WiiRemoteを分解する

あまりBlogには書いていないWiiRemoteネタですが、毎日いろいろ進んでます。
今日は、とある新プロジェクトのためにWiiRemote5本買ってきました。
フランスで販売されているものも、もうシリコンラバーつきになってました。
値段も49Euro→40Euroになってていいかんじ。
しかもどこの店でも同じ値段だし。これは会計上うれしい。
ちなみに大規模店はNoel対応になっていて、ありとあらゆるWii関連グッズが所狭しと並んでました。
ギターヒーローのWiiコントローラー接続用ギターが売っていて驚く。
モーションセンサーと、クラシックコントローラの組み合わせで作れそう、自宅で。

でも任天堂認定周辺機器として金色のシールが張ってありました。
あとはWiiSports関係の樹脂アタッチメントかなあ、てゆかたけえよ!!ゴルフとテニスのラケットで39Euroってなにそれ?日本の100円ショップを見習ってほしい。まあ1月のソルドでは安くなってるんだろうな~。

さて、分解ネタですが、ある意味グレーゾーンを踏み越えた行為なので簡単に書きます。

<用意するもの>
(1)精密ドライバ(マイナス1-2mm、それぞれ1本)
(2)ペンチ
(3)壊してもいいWiiRemote
もちろん「△」型のネジ回しを持ってる人は、(1),(2)は要りません。
てゆかせっかくだから「N」とか「W」とか「M」型のネジにしたらかっこよかったのに>任天堂
…なんて冗談はともかく、この△セキュリティネジのはずし方です。
写真のように、大の大人が二人がかりで取り組みます。
一人がWiiRemoteと精密ドライバを固定し、もう一人がペンチでドライバをゆっくり回します。

コツは精密ドライバの差し込み方と、ゆっくり回すことですね。
たぶんはずすと保証は効かないと思います。そもそも開けたら壊れれると思ってください。はずしたネジは締めるの大変ですし。
ちなみにこんなペンチを使ったテクニックなんて、紹介するまでもないと思ってたんですが、フランス人が見ていた某サイトでは、ドリルでぶち抜いていましたので…。よい子はまねしてはいけません。


で、お決まりの分解写真ですが。まあこんなかんじです。

写真では判らないと思うんですが、多層基盤なんですねえ。
あとプラスティック成型の技術が感涙ものです。2色成型とか、組み立てやすさとか。

「-」「家」「+」の3つのボタンは任天堂お決まりの通電ゴムではなくて、ペコペコボタンです。たぶん激しく押してると、壊れます。
イメージセンサーとバイブレータは簡単にはずせそう。
特にバイブレータは中国での工員さんのために「青」「紅」と書かれています。
ところでなぜ分解したかと言うと、下の4青LEDと電源、Syncスイッチまわりを外装にしたかったのですが、スイッチや電源はともかく、LEDは基盤じか付けだったので断念です。
いろいろやってたら某アレクシィが基盤壊しやがりました。
本人ちょっとあせってましたが、私はこういう「治らない破壊」に対しては責めません。
本人は責めないが、ちょっとだけ書かせてもらう。
こいつは本当に電気系出身なんだろうか。
LEDのアノードとカソードぐらい覚えておけ、というか数学もアルゴリズムも微妙だぞ。
「動けばいいでしょ」というかんじで簡単なアルゴリズムも口で説明できず、より簡素なセットアップを志向するなんて、10年早いぜ。
とはいえ、自分もすっきり数学で片付かないときは、とりあえず実装しますけどね。
フランスは数学強い国のはずなのに、やっぱり旧制グランゼコールの学生のほうが脳みその仕組みは数学物理よりだよなあ、と思ったり思わなかったり。
<たぶん続きます>

WiiRemoteを分解する」への3件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    初めて拝見しました。aix-en-provenceのボザールで、wiimoteを使ったワークショップに参加しています。この日記のおかげで、探していたバイブレーターがみつかり、先生ともども喜んでいます。ありがとうございます。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    Wiimoteを使ったワークショップ@AixEnProvence!!
    そんなイベントがあったとは!!
    ホームページなどありませんか?
    ぜひともレポート希望です。

コメントは受け付けていません。