メディアアートがビジネスになった日=アルスエレクトロニカ大阪

「リンツのアルスエレクトロニカセンターが大阪にできる」

という噂をSIGGRAPH2007のとあるパーティで耳にした。

『えっ?東京ハワイアンセンターですか?』

とリアクションしたかどうかどうかは忘れましたが。

ついに関連イベントがリリースされたので、告知しておきますが、
これってついにARS印のメディアアートが国際ビジネスとして成立したってことだよなあ。
金持ち日本が買った、ってことなんでしょうけど。

そしてついに「飽きられる日」が来るんでしょうか?
(専門にしている人の間では、もうとっくにきているのかもしれませんが…)

まあでも関連業界が盛り上がるのは非常によいことですので、
紹介しておきますです。
Laval Virtual ReVolution2007に参加された馬場さんも参加してますしね。

====================================================================

 ■■■■■ 世界のメディアアーティストがやってくる ■■■■■

    「メディアアートで創る大阪の未来」シンポジウム2007
         http://www.ktv.co.jp/media_art

===================================================================
(入場無料・事前申し込み制)

【日 時】 2007年12月21日(金)15:00-18:00(開場:14:30)
【会 場】 大阪市中央公会堂 大集会室
【主 催】 「メディアアートで創る大阪の未来」シンポジウム2007実行委員会
【共 催】 光のルネサンス実行委員会
【司 会】 藤本 景子(関西テレビ) おか けんた(吉本興業)

【ゲスト】
◆ゲルフリート・ストッカー氏
(アルス・エレクトロニカ社  アーティスティックディレクター)
 世界一のメディアアートの祭典であるアルス・エレクトロニカフェスティ
 バルのアーティスティック・ディレクターも務める。
◆岩井俊雄氏 (メディアアーティスト)
 日本のメディアアートの第一人者。
◆宮原 秀夫氏
(独立行政法人 情報通信研究機構 理事長、前 大阪大学総長)
 ナレッジキャピタル企画委員会 委員長として、ナレッジ・キャピタル構想
 に向けての提言をまとめる。

【ゲストアーティスト】
・ザカリー・リーバーマン
・馬場 哲晃
・近森 基++久納 鏡子(minim++)
-----------------------------------------------------------------—
【イベント内容】
☆前半(15:00~16:20)
◆オープニング デモンストレーション
◆メディアアートで都市再生に貢献したアルス・エレクトロニカの紹介
◆ゲルフリート・ストッカー氏によるプレゼンテーション
 「メディアアートによる製品化や都市開発での活用事例の紹介」

☆後半(16:30~18:00)
◆メディアアートデモンストレーション
◆岩井俊雄氏によるスピーチ&デモンストレーション
 「少年の夢が世界に広がる~文化と産業をつなぐメディアアート」
◆宮原秀夫氏からの提言
 「北ヤードからチャンスの芽を育てよう!」

☆交流会(3階中会議室)(18:00~19:30)
◆メディアアートデモ展示を実施
-----------------------------------------------------------------–
【後 援】 大阪府、大阪市、総務省近畿総合通信局、経済産業省近畿経済
産業局、独立行政法人情報通信研究機構、社団法人デジタルメ
ディア協会、財団法人デジタルコンテンツ協会、社団法人関西
経済連合会、大阪商工会議所、財団法人大阪21世紀協会、
(株)国際電気通信基礎技術研究所、財団法人関西テレビ青少
年育成事業団

【協 賛】 NTT都市開発(株)、大阪駅北地区開発特定目的会社、
積水ハウス(株)、ナレッジ・キャピタル開発特定目的会社、
ノースアセット特定目的会社、阪急電鉄(株)、三菱地所
(株)、メックデベロップメント(有) (50音順)

【協 力】(株)丹青社

【実行委員会事務局】 関西テレビ放送(株)
-----------------------------------------------------------------—
 【本件に関するお問合せ】
 「メディアアートで創る大阪の未来」シンポジウム2007実行委員会
関西テレビ放送 経営企画局 ナレッジキャピタル推進室 森田誠二
E-mail: s-morita@ktv.co.jp   TEL 06-6314-8042 FAX 06-6314-8045
-----------------------------------------------------------------—
======================<<参加申し込み方法>>======================

事前申込み制となっております。(入場無料)
「メディアアートで創る大阪の未来」シンポジウム2007のHPよりお申込み下さい。
http://www.ktv.co.jp/media_art

定員になり次第、締め切らせて頂きます。
=====================================================================

SIGGRAPH submission was changed

Bonjour,

Today I checked the new online submission system of SIGGRAPH2008.
http://www.siggraph.org/s2008/
https://sis.siggraph.org/cgi-bin/SIS_SSL.py
It’s completely new (like ReVolution2008)! I have to create a new
account for the new system.

I can see these submissions today…
[open] General Submission OPEN 17 October 2007 30
January 2008
[missing] Papers Forthcoming 11 December 2007 23 January
2008
[open] Student Volunteers OPEN 01 November 2007 24
February 2008
[missing] XSV: Ex-Student Volunteers CLOSED 17 October 2007
11 November 2007

“General Submission” includes everything that means Poster, sketch,
E-Tech, Art, Computer Art Festival, etc…
For all submission have to fill following questions;

-Title of the Submission:
-Summary Statement:
A single-sentence executive summary that introduces the achievements of
your submission (50 words or fewer – proofed – suitable for conference
publicity).
-Description:
A short overview that highlights the innovations and significant
accomplishments, commentary, or contributions of your submission to the
SIGGRAPH community (150 words or fewer – proofed – suitable for
conference publicity).
-Optional web url to be used for conference publicity.
-Primary submission area:
-Secondary submission area:
You are required to select one Primary submission area and may
optionally select a Secondary submission area. Use the links below for a
detailed explanation of each submission area.
* Complexity and Accessibility
* Future History
* Global Responsibility
* Impact on Society
* Professional Development and Education
* SIGGRAPH Core
* Slow Art
* Computer Animation Festival

-Primary keyword:
-Additional keyword:
-Check here if this work has appeared or been submitted elsewhere?
-Indicate whether this work has been presented, published or submitted
elsewhere. This includes work that is closely derivative of other work
or techniques. If so, please give details.
-Check here if your presentation at the conference will differ from the
materials you upload.
-Indicate whether your presentation will differ in some way from the
materials you upload. For example:
Electronic file format doesn’t properly capture physical characteristics
Unable to upload final imagery yet due to copyright restrictions
-Provide as much detail as possible, but remember that the jury will
evaluate your work based solely on the uploaded materials, so you must
make sure the uploaded materials capture or explain its merits. Any
notes you give here are for clarification purposes only).
If so, please give details.
-Check here to request review by the English Review Service.
Non-native English speakers may use the English Review Service to help
with text of submissions. Please note that this takes time, so your
submission must be sent to the English Review Service well in advance of
the published deadline.

The next page is a agreement of rights no changes as before.

Anyway, it sounds difficult for past challengers but it makes a lot of
chance for newcommers, I think!

best regards,


Akihiko Shirai, Ph.D
Invited Researcher
Presence & Innovation Laboratory ENSAM France

http://akihiko.shirai.as/

SIGGRAPH2008の投稿システムが一新

「今年最後になるかも…」といいつつ重要な情報なので書いておきます。
"Evolve"をテーマにした来年のSIGGRAPH2008ですが、投稿システムが様変わりし
ています!
http://www.siggraph.org/s2008/
2002年からいままで使えていたオンラインサブミッションシステムからSIGGRAPH
Information System (SIS)という新システムに移行したようです。
https://sis.siggraph.org/cgi-bin/SIS_SSL.py
アカウント作成はすぐできますが、入力項目が多いです。学会員番号も聞くし。
そして一番の変更は「すべての投稿が共通の締め切りを持っている」ということ
です。大丈夫かそれ?
ビデオ等は2つ目の締め切りがあるようですが…最終日はテラ単位の転送が来そう
だな…。
審査方式も大きく変わっているようです。
とりあえず今日時点の投稿可能状態としてはこんなかんじ。
[open] General Submission OPEN 17 October 2007 30 January 2008
[missing] Papers Forthcoming 11 December 2007 23 January 2008
[open] Student Volunteers OPEN 01 November 2007 24 February 2008
[missing] XSV: Ex-Student Volunteers CLOSED 17 October 2007 11 November 2007
つまりフルペーパーは本日から1月23日まで、ということですね。
そして「General Submission」では、従来のポスター、スケッチ、E-Tech、
Arts、CAFもろもろふくめて、すべての投稿において以下の項目をきかれます。
-Title of the Submission:
-Summary Statement:
A single-sentence executive summary that introduces the achievements of
your submission (50 words or fewer – proofed – suitable for conference
publicity).
-Description:
A short overview that highlights the innovations and significant
accomplishments, commentary, or contributions of your submission to the
SIGGRAPH community (150 words or fewer – proofed – suitable for
conference publicity).
-Optional web url to be used for conference publicity.
-Primary submission area:
-Secondary submission area:
ここがポイントですね
You are required to select one Primary submission area and may
optionally select a Secondary submission area. Use the links below for a
detailed explanation of each submission area.
* Complexity and Accessibility
* Future History
* Global Responsibility
* Impact on Society
* Professional Development and Education
* SIGGRAPH Core
* Slow Art
* Computer Animation Festival
-Primary keyword:
-Additional keyword:
-Check here if this work has appeared or been submitted elsewhere?
-Indicate whether this work has been presented, published or submitted
elsewhere. This includes work that is closely derivative of other work
or techniques. If so, please give details.
-Check here if your presentation at the conference will differ from the
materials you upload.
-Indicate whether your presentation will differ in some way from the
materials you upload. For example:
Electronic file format doesn't properly capture physical characteristics
Unable to upload final imagery yet due to copyright restrictions
-Provide as much detail as possible, but remember that the jury will
evaluate your work based solely on the uploaded materials, so you must
make sure the uploaded materials capture or explain its merits. Any
notes you give here are for clarification purposes only).
If so, please give details.
-Check here to request review by the English Review Service.
Non-native English speakers may use the English Review Service to help
with text of submissions. Please note that this takes time, so your
submission must be sent to the English Review Service well in advance of
the published deadline.
次のページはいつものコピーライト関係のようです。
様変わりするとチャンスもあるでしょうけど…なんだかSIGGRAPHじゃなくなっ
ちゃうかんじもしますね。
誰がどうやって振り分けるのか、それが問題かも。
いなかげ先生辺りに聞けば何かわかるんだろうか…。

SIGGRAPH2008の投稿システムが一新

「今年最後になるかも…」といいつつ重要な情報なので書いておきます。

“Evolve”をテーマにした来年のSIGGRAPH2008ですが、投稿システムが様変わりし
ています!
http://www.siggraph.org/s2008/

2002年からいままで使えていたオンラインサブミッションシステムからSIGGRAPH
Information System (SIS)という新システムに移行したようです。
https://sis.siggraph.org/cgi-bin/SIS_SSL.py

アカウント作成はすぐできますが、入力項目が多いです。学会員番号も聞くし。
そして一番の変更は「すべての投稿が共通の締め切りを持っている」ということ
です。大丈夫かそれ?
ビデオ等は2つ目の締め切りがあるようですが…最終日はテラ単位の転送が来そう
だな…。
審査方式も大きく変わっているようです。

とりあえず今日時点の投稿可能状態としてはこんなかんじ。
[open] General Submission OPEN 17 October 2007 30 January 2008
[missing] Papers Forthcoming 11 December 2007 23 January 2008
[open] Student Volunteers OPEN 01 November 2007 24 February 2008
[missing] XSV: Ex-Student Volunteers CLOSED 17 October 2007 11 November 2007

つまりフルペーパーは本日から1月23日まで、ということですね。
そして「General Submission」では、従来のポスター、スケッチ、E-Tech、
Arts、CAFもろもろふくめて、すべての投稿において以下の項目をきかれます。
-Title of the Submission:
-Summary Statement:
A single-sentence executive summary that introduces the achievements of
your submission (50 words or fewer – proofed – suitable for conference
publicity).
-Description:
A short overview that highlights the innovations and significant
accomplishments, commentary, or contributions of your submission to the
SIGGRAPH community (150 words or fewer – proofed – suitable for
conference publicity).
-Optional web url to be used for conference publicity.
-Primary submission area:
-Secondary submission area:
ここがポイントですね
You are required to select one Primary submission area and may
optionally select a Secondary submission area. Use the links below for a
detailed explanation of each submission area.
* Complexity and Accessibility
* Future History
* Global Responsibility
* Impact on Society
* Professional Development and Education
* SIGGRAPH Core
* Slow Art
* Computer Animation Festival

-Primary keyword:
-Additional keyword:
-Check here if this work has appeared or been submitted elsewhere?
-Indicate whether this work has been presented, published or submitted
elsewhere. This includes work that is closely derivative of other work
or techniques. If so, please give details.
-Check here if your presentation at the conference will differ from the
materials you upload.
-Indicate whether your presentation will differ in some way from the
materials you upload. For example:
Electronic file format doesn’t properly capture physical characteristics
Unable to upload final imagery yet due to copyright restrictions
-Provide as much detail as possible, but remember that the jury will
evaluate your work based solely on the uploaded materials, so you must
make sure the uploaded materials capture or explain its merits. Any
notes you give here are for clarification purposes only).
If so, please give details.
-Check here to request review by the English Review Service.
Non-native English speakers may use the English Review Service to help
with text of submissions. Please note that this takes time, so your
submission must be sent to the English Review Service well in advance of
the published deadline.

次のページはいつものコピーライト関係のようです。

様変わりするとチャンスもあるでしょうけど…なんだかSIGGRAPHじゃなくなっ
ちゃうかんじもしますね。
誰がどうやって振り分けるのか、それが問題かも。

いなかげ先生辺りに聞けば何かわかるんだろうか…。

http://akihiko.shirai.as/

アパート退去のお知らせ

本当はいろいろ面白い話やためになる話、
思い出話などを書き綴りたい気分なのですが、
アパートの退去まであと40時間ほどになりましたが、
荷物はいくら捨てても、送っても片付かないし、
掃除は進まないし、
補修はあるし、
不動産屋は最後になってスカタンだし。
正直なところ吐けば毒しか出てこないかもしれないのでやめときます
というかそんな暇があったら手を動かせという突込みが。
冷静に考えると焦ってきますし
そして物がなくなると、部屋がとても寒くて夜なんて、凍死寸前です。
まだ氷点下じゃないいけど、ものがないと体感温度はなぜこんなに低いのか。
基本リラックスですし、
どんな荷物の山の中でも仮眠を取ることができますが。
大学時代に比べて片付けられるし、捨てられる、普通の人間になっちゃいました
ので。
…うそです、スキャナーがないと、何もできません。
ともかく、この思い出一杯の我が家を「借りる前より美しく」する作業は並大抵
じゃないです。
明日には電話&ADSLも切れますので、Blogはおろか、メールも重要なものしか返
信できなくなると思います。なおこの状況は年明けまで続く予感です。
そんな状況ですから、電話や郵便などはすべてマッシュアップされております。
日本の042で始まるアトリエの電話番号にかけていただければ、世界のどこかに
居る私の携帯かSkypeが応答しますので、よきに。
年賀状などの季節のお知らせなど郵便も同様に相模原のアトリエ宛にお願いいた
します。
といいつつ地番変更してますので、知りたい方はメッセージでもお問い合わせく
ださい。
それでは、
(次いつかけるか判りませんので)
よいお年をお迎えくださいませ!
 しらいあきひこ

LPガス中毒

引越しを期に、自宅兼アトリエのプロパンガスの見直しをしようと思ったのだが…。
今契約しているところは、カナジュウコーポーレーションという大手。
料金高いがサービス品質は高い。
営業さんとかの雰囲気も悪くない。営業に金かけすぎな気もするが。
特に不満はないが、料金が高いし、そもそもLPガスは料金体系が不透明。
LPガスは自由契約なので、この数ヶ月かけてネットで探してみる。
2社ぐらいが「格安」をうたっている。でも怪しい。
250円/立方といってるが、交渉するとすぐに
「原油高なので280円でお願い」という。
さらに話を進めていると「移行が難しいので380円で」とか言ってくる。
どうもカナジュウは大手らしく、地元の小さいLPガス業者にかなり影響力を持っ
ているらしい。
そもそもLPガス協会とかもあるしね、仕方ないといえば仕方ない。
「日本的協業」といえばまさにそれなんだけど。
さらに「切り替え屋」というか、結局はユニオンとかただの営業代理店なのだろ
うけど、この人たちの論理はとてもおかしい。
ホームページで掲示している価格の倍ぐらいを提案したら、公正取引委員会の景
品表示法による虚偽表示、おとり広告に該当するわけなんだけど、それを指摘し
たら「XXというカナジュウさんとは関係の低い業者を紹介するので、そちらに一
度切り替えてから、また別の会社に」という。
電話帳で調べてみると、転送電話。
2chで調べてみると、そこにはアパートがあるだけで会社なんてないらしい。
まあ切り替え専用のペーパーカンパニーですな。
いちおう「2年間は価格保障」といっているのだけど、きっとすぐに吊り上げら
れる。SB方式というか。
というより、保険とか、変な営業とか抱き合わせられるのが目に見えてる。
「担当営業とお話しする時間を…」とか提案されているが、そんな暇ないです。
契約書を送ってほしい。というかそんな契約書だって、きっと無意味なんだろう
けど。
そんなわけで、自由競争とは言えど、LPガスは美味しい商売なんだと思う。
実際の担当業者や消費者はともかくね。
怪しいことになってきたので、直感が「引け!」といっているので
たぶんカナジュウに落ち着くような気がします。
というか数年中に完全電化&自家発電住宅に改造する予定。
今でも夏場の風呂は太陽熱だけでOKなので、まあほどほどにね。
以下参考リンク。
2chとかでも話題になってる。
http://www.23ch.info/test/read.cgi/atom/1165155256/
こういう怖い会社もあるし。
http://64.233.183.104/search?q=cache:UfESMtXOoL0J:mobile.seisyun.net/cgi/read.cgi/society6/society6_atom_1114455694+%E3%82%A8%E3%82%B3%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%82%B9&hl=ja&ct=clnk&cd=9&gl=jp&lr=lang_ja&client=firefox-a
これを見たら、現在の価格(400円台)は安く感じてきた…。安いというか適正価格…。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q126969517
日本エネルギー経済研究所・石油情報センター
http://oil-info.ieej.or.jp/price/price_ippan_lp_maitsuki.html
エルピーガス協会。こんなルールを作らないとまともにならない業界。
http://www.kanagawalpg.or.jp/txt/setrule4.html

フランスの違法ダウンロードを"救う"には

新作発表が無事終わり、アパートの撤去作業中です。
JAPAという日本のPOPカルチャー関係の研究会MLの話題を時々書きますが、今回
フランスでの「違法ダウンロード」という話題が挙がりました(豊永さん、問題
提起ありがとうございます)。
この先、なかなか忙しくて書く暇もなくなりそうですので、
書類を紙ごみにして捨てるべく、スキャナをがーがーかけながら、
ちょっと長い文章を書いてみました。
推敲してませんが、ポストしておきます。
---------------------------------------------
著作権や違法ダウンロードに関して、
日本人は中国方面の無法ぶりばかり腹を立てて注目しているようですが、
ラテン系民族の無法ぶりもものすごいものがあります。
というか、日本人が生真面目すぎるのかもしれません。
アングロサクソンだって、性悪説に基づいて法を作っているようですし、
この国では、盗む側は盗まれる側の事なんて、考えませんし、反省もしません。
新しいコンテンツメディアそのものを開発している側として、
結論めいたことをまず書かせていただくと、
まずは「市場を育てる努力」をしなければなりません。
そしてその先は「体験と教育」がキーワードになると思います。
「市場」という視点において、
日本のアニメがいくら人気だといっても、
ゼロ円/Euroで見ることを若いうちから習慣化している連中が相手です。
どんなにダンピングしても、ゼロ円には勝てない、
これはアニメ作品の大量・短期消費よりもたちが悪い現象です。
ハードディスクにダウンロードして、見たら消しているので、
DVD-Rを焼く手間やコストすら、払っていません。
「価値」という視点において、
DVDなどのソフトよりも、まずは「体験」を売らなければなりません。
ゲームやインタラクティブアートなどを生業にしていて、いつも感じることですが
DVDはコピーできても「体験」はコピーできません。
あとはいかにして流通可搬性をあげるか、ですが
インターネットの速度に市販DVDの流通速度が勝てないのですから、
既に私は物理的なイベント的なもののほうが、量はともかく質は上だと考えてい
ます。
EuroJapanComicさんがやっている、JapanExpoなどもいい例でしょうか。
ただ、有名人を連れてくるだけでは、ダメだと思います。
現地の同人レベルが上がらないと、生産→消費の位置関係が変わりません。
ちなみに、フランスの家計では、年収の半額近くを家族のバカンス(=体験。休
憩ではない)に費やしても、教育費はほとんどゼロで見積もられています。
また携帯電話も通話(ほぼ無限)につかうものであって、メールのような高くて
(1Euro/1通)遠回りなメディアは敬遠されるようです。
それ以外は、基本ドケチです。売る側も年に2回しか値引きしませんし。
ヤフオクではお金を払ってももらってくれないような中古品が、定価の半額ぐら
いで売れてしまいます。
そういう経済であり、価値観です。
それから「教育」。
タバコ1箱に税込み1000円出している大学教員が、
・映画一本のダウンロードに0.50Euro以下の値段しかつけられない。
・学生のPCソフトコピー禁止を諭すどころか推進する
・とても貧乏な契約雇用者。
そんな状況です。
一般に、教員のような職業が貧乏だから、という視点もありますが、
既に「すばらしいコンテンツに対価を支払う」という考え方が、完全否定されて
います。
(美術、ビジネス、役所関係は別です。彼らにはまだ対価を支払う習慣がある)
例えばPCプログラムで言えば、オープンソースを使いますが、コントリビュート
しません。
優秀な人、お金に余裕がある人、良識がある人…のみが歯車を動かしている状態
です。
刹那に生きる、明日を考えない、学ぶことが嫌い、ただでもらえるならなんでも
もらう…
そういった若者は、学生や、日本で言うところのニートに近いポジションにいま
すが、
そういうお兄さんたちが、"情報処理指導"と称して、小中学生にP2Pダウンロー
ドやMOD(ゲームのプロテクトはずし)を教えています。
『世界のどこかの優秀な誰かが、僕たちのためにタダで使えるようにしてくれて
いる、使わねば!』
…そういった理論です。開発はしません。
そんな環境で
フランス・西ヨーロッパのコンテンツ市場で単に「物を売ること」ではなく、
「メディア教育の根底」や将来を「日本から、どうにかせねば!」と
考えている人がどれだけいるのかわかりませんが、
日本からフランスに行く人は、結構少数派です。
多くの日本人の予想から外れず、
私自身の感想としては、
「不可能ではないが、とてもきつかった」というところです。
すくなくとも一人では、限界がありました。
そして、あまり知られていない事ですが、
多くの日本人が「もてはやされている」と思っている
日本のコンテンツの味わい方も、ステレオタイプに満ちています。
大学卒ぐらいになると、日本人よりも日本の歴史に詳しかったり、
そこそこのリテラシーはありますが、それ以下の学歴では、
「スシ」といえば「寿司」ではなく「不安」というフランス語を浮かべるでしょ
う。そんなレベルです。
それはともかく、
YouTubeで「フランス」というキーワードで探してみると、いかにフランスのメ
ディアが一般人に「表面的な日本」を強化してしまっているか、よくわかります。
記者などのメディアのキーパーソンが、既にステレオタイプに満ちていて、さら
に彼らが先入観だけで、いい加減な英語や通訳を介して、聞きやすそうな日本人
にばかり質問しているのが問題なのだと考えています。
なお旅行代理店にいけば、中国やモロッコ旅行はありますが、日本はほぼ、ゼロ
です。
一部のマニアックな仏教信者がツアーを組んでいたりはしますが…。
基本的には「すごく遠い国」だと思われています。
飛行機の値段も、それほど高くはないのに。
メディアのステレオタイプに話を戻せば、
結果、多くの場合において、
「日本は過当な競争社会、最適化されていないものは悪とみなされる」
「日本人は真面目だが、本音と建前(=不真面目さ)がある」
「日本社会は病んでいる人を突き落とす」
…といった日本を語る上で重要な点が抜け落ちています。
(日本人が「フランス=パリ」と思っているのに似ていますかね?)
マンガやアニメのビジネスを例に挙げれば、
週刊漫画誌が毎週発売され、何百もの漫画家が徹夜を繰り返し、血反吐をはきな
がら締め切りを守り、コンテンツを生み出し、アニメが毎週放映され、そこに
CMが入り、人気があろうがなかろうが、ネットで揉まれ叩かれ、3ヶ月に一度、
打ち切られる…そんなコンペティティブな国であるからこそ、多種多様で高品質
なコンテンツが生まれる…という事実を知らずに、オタクだとかポップカル
チャーだとかコスプレだとかの表面だけを紹介しているのです。
もちろん、その激しさは、こちらでダウンロードしている側も「きっと大変なん
だろうなあ」ぐらいの想像はしますが、「痛み」については一円も払ってないの
で、理解はしていません。
真面目さの裏にあるいいかげんさ(特に政治家)、ルポタージュすらされない社
会的弱者、話題にならないぐらい一般的な「いじめ」、などなど…。
加えて、こちらの未成年者は日本と違って法律からも、社会からも強く保護され
ています。
日本では、未成年に同人誌売る売らない、で運営側が社会から激しい攻撃を受け
ているのに!
そんな彼らに日本の著作権意識を振りかざしても、すれ違いしか起きないでしょう。
私が日本のゲーム業界で働いていたときから
「欧州市場は難しい」
これひとことで、諦めてしまい、ロストマーケット扱いにする人が沢山いました。
今でも欧州市場はゲームの中では第三世界扱いに近いところもあるのですが、
実際に、地方都市のローカルコミュニティの中に飛び込んでみると、いろんなこ
とが見えてきました。
MLやBlogなどで書くにはあまりに散漫なので、いつかまとめてやろうと思ってい
ますが、
P2Pによるロストマーケット、さらにネガティブマーケットによる影響は、
都市よりも地方のほうが顕著です。
少なすぎる娯楽、少ない店舗、出来ては潰れる日本関係ショップ、etc。
インターネットによって体験できる体験は、
地方都市の物理的リスクを減らしていますが、
ネットを通して社会全体を知った気になる、というリスクもあります。
まとめれば、この状況を
日本にもフランスにも「プラスのマーケット」にするには、
・市場を育て、
・教育と
・体験を、
・お金を出して買うという習慣を、
・共に働き、体を張って、見せ付けてくる。
…そういう日本の若者が、言語や文化だけでなく、
広い分野で飛び込んでいかなければ、
今後よりいっそう、コンテンツの違法ダウンロードは激化していき、
TV放送や映画も駆逐し始める日も早い、と感じています。
日本の食料自給率低下と、外食産業の構図に似ているかもしれません。
自国産ではないのに、生きるうえで必須ではないのに、
習慣として「安く手に入るから、それでいい」として、痛いものに目を向けない。
そんな悲観をしたくはないので、近い将来に、
フランスの学生が日本のコンテンツ業界に就職できるぐらいの、
フィロソフィとガッツを植え込みつづける必要があると、常日頃、感じています。
そうでなければ、日本が失ったロストマーケットは、ただのハードディスクの肥
やしと消えます。
日本に居る方には「何の話をしているか、わからない!」といった感じかもしれ
ませんが、
「海外から見た日本」は、まさに「黄金の国ジパング」であり、
『どうしてそんな国が成り立っているのか判らないけど、魅力的な国』なのです。
そんな幻想を見続けるのは、双方にとって利益ではないので、
これからも、この意識、「地球の裏側でダウンロードしている彼らを救うに
は?」を持ち続けていこうと思います。
 しらいあきひこ

【急】FolderShareが、大変なことに…。

私だけかもしれないんですけど、FolderShareにとんでもないことが起きてしま
いました。
12/3-6にかけて、ファイルが勝手に削除されるというバグが発生したそうです。
Microsoftから届いたこのメールでは特殊文字を使っていると削除される、とあ
りますが、日本語のファイル名とかが該当します。
たしかに、Trashに大量のファイルが居ました。しかもHDDが狭いので、削除した
覚えがあります。BATファイルとタスクを使って自動削除もしていますし。
つまり記憶にある範囲で4ギガぐらいの書類を消してしまいました。OTL!!!
普段自分は非ASCIIのファイル名を使わないのですが、MyDocumentsやプロジェク
ト関係で、他人から送られてきた資料類を中心に消されてしまったのが痛いです。
「Trashから戻せばもどせます」とありますが、フォルダ階層壊されてますし。
そんな忙しい作業をこの時期にやらねばならないというのもつらい…。
とりいそぎ、私のように手遅れにならないよう、Blogに掲載させていただきます。
あーあ、それにしてもMircrosoftめ…今まで何年も使えていたしアップデートも
ないので、どう考えても人為的ミスだよな…。 FolderShareに恨みでもあるんだ
ろうか。
せっかく便利に使っているのに、これから使い続けるかどうか、疑問…。
— Urgent FolderShare User Notification —
Dear FolderShare friends,
This mail is to alert you to a potential issue with the data you have
saved with FolderShare.
Please do NOT delete files from your FolderShare Trash folder until you
have verified that you were not affected by this situation.
From 12/3/07 to 12/6/07, some files may have been accidentally moved
from their original folders into the FolderShare Trash folder. The bug
that caused this problem has been fixed.
The only files affected are ones with names containing certain
characters, such as accents, trademark signs, etc. For example,
"Espan~a.jpg."
If you were impacted, your files should still be recoverable. They can
be found and restored from the FolderShare Trash.
All users should do the following:
1) Do NOT delete files from your FolderShare Trash folder until you are
certain that you were not affected by this problem.
2) Look in your FolderShare Trash folder for any files that should not
be there. To access your FolderShare Trash folder:
a. Click on the FolderShare icon in your System Tray
b. Click on "More"
c. Click on "View Trash"
If you see files in the Trash folder that should not be there, move them
back to their intended folders. Look for files with accents or special
characters, such as "Espan~a.jpg"
Note: in a few cases, the original folder could have been deleted, in
which case you will need to recreate it.
For the latest updates on this situation, see the FolderShare web site:
http://www.foldershare.com
We sincerely apologize for any inconvenience this problem has caused. We
have corrected the source of the problem and taken steps to help prevent
this from happening again.
Thank you for your continued support of FolderShare.
– The FolderShare team
You are receiving this message from MSN because you are a valued member.
Microsoft respects your privacy. To learn more, please read our online
Privacy Statement at:
http://communications3.msn.com/Key=3382.JsX.C.9.FmBXWV
Microsoft Corporation
One Microsoft Way
Redmond, WA 98052

【急】FolderShareが、大変なことに…。

私だけかもしれないんですけど、FolderShareにとんでもないことが起きてしま
いました。
12/3-6にかけて、ファイルが勝手に削除されるというバグが発生したそうです。

Microsoftから届いたこのメールでは特殊文字を使っていると削除される、とあ
りますが、日本語のファイル名とかが該当します。
たしかに、Trashに大量のファイルが居ました。しかもHDDが狭いので、削除した
覚えがあります。BATファイルとタスクを使って自動削除もしていますし。

つまり記憶にある範囲で4ギガぐらいの書類を消してしまいました。OTL!!!

普段自分は非ASCIIのファイル名を使わないのですが、MyDocumentsやプロジェク
ト関係で、他人から送られてきた資料類を中心に消されてしまったのが痛いです。

「Trashから戻せばもどせます」とありますが、フォルダ階層壊されてますし。
そんな忙しい作業をこの時期にやらねばならないというのもつらい…。

とりいそぎ、私のように手遅れにならないよう、Blogに掲載させていただきます。

あーあ、それにしてもMircrosoftめ…今まで何年も使えていたしアップデートも
ないので、どう考えても人為的ミスだよな…。 FolderShareに恨みでもあるんだ
ろうか。
せっかく便利に使っているのに、これから使い続けるかどうか、疑問…。

— Urgent FolderShare User Notification —

Dear FolderShare friends,

This mail is to alert you to a potential issue with the data you have
saved with FolderShare.

Please do NOT delete files from your FolderShare Trash folder until you
have verified that you were not affected by this situation.

From 12/3/07 to 12/6/07, some files may have been accidentally moved
from their original folders into the FolderShare Trash folder. The bug
that caused this problem has been fixed.

The only files affected are ones with names containing certain
characters, such as accents, trademark signs, etc. For example,
“Espan~a.jpg.”

If you were impacted, your files should still be recoverable. They can
be found and restored from the FolderShare Trash.

All users should do the following:

1) Do NOT delete files from your FolderShare Trash folder until you are
certain that you were not affected by this problem.

2) Look in your FolderShare Trash folder for any files that should not
be there. To access your FolderShare Trash folder:

a. Click on the FolderShare icon in your System Tray
b. Click on “More”
c. Click on “View Trash”

If you see files in the Trash folder that should not be there, move them
back to their intended folders. Look for files with accents or special
characters, such as “Espan~a.jpg”

Note: in a few cases, the original folder could have been deleted, in
which case you will need to recreate it.

For the latest updates on this situation, see the FolderShare web site:
http://www.foldershare.com

We sincerely apologize for any inconvenience this problem has caused. We
have corrected the source of the problem and taken steps to help prevent
this from happening again.

Thank you for your continued support of FolderShare.

– The FolderShare team

You are receiving this message from MSN because you are a valued member.
Microsoft respects your privacy. To learn more, please read our online
Privacy Statement at:

http://communications3.msn.com/Key=3382.JsX.C.9.FmBXWV

Microsoft Corporation
One Microsoft Way
Redmond, WA 98052

http://akihiko.shirai.as/