Laval Virtual ReVolution 2010発表者の皆様へ

今年は本当に日本からの参加が多く見込まれています。
まずは日本語でお知らせをまとめました!
—-
Laval Virtual ReVolution 2010発表者の皆様、
チェアの白井です、お世話になっております。
本年は特に日本からの採択作品が多く、急ぎ日本語にてご連絡差し上げます。
(英語版も併せて後ほどお送りいたします)
プロジェクトメンバー各位に語共有いただければ幸いです。
■GoogleGroups「laval-virtual-jp」
 日本からの参加者向けの情報共有として、GoogleGroupsを運用しております
 http://groups.google.com/group/laval-virtual-jp
 旅行準備情報などもWiki形式でまとまっております。
 過去の参加者も参加されております、ご活用ください。
■バッジ登録(2/25締切)
 出展者バッジの登録締め切りが明日2月25日となっております。
 このバッジは準備作業などにも必要になります。
 投稿時の著者だけでなく、発表関係者も登録可能です。
 http://www.laval-virtual.org/#Home-Registration
 下段中央「ReVolution」を選び「Order a badge」を選んでください。
 login: expo2010 / password: badgeExpo2010
 ※表記はフランス語ですが、参考訳をGoogleGroupsに掲示しております。
 http://groups.google.com/group/laval-virtual-jp/web/badges
■予稿集原稿(3/19締切)
 もともとデモセッションとして開始したReVolutionですが、その作品の
 イノベーションを学術出版物に残すべく、昨年よりReVolution作品も
 国際会議VRICのProceedingに掲載されることになりました。
 原稿様式、詳細はこちらのページに掲載しております。
 http://akihiko.shirai.as/projects/LavalVirtual/2010/
 記載されているページ数は標準・最大ページ数になります。
 増減については相談に応じます。
■旅行情報登録
 フランスLavalは観光都市・国際都市ではないため、
 日本からの旅行者、特に初めての方には比較的難易度が高い渡航地と
 なっております。
 円滑かつ確実な滞在をサポートするため、発表者および関係者全員の、
 旅行情報、リクエストなどの入力をお願いしております。
 http://bit.ly/Laval-Toko
 2-3分で入力できるアンケートになっています。
 渡航者すべてについて情報いただけると幸いです。
 そのほか、地図やTGVについてはこちらに情報を集約しています。
  http://bit.ly/Laval-Map-JP
  http://bit.ly/Laval-TGV
 ご参考ください。
以上、お忙しいとは思いますが、
よろしくご協力いただければ幸いです。
                       白井暁彦
 Laval Virtual ReVolution Session Chair: Akihiko SHIRAI, Ph.D

Laval Virtual 2010 渡航情報登録のおねがい

Laval Virtual 2010 渡航情報登録のおねがい bit.ly/Laval-Toko
—-
Laval Virtual 2010:渡航情報 登録 (締切:3/1 正午まで)
Laval Virtual および ReVolution に日本から参加される皆様、
フランスLavalは観光都市・国際都市ではないため、
日本からの旅行者、特に初めての方には比較的難易度が高い渡航地となっており
ます。
円滑かつ確実な滞在をサポートするため、発表者および関係者全員の、旅行情
報、リクエストなどの入力をお願いしております。
わかる範囲、問題ない範囲でかまいません、早めのご入力、ご協力を宜しくお願
いいたします。
〔記入に関しての注意事項〕
・Laval Virtual事務局と情報共有しておりますので、特に指定が無い限り、英
語・半角英数でご記入お願いいたします。
・旅行日程がチーム内各員でそれぞれ異なる場合、個々人の日程でご記入をお願
いいたします。
・TGV等未定の箇所は「未定」とご記入ください。
・もしチーム全体の日程等が定まらない場合は、未定箇所を(temp)として一旦ご
提出ください。
(フライトや宿泊先未定の場合、確定次第メールにてご連絡ください)
・本アンケートは日本時間2010/3/1正午までにご記入ください。その時点で確定
している参加者の情報でかまいません。
特にご宿泊につきまして、状況によりリクエストにお答えできない場合もござい
ますのであらかじめご了承ください。
☆このフォームに関するご質問、登録後の各種情報の変更等は「
revolution2010@laval-virtual.org 」までどうぞ。
(タイトル英文・本文は日本語使用可です)
以上、ご協力の程、宜しくお願い致します。
Kumiko MINOBE/SHIRAI (Laval Virutal Official Japanese Support Agent)
【便利なURL集】
このフォームのURL bit.ly/Laval-Toko
GoogleGroups(日本語) bit.ly/LavalG-JP
LavalVirtual日本語地図 bit.ly/Laval-Map-JP
Laval市街地ホテル地図 bit.ly/Laval-Hotels
TGV情報 bit.ly/Laval-TGV
予稿集原稿(~3/19) akihiko.shirai.as/projects/LavalVirtual/2010/
授賞式登録(~3/19) bit.ly/ahDjPu
バッジ登録(~2/25) bit.ly/cEF9Li

Googleバズに足りないものは、機能じゃなくて、愛。

Googleバズに足りないものは、機能じゃなくて、愛だと思う。
機能やユーザーに対する愛、Googleの思想に対する自己愛などなどあるけど。
これが、集合知で、皆で積極的に参加して行こう、それがGoogleが悪じゃなくなる方法なんだ!だからこうやってかっこ良く使ってね!という大事な情報が伝わってない。
自然発生的な成り行きに任せている。なので私は全然関係の無い商店などにつぶやきを埋め込んでみようと思う。

photo:01



iPhoneからの投稿

『南極授業』ネット中継のお知らせ

本日2/6午後、未来館のイベントで初めてTwitter&Ustreamの活用を行います。
■南極授業「先生は今、南極にいます!! ~非日常のエコロジー~
 開催日時:2010年2月6日(土) 14:30~16:30 (予約制)
 未来館と南極昭和基地をライブで結び、南極観測隊に同行した
 2人の先生が、南極での体験をもとに昭和基地から特別授業をおこないます。
□プログラム(予定)
・14:30~15:10
 未来館からの講演「南極から見える私たちの未来」
 伊村智(国立極地研究所・准教授)
・15:10~16:20
 南極昭和基地からの「南極授業」
 森田好博(奈良県立奈良高等学校・教諭)
 「現地から、南極のかけがえのない自然のすばらしさ、隊員の活動、観測内容
について紹介したい。」
 長井秀子(習志野市立大久保小学校・教諭)
 「南極は、自分たちが住んでいる日本と、何が、どう違うのか。小学生の視線
で分かりやすく南極を伝えたい。」
・16:20~16:30
 第51次南極観測隊 観測隊長からのメッセージ
 http://www.miraikan.jst.go.jp/event/100105114111.html
南極→未来館はテレビ会議システム、そこからUstreamで動画配信です。
さらにその横で私がTwitter上ですごい勢いでtsudaります。
(Ustreamのサービスが今日、不安定だったのが心配ですが…)
TV,雑誌等各種メディアの取材も入っているので緊張です。
すでに会場参加分は人気のため予約打ち切り状態なのですが、
事前のネット展開により、さらに多くの注目を集めております。
Twitterは科学コミュニケーション向きのメディアであると
手ごたえを感じております。
以下のURLをご家族やご興味ありそうな方にお伝えいただければ幸いです。
公式 http://www.miraikan.jst.go.jp/event/100105114111.html
動画中継 http://www.e-miraikan.jp/Antarctica2010/
 <動画配信予定時間:2月6日 14:30~16:30>
よろしくご共有いただければ幸いです!

test from iPhone

堀江氏がブログで悶絶していたのでアメブロのiPhoneアプリを使ってみた。
しかしかつてのライバル社のサービス使って、まるでゲリラだよなあ、堀江氏。
そして、ことえりの変換候補が笑える。

photo:01



ついでに機能も試してみよう。
らくがき

rakugaki:01



絵文字
雪
URL
akihiko.shirai.as/projects/WiiRemote/
画像含めてプレビューでき、alignぐらいは変えられる。
ジャンル選べなーい!
読む機能はもとから使わないしなあ。
まだ試そう

芸術科学会展作品募集の締め切り延長のお知らせ

第8回芸術科学会展作品募集の締め切り延長のお知らせ
芸術科学会展の応募の締め切り後の応募の依頼があり、以下のように延期いたしました。奮って応募下さい。
応募締め切り:2月14日(日)
また応募形式に関して、EasyChari での応募が困難であるとの意見がありましたので、直接メール:DIVASHINSA@yahoogroups.jp
での応募も歓迎します。メール到着後、事務局においてEasyChair登録を行います。
また直接事務局への作品の郵送も歓迎します。
応募方法、部門等の詳しい情報は、以下のホームページをご覧下さい。
artsci.serveftp.com/divaten/
問い合わせ先並びに作品郵送先
作品郵送先:〒152-8552 東京都目黒区大岡山 2-12-1
東京工業大学大学院情報理工学研究科計算工学専攻中嶋研究室
「芸術科学会展作品募集」係

Laval Virtual ReVolution 2010採択結果発表!

お待たせいたしました、ReVolution2010採択結果の発表です。
www.laval-virtual.org/revolution/index.php?option=com_content&task=view&id=66&Itemid=69

【Winners 2010】

★Accepted Class "Invited"

PhotoelasticTouch: Transparent Organic User Interface using Photoelasticity, The Univ. of Electro-Communications (Japan)

CRISTAL – Control of Remotely Interfaced Systems using Touch-based Actions in Living spaces, Media Interaction Lab (Austria)

Spider Hero, Japan Advanced Institute of Science and Technology, Arts et metiers ParisTech (Japan and France)

JishoDesk, Tama University / ESIEA (Japan and France)

※こちらにIVRC2009選出作品「ColumnGear」(豊橋技科大)が追加されます。

★Accepted Class "Welcome"

Haptic Canvas, BioImaging Laboratory, Osaka University (Japan)

Pull-Navi, The University of Electro-Communications (Japan)

Bubble Click, Sony CSL (Japan)

Develompent of a pregnancy experience system “Mommy Tummy”, Kanazawa Technical College and Kanazawa Institute of Technology (Japan)

Camera-less Smart Laser Projector, Ishikawa Komuro Laboratory – the University of Tokyo (Japan)

Air-Hair, Tokyo Institute of Technology SSR (Japan)

ProFORMA: Probabilistic Feature-based On-line Rapid Model Acquisition,

Cambridge University (United Kingdom)

3D Input Interface for Mobile Devices, University of Tokyo (Japan)

Tiny Dreamy Stories, University of Tokyo (Japan)

ARPool, Queen’s University (Canada)

AR-View: An Augmented Reality Device for Digital Reconstruction of Historical Sites, Beijing Institute of Technology (China)

Tuvalu Visualization Project (4K UHD version), Graduate School of System Design, Tokyo Metropolitan University (Japan)

Immersive Music Painter, Université Technologique de Compiegne (France)

Tactile mushroom, University of Tsukuba (Japan)

A Note of Sparking, Graduate School of Interdisciplinary Information Studies, University of Tokyo (Japan)

Future Footsteps, The University of Tokyo (Japan)

Scritter , Tokyo Institute of Technology (Japan)

以上のプロジェクトの皆様、おめでとうございます!

—-
【チェアのつぶやき】
いち審査員として、簡単ですが講評を残しておきます。

・投稿件数が多く、審査は大変でした。うれしい悲鳴です。
・日本からのクオリティの高い投稿が非常に多かったです。広報ふくめご参加・ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。
・上記リストは審査員合計の点数順になっております。
・惜しくも採択に至らなかったプロジェクト、申し訳ありません。特にLavalでの展示を意識した説明、メッセージなどが伝わりづらかった点がわずかに減点となってしまいました。
・逆に結果として、メッセージ性・社会性のあるプロジェクトは最終的なボーダーライン引きにおいて、加点する形になりました。
・講評は後ほどお伝えする予定です。

4月に向けて、最高のパフォーマンスが行えるよう、準備をよろしくお願いいたします。

第8回芸術科学会展作品募集のお知らせ   

もしかしてまだ間に合うのかもしれないです。
以下詳細。
 http://artsci.serveftp.com/nico/
 http://www.easychair.org/conferences/?conf=divaten2010

第8回芸術科学会展作品募集のお知らせ
お待たせしました!
芸術科学会では、例年通り芸術科学会展の作品を募集致しますが、部門構成を大幅に変更し、ネット時代におけるメディアアートにおける主役となるであろう最先端作品の応募形態にしました。
まさに、アート&テクノロジーの分野におけるの先端をまさに疾走するように、従来のメディアアート応募展とは一線を画して大幅に変更しております!
なお、応募作品は、従来通り、芸術と科学の著名な専門家によって構成される審査により厳正に審査され、発表会ならびに受賞式がNICOGRAPH春期大会の会場で行われます。詳しくは以下のページをご参照下さい。
NICOGRAPH春期大会2010(東京ビッグサイト)
www.art-science.org/nico/
また、第7回芸術科学会展のカタログを作成しました。詳しくは、ホームページ、
nakajima.servepics.com/artsci/divaten/
をご覧下さい。
[1]. 応募方法・形式・〆切
以下のA、Bの2段階で応募してください。
今年から、EasyChair を利用しますので、大幅に変更となりますのでご注意下さい。
なお、応募方法が不明の時は、nakajima(AT)img.cs.titech.ac.jpまで問い合わせ下さい。
A)2010年1月26日までに,以下の作品名などをAbstractとして、easychair にUP load下さい。
www.easychair.org/conferences/?conf=divaten2010
(上記に入り、 Submission –> Add submission のメニューに従い、日本で、以下の項目を記入し最後に必ず、最下行の
Submit Paper をクリック下さい。EasyChair に登録していない方
は、最初のLOGIN PAGEの
If you do not have an EasyChair account or have problems to log in
then click here   に従って登録下さい。)
・作者名、作品名、希望部門。
・作品の概要作、作者の連絡先(住所、電話、メールアドレス)ならびに作品のポイント
・作品のおよその容量。
・Webもしくはftpサイトなどから作品の提出を希望する場合、そのサイトのURL。
B)作品の提出方法
容量が少なければ、Easychair に以下2点の1)作品(添付にて)と、2)作品概要などをUP下さい。
容量が多い場合は、EasychairからUPを拒否されますので、
以下の2点を本ページの最下行の作品応募先まで2010年2月2日(月)までに学会事務局必着で郵送してください。
– 1. 応募作品を、10分以内に御纏めいただき、DVDまたはCD-ROMにて提出してください。ただし、ダウンロード可能な作品の場合、事務局から連絡し、ネット経由で提出していただくこともあります。
– 2. 作品紹介をA4版1ページにPDF、MS-WORD等を使って御纏め頂き、EasychairにUPまたは郵送してください。
書き方は昨年の受賞作品の紹介カタログ:
nakajima.servepics.com/artsci/divaten/
を参照下さい。
なお、応募に関する詳しい情報は、逐次、
nakajima.servepics.com/artsci/divaten/
に掲載しますので参照してください。
[2]. 審査・発表スケジュール
審査結果発表 2010年2月22日(月)を予定。
発表会ならびに授賞式 2010年3月26日 (NICOGRAPH春期大会会場にて)
[3]. 応募資格
年齢、所属を問わず、誰でも応募できます。芸術科学会の会員である必要はありません。
[4] 部門
1. ビジュアルアート部門
インターラクティブアート、インスタレーション、CGアニメーション、実写映像など。
2. デジタルミュージック部門
コンピュータを利用したデジタルミュージック作曲作品
3. ソーシャルネットワークアート部門
インターネット上での共同作業によって生まれた作品やSNSのアプリなど。
セカンドライフ、マシニマ、SNS内ゲーム、Youtube、ニコニコ動画、など
既存の映像を編集し、楽曲などを再構成したリミックスしたムービー作品。
著作権については、Youtubeとニコニコ動画の規約に準ずることとする。
4. ゲーム・アプリ・ガジェット部門
ゲーム作品(機器は問わない、iアプリのゲームなども歓迎)、ガジェット
各種アプリケーションソフト
[.5].受賞
グランプリに3万円を贈呈します。
また 第4部門における最優秀ゲーム作品は中山隼雄記念財団賞にノミネートされます。
[6]. 委員
実行委員長 中嶋正之(東京工業大学)
審査委員
第1部門:羽太謙一(女子美術大学)、モリワキヒロユキ(多摩美術大学)
第2部門:春口巌(尚美学園大学)、伊藤彰教(東京工科大学)
第3部門:深野暁雄(東京工業大学)、渡邉英徳(首都大学東京)
第4部門:永江孝規(東京工芸大学)、深野暁雄(東京工業大学)、
委員:高橋裕樹(電気通信大学)、西原清一(筑波大学)、宮田一乗(JAIST)
[7]. 問い合わせ先
メールにてお願いします。DIVASHINSA(AT)yahoogroups.jp
作品郵送先:〒152-8552 東京都目黒区大岡山 2-12-1
東京工業大学大学院情報理工学研究科計算工学専攻中嶋研究室
「芸術科学会展作品募集」係
_______________________________________________
artsci news letter mailing list
artsci-nl@art-science.org