[3/10] 東大石川小室研のシンポジウム@ 未来館

日本VR学会MLよりご案内。

SORSTシンポジウム ロボット新世代
—感覚運動統合理論に基づく「手と脳」の工学的実現—
http://www.nikkan.co.jp/html/sorst/
参加無料
日時 2010年 3月10日(水)13:00~16:15 シンポジウム開催
主催 独立行政法人 科学技術振興機構(http://www.jst.go.jp/)
共催 石川小室研究室(http://www.k2.t.u-tokyo.ac.jp/index-j.html)
感覚運動統合理論に基づく「手と脳」の工学的実現プロジェクト
従来をはるかに超えた高性能な「手」・「眼」・「触覚」の開発事例,およびそれらを統合した超高速・高機能ロボットマニピュレーションシステムについて解説します.また,このシステムで実現してきたタスクの具体例を交えながら,応用展開について紹介します.
並行して,開発したロボットシステムの動的展示もおこないます.
ぜひご来場ください!
┏━━ お申込み,シンポジウム詳細はこちらから ━━━━━━━━━━━━
┃   http://www.nikkan.co.jp/html/sorst/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 開催概要 ■
日 時:2010年 3月10日(水)
会 場:日本科学未来館7F
○シンポジウム/みらいCANホール 13:00~16:15
○ロボットデモンストレーション/イノベーションホール
※11:00~17:00まで随時,実施しています
交通案内(地図)はこちら http://www.miraikan.jst.go.jp/guide/route/
参加費:無料(事前申込制)
定 員:300名
主 催:独立行政法人 科学技術振興機構(http://www.jst.go.jp/)
共 催:石川小室研究室(http://www.k2.t.u-tokyo.ac.jp/index-j.html)
感覚運動統合理論に基づく「手と脳」の工学的実現プロジェクト
—-シンポジウムプログラム—-
■基調講演  13:00 ~ 13:50
『高速ロボットへの期待』
ファナック(株) 基本ロボット研究所 名誉所長
(社)日本ロボット学会 会長
榊原 伸介 氏
■総括講演  13:50 ~ 15:20
『高速知能ロボットへの挑戦』
東京大学 情報理工学系研究科 システム情報学専攻 教授
石川 正俊
----------------------------------------------
休憩(10分)----------------------------------------------
■研究成果発表 15:30 ~ 16:15
大阪大学大学院 工学研究科 機械工学専攻 教授
金子 真
電気通信大学 電気通信学部 知能機械工学科 教授
下条 誠
千葉大学 工学研究科 人工システム科学専攻 機械系コース 准教授
並木 明夫
■お問い合わせ先>>
SORSTシンポジウム事務局
〒103-8548 東京都中央区日本橋小網町14-1(日刊工業新聞社内)
TEL.03-5644-7268
E-mail:sorst あっと media.nikkan.co.jp