近況・執筆協力御礼。

土日の京王線は本当にやる気があるのか。
帰れなくなるじゃん!!
と毎週ながら思う。
深夜マクドで図面引いたり、執筆したりしながらいろいろ思う。
最近は本当に本当に昼間の仕事が忙しく、
6時間ぶっ通し企画会議とかザラな上に、そういうのが2・3件掛け持ちだった
りする。
(略略略・自主規制)
…コンセプトワークは終わりがないのです。無限に時間かかる。
あーでも俺、役に立ってるんだろうか?
不安多いです。
でもこの辺の仕事がスイスイ進むってのもあり得ない気もするし。
「プレジデントファミリー」に同僚のIさんが載ってる。正直カコイイ。
どこに向かっているのかはともかくとして、
今、誰もやったことがないところに向かおうとしているんだろうな。
そんな不安や葛藤を、仕事することで克己してたりする。
編集長の秋山さんはそんな私に連載記事依頼したりする。
わかってやってるんだろうな、この人なりの優しさというか。
角井さんの追悼映画、見に行きたいな。
YouTubeとかに公開されるのもどうかと思うし(そういう追悼もあるかもしれな
いが)。
■"使える"ヴァーチャルリアリティ
Vol.01 ガラパゴス諸島に生きる日本の映像業界
http://www.pronews.jp/column/akihiko-shirai/001.html
Vol.02 学生の起爆力を活かそう
http://www.pronews.jp/column/akihiko-shirai/vol02-1.html
これぐらいのサイズのまとまった文章を書くのは、ちょっとしたリハビリにはな
るです。
ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございます。
いちおう連載なので扱って欲しいネタとかあれば、こっそりメールください。
というかいきなりインタビュー依頼することもあり得るです。