いじめと自分

先日のエントリーで、コメントくれたOzくん、ありがとう。
http://ameblo.jp/akihiko/entry-10270757519.html#c10360940492
その後、昨日。
息子が学校の池に落とされたらしい。
体操着を着て帰ってきた。
日本の幼稚園のころは「学校のことはネットに書いていけない」というルールが
あったので、
遠慮していたのもある。というかいじめとか事件らしい事件がほとんど起きな
かった。
<以下断片的な状況証拠>
本人はあまり話したがらなかったので、断片的でしかないが。
(本人からの状況認識だけをベースで読み取っている、それが本人の世界なので)
学校の池にカエルがいたらしい。
・学校の池に入っていけない、というルールがある
しかしなぜか
・カエルの重さを測りで測ったらしい
 数字まで言っていたので、これはやはり測ったのだろう。
 しかも測りは学校で子供が手に届くところにはないはず
・後ろから突然池に突き落とされた
息子は、カエルをいじめるのはよくない、と思ったが
(測りで測るのは楽しかったような感じではあるが)
周りはそういう雰囲気じゃなかったんだそうだ。
何か発言したが、理解されずに、いきなり発言に対してのリアクションとして
池に落とされた、という感じだったようだ。
秤などは子供だけでやれることではないので、
どこかで大人(たぶん担任の先生)が
そういう雰囲気(カエルをつかまえて玩具にするような)を
作り出していたのだろう。
そこまでは百歩譲って認めるとしても、
息子の主張である「カエルがかわいそう、そっとしておくべき」という感覚は無
視され、
安全管理義務も怠った。
これが池だったから濡れて泣くだけですむが、
屋上で日食みてたりしたら、どうなるわけ?
最近、だんだんエスカレートしてきているのを感じる。
子供たちはそれがあたりまえと思っているだけで、
集団の中で自らの持つ残虐性とか、
モノカルチャーであることへの疑問、
教科書で言っている行動規範と実際の大人(先生)の行動乖離。
…平たく言えば、大人の様子見ながら、子供が悪さしていく、という過程にあ
るわけだ。
まずは息子自身が強くならないといけない。
(1)言いたいことは言う
 本人に「やられたらやり返さないの?」と聞いたら、それは違う、と反応された。
 しかし場の雰囲気は、そうではないらしい。
 ビシッと自信を持って、誰よりも早く発言しなければならない。
 異なるイデオロギーの存在は認めてもいいが、
 中間的なその場にいる「たくさん」にその両側の意見を共有させなければ、
 モノカルチャーがその場を支配して、数の暴力が生まれる。
 マイノリティ=悪、駆逐される対象、になってしまうのだ。
(2)同じ感覚の友達を探す。
 息子と同じ感覚の子供は男女関わらずいるはず。
 彼らも同じように疑問を抱いているが、発言できないだけ。
 そういった感覚の、話ができる相手を子供のコミュニティの中で探さなければ
ならない。
 場合によっては話せばみなわかる、ということもある。
(3)自分の身は守る。
 突き飛ばすようなのは友達だと思われてない、そこにいるクラスの子、という
だけ。
 信頼が置けない子供に近づいてはいけない(先日いきなり噛まれた、という例
もある)。
先生とバトルしたり、引越ししたりする、という選択肢も無いことはないのだが、
息子自身が強くならなければならない。
だからといって悪いのは息子ではない。
「自分と社会との関係」において生じる摩擦について、彼自身が解決しなければ。
思い起こせば、自分も小学校2年ぐらいが一番つらい自己との闘いだった。
(いろんな事件や理由があるのだが、ここでは割愛)
一番大きかったのは、担任の先生に親の前で「この子は自閉症です」といわれた
ことだ。
家庭は突き放すしかなかった。「たくましく」という言葉の元に、
物事を非常に荒っぽくとらえることが行動の中心におかれた。
自身がもともともっていた「丁寧に物事にこだわること」は、悪と認定された。
そこで間違えていなければ、3-4年生のあのような性格崩壊はなかったし、
5-6年での卑屈な自分も無かったと思う。それはそのまま中学出るまで引きずっ
たし、
高校では逆にキレ過ぎた。
父親から見たWeb2.0で、この問題を救うことができるのだろうか。
父親としてはまず、子供の社会に立ち入らずに、自分自身で克己してほしい。
皆さんの意見も聞きたいところ。
・このような記憶があるか
・いじめからどうやって乗り越えたか
・別の視点で何かコメントがあるか
ただし「いじめられたことがない」とか「たくましくない、男らしくない」とい
う意見はあえて不要。

いじめと自分」への3件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
     ご無沙汰しております。
    LavalVirtual2008でお世話になりました
    出原ゼミのむらかわです。
     小学生の頃好ましくないあだ名で呼ばれ、
    持病のことでも他人と違うことで辛い思いを
    していました。
    今もあれは”いじめ”だったと思っていますが、
    当時の私は教員や両親に当たるか泣きつくかだった
    ように記憶しています。
    (別の時期には”いじめを行った側”だったと
    思っているので、完全な被害者の顔は決して
    できないのですが……。)
     本人ができたことと言えば「一緒にいて辛い人とは
    関わらない」ことです。
    正確にはいじめを乗り越えたことにならないと
    思いますが、それを行うことで学校生活が楽に
    なったのは確かです。
     もう少し成長した際に、持病のことで謂れのない
    批判を受けたときは、はっきりと
    「治らない病気なんだからどうしようもない」と言ったら
    その後はなにも起こりませんでした。
    毅然とした態度で嫌なことを拒絶するというのも解決の
    ひとつなのだと思います。
     いじめられていた側として助けられたのは「周りに
    まともな大人」がいたことです。
    自分の話を聞き、本人が間違っていたときは叱り、
    相手が間違っていた場合には憤り、大事にするでも
    なくアドバイスをくれ続けた両親や担任の先生に
    今でも感謝しています。
     いじめていた側として考えれば、私を含めた
    彼ら / 彼女らは何を言っても自分で気がつかない限り
    変わりません。
     どちらの側でも話を聞いてもらうこと、自分を受け
    止めてもらえる事というのは大きな助けになります。
     今でも気持ちが荒んで「いじめる側」の気持ちが
    出たとき、誰かに話すことでやはり自分が間違っている
    ことに気がつきますし、辛くネガティブな
    気持ちの時には話を聞いてもらうことでポジティブな
    気持ちを取り戻せます。
     おそらく周りができるフォローは話を聞いて
    アドバイスをすることなのではないでしょうか。
    もちろん、最終的に本人の努力ではどうしようもない
    事態になってしまったら手を差し伸べることも大事だと
    思います。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    僕も小中高とずっとマイノリティーでしたね。
    (高校の場合は小中とは理由がまったく違うのですが)
    小中は特に協調性が乏しかったのでいっつもはぐれメタルでした。
    そのとき自覚があまりなかったのですが、今考えると、いわゆるいじめというものを受けていた時期もありました。
    僕は一人になることがあまり不安でなかったので、誰も遊んでくれないときはいつも一人でいましたね。
    僕は成績にかなりむらがあって、できることとできないことの差が激しかったので、できないことに悩んだりもしたし、そのことで馬鹿にされたこともありましたが、学校は楽しい場所でした。
    それはおそらく、先生方や友人の理解のおかげだったと思います。
    どの先生もかならず僕に役割と居場所をあたえてくれ、自分にも可能性があることをきちんと示してくれました。
    周りの友人もただの変な奴ではなく、ずれてるけど絵が描ける面白い奴という風に受け止めてくれうまくほっといてくれました。
    僕は身をおく環境がすごく大事なんだと思います。
    後は誰でもいいので完全な味方がいるということが大事だと思います。
    僕の場合は先生でした。
    原因を探って見つけてもあまり解決に結びすかないことが多いと思います。
    たとえば、お子さんの個性に起因することだったり、z君にならかの問題があったりしても、
    それをコントロールしてどうにかするのはすごく大変ですから。
    blogを読んでるだけで得た感触ですが、先生自体があまりいい先生ではない気がします。
    (悪い先生ではないとは思いますが)
    できるなら学校での一日をご自身の目で確認して、その上で先生と話すのが一番いい気がします。
    どうしても学校環境が合わないようなら、学校を変えるのはありだと思います。
    ただ、お子さんが学校を変えたくないというのならそれはきっとどこかに味方がいると思うのでなんとかなる可能性があると思います。
    なんにしても、
    お子さんをまず認め全面的に受け入れる人がいること、味方がいるんだよということ、それらがお子さんに分かるようになれば
    しっかり強くなると思います。
    (この強さは相手にあらがう強さだけでなく一人でもへっちゃらという気持ちを持てるということです。)

コメントは受け付けていません。