ReVolution2009結果発表

今年もSession Chairを担当させていただいております
国際VRデモコンペティション「Laval Virtual ReVolution」の
結果が発表されました!
http://www.laval-virtual.org/revolution/

採択クラスには「Invited」と「Welcome」の2種があり、招待になると
Welcomeで提供されるブーススペースに加えて、渡航費・滞在費・懇親会などが
提供されるのが特徴です。
公式サイトはこちら。
http://www.laval-virtual.org/revolution/index.php?option=com_content&task=view&id=47&Itemid=66
Accepted Class "Invited"
* YOTARO, University of Tsukuba
* LevelHead, N/A
* Copycat Hand for All, University of Tsukuba
* Space Trash, Institute of Graphics and Paralell Processing, JKU, Linz
Accepted Class "Welcome"
* Babbage Cabbage, Mixed Reality Lab, National University of Singapore
* Thermotaxis, Yonakani
* Musical "gugugugu" and "A~", Otobane Project
* LightTwist, Laboratoire Vision3D
* La fleche de l’odeur, Kanawaza Technical College
* Catopsys project, University of Auvergne
* BrickLayer, Kyoto University
* Joystick everywhere, University of Tsukuba
* Scoop-and-Release, Tama University
* Good-bye feet!, University of Tokyo and Tokyo University of the Arts
* Surrounding of Firefly, The University of Electro-Communications
* Laval VRchive, Tokyo Metropoilitan University / Photon, Inc
今年はかなり幅広い種類の投稿があり、
選考は非常に難航しました。
参加していただいたプロジェクト各位には
この場をかりて御礼申し上げます。
今後の業界の振興も考えて、
今年の採択のポイントを2点紹介しておきます。
まずは「魅力的かつ革新的なデモの提案」、これが最も大切です。
ReVolutionは"VRの歴史に革命を与えるプロジェクト"を探しています。
そして「完成度の高さ」つまり「未完成でないか」という点。
これは既に発表を行っている作品は有利ではあります。
(そのために"新作であること"という縛りはありません)
以上の2点が最大の議論のポイントになりました。
他に、毎年の評価点としては、
学会発表論文とは違った視点で映像や説明資料を準備し、
一般向けのデモに仕上がっているか、特にLaval Virtualに向けて
どのようなデモを行うかを少しでも考えているか、
というあたりが評価されています。
なおIVRCや他のアートフェスティバル受賞作品であっても、
グランプリ受賞=Invitedとはなりません。
逆に佳作や審査員奨励作品が高い評価を受けることも多々あります。
また今年はビデオや作文中に子供の映像を使っている場合は
被験者の感覚、肖像権の扱いについても配慮があるか、
といった点もある程度評価しています。
例えば作品の体験を通して
"楽しさ"や"自然な体験"をコンセプトにしているのに
ビデオでの子供たちの表情が困惑したものであったりすると
評価を下げているケースがありました。
一般向け展示における子供の表情は大人と違って素直で読み取りやすく、
かつサンプル数と効果が十分であれば、
ネガティブな映像よりもポジティブの映像が多くなるだろう、という判断です。
逆に、一般公開での記録において、
体験者の生き生きとした表情や動き、
待ち列の子供たちの視線や表情などにも配慮しつつ、
かつプライバシーや肖像権に配慮した記述や処理を少しでも
行っているような投稿はプラスの評価を得ました。
ところで工学分野ではあまり気にされることがないようですが、
近年の科学の分野ではヘルシンキ宣言による被験者への
インフォームドコンセントは必須になりつつありますし、
情報分野でも「安全安心」は基幹テーマになりつつあります。
このような要素への配慮が展示物の開発においても
重要になってくる可能性があるでしょう。
さて、Invitedで採択されたプロジェクトについても少し。
今年のInvited採択はプロジェクト数も招聘人数的にも
例年に比べ多く選ばれています。
一方で「残念ながらWelcome採択」というプロジェクトも、
毎年非常に多いという点も事実です。
今後参加される方のためのヒントを記しておきますと
Invitedで採択されるプロジェクトはそのプロジェクトの
他の同様なプロジェクトを大きく超える"インパクト"に加え、
「機材・物品・人員などの規模が明確に示されているか」
という点が大きく影響します。
「輸送費用は負担しない」という条件が既に設定されている中で
大規模な作品で大人数のプロジェクトを
Invitedで採択するにはそれなりの理由とリアリティが必要になります。
そのような条件を見越して、どのようなコストがどう発生するかを
きちんと「自腹で払うつもりで見積もっているか」が
重要なポイントになりました。
「Invitedで採択されたら嬉しいです、Welcomeなら無理」
というメッセージを書くプロジェクトが大量にある中で、
「もしInvitedで採択されたら何名がどのように参加し、輸送はこうします」
といった情報が記載されているプロジェクトは相対的に評価が高くなります。
もちろんその情報が見積もられている中で、
技術面の評価者だけでなく、市民参加のイベントである意味もあり、
コストと効果が最も大きい作品がこの4作品であった、
ということになります。
さて、講評だけでなくよい話も2つほど。
まず採択された方もそうでない方も、
今すぐ「Award」に登録してください。
特に当日ReVolutionで発表を行うプロジェクトは
審査員に直接評価されるチャンスがありますので、
受賞のチャンスが高まります。
参考までに去年の受賞作品リスト↓
http://www.laval-virtual.org/index.php?option=com_content&task=view&id=127&Itemid=218


そして、今年は大きな変更点。
国際会議「VRIC」のプロシーディングに
ReVolution作品も掲載されることになりました!
これは学術成果としてカウントできますので、研究者にとっては大きいです。
追って事務局から連絡が行きますが、
執筆フォーマットは以下のVRICのフォーマットに従うことになります。
http://www.laval-virtual.org/index.php?option=com_content&task=view&id=118&Itemid=210

以上、日本人むけのちょっと為になる話でした。
日本からの作品はその作品の質や完成度に於いて、
非常に期待されています。
これからも、VRの歴史を変革する、すばらしい作品が
世界のステージに立つための応援ができれば、
と考えています。

JAXA ミミネタリウム

KBC/MBCの番組だそうですが、
JAXA提供の「耳で楽しむプラネタリウム」が
JAXAのHPで公開されています。podcastもあります。
http://www.jaxa.jp/pr/podcast/miminetarium/index_j.html
ナレーションの声がなかなかいい感じです、勉強になります。
そしてはしばしにJAXAネタがちりばめられております。

世界一安全な未来の車に明日乗れる

「ITS-Safety 2010」、あすからです。
http://its-safety2010.jp/
実は行動で試乗ができます(事前予約制)。
http://its-safety2010.jp/demo/demo01.html
実はASVって最近ずっと気になってたんですが、
うちの職場の周りに既に実装されているですよね。
http://www.mlit.go.jp/jidosha/anzen/01asv/index.html
カメラで外部から車を見て、安全性能を向上させているんだと理解していますが(違ったらごめんなさい)、
これってまさに監視社会とITによる利便のトレードオフ課題ですよね。
時間があったら試乗してみたいが、明日はフロア活動・・・。
どなたか参加レポート求む。

フロア最終出勤

といっても退職するわけじゃないですよ!
突然決まったことなんですが、
フロアでの仕事が今月末で最後になるかも。
ということは2/23,25,26で最後です。
お台場で僕と握手!の人はお早めに。

[CfP] "ICEC 2009" IFIP 8th International Confere

Final Call For Papers!
——
CALL FOR PARPERS
IFIP 8th International Conference on Entertainment Computing (ICEC 2009)
September 3 – 5, 2009
CNAM, Paris, France
http://www.entertainmentcomputing.org/icec2009/
Sponsored by International Federation for Information Processing (IFIP)
——————————————————————————————–
We invite you to participate at the prestigious 8th International
Conference on Entertainment Computing (ICEC2009). Entertainment has been
taking very important parts in our life by refreshing us and activating
our creativity. Recently by the advancement of computers and networks
new types of entertainment have been emerging such as video games,
entertainment robots, and network games. Based on the very successful
preceding workshop and conferences, the next ICEC2009 has been set up to
offer an occasion to exchange experience and knowledge among researchers
and developers in the field of entertainment computing.
Important Dates:
ICEC 2009 Tutorial Proposals: 23rd February 2009
Full Paper Submissions: 2nd March 2009
Decisions on Full Paper Submissions: 30th March 2009
Short Paper, Poster and Demo Submissions: 20th April 2009
Decisions on Short Paper, Poster and Demo Submissions: 4th May 2009
Camera Ready Submissions for all Papers: 1st June 2009
Conference Topics:
Suggested research topics include, but are not limited to:
l Interactive Design for Entertainment
l Aesthetics, Ontology and Social Reflection
l Art, Design and Novel Media
l Augmented, Virtual and Mixed Reality
l Computer Games and Game Based Interfaces
l Education, Training, and Edutainment Technologies
l Entertainment and Healthcare
l Novel and Evolutionary Platforms / Hardware Devices
l Social and Human Factors of Entertainment
l Interactive Digital Storytelling, and Interactive Tele-Vision
l Mobile Entertainment via e.g. Mobile Phones, PDAs etc
l Narrative Environments and Intelligent Medias
l New Genres, New Standards
l Pervasive Entertainment and Game-Playing
l Robots and Cyber Pets
l Self Reflecting Entertainment
l Simulation Applications of Games, and Military Training
l Sound, Music, Creative Environments
l Real time and Interactive Technologies for entertainment
(Graphics, Sound, AI…)
Artworks:
We are planning a dedicated Art Exhibition. Confirmation and details of
this event will be published soon!
Proceedings:
The proceedings of ICEC2009 will be published Springer in the series of
Lecture Notes in Computer Science (LNCS).
ICEC2009 Committee:
General Conference Chair:
Stephane Natkin (CNAM/ENJMIN, France)
Progam Committee Co-Chairs:
Stephane NATKIN (CNAM/ENJIM, France)
Masayuki NAKAJIMA (Tokyo Institute of Technology, Japan)
Bras BUSHMAN (University of Michigan, USA)
International Steering Committee:
Ryohei Nakatsu (National University of Singapore, Singapore)
Mark Cavazza (University of Teesside, UK)
Zhigeng Pan (Zhejiang University, China)
Stephane Natkin (CNAM/ENJIM, France)
Matthias Rauberberg (Technical University of Eindhoven, The Netherlands)
Don Marinelli (Carnegie Mellon University, USA)
Hyun Yang (KAIST, Korea)
Roy Ascott (University of Plymouth, UK)
Sara Diamond (Ontario College of Art and Design, Canada)
Scott Fischer (USC, USA)
Organizing Committee:
Chair:Ben Salem (Technical University of Eindhoven, The Netherlands)
Stephane Gros (CNAM, France)
Xan Qiu Hou (CNAR, France)

[CfP] “ICEC 2009” IFIP 8th International Conference on Entertainment Computing

Final Call For Papers!

——
CALL FOR PARPERS
IFIP 8th International Conference on Entertainment Computing (ICEC 2009)
September 3 – 5, 2009
CNAM, Paris, France
http://www.entertainmentcomputing.org/icec2009/

Sponsored by International Federation for Information Processing (IFIP)

——————————————————————————————–
We invite you to participate at the prestigious 8th International
Conference on Entertainment Computing (ICEC2009). Entertainment has been
taking very important parts in our life by refreshing us and activating
our creativity. Recently by the advancement of computers and networks
new types of entertainment have been emerging such as video games,
entertainment robots, and network games. Based on the very successful
preceding workshop and conferences, the next ICEC2009 has been set up to
offer an occasion to exchange experience and knowledge among researchers
and developers in the field of entertainment computing.

Important Dates:
ICEC 2009 Tutorial Proposals: 23rd February 2009
Full Paper Submissions: 2nd March 2009
Decisions on Full Paper Submissions: 30th March 2009
Short Paper, Poster and Demo Submissions: 20th April 2009
Decisions on Short Paper, Poster and Demo Submissions: 4th May 2009
Camera Ready Submissions for all Papers: 1st June 2009

Conference Topics:
Suggested research topics include, but are not limited to:
l Interactive Design for Entertainment
l Aesthetics, Ontology and Social Reflection
l Art, Design and Novel Media
l Augmented, Virtual and Mixed Reality
l Computer Games and Game Based Interfaces
l Education, Training, and Edutainment Technologies
l Entertainment and Healthcare
l Novel and Evolutionary Platforms / Hardware Devices
l Social and Human Factors of Entertainment
l Interactive Digital Storytelling, and Interactive Tele-Vision
l Mobile Entertainment via e.g. Mobile Phones, PDAs etc
l Narrative Environments and Intelligent Medias
l New Genres, New Standards
l Pervasive Entertainment and Game-Playing
l Robots and Cyber Pets
l Self Reflecting Entertainment
l Simulation Applications of Games, and Military Training
l Sound, Music, Creative Environments
l Real time and Interactive Technologies for entertainment
(Graphics, Sound, AI…)

Artworks:
We are planning a dedicated Art Exhibition. Confirmation and details of
this event will be published soon!

Proceedings:
The proceedings of ICEC2009 will be published Springer in the series of
Lecture Notes in Computer Science (LNCS).

ICEC2009 Committee:
General Conference Chair:
Stephane Natkin (CNAM/ENJMIN, France)
Progam Committee Co-Chairs:
Stephane NATKIN (CNAM/ENJIM, France)
Masayuki NAKAJIMA (Tokyo Institute of Technology, Japan)
Bras BUSHMAN (University of Michigan, USA)
International Steering Committee:
Ryohei Nakatsu (National University of Singapore, Singapore)
Mark Cavazza (University of Teesside, UK)
Zhigeng Pan (Zhejiang University, China)
Stephane Natkin (CNAM/ENJIM, France)
Matthias Rauberberg (Technical University of Eindhoven, The Netherlands)
Don Marinelli (Carnegie Mellon University, USA)
Hyun Yang (KAIST, Korea)
Roy Ascott (University of Plymouth, UK)
Sara Diamond (Ontario College of Art and Design, Canada)
Scott Fischer (USC, USA)
Organizing Committee:
Chair:Ben Salem (Technical University of Eindhoven, The Netherlands)
Stephane Gros (CNAM, France)
Xan Qiu Hou (CNAR, France)

http://akihiko.shirai.as/

Virtools FaceInputBBがなぜか脚光

王様の耳はロバの耳-FacedetectBBs.jpg

ずいぶん前に開発終了して、
ずっと自分のWebサイトに放置していて、
しかもつい最近までファイル安置サーバーが死んでいた
Virtoolsの「FaceInputBB」について、最近やたらとヨーロッパから問い合わせ
をもらう。
ちなみに2年前に書いたものなので記憶がありません。
当時さくらのサーバーは小さかったのですが、いまはやたらと大きいので
問題なく同じサーバーで公開できました。
めんどくさいのでリンク直すついでにソースもほりおこして、公開しときました。
http://akihiko.shirai.as/modules/mydownloads/viewcat.php?cid=5
ついでにTokinのセンサーをVirtoolsで使うためのTokinBBも公開。
深夜に死にそうになりながら、動作して「Vサイン」している自分。
これもソースツリーの中から発見した写真なのですが、まるで熊だな。
こういう作業をしていると、
職人研究者のほうが向いているのかな、と思う。
今の仕事が向いていないわけではないけれどー。
さて仕事仕事ー。

かぐやが地球のダイヤモンドリング撮影に成功

同僚に教わった今日のリリースです
月周回衛星「かぐや(SELENE)」のハイビジョンカメラ(HDTV)による半影月食時の地球の撮影の成功について
http://www.jaxa.jp/press/2009/02/20090218_kaguya_j.html
静止画
http://www.jaxa.jp/press/2009/02/img/20090218_kaguya_1L.jpg

動画
http://space.jaxa.jp/movie/20090218_kaguya_movie01_j.html
ガンダムのオープニングを彷彿とさせる感じ…。
こんな過酷な撮影にさらされても無事なHDTVてホント、エラいです。

おわったあぁあああーッ!!

祝・上映会終了。
面白い話はいっぱいあるのですがぁ
(今夜は割愛)
とにかく!
ご観覧いただいたみなさまに感謝です。
九州からわざわざ早川さんとか
お忙しい草原先生とか
さらに普通にアンケートにご参加いただいたりして感謝です。
そうですクサフグですよ
あのシーン、物議かもしてたりした頃もあったんですが
『魚の顔とか、砂まで見えます』
っていえるところがすばらしい。
そして拡散粒子砲(訳注:4Kプロジェクター)の色が落ちている?
黒が白ウキしているように見える。
本当のおまえの力はそんなもんじゃないはずだ….
….ってぇ….ああッ!!
目がカユい!!
花粉症のヤツが都合良くはじまりやがった!!
色どころかピントが見えねえ!
マジデカユイマジデカユイマジデカユイ
思考能力低下警報発令中!!

4K「かぐやの夢」本日まで/さよならマグレヴ

本日まで上映の「かぐやの夢」、
お時間ありましたら
ご参加いただければ幸いです。
いつも会場にてオペレーションしておりますので。
(上映終了後に顔出してます)
—-
4Kデジタルシネマ
「かぐやの夢~月と日本人・二つの"かぐや"の物語~」
製作 日本科学未来館 / 立教大学
特別協力 宇宙航空研究開発機構(JAXA)
上映日:1/31、2/1、2/7、2/8、2/11~15
時間:各日12:00~、14:00~、16:00~
場所:日本科学未来館 1階 企画展示ゾーンb
参加方法:無料・予約不要。 当日直接会場にお越しください
http://www.miraikan.jst.go.jp/event/081226202704.html
—-
それから3Fの技術エリアが来週から改修工事期間に入ります。
(詳しくは公式のリリースをご参照下さい)
技術エリアにはナノテク、マイクロ、AFM、SEM、超伝導、ノーベル賞など、メーカーにお勤めのお父さんなどに見応えのある展示が多かったのですが、あの
『ういてる列車!』
『リニアモーターカー!?』と
子供たちに大人気だった『みらいCANマグレヴ(MagLev)』もこのタイミングで生まれ変わるそうです。
超伝導です、浮いてます。
ちなみにリニアではありませんが、大江戸線のヒミツなども聞くことができるはず。
『さよならMagLev走行会』なるイベントはございませんが
展示は16日まで。お見逃しなく!