ダメージ面接

後味の悪いやな感じの面接だったな。
天下のS社だというのに、
あとあとトラウマになりそうな面接。
近海物サンマ漁が得意な人に
遠洋に出てマグロとって来いという。
しかも燃料は片道分だけ。
そもそもそこに魚群がいるかどうかもわからない、と言われる。
サンマすらいないかも、ともいわれる。
それでも働けますか?と人事のお姉さんは
嘲笑気味に言う。
それにしてもS社の女性社員はみな同じような感じの人が多い。
業界七不思議に加えてもいい。
それにしても、まさに大地震のあと。
空爆続く被災地のような職場。
それを理由に曲がった仕事に耐え続ける人々。
てゆーかそれでも本当に人材必要なのだろうか?
そこにいる転職したてという若者にはやれない仕事なのかい?
まともに働ける人はとっくに去ってしまったの、かも。
こういう環境で働いている人は
ほんとご苦労様だと思う。
フランス帰りたくなってきた。
いやはや勉強になりました。
凹みつつ寝ます。