大容量・高速SSDが作る未来

■サムスン、容量256GBで読み込み200MB/秒のSSDを開発
SSD(Solid State Drive)とは次世代のハードディスクを置き換えるメディアで、
現在のUSBフラッシュメモリの巨大で高速な物、です。いままで16GBぐらいが最
大だったのですが、このサイズでこの速度のものが登場してくると、一気に常識
が変わってしまいますね。
・落としても壊れないHDD
・ノートPCにHDDが搭載されなくなる
・いきなり電源を切っても壊れないPC(今はダメだけど…)
・デフラグがいらなくなる
・なかなか電池が切れないiPod
・撮っても撮ってもメモリが埋まらないデジカメ
・ハードディスクがガリガリ言わないHDDレコーダー
・プッシュ型でひたすらP2Pしつづける共有知サーバー
 (いまの任天堂WiiのWiiconnect24の延長みたいな物、今のHDDだとそうはいか
ない)
…等々。
一方HDDはこの後、現在のテープストリーマーのように、まさに「固定ディス
ク」的な使われ方になっていくのかもしれませんね。
それにしてもフラッシュメモリは適度に寿命があるのも市場的には重要なことか
もしれません。しかもHDDの寿命はモーターやコントローラー基板という理不尽
な電気やメカ的な理由で即死的なダメージを受けるものだったのですが、フラッ
シュメモリの死に方は静電気を除けば「徐々に書き込みできなくなってくる」と
いう感じですので比較的安心感がありますね(もちろん扱い方にもよるだろうけ
ど)。
いろんな楽しい使い方を考えたい物です。
といっても2009-2010年ぐらいの超近未来なんだろうけど!
■ニュースソース
http://slashdot.jp/hardware/article.pl?sid=08/05/27/2135243
http://journal.mycom.co.jp/news/2008/05/26/023/

大容量・高速SSDが作る未来

■サムスン、容量256GBで読み込み200MB/秒のSSDを開発

SSD(Solid State Drive)とは次世代のハードディスクを置き換えるメディアで、
現在のUSBフラッシュメモリの巨大で高速な物、です。いままで16GBぐらいが最大だったのですが、このサイズでこの速度のものが登場してくると、一気に常識が変わってしまいますね。

・落としても壊れないHDD
・ノートPCにHDDが搭載されなくなる
・いきなり電源を切っても壊れないPC(今はダメだけど…)
・デフラグがいらなくなる
・なかなか電池が切れないiPod
・撮っても撮ってもメモリが埋まらないデジカメ
・ハードディスクがガリガリ言わないHDDレコーダー
・プッシュ型でひたすらP2Pしつづける共有知サーバー
 (いまの任天堂WiiのWiiconnect24の延長みたいな物、今のHDDだとそうはいか
ない)

…等々。
一方HDDはこの後、現在のテープストリーマーのように、まさに「固定ディス
ク」的な使われ方になっていくのかもしれませんね。

それにしてもフラッシュメモリは適度に寿命があるのも市場的には重要なことか
もしれません。しかもHDDの寿命はモーターやコントローラー基板という理不尽
な電気やメカ的な理由で即死的なダメージを受けるものだったのですが、フラッ
シュメモリの死に方は静電気を除けば「徐々に書き込みできなくなってくる」と
いう感じですので比較的安心感がありますね(もちろん扱い方にもよるだろうけ
ど)。

いろんな楽しい使い方を考えたい物です。
といっても2009-2010年ぐらいの超近未来なんだろうけど!

■ニュースソース
http://slashdot.jp/hardware/article.pl?sid=08/05/27/2135243
http://journal.mycom.co.jp/news/2008/05/26/023/


追記:フラッシュメモリの寿命について

書き込み回数で1万回、と言われている。
研究レベルでは1億回なんてのもある。
http://slashdot.jp/hardware/article.pl?sid=08/05/23/0624200
「回数」ってのはメモリ1bitあたりのはずなので、USB抜き差ししたりファイル作成したりする回数じゃなくて、書き込み可能でアクセスするすべてのメモリ領域それぞれの寿命ってこと。

実際に使う上ではどういう壊れ方をするのか、についてはここでおもしろいレポートがある。
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080204_usb_memory_life/
ちなみに先日壊れたデジカメのメモリカードはデータ復旧ソフトウェアなんかも使ってみたんだけど、写真1コマならともかく、動画についてはほぼ絶望的だった。
(もとはAVIファイルなんだけど、全部JPEGで復旧してくれただけましかもしれないけど)

http://akihiko.shirai.as/

WiiFitに挑戦中

解析ね。
フィットネスもそこそこに。
もうちょっとで終わりそう(保障なし)。
バランスWiiボードはストレインゲージで構成されてるんだって。
http://wii.com/jp/movies/wii-fit-movie2/
2002年のSIGGRAPHで発表したラビリンスウォーカーにそっくり。
てゆかバランスWiiボードで復古版が作れるってことですか。
やってみるかなあ…6年ぶりで。
ソースとデータはHDDのどこかに眠ってるんだけど。

査読結果が査読者に被るとき

某国内(有名・工学系)学会から依頼を受けていた査読を
たったいま終わらせました。
今日締め切りなので、21時間ほど前倒しで提出です。優等生。
Webシステムで記入した査読結果を読み返してみると、
提出された論文のボリュームに対して、改善要望項目のほうが多い気も。
例によって愛ある査読をしてしまいました。忙しいのに。寝る間も削って。
まあでも査読ってまじめにやるの、大事です。
実は今回の査読は感慨深いものがありました。
とある先行システム(他者)に対する改善システム評価(著者)なのですが、
その先行システムの論文の査読にも関わったことがあるという…。
私の記憶では依頼を受けて、あまりに忙しかったのと、諸般もろもろの事情(著
者と近い位置に居た)で、読むには読んで、最終的には受けなかったのですが、
今回の論文はその論文をみっちり読んで、対抗システムを提案してきているわけ
です。
つまり、もし、仮に、最初の論文を私が査読していたら、その査読の甘さを被る
のは私自身だった、ということになってたかもしれない、ってことですね。まあ
それ以前に執筆している研究者が一番大変なはずですけど。
しかも提案システムがド・ハイテクではなく、そこそこに「やればできそう風
味」なので、こういうときは開発だけじゃなくて論文の執筆も含めて、手法や評
価の硬さが重要になりますし。
ま、いいや。終わった終わった。
さあ寝よう。
ああ、あと国際会議(SIGCHI系)が1件残ってる…。
ほかにもいろいろ残ってるー。
最近査読依頼が回ってくる論文はWiiRemote系が多いです。
自分のかかわった論文が落ちても査読だけは回ってくる。
さっさと読んでしまいたい。おもしろいかもしれないし。
あー。
でも寝よう、睡眠時間3時間切っちゃうし。