイコ」などと呼ばれております。同様に「RUKA」と書くと「グカ」ですね。
もっと細かいこというと、フランスでは現在、父方と母方のファミリーネーム、最大3つのファーストネームを名乗れます。これで日本のパスポートを作る場合は、どう名乗るか、どの順番で併記するかは選べるようです。
さてさて、肝心の日本名ですが…まだ決まってません。
Lucasという名前は久美子の希望を主として決めたので、さて漢字はどうするかな、というところなんですが。…なにぶん育児が忙しすぎる!!
フランスでも日本でも最近はマンガのキャラみたいな名前が流行っているので、それだけは避けたいと思います。
こういうサイトを見ていると「さすがにこれは無いだろ」という気持ちになりますが。
http://dqname.jp/

慶応幼稚舎ではこんなへんちくりんな名前の子はマジョリティではないようです。
(女の子はみんな「子」がつく、男もトラディショナルな名前)
まあ慶応も幼稚舎も気になりませんし、単なる都市伝説かもしれませんが、やっぱりDQName.jpを見ていると、
「親、なに考えてるんだよ」とか
「だれかとめてやれお」
とか思うわけです。
【参考】『“子”のつく名前の女の子は頭がいい』金原克範
http://www.silverboy.com/silverboy/book0103.htm
いや、やっぱり都市伝説というか都市化のせいかもしれないんですけどね。
★この本自体はメディアと社会・家族への影響について述べているだけで統計とか名づけの本ではないです。
まあ私としては国際社会に生きる、重国籍の息子(というか現在はまだフランス国籍のみ)に「Lucas」という、こっちでは普通の、トラディショナルな、名前をつけたわけで。
単純にカタカナで「ルカ」でもいいんじゃないかと思ってます。
ただ日本だと女の子っぽい響きがあるよなあ、何故だか知らないけど。
漢字を当てる場合はキリスト教の伝統的な表記だと聖路加(せい・るか)という書き方だけど、これは「ロカ」とも読めそうだな。
(ロカ、と読んでも発音的には全然問題ないんですけど)
あとは漢字を当てるとすると、「ル」は「琉」「瑠」あたりがいいよなあ。

「龍」はないだろー。
「カ」は、「可」とか「珂」とか、可能性を示す漢字もいいよな。
特に「瑠珂」にすると、中国語ではどちらも宝石という意味らしい(中国哲学が専門のうちの妹による)。
嫁は「佳」がいいといっている。まあこの漢字は男にも女にも使えるけど、やっぱり女の子に見えてしまうかも。
ためしに「龍佳」とか書いてみる。
一気に、仮面ライダー的ヒーローとおりこして、極道っぽい名前になってしまった。
★写真は生後1日目のルカちょりん。

父親休暇終了

Conge de paternite.JPG

職場から、コンジェデュパテルニテ(Conge de paternite;父親休暇)を11日間いただきました。
産後の奥さんを助けるため、という名目です。
(父親を休む、という意味ではありません!普通はConge de Mataniteで産後休暇、という意味になります)

いつも24時間週7日労働の違法外国人労働者状態ですので、ありがたく26日まで取得することにしました。

というわけでこの2週間どっぷりと新生児育児と4歳児育児と家事に専念させていただきました。

Conges de Paternite2

写真はイメージです(笑)

まあ研究者としての仕事も別途あるわけで、深夜授乳の合間などに未読メールと戦いつつ、という感じです。2時間とまとまった時間はありませんから、さすがにBlogはお休みさせていただきましたが、そろそろ社会復帰していこうかともくろみ中です。

今後ともよろしくお願いいたします。

あなたのカバンになにをいれたらいいか?

助産婦さんにもらった出産準備リストを訳してみた。
知らん単語だらけだよ…間違ってたらご指摘ください>詳しい人
Que mettre dans votre valise?
dossier medical
(suivi de grosesse ou lettre de votre me’decin…)
-Carte de grope sanguin ve’rifie’, phe’notype’.
-Examens laboratoire (rube’ole, toxo,…)
-Echographies (et radiographies e’ventuellement)
dossier administratif
-Livret de famille (ou si couple non marie’: reconnaissance anticipe’e
du be’be’, de’livre’e par le Service d’Etat Civil de votre marie, sur
pre’sentation de la carte d’identite’ des 2 parents)
-Carte vitale
-No allocations familiales
Pour votre travail:
-Suppositoires (GRYCERINE, EDUCTYL)
-Brumisateur
-Objets de toilette (selon l’endroit ou` vous allez accoucher, vous
aurez la possibilite’ de prendre douche ou bain)
–Barretes ou bandeau pour retenir les longs cheveux
–Pour rafrachir la bouche ( ELUDRIL, HEXTRAIL, … )
-Radio (K7 CD et casettes (musique de de’tente), appareil photo et/ou
camescope, lectur, jeux de socie’te’,….
Pendant votre sejour:
Pour la maman:
-Chemises de nuit ou pyjamas
-Robe de chambre et pantoufles
-Ve’tements confortables (si vous n’avez pas toujours l’envie d’e^tre en
chemise de nuit)
-Slips en coton ou jetables (en papier ou en filet)
-Gamiture fines (+ agre’able en fin de se’jour)
-Mouchoir – ligne de toilette
-Servittes de table
-Se’che-cheveux
En cas d’allaitement
-Soutien-gorge adapte’
-Coquilles recueil lait
-Coussinets
Pour le be’be’:
-Le be’be’ peut e^tre habille’ avec le linge de l’e’tablissement.
Si vous le de’sirez, il est toutefois possible d’apporter sa propre
layette. Ve^tements de sortie a` pre’voir.
-Turbulette, brosse et peigne
-Dans de nombreux e’tablissements, les couches pour be’be’s sont fournies.
-Brassie`re de laine -bonnets -caussettes.
あなたのカバンになにをいれたらいいか?
医療関係書類
(一連の妊娠関係もしくは主治医のレター…)
-血液型証明カード(phe’notype’)
-ラボの検査結果 (風疹、トキソプラズマ,…)
-超音波診断 (必要があればレントゲンも)
行政関係書類
-家族手帳(結婚していないカップル:事前認知証書、両親のIDカードの提示による、結婚ステータスサービス証明)
-健康保険IDカード(Carte vitale)
-家族手当
あなたの分娩のために
-座薬 (GRYCERINE, EDUCTYL)たぶん下剤
-水スプレー
-洗面用品 (出産する場所によっては入浴するかもしれません)
–長い髪の毛を束ねるためのゴムやヘヤバンド
–マウスウォッシュ ( ELUDRIL, HEXTRAIL, … )
-ラジオ (CD、カセット(くつろぎの音楽), 写真用品、ビデオカメラ、プレイヤー、ゲーム
滞在期間のために
お母さん向け:
-夜用肌着もしくはパジャマ
-部屋のローブと室内履き
-ゆったりできる服(もし寝間着のままいたくないなら)
-コットンパンツもしくは使い捨てパンツ (紙か網=こっちの産褥パンツにあたるものと思われ)
-こまごましたお楽しみ(滞在最後が楽しくなるための)
-ハンカチ,衛生用の布
-卓上ナプキン
-ドライヤー
授乳用
-授乳用ブラ
-母乳パット(Coquilles recueil lait=直訳すると「乳かき集め貝」…)
-小さなクッション
赤ちゃん向け:
-赤ちゃんはおそらく病院の布を着ます
 もし、それでもなおご自身の産着を持ってくることをご希望であればそれも可
能です。外に出るための服を準備して。
-かいまき(掻巻、と書くらしい、おくるみの類。騒いだときに巻く、という意
味では日本語と同じ…!)、ブラシと櫛
-多くの病院で、おむつはたくさん用意があります
-袖付き胴衣、帽子、靴下
意外と、仏和辞書に加えて、広辞苑とかGoogle Image検索が便利だったりした。
「かいまき」ってなんやねん!と思ったら、ナルの安心毛布だったし。使いかたあってるじゃん、長男。
出産予定日まで、あと
22日、526時間。

フランスの社会保障に感謝

さて妊婦関係の続きですが、今日無事、ドクターに妊娠証明書をもらって社会保障(CAF/CPAM)に全部提出してきました。
主治医にも「あー3ヶ月末までね、そうだけど、6ヶ月超えて出しても受理された例もあるから心配なし」と言われました。
CAFで提出後に聞いてみたら「あ?そんなルールもあったかしらね」という感じでした。
いつもいい加減なフランスに腹立つことしかりですが、今日ばかりは助けられた感じです。
これでフランスの社会保障で出産することができます。
日本で言うところの出産一時金と児童手当にあたるものなので、もらえないと痛いです。
CAFもCPAMも支所ごとにホームページがしっかりしていて、CPAMにいたっては英語説明資料までありました。
http://www.caf.fr/ `

http://www.ameli.fr
ちなみにCAF(家族手当)もCPAM(医療保険)も完全に電子化が進んでいて、Carte Vitaleという緑のICカードさえあれば、どんな医者でも保険適用をカードに登録してくれますし、そのまま薬局に処方箋とともに持っていけば、子供や保険適用薬品は0%負担、つまり現金の負担はほとんどありません。加えて任意の医療保険もよくできていてCarte Vitaleと連動しています。保険会社への支払い証明カードを携帯しておいたほうがいいのですが、検査(町医者には設備がないので市中の検査機関で行う)やメガ
ネなども、契約に従った料率で、ICカードで自動的に銀行に払い戻しされる仕組みです。日本だと保険適用してもらうために診断書を書いてもらわないといけませんし、さらに入院5日目から保障など(つまり4日以下の入院は保障しない)といった免責など
もありますから面倒極まりないですよね。ちなみに任意保険に払っている金額は、中の下のクラスで家族3人で1万円強/月といったところです。
それにしても寒い!!
完全に復調していない状態で朝から町中走り回ってしまったので、お尻が冷たくなってしまいました。