予感研究所2

明日からです。設営終わったのをみてきました。すげーっす。
http://www.media.jst.go.jp/yokan2/
えーこのHP・・・。
ちなみに会場はうちなんですが実施がよそ。
…。
夏休みの子供たちが研究者のデモを
ただでさわっちゃえるイベントです!
週末すごそうだなあ。
レセプションでは断食しつつ、
ナムコの馬場さん、女子美の為ケ谷先生、元MR研の田村先生、
あともちろん岩田先生、原島先生などなどにお会いしました。
日本に帰ってきたのを知らない人も多いですよね。
こういう場には積極的に出ないとなあ。

WiiYourself! v1.01公開

シナリオ書くための資料読んだり動画変換したり事務仕事してたら朝になってしまいました。
いま届いたメール。

Wii Yourself! v1.01公開
http://wiiyourself.gl.tter.org/
拡張機能と接続信頼性向上
・Connect()よりまえに拡張(ヌンチャクとか)が接続されていると動きます
EXT SetReportType()が初期化事に使われます
・名称変更「wiimote_state::IR::dot::bVisible」→「'bVisible」
・Disconnect()がスレッドを終了するのを待ちます
→これは大きいです!
・VC2005以降のTRACE/WARNマクロのサポート
・wiimote.hのConnect()に関するコメント修正
wiimote selection is 1-based, not 0-based

http://wiiyourself.gl.tter.org/WiiYourself!_1.01a.zip

Google Group SPAM

Googleグループで「IVRC日本・参加者の会」というコミュニティを運用している
のですが、
http://groups.google.co.jp/group/IVRC-Jp
ここ数日、激しい数の「参加申請」を受け取っています。
それというのもみんなGmailで、こんな感じのアドレスです。
{omaraguel, delanalaro, bingolorrin, reyeskyo, marissacoyou, cheryron,
annatawn, hildegardto, aprilruthalori, capkinel, onitagertrud, kacymart,
twinkesrosel, brittadew marvamisty, edmondgott tawandaellswo,
amieaskotzap, fatimajerrodmi, hedwigvir, lonnypennie, hecateolim,
beatadron}@gmail.com
一度に5-6名の申請を受け取ること自体、普通ではないですから、これはSPAMロ
ボットと見なし承認しませんが、もしロボットではなく、本物の申請だったらど
うしよう?と思うと、SPAMのおかげでいたいけなコミュニティが犠牲になるのだ
なと、悲しくなります。
で、これ、考えずに承認したら、SPAM投稿されまくるんだろうなあ・・・。

1ba.com譲ります

1999年から10年持ち続けてきた3文字gTLD『1ba.com』なのですが、
最近サーバー関係の仕事をしていないのと、
忙しさにかまけてドメイン更新すらし忘れてしまうていたらくなので
手放そうかと検討しています。
いまどきgTLDで3文字なんてなかなか出るものではないのと
日本語で良い語呂合わせもできるので価値はあるかと。
いまドメインオークションにかかる一歩手前の状況なのですが、
前所有者としての権限もギリギリ主張できるので、
実費でお譲りいたしたいと思います。
本当は残念なんですけどね。。。
忙しすぎるのがいかんのです。

Wii Motion Plus発表

WiiRemoteのモーションセンシング機能を強化するアタッチメントがE3メディア
ブリーフィングで発表されるそうだ。
米国任天堂のリリース・写真付き
http://www.nintendo.com/whatsnew/detail/eMMuRj_N6vntHPDycCJAKWhEO9zBvyPH
日本語情報
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20080715/nin.htm
yaw方向の検出とかかもしれないし、
Tokinのジャイロセンサーみたいに地磁気がついているのかも。
ガチな予想としては、12bitの高速・高感度加速度センサがつくんだろうな。

ぴんちだ

膝が痛あい、両足の膝から下が痛重くて動かない。。。
この痛みに耐えながら明日の報告書を書く。
さらに言うと明日はフロアの日なので早起きしなきゃならない。
てゆーかこのコンディションでフロア活動はきついぞ・・・。
もし今書いている報告書が仕上がらなかったら、どこも作業する時間ないしなあ。
いわゆるピンチであるな。
いたた。。。
早く寝たい。

踊りたい

蒸し暑いね。
一雨あっても蒸し暑い。
今日はフロアにフランス人が大挙してきた。ヴァカンス始まったか。
フランス人の同僚とダブルで応対していたので気がつかなかったけど、
もしかしたらフランス語のGuide Michelin Tokyoにでも紹介が書いてあるんじゃなかろうか。
あ、そういえば今日であったスペイン人の青年がスペイン語の『Geek en Tokyo』という本に載ってるっていってた。日本在住のスペイン人が書いた東京のオタクライフ本、らしきもの。
WiiRemote本の編集でお世話になってる、た~こさんがいきなり訪問された。でも感動してくれた、みたい。
もちろん日本の中高生にもたくさん感動を与えた、と思う。
フロアの仕事は大変。
終わったら一杯やりたくなる。
終わったらいっぱい仕事してるけど。
"それが終わってから"
延々と事務員の仕事を始める。
まあ企画の仕事なんだけど、全然未読メールが減らない。
しかも自分が提案した企画を変な風にもまれて寝かされていたりするし。むきいい。
普通にメール処理してスケジュール確認しただけで22時すぎた。
目の前に海外旅行で帰ってきてスーツケース抱えて満員列車に乗る女子2名。
加えて優先席にどっかり座り込む。
まあ京王線沿線はリムジンバスほとんどないから気持ちはわかるけどねえ。
全然関係ないがこういうストレスは踊って晴らしたい。
カラオケボックスサイズのダンス部屋をスーパー銭湯あたりに付けたら売れるだろうか。
いつだったか大学生の頃、スケート場をクラブのようにしたダンスイベントをやったことがあったな。
スケーティングの力量が必要だけど、あれはあれで楽しかったと思う。
iTuneとかiPhoneとか
世界中でこんなに市民権を得ているのに
踊らなくても生きていける国があるのがすごい
音楽聞いていても体が動かないって事だよな。
まーそんなことはどーでもいいんだけど
滝のような汗をかいて、ブルンブルンと飛ばしたい。
ジンギスカンでもYMCAでもSNFでもTRFでもウマウマでもいいから。

あわや事故

朝の通勤中、交差点で右直事故もらいそうになった。
当方バイクで直進、先方ワンボックスで右折。
信号は青になったばかりでこっちは前の信号から加速していったところ。
バイクは距離感が掴みづらいのはわかるけど、『直近の内側を徐行』ではなく、ジリジリと前進。すでに2車線目の真ん中。そこまで来たらバイクとしてはフルブレーキングで砂砂利の浮いた交差点にタイや鳴らしながら突っ込むことになる。雨降ってたらそのまま横転、クルマに激突ってところ。
こちらとしてはあわや事故、安全の為に緊急停止、というところだけど、あんまりに典型的な右直事故のケース、てゆかこっちフルブレーキしなかったらぶつかってるじゃん!ってゆか全開ブレーキングで膝と手首いてえよ!
見ると先方は手をヒラヒラと『ホラ、行きなよ』ってなかんじ。
悪いのはそっち、なにやってんの?ってな雰囲気。
もちろん信号はもちろん右折信号でもないし、2車線塞いでいるので他の直進車も無理矢理止まってる状態。
あまりに状況がわかってないようなので、そのまま相手の運転席に横付け。相手(おばはん)は見るなり『何なのよ!』とおっしゃる。窓全開なので、そのまま首根っこ掴んで引きずり出してやろうかとも思ったが『いまの、こっちが止まらなかったら右直事故ですよ!』と一言言い捨てて去った。
速攻鍵抜いて
『ダラァ!!コラ免許持ってんのかボケェ!』
といってシートベルトで締め上げる、ぐらいのことはしても良かったかもしれない。
ちょうどこんなニュースがあったわけだが。
■叶美香 オートバイと接触事故
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=546260&media_id=2
道路は譲り合って当然、そう走るべき。
事故が起きるかどうかじゃない。
この状態で接触事故したら、バイク側はグチャグチャ、最低でも全身打撲。クルマ側は傷の一つぐらいで肉体は無傷だ。
悪いのはどっち、とか『免責で6:4』なんていってる状態じゃないぐらいダメージの差は大きい。
こっちとしては、まず止まる。
その最低限の身を守る行為だったのだが、クルマよ、まず止まれ。
止まるならきっちり止まれ。美しく止まれ。

[CfP]アジアグラフ 2008 in Tokyo@未来館のお知らせ

日本VR学会からのお知らせです。
デジタルコンテンツExpoの学会部分ですね。
といいつつ、こっち方面の担当者になりそうなかんじです。
いい機会なのでみんなで投稿しましょうよ!>関係者各位

アジアグラフ2008は,今年度第1回目を上海で盛大に開催致しました.
秋のアジアグラフは,再び東京,日本科学未来館にて,10月23日から26日
に開催されます.本年度も,経済産業省,デジタルコンテンツ協会(DCAJ)
の主催イベント「デジタルコンテンツExpo」の一環として,日本VR学会が
アジアグラフ2008を支援して開催いたします.昨年度の秋葉原での大盛況
を受けて,テクニカルセッション他,拡大して開催となります.皆様の論
文投稿を募集いたしますので,積極的にご参加いただければ幸いです.
投稿カテゴリ:
-Full paper (最大8ページ,A4フォーマット)
-Sketch (最大4ページ,A4フォーマット)
-Poster (1ページ,A4フォーマット)
-Tech/Art Theatre (Movie, Animation, 15-180 sec, DVD)
-Entertainment Science(技術展示)& Digital Gallery(芸術展示)
使用言語:英語
査読:Asiagraph査読委員会(ピアレビュー)
投稿締め切り:2008年7月31日
採択通知:2008年8月25日
カメラレディ:2008年9月20日
論文集:フルカラー論文集
追加発行:アジアグラフ2008(上海,東京)の優秀論文を集めて,統合版
論文集(単行本)を発行予定.
参加登録費:30,000円
投稿申し込み先:http://www.vrsj.org/activity/asiagraph/2008/
投稿問い合わせ先:
プログラムチェア(日本):Asiagraph2008-JP-programChair at krmgiks5.tmit.ac.jp
(韓国在住者:Asiagraph2008-KR-programChair at krmgiks5.tmit.ac.jp)
(中国在住者:Asiagraph2008-CN-programChair at krmgiks5.tmit.ac.jp)
アジアグラフ2008 in Tokyo: http://www.dcexpo.jp/asiagraph2008/
デジタルコンテンツExpo: http://www.dcexpo.jp/index.html
*事務局:日本バーチャルリアリティ学会 office at vrsj.org
アジアグラフ委員会 Asiagraph2008-Committee at krmgiks5.tmit.ac.jp