査読結果が査読者に被るとき

某国内(有名・工学系)学会から依頼を受けていた査読を
たったいま終わらせました。
今日締め切りなので、21時間ほど前倒しで提出です。優等生。
Webシステムで記入した査読結果を読み返してみると、
提出された論文のボリュームに対して、改善要望項目のほうが多い気も。
例によって愛ある査読をしてしまいました。忙しいのに。寝る間も削って。
まあでも査読ってまじめにやるの、大事です。
実は今回の査読は感慨深いものがありました。
とある先行システム(他者)に対する改善システム評価(著者)なのですが、
その先行システムの論文の査読にも関わったことがあるという…。
私の記憶では依頼を受けて、あまりに忙しかったのと、諸般もろもろの事情(著
者と近い位置に居た)で、読むには読んで、最終的には受けなかったのですが、
今回の論文はその論文をみっちり読んで、対抗システムを提案してきているわけ
です。
つまり、もし、仮に、最初の論文を私が査読していたら、その査読の甘さを被る
のは私自身だった、ということになってたかもしれない、ってことですね。まあ
それ以前に執筆している研究者が一番大変なはずですけど。
しかも提案システムがド・ハイテクではなく、そこそこに「やればできそう風
味」なので、こういうときは開発だけじゃなくて論文の執筆も含めて、手法や評
価の硬さが重要になりますし。
ま、いいや。終わった終わった。
さあ寝よう。
ああ、あと国際会議(SIGCHI系)が1件残ってる…。
ほかにもいろいろ残ってるー。
最近査読依頼が回ってくる論文はWiiRemote系が多いです。
自分のかかわった論文が落ちても査読だけは回ってくる。
さっさと読んでしまいたい。おもしろいかもしれないし。
あー。
でも寝よう、睡眠時間3時間切っちゃうし。