『AVATAR 3D』、あらゆる意味でエポックメイキングな作品。

久々映画評です。
仕事に関係大ありなので速攻みてきました。
#推薦してくださった大口さん「AVATAR」、ご推薦の通り3Dで見てきました。ありがとうございます。
場所は、TOHOシネマズ南大沢でここはXpanDが入ってました。
りんかい線ユーザーとしては広告戦略的に109シネマズ川崎あたりでIMAX3Dで見てもよかったんですが、
TOHOシネマズ南大沢の音響も、画質もすばらしかったです。
配給の広告戦略的には「AVATAR」よりも、
「ここで3Dがコケたら困る、お正月はぜひ映画館に来てくれ!」
という気概を感じます。
さて作品『AVATAR』ですが、いろんな意味でエポックメイキングな作品でしたね。
ストーリーはごった煮感はありますが、
もののけ姫的世界観のアメリカ映画的最新の再解釈としてはよいのではないでしょうか。
古いところでは「Dance With Wolves」がそっくりで、
さらに古いところでは「アラビアのロレンス」なども彷彿するシーンがあります。
アフガン問題や単一視点文明の野蛮さ、
生命とネットワークの考え方、従来あったサイバネティクスSFのタブーを解決した点など、
日本人にとってはあまり山場を生まないドラマツルギーかもしれませんが、
今後のSF映画の一般常識を塗り替えるエポックメイキングさがあると感じました。
小道具的なところでは、もののけ姫の森の精や、
ポケモン的感覚(モンスターデザインも!)も見受けられますが、
そして、ものすごいVFXの画質です。
#プロモで流したFF13が本当にプロモーションになっているのだろうか、と感じるぐらい。
ワールドデザインやメカなど、一部FFやガンダム、ポケモンやもののけ姫、そして現在の米軍を参考にしたものが多数出てきますが、逆にそこのVFXでの再現性が半端ないですね。
また3Dをいろんなシーンで試しているんだろうな、と感じるシーンも多いです。
どれも成功していますが、いまのところ一番効果があるのは「ジャングル+弾幕飛び交う戦争映画」ではないかなと感じました。これはFPSゲームでも同じ路線ですけれど。
ただ泣けそうな盛り上がりでも泣けない、ビヘイビアキャプチャーの限界も感じます。
今回は惑星開拓SFなのに、宇宙のシーンがほとんど出てこなかったので、3D映画的には「スタートレック」に期待です。
総評 A
本質的にはB級映画かもしれないが、あらゆる面でエポックメイキングな作品なので四捨五入してA。
『業界関係者は絶対見た方が良い、正月は混みそう!』

空中映像(Floating Image) by NiCT Dr.Maekawa

■SIGGRAPH ASIA 2009で見かけたNiCT前川氏の"浮いてる"光学系。
空中映像(Floating Image)というらしい。
ナノ加工技術を用いた特殊な受動光学素子、簡単に言えばものすごく小さな角柱のような加工をした鏡を、液晶画面などの上に置いてあげるだけで、「透過する鏡」として働き、宙に映像が浮く。
凸レンズや凹面鏡による実像光学系と違って、ゆがみや大きさの変化がない。
宙に浮いた自分、つまりドッペルゲンガーや、さわれる火の玉といったオカルト映像を作るのにもってこいの技術であるが、空中に光線空間のような理想的な眼鏡なしディスプレイを構成する基盤技術にもなりえるはず。
YouTubeに動画おいておきました
http://www.youtube.com/watch?v=3VbX32nEgxs

■NiCTによる解説
http://www.nict.go.jp/publication/NICT-News/0612/research/index.html

TITECH世界文明センター「メディアアート特論」本日の結果、1/11提出課題について

「メディアアート特論」受講生のみなさま、
先ほどの課題発表の結果をお伝えいたします。
<作品名> <総売上額>
BalanceSnow \19950
Bone \26000
Test04 \14800
美女ゲーム \10800
皆さん、制作および発表おつかれさまでした。
「Bone」は技術的なチャレンジと、彼女へのプレゼントとしての価値が高く評価されたのではないでしょうか。
作品はこちらにアップロードされているので、参考にしてみるとよいでしょう。
http://wiiremote.googlegroups.com/web/TITECH09_HAMADA_Bone.zip
他の作品も(著作権を問題ない状態にして)公開よろしくお願いいたします。
なお講義の中でもお伝えいたしましたが、
課題は皆さんのために課している対話のようなものです。
〆切までに課したものに取り組んでこない受講生は、学ぶ気がないと見なし相応の評価をします。
特に、本講義の冒頭から事前にお伝えしていたWiiRemoteプログラミング課題について、
2週間も時間があって連絡もなく「できませんでした」という言い訳は通用しません。
いままで伝えてきた表現やコミュニケーションの重要性も理解していないことでしょうか、残念です。
挽回するチャンスはあまり残されていません。頑張ってください。
#今回の未完作品はファイル名に
TITECH_(Name)_(ProjectName)_Uncompleted.zip
としてGoogle Groupsにアップロードしてください。
以下、1/11提出課題をお伝えいたします。
本講義の最終的な山場となっていきます。
年明け1/12(火)に元気な姿でお会いできることを楽しみにしてます。
(1),(2),(3)のいずれかを1/11 17時までに提出してください。
難易度は(1),(2),(3)順で高く、配点もそれに準じます。
(1) Laval Virutal提出企画
以下のHPを参考に企画を日本語もしくは英語で準備してください(英語推奨)。
http://www.laval-virtual.org/revolution/
Basic information
-Title
-Authors
-Contact
-Keywords
-Category
-Abstract
→これは作品の概要が一言で解説できるものです、A4-1ページ以下推奨。
以下は今回の課題ではオプションとします。実際に投稿するなら必須です。
-----—
Floor installation plan (pdf/ppt/jpg/gif)
-Width, Length, Height
-Power supply
-Illumination
-Sound environment
-Special equipments
→こちらは実際の設営状態を伝えるものです。PowerPoint等で作図。
Three Images for web
1. Photo on demonstration
2. Screen shot of visual
3. Floor plan, logo mark, etc…
→こちらは作品が完成していることが前提ですが、主催者側にとってプロモーションになる映像を提供すべきでしょう。
Video
→最も重要な要素です。どのような構成にしたら、企画の意図やインパクトが伝わるか。また中身もフェイクではなく、実際に動作している様子や、それが一般の人に与える影響(体験者の表情など)が有効に働きます。
なお、去年のLaval Virtualの様子が様々なテクノロジーでアーカイブされています。参考になるでしょう。
http://www.laval-virtual.org/#Home
(2) 未来館メディアラボ「感覚回路採集図鑑」を見学しレポート
知覚心理学を展示にするという手法的にも科学コミュニケーション的にも新しい展示です。
なお「ユラユラの回路」(Save Your Self)の体験会が12月23日(水・祝)に開催されます。12時~13時のみ。
参考までにこの展覧会の研究者のひとりである安藤先生と野口先生がコラボレーションした作品「Watch Me!」がArs
Electronica、Interactive Art部門でHonary Mentionを受賞しています。
知覚心理学とは全く違った切り口の作品ですが「都市を記述」という視点で作られています。
こちらに映像があります。
http://r-dimension.xsrv.jp/jpn/watch_siggraph/
(3) 作品としての年賀状を私に送ってください
なおこの講義は"メディアアート特論"ですから、メディアアート作品として様々な手法に挑戦してみてください。
・はがきの裏面に大きくバーコードだけが表示されている
・沢山送られてくるはがきを組み合わせると何かが現れる
・純粋に美しい絵はがき
以上は端的な例です、挑戦的な作品をお待ちしております。
以上、連絡まで。

TITECH世界文明センター講義「メディアアート特論」課題(12/8)

標題の講義受講生のみなさま。
さて、先週設定した課題ですが、12/15が休講であるため
2つの課題を設定させていただきました。
(1)ProcessingのExamplesをwiimote classで改造してみよう。
書籍『WiiRemoteプログラミング』の第6章参照のこと。
wiimote classはオーム社のHPから入手できますが、
別途こちらにもアップロードしておきました。
「Chap6.zip」
http://wiiremote.googlegroups.com/web/Chap6.zip?gda=jZHcRDwAAADtMBoj9pPugP-nTBdZ7DHm71PUN4uPVPOww0I-qQKPhDJaqd9x1C1Yp3K1rY8KOVL9Wm-ajmzVoAFUlE7c_fAt
(2)オリジナルゲームを作成し、アップロード
同様にGoogleGroupsにサンプルを用意してあります。
「dcexpo2009.zip」
http://wiiremote.googlegroups.com/web/dcexpo2009.zip?gda=hzKTzkEAAADtMBoj9pPugP-nTBdZ7DHmC1DvMPSnf9waqYt9K2ngXLCTgNp42ODNdeNuXWkrIEZTCT_pCLcFTwcI3Sro5jAzlXFeCn-cdYleF-vtiGpWAA
画像を差し替えたり、コードを改変することで、それらしいゲームになります。
画像の透明部分の処理なども参考になるはずです。
もちろん完全な新作を作っていただいてもかまいません。
【提出方法】
PDE, wiimoteクラス、その他画像やフォントなど
完全に動作する状態で、解説もしっかり書いて、ZIP圧縮して提出してください。
Web版も同梱していただいてかまいません。
ファイル名は(1),(2)ともに
TITECH09_(name)_(project name).zip
でよろしくお願いいたします。
途中のバージョンでもかまいません
最終版をアップロードしたら、
Subject:[TITECH2009]12/8課題 学籍・名前」
で私宛にメール通知してください。
その際、上記の最終版ファイル名も明記してください。
【注意】
・上記2つのwiimoteクラスは別物です(コードを読めば分かります)。
・GoogleGroupsにアップロードするためにはまず参加する事が必要です。
何か理由があってグループに参加できない人は、メール添付で提出でもかまい
ません。
提出期限は12/21 17時とします。
なお12/16 16時までに提出していただければ、優秀作品は
SIGGRAPH ASIAでの発表で採用させていただく可能性があります。
以上、質問ありましたら個別にどうぞ。
(これから講義なので6時間ぐらい返信できませんが)
—-
ちなみにこの本がお勧めです。
■Built with Processing[改訂版]
デザイン/アートのためのプログラミング入門
ISBN 978-4-86100-558-9
定価:3,570円(本体3,400円+税)
仕様:B5判/並製本/オールカラー/240ページ
著者:前川峻志、田中孝太郎
デザイン:森大志郎
発売日:2008年3月31日
http://www.bnn.co.jp/books/title_index/web/bwp2.html
★良書ですが、どうも在庫薄のようです、見つけたら買った方が良い。

Laval Virtual ReVolution2010作品募集

----------------------------------------------------------------------------------------------------—
■Laval Virtual ReVolution 2009 国際VR公募デモセッション作品募集■
----------------------------------------------------------------------------------------------------—
 本年で12年目の開催となる「Laval Virtual」は、国際学術会議(VRIC)、
学生コンテスト(IVRCと提携)、授賞式、国際見本市、国際公募
デモセッション「ReVolution」、一般公開などから構成されており
欧州最大のVRコンベンションです。
ReVolutionにおいては、特に日本からのVR研究者・アーティストによる
革新的なデモの提案に定評があり、特に「VRの歴史に変革を起こす作品」
の参加を広く募っております。
■Laval Virtual 2010公式ホームページ
http://www.laval-virtual.org/
(開催:2010年4月7-11日)
Laval Virtual ReVolution 2010
-World Performance of VR Applications-
http://www.laval-virtual.org/revolution/
Call For Demo日本語版
「Laval Virtual ReVolution」はLavalVirtualによって毎年開催される世界最高
峰のVRプロジェクトをたたえるのための名誉の殿堂です。VRデモンストレーショ
ンやアプリケーションを世界中から集め、最高の作品を称えます。VRは技術だけ
ではなく、コンピュータと人類の歴史の間にある永遠に終わらないストーリーです。
この課題に、今すぐ最終的な結論を下すことはできません。我々はより多くの
可能性を模索し、我々を未来に導く輝く星に照らされている道を歩いていく必要
があります。これらの輝く星を見つめることは、未来の旅人の道しるべになるこ
とでしょう。
もちろん、大量のアカデミックペーパーや商用化された製品はVRの道を建設す
ることでしょう。しかし我々は開発途上のプロジェクトと、一般市民向けのオン
サイトデモンストレーションの間にある新しい関係性を提案します。もし展示さ
れたプロジェクトにインパクト、技術、説得力があるなら、それは一般市民を動
かし、常識に変革を与えることでしょう。つまり、これはVRの歴史に革命を起こ
しているということなのです。
さあ、貴方のエキサイティングなプロジェクトで、今日のスターダムに上がっ
てください。そして、世界中からのアクティビティを共有しましょう!
セッションオーガナイザー: 白井暁彦 博士 ( ENSAM P&I Lab客員研究員 )
現在のVRの常識を超えて、今日のコンピューターヒューマンインタフェースと
VRの歴史を変革する、貴方の輝かしいプロジェクトを募集します。
-技術デモンストレーション
-インタラクティブアート
-エンタテイメントVR
-ニューメディアデザイン
-新しいゲームシステム
-新しいヒューマンインタフェースとディスプレイ
-リアルタイム映像
…そしてその他すべての「ノンジャンル」VRプロジェクト
----------—-
以下、Call For Demo英語版
Laval Virtual ReVolution2010
-World Performance of VR Applications-
LavalVirtual ReVolution is an annual honor to the world’s finest VR
project,by Laval Virtual.
This is a hall of fame award that decides the bestVirtual Reality
demonstration and/or application
from all over theworld. Virtual Reality is not only a technology but
also a never endingstory
between computers and human history.
Wecannot get the final answer of this issue immediately,
as we still needto find and walk one of the many possible paths that
will lead us to afuture navigated
by brilliant stars. The staring at those stars shouldbe continued for
the future voyagers on the way.
Ofcourse, a great number of academic papers or commercial products
canbuild a way of Virtual Reality.
However we suggest a new relationbetween developmental projects and
general public
at on-sitedemonstrations. If a performed project has impact,
technology andpersuasive,
it will move the general public and change the commonsense.
So, this means a revolution in the history of Virtual Reality.
Please try to join today's stardom with your exciting project.
And share the activity from all over the world!
Session Organizer: Akihiko SHIRAI, Ph.D ( ENSAM P&I Lab / JSPS/ Miraikan)
LavalVirtual 2010, the biggest European Virtual Reality conventions,
will beheld in April 7 -11, 2010.
A new demonstration session, "ReVolution"was successfully started at
last edition.
And is it is now open toreceive your submissions for 2010.
Wehope to accept your brilliant projects which can get over the currentcommon
sense of Virtual Reality and make changes to the currenthuman-computer
interfaces and Virtual Reality history.
-Technology Demonstration
-Interactive Arts
-Entertainment VR
-New Media Designs
-New Game Systems
-New Human Interfaces and Displays
-Realtime Images
….And any other "non genre" VR projects
-------------------------------------------------------—-
以上、
■締切期限
-Submission Deadline: January 17th, 2010 – 23:59 GMT+1 (Paris local time)
※2010年1月17日フランス現地時間 23時59分 締切
-Results will be announced at 1st Feb.  結果通知2月1日(予定)
-Please register on this website now: http://www.laval-virtual.org/
 また、Laval Virtual紹介ビデオや過去の受賞作品ならびに2009年度の会場の様子などもご覧いただけます。
■応募に際して -Submission details-
http://www.laval-virtual.org/revolution/index.php?option=com_content&task=view&id=4&Itemid=12
■「どうやったらReVolutionに通るか?」 -How to get accepted on ReVolution-
http://www.laval-virtual.org/revolution/index.php?option=com_content&task=view&id=3&Itemid=11
ReVolutionは公募による作品を審査し、採択クラスには「Welcome」もし
くは「Invited」の2種類をご用意しております。
・「Welcome」で採択された場合にはReVolutionでのデモンストレーションス
ペースが提供されます。
・「Invited」で採択された場合は、デモンストレーションスペースに加え、
旅費(フライトチケット+TGVチケットの提供)、期間中の宿泊費、
プレミアムチケットであるパーティチケット等が提供されます。
昨年度は「Invited」 4プロジェクト、「Welcome」12プロジェクトの合計16プロジェクトが
ReVolution2009に採択されております。下記URLより採択作品の各紹介が閲覧できます。
■Laval Virtual Revolution2009採択作品リスト -Accepted Class "Invited" and "welcome"-
http://www.laval-virtual.org/revolution/index.php?option=com_content&task=view&id=65&Itemid=68
Laval Virtualでが今年一番のVRプロジェクトを称える「Award」セッション
があり、毎年多くのReVolution採択作品が、受賞しております。
中には重賞作品もあり、昨年の2008年には数あるプロジェクトから松尾高弘氏の
「Phantasm」がEmerging Technologies賞ほか、提携関係にある「ACM SIGGRAPH賞」を重賞し
SIGGRAPH2008(ロサンゼルス)での招待発表されました。また本年、2009年には、
IVRC2009年のフランス招待作品として10月に展示発表いたしました
「Scope」 (フランス ナントデザイン大学) が最優秀賞+「ACM SIGGRAPH賞」を重賞獲得。
2009年はAwards13部門中、日本からReVolutionを通じてエントリーいたしました4作品が、受賞をしております。
■Laval Virtual 2009 受賞作品リスト
http://www.laval-virtual.org/#Awards-Previous winners
・Architecture, Art and Culture
Thermotaxis (Yonakani 東京大学)
・Industrial Design and Simulation
Baby Type Robot YOTARO (筑波大学)
・Medicine and Health
Volume Slicing Display ( 東京大学 Ishikawa Komuro Laboratory,)
・Real-Time Characters and Virtual Worlds
Copycat hand for all (筑波大学 Hoshino Laboratory)
投稿作品は必ずしも新作に限っておらず、ここ1~2年の作品投稿や改変版の投稿も可能です。
過去の作品と合わせて複数の投稿も可能となっております。
なお、投稿方式に関する質問、作品に関する質問、その他疑問点など遠慮なく
日本公式エージェント美濃部(kumiko [a] laval-virtual.org)までご連絡いただけますよう、お願い致します。
皆様のご応募お待ちしております。

"time traveler's wife"すばらしい

パリCDG空港に着きました。
これからストックホルムARN空港です。
さっき映画を1本だけみました。
『Time traveler's wife』という映画で、
時間旅行が(意図せず)できるようになってしまった男性を
愛してしまった女性の物語。
二人の仲がいいところで、いつも意に反して飛んでいってしまう。
いつ帰ってくるか、帰ってこれるかわからないので、ひたすら待つ女性。
こうして書くと、とっても悲しいお話に聞こえるかもしれないけど、
待つ側の女性の強さや、希望、そして子供に支えられる様が、
非常に共感できました。とってもお勧め。
SFというよりはラブストーリーなんですが、
待つ女性の人生に脚光を充てた秀逸な作品でした。
あとから振り返ってみると、
ドラマツルギー的に高度なことをいろいろやっていますね。
あんまり書くとネタバレになるのでやめておきますが、
主人公のファーストキスと不倫と着床の喜びを
同日の流れで表現している。これはこの映画でしかできないですね。
SF好きでいつも女の子を待たせてばかりの彼氏とかと
一緒に見に行くことをお勧めします。

ニコニコミュニティができていた件。

数日前から気がついていたんだけど、
ニコニコミュニティ「WiiRemoteプログラミング」なるものが!
WiiRemoteプログラミングの本を参考に、プログラミング初心者が勉強放送する
コミュです。
http://com.nicovideo.jp/community/co132529
早速参加せねば。

愛犬サラその後

サラはなんと、回復の方向に向かっているようです!
きょう、トイレが自分でできました。
部屋の中が臭いけど懐かしいニオイに。
生命力ってすごい。

VRCAI2009プログラム公開

SIGGRAPH ASIA 2009にジョイントで開催される
VRCAI2009のプログラムが発表されました。
なかなか興味深い内容です。
http://www.vrcai2009.com/
芸術科学会からのお知らせを紹介します。
—-
SIGGRAPH ジョイントコンファレンス
(12月14,15日、東工大すずかけ台キャンバス)
VRCAI2009 参加登録受付中、早急にお申し込み下さい!
** 世界最大級のVR施設 D-Vision の見学会あり。**
** CG分野の巨匠である、
Nadia Magnenat-Thalmann教授のキーノートがあり。**
** 今話題の3Dに関して特別セッション"3D now and Future"があり。**
SIGGRAPHとジョイントして開催される、VRCAI2009の参加登録受付中です。 
今回は、世界17ヶ国から、多数の論文が投稿され、VRならにびCGに関する論文
40件、ポスター28件の合計68件の発表があります。また特別セッション"3D now
and Future"など多数のイベントが開催されま
す。
現在、参加登録中ですので、早めに登録下さい。
10日までに、ホームページ http://www.vrcai2009.com/ のRegistration よ
り、カード支払いにて参加申し込み(1万円)をしますと、昼食のチケットなら
びに特製のVRCAI2009のLOGO入りのカバンを差し上げます。しかし数に限りがあ
りますので、早めに登録下さい。
=============================================================
8th ACM SIGGRAPH International Conference
on Virtual-Reality Continuum and Its Applications in Industry
VRCAI2009 http://www.vrcai2009.com/
===============================================================
12月 14日(月)、15日(火), 2009
東京工業大学すずかけ台キャンバス, すずかけホール、横浜市
-----------------------------------------------------------------
FINAL PROGRAM:
詳しいスケジュールは以下にあります。
http://www.vrcai2009.com/adprogram.html
Full paper: http://www.vrcai2009.com/program/finalfull.htm
Poster Paper: http://www.vrcai2009.com/program/finalposter.htm
14th:10:00-10:50 Keynotes 1
Nadia Magnenat-Thalmann (University of Geneva,Switzerland)
Modelling Socially Intelligent Virtual Humans
15th:10:00-10:50 Keynotes 2
Hyun Seung Yang(KAIST,Korea)
Realistic E-Learning System based on Mixed Reality
14th:11:00-11:40 Invited Talk1
Naoko Tosa (Kyoto university)
Cultural Computing in Media
15th:11:00-11:40 Invited talk .2
Yukiharu Sambe (CTO, Taito corporation.)
Japan's Arcade Games and Their Technology
14th:13:30-17:30 Special Sessin 1 and 2 on 14th,Dec
Session 1 :"3D" Now and Future
13:30-14:10 Takashi Kawai (Waseda university)
3D current topics in Japan
14:10-14:50 Eun-Soo Kim(Kwangwoon University)
3D current topics in Korea
14:50-15:30 Tomoyuki Mishina (NICT)
Electronic Holography: Now and Future
Special talk
15:40-16:20 Kazumasa Enami (NICT)
Ultre-Realistic Communicaitons
16:20-17:00 Junichi Hoshino
Life-like Interactive Character for Games and Storytelling
Session 2: Tokyo Tech Now
17:00-17:30 Masahiro Yamaguchi (Tokyo Tech)
Natural Vision: High-fidelity color reproduction beyond RGB
17:30-18:00 Makoto Sato (Tokyo Tech)
Title: String-based haptic interface SPIDAR.
18:00-19:00 Escation VR & Imaging facility in Tokyo Tech
D-Vison ,Natural vision, Human Interface