LG2007/IVRC2007/国内SIGGRAPH2007報告会関連

ちょっとたまった学会・国際会議関係の案内をまとめて流します。
まず最初、フランス、ソフィア・アンチポリスで9月24-26日に開催されるLG2007
(Learning with Games)の参加募集です。
これって、もともと欧州プロジェクトが背景にある学会なんですあg、すごい論
文の集まり方。
やっぱりシリアスゲームとかビジネスゲームとかは欧州でも暑いトピックなんだ
ろうか、とか。
-----
LG2007 Learning with Games – Serious Games and Business Games –
Programme Announcement – 24-26 September 2007, Sophia Antipolis, France
More than 80 papers, 100 people, 9 sessions, 3 workshops and 31 countries.
This is Learning with Games that aims to promote excellence in the use,
research, production and deployment of Serious Games, Business Games and
Pervasive Games to support the learning of individuals within the
academic, industrial and business schools environments.
Join us!
24th — 26th September 2007, Sophia Antipolis, France
Conference website
www.lg2007.org
Sponsors:
European Commission – DG Information Society and Media
PRIME EU Project
LABORANOVA EU Project
IPROMS
IFIP
Imaginary
Angils
Learning with Games 2007
After a successful call for papers, LG2007 sessions will offer you more
than eighty scientific/technical papers, organised in three parallel
sessions and nine different tracks, describing experiences using Serious
Games in Business Management and Engineering Education, Serious Games
for Kids and High School Education, as well as game programming and
pedagogical/psychological issues.
The global gaming community is invited to exploit the conference to
disseminate and share its experience. LG2007 will create a
multi-disciplinary forum where teachers, lecturers, researchers,
developers, artists, producers and industrial and academic users come
together to share ideas, knowledge and experience.
LG2007 will be a showcase of the new approach to the learning that can
be achieved using games, making education and training fun and enjoyable.
The conference invites leaders from industry, government, funding
agencies, academia and business schools to exchange ideas/views on the
new learning and training tools.
Your attendance at the Conference will offer an excellent opportunity
both to disseminate the results of your research and projects and
stimulate your concepts and ideas to launch innovative research
collaborations and projects for the future.
With a selected attendance, the Conference is the leading initiative to
network with the top-level global industrial and scientific community of
this area.
Programme
The Conference programme foresees key note speeches from experts in the
field, research presentations, paper presentations, demos of the latest
games. Time for networking with the other attendees will add special
value to your participation.
To download the preliminary programme click here.
Key notes speeches:
?Leonie Scha"fer, European Commission, Project Officer
?Demetrios G Sampson, Dept of Technology in Education and Digital
Systems, University of Piraeus
?David Wortley, Serious Games Institute, Director
Workshops:
?Workshop on PRIME-TIME — Play the PRIME game
oOrganised by the PRIME Consortium
?Workshop on Productive games: Games for Strategic Innovation
oOrganised by the LABORANOVA Consortium
?Interactive Workshop to create a Wider Awareness about Serious Games in
Europe
oOrganised by imaginary
Sessions:
?Experiences of Serious Games in Business and Management
? Business and Management
? Supply Chain Management
? Game Programming
? Kids and High School
? Business Game Programming
? Social and Psychological issues
? Engineering and Technical Education
? Innovation Management
? Pedagogy and Serious Games
Invitation to Exhibit
We invite companies, government organizations, and academic institutions
to showcase serious games along with all related technologies and
services — hardware, software, integrated systems, innovations,
literature or anything else of interest to our conference participants.
Posters and research demos will also be located near the exhibits.
During the three days of the Forum space and facilities for poster
sessions and exhibitions will be made available to participants.
Accommodation
The venue is the: Grand Hotel Mercure Sophia Country Club ****
Located between Nice and Antibes, 15 minutes from Cannes in the Sophia
Antipolis park science.
Hotel is built in a 12 hectare landscaped garden and has two swimming
pools, twenty tennis courts, golf course, sauna, gym, bar and deluxe
brasserie.
Conference Organization
Conference Chairs
* Marco Garetti, Politecnico di Milano, Italy
* Marco Taisch, Politecnico di Milano, Italy
* Asbjorn Rolstadas, SINTEF, Norway
* Alvaro de Oliveira, AlfaMicro Ltd., Portugal
* Lucia Pannese, imaginary, Italy
Program Committee
* Bjorn Andersen, SINTEF, Norway
* Jacopo Cassina, Politecnico di Milano, Italy
* Carsten Magerkurth, SAP, Switzerland
* Max Mo"ller, Danish University of Education, Denmark
* Manuel Oliveira, AlfaMicro Ltd., Portugal
Local Organising Committee
* Jacopo Cassina, Politecnico di Milano, Italy
* Marco Gerosa, Politecnico di Milano, Italy
* Sergio Terzi, University of Bergamo, Italy
* Marco Taisch, Politecnico di Milano, Italy
* Chiara Zigliani, Consorzio Politecnico Innovazione, Italy
International Scientific Committee
* Maria Anastasiou, Intracom, Greece
* Adrian David Cheok, Mixed Reality Lab, National Univeristy of
Singapore, Singapore
* Slavko Dolinsek, University of Primorska, Slovenia
* Heiko Duin, BIBA, Germany
* Elhanan Gazit, DiGRA ISRAEL Chapter, Holon Institute of Technology, Israel
* Poul Kyvsgaard Hansen, Aalborg University, Denmark
* Dimitris Kiritsis, EPFL, Switzerland
* Paul Lefrere, The Open University, United Kingdom
* Julien Etienne Mascolo, CRF, Italy
* Jari Multisilta, Tampere University of Technology, Finland
* Anton Nijholt, University of Twente, The Netherlands
* Roumen Nikolov, Sofia University, Bulgaria
* Martine Parry, Angils, United Kingdom
* Edmond Prakash, Manchester Metropolitan University, United Kingdom
* Ute Ritterfeld, University of Southern California, USA
* Petko Rouskov, Sofia University, Bulgaria
* Angela Sasse, University College of London, United Kingdom
* Leonie Schaefer, European Commission – DG IST
* William Seager, University College of London, United Kingdom
* Ritta Smeds, Helsinki University of Technology
* Mattias Svahn, SICS, Sweden
* Ingrid Spjelkavik, SINTEF, Norway
* Jens O. Riis, Aalborg University, Denmark
* Klaus D. Thoben, BIBA, Germany
* Josef Withalm, Siemens, Austria
“Learning with Games”
24th — 26th September 2007 Sophia Antipolis, France
www.lg2007.org
---------------------------------------------—
続いてIVRC2007東京予選大会。
もちろんインタラクティブ東京とも併催です。
interactivetokyo.jp/2007/about.php
             記
依頼内容:IVRC2007 予選大会 審査
開催日時:2007年9月29日・30日
審査日時:2007年9月29日(土)
集合時間:14:00
集合場所:東京科学未来館 7階 受付
IVRCHP:http://ivrc.net/2007/
スケジュール:
     10:00- 一般公開
     14:00-16:00  審査作品体験
     16:00-17:00  審査会議
     18:00-    表彰式
■予選大会参加チーム
  作品名 チーム名 所属(大学等)
1 MABOROSHI     The 理工系男子    電気通信大学
2 かげかみさま   かげかみさまのおかげ 奈良先端科学技術大学院大学
4 いれたら     にゃー        電気通信大学
5 HOP AMP     ライトフライヤー 筑波大学
6 Heaven's Mirror  Stamwoo        東京工業大学
  (神様用鏡で遊んでみませんか?)
7 かげくり 2.5D         岐阜大学
8 HAPPA!!      中トロ        電気通信大学
9 風景バーテンダー 酒豪         北陸先端科学技術大学院大学
10 ムーミのいる部屋 zsh IAMAS
---------------------
以下、国内で開催されるSIGGRAPH2007報告会を3件まとめて。
[IGDA Japan]
ゲーム開発者セミナー
  連続企画:新世代CG表現の事例報告 ~第2回~
  SIGGRAPH2007に見る、明日のゲームコンテンツ開発
www.igda.jp/modules/eguide/event.php?eid=43
 SIGGRAPHは、言わずと知れた、世界最大のCGの祭典です。毎年、北米はもちろ
んのこ
と、世界中からクリエータや研究者が集まり、斬新な技術や製品が次々と公開さ
れます。
本セミナーでは、8月5日から9日まで米国カリフォルニア州サンディエゴで行
われた
SIGGRAPH 2007の各種イベントのうち、明日のゲームコンテンツ制作の現場に役
立つ技術
にスポットを当て、最新レポートをいち早くお伝えいたします。ゲーム開発に関
連する制
作ケーススタディ系のネタを重視してお届けします。
 当日は、「そこもっと詳しく教えて!!」のような声をどんどんお掛けくださ
い! 来
場の皆様の興味に応じて、インタラクティブに発表いたします。
<トピックス>
発表者:川島 基展
所属:東京工科大学片柳研究所クリエイティブ・ラボ
・コース(セミナー)
・論文発表・テクニカルスケッチ:
 高品質・リアルタイムCG表現技術の最前線
 映画・ゲーム等の優れた制作事例
・E-TECH:実用化一歩手前のクリエイティブ技術
・機器展:CGツール・映像システムの最新事情
・コンピュータアニメーションフェスティバル:上位入賞作品紹介
セミナープロデュース:山路和紀(プレミアムエージェンシー)
<概要>
■日時:9月1日(土)
■場所:CGーARTS協会
   http://www.cgarts.or.jp/access/index.html
■定員:60名
■主催:国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)
■後援:CG−ARTS協会
■参加費:1,000円
・参加費は、当日の運営費用として使用させて頂くほか、IGDA日本の運営費用と
して使わ
せて頂きますことをご了承下さい
■懇親会費:3,500円
・懇親会は、会場を予約する都合上、事前申込みになります。また、基本的にお
申し込み
頂いた方のキャンセルはできませんので、ご注意ください。
・参加費、懇親会費とも当日受付にてお支払いください。
・ 参加者の対象は限定してません。テーマに関心のある方であればどなたでも
参加でき
ます。
<プログラム>
タイムスケジュール
13:00 受付
13:30 開会
(途中30分休憩)
17:00 終了
18:00 懇親会
申込みは、以下のページにてお願い致します。
www.igda.jp/modules/eguide/event.php?eid=43
------
↑まだキャパシティがあるそうですよ
↓は、画像電子学会の秋季セミナー@9/20-21。
SIGGRAPH+EUROGRAPHICSの報告会も魅力ですが、ほかの研究発表も知っている人
がいて魅力。とくにいまぎいれさん@バンダイナムコとか、芽先生@山梨大と
か。概要だけで見ると高橋成雄@東京大学の発表が一番興味深い。
 問題は参加費が高いってことです。あと、微妙にこの時期の他の関連イベント
ともぶつかってますね。
------
画像電子学会第31回秋期セミナーのお知らせ
ビジュアルコンピューティングの基礎から最先端応用
wwwsoc.nii.ac.jp/iieej/trans/31syuki.htm
■趣旨
本セミナーは,コンピュータグラフィックスの分野で活躍する第一線の研究者,
技術者が,コンピュータグラフィックスの基礎から,アニメーション,映画,
ゲーム,および医療現場における応用事例,さらには今年のSIGGRAPH,
EUROGRAPHICS等の国際会議で紹介された映像や研究発表について解説するものです.
■対象
・CGに関する最新の技術動向を習得したい方,CGに興味を持つ学生の方.
・CGによる新しいビジネスの可能性を探りたい方.
・企業の第一線で活躍されている方,および入社数年の研究開発者の教育用にも
ご利用ください.
■開催日時:2007年9月20日(木),21日(金) 9:00−17:30
■開催場所:東京大学教養学部(駒場) 18号館ホール
■参 加 費: 会 員 (賛助会員、協賛学会会員を含む) 
25,000 円〔23,000円〕
学 生 (大学院学生、長期継続特典利用の方を含む) 
5,000 円〔 3,000円〕(学生歓迎)
非会員   35,000 円〔33,000円〕
2日間・1名につきの価格です。参加者には講演資料のテキスト(モノクロ)とカ
ラーで見やすいCD-Rによる講演  資料の電子ファイル(パスワード付)を用意
します。また、本セミナーの理解に大変役立ちます書籍「ビジュアルコ  ン
ピューティング」*(税込価格¥3045円)も付いております。なお、書籍が不要
な方は〔 〕内の金額となります。  (振込み手数料はご負担下さい。)
■ 定 員:150名 (定員になり次第締切りますので、お早目の申し込みをお願い
致します)
■ 申込み先等:
〒105-0012 東京都港区芝大門1-10-1 全国たばこビル6F  
「第31回秋期セミナー事務局」
TEL:03-5403-7571 FAX:03-5403-7572 
E-mail:kikaku@iieej.org
下記事項をご記入の上、FAX又はE-mailにてお申し込み下さい。
タイトル:第31回秋期セミナー申し込み
参加者氏名、会社/大学/団体名、所属部課名、資格(会員
賛助会員/学生会員/非会員 協賛学会名など)  連絡先(郵便番号、住所、
電話、FAX、E-mail など)、書籍付の有無、請求書の有無
■ 主 催:画像電子学会
■ 協賛(予定):日本印刷学会,日本画像学会,日本写真学会,映像情報メディア学
会,情報処理学会,電気学会,電子情報通信学会,日本図学会,CG-ARTS 協会(財団
法人 画像情報教育振興協会)
■プログラム(各講演タイトル・時間割等は予定です。随時、画像電子学会ホーム
ページ**でお知らせします。)
9月20日(木)
10:30-10:40 開会の挨拶
10:40-11:50
◇画像処理技術の応用     
山口 泰(東京大学)
近年,画像ベースレンダリングを中心として,画像生成
を目的とするコン ピュータグラフィクス(CG)において,画像処理が重要な役
割を占めるようになってきている.本講演では,最近のCGで良く利用される画像
処理技術について 解説を試みる.
昼食
13:00-14:10
◇循環器系の計算生体力学とCG・可視化 山口 隆美(東北大学)
心臓血管系は生命現象の源であり、心臓病と脳血管障害など、血管系の疾病は先
進国における最大の死因をなしている。これらの疾患の原因、治療、予防を考え
るためには、血流の流体力学的解析が必要であり、とくに、計算流体力学とCG
は必要不可欠である。
14:10-15:20
◇NPR -写実的描画を越えて-          
茅 暁陽(山梨大学)
情景をありのままに表現する写実的描画法に対して,絵画やイラストなどのよう
な強調や省略によって情報を効果的に伝達できる画像生成技術―ノンフォトリア
リスティックレンダリングについて述べる。
休憩
15:40-16:50
◇レンダリング: 基礎からラジオシティ・フォトンマップまで
金田 和文(広島大学)
フォトリアリスティックな画像を生成するためのグローバルイルミネーションモ
デルであるラジオシティ法とフォトンマッピング法を中心に解説する。また、近
年注目を集めている画像を利用した各種レンダリング手法について紹介する。
9月21日(金)
9:30-10:40
◇コンピュータビジュアリゼーションにおける視覚応用
-人の視覚システムのモデル化とそれに基づく画像生成技術− 
高橋 成雄(東京大学) 
本講演では、人の視覚システムにおける画像処理の機構に関する脳科学的/心理
学的な知見を利用することで、いかにコンピュータビジュアリゼーションにおけ
る画像情報提示技術の視覚的な質を高めることができるかについて、近年の取り
組みを例にとり紹介する。
10:40-11:50
◇3次元モデルの形状類似検索 大渕 竜太郎(山梨大学)
3次元モデルをその「内容」、例えば形、動き、色などの類似性によって検索、
分類、組織化する技術が重要になってきた。本講演では、形の類似性に基づく3
次元モデルの検索や分類の手法について、その手法、現状と動向を解説する。
昼食
13:00-14:10
◇MR拡散イメージングに基づく脳白質の可視化と解析 増谷 佳孝(東京大学)
拡散テンソルMRIを含めた拡散MRIは、生体内の水分子の拡散異方性を定量的に計
測、画像化するもので工学的にも医学的にも様々な研究がなされている。本講演
では、イメージングの基礎から可視化や解析を含めた後処理まで、最新の研究成
果を交えた解説を行う。
14:10-15:20
◇ゲーム開発の現状     
今給黎 隆(バンダイナムコゲームス/東京大学)
ビデオゲームは、一般の人にCG研究の応用事例を提供できる場であり、GPU
の設計にはゲームの高速化が考慮されていたりと技術の進展にも大きな影響を与
えている。本講演では、ハードウェア及び、ソフトウェアの両面からゲーム開発
で使われる技術を紹介する。
休憩
15:40-17:10
◇国際会議(SIGGRAPH2007, EUROGRAPHICS2007等)報告「CG研究の最先端」
近藤 邦雄(東京工科大学),柿本 正憲(日本SGI),西田 友是(東京大学)
SIGGRAPH、およびEUROGRAPHICSにおける発表論文をもとに、世界のコンピュータ
グラフィックスの研究動向について紹介する。また幾つかの代表的な興味深い研
究論文を紹介する。
17:10-17:20   閉会の挨拶
------
以下は8/23ですのでもう過ぎちゃってますがSIGGRAPH東京の報告会もおまけで掲
載しておきます。
------
www.sig-tokyo.gr.jp/
毎年恒例のSIGGRAPH2007報告会です。
San Diegoで開催されるCGに関する国際学術会議「SIGGRAPH 2007」の報告会を開
催します。
今年、San Diego コンベンションセンターで開催された世界最大のCGイベント
『SIGGRAPH 2007』の報告を、ACMのローカルチャプターであるシーグラフ東京
(TOKYOACM SIGGRAPH)が他に先駆けて 8月23日(木曜日)に 報告会を行います。
多くのみなさまの参加をお待ちしております。
主催   TOKYO ACM SIGGRAPH(シーグラフ東京)
開催日  2007年8月23日(木曜日)
開場    18:00
報告会  18:30-21:00 (時間は、若干変更の可能性があります)
場所    CG-ARTS協会 4階会議室

がんばって探せ、されば報われる。

就職活動継続中。
ここ数日は企業向けの活動が中心です。
さて何で「今さら企業で働きたいか」というと…
・大学教授になるには早いと思っている
 就任時35歳。准教授としては悪くない年齢。
 でもあと15~20年(しかも場所によっては期限付き&更新なしポスト)で
 同じ場所で働き続けられるか…というと疑問がある。
 研究の内容的には5~10年は先を行っているだろうけど、
 世の中の変化のスピードに大学教員というポストがついていけるか?
・工学/ものづくりは企業のほうが経験になる、絶対的な「環境」の違い
 「工作室もない、相談できるプログラマもアーティストもいない環境」
 …という環境が耐えられるか?
 全部自分でゼロから作り上げていく、という経験をこれ以上重ねたくない。
・しかも世の中に実際に使われる可能性が大学研究室よりも高い
 プロトタイプやデモ、論文は日本の大学研究者にとってのゴール。
 でもそれは本当に人類の明るい未来に貢献できるのか。
 おもちゃを作るのは楽しいが、その楽しみのために自分の人生に
 限界を設定してしまうのは、なんだかつまらない。
・「ひとりでできる」に限界を感じている
 もちろん自分自身の「個人の能力」は常に高めていますし、
 自立心、「一匹狼的思考」も持ち合わせてはいます。
 しかし!冷静に考えてください。
 今後のインタラクティブ業界は、本当に、ひとりで物が作れるんでしょうか?
 コンシューマゲームを例に挙げるまでもなく、
 プログラムもハードウェアも人々の巻き込み方も、どんどん規模が大きくなっています。
 「スタンドアローン思考」は、もう限界かもしれない。
 私は笑顔でにこやかに仕事するのが好きです。
 人と話をするのも聞くのも好きです。
 信頼感を得て、ともに働くのが好きなタイプは、
 ハードもソフトもアートも国際も判る、経験がある人は、
 やはり『ひとりでできるもん』というレベルから脱していかなければ、
 世の中のためにならないんではないかと思うんです。
 私が勝手に思っているだけなんですけど。
 まあ「インタラクティブ2.0的思考」とか勝手に名づけておきます。
 ☆せめて2.0名以上、5.0名ぐらいはスペシャリストがいるチームがいいかも。
・「人を育てる」のも魅力ある、しかしそれは研究室でなくてもできる。
・大学は2−3年で学生が入れ替わってしまう(結構大きな理由)
 人を育てるのは本当に楽しい。
 たぶん、向いてもいるだろう。
 しかし、その出口が「卒業」であり、その先が「企業」であり、
 その中のプロジェクトで活躍することなのであれば、なんか違う。
 「人を育てる」のは、できれば「一緒に働くために」育てたいと思う。
 (もちろん論文の共著者として育てる、というのはありですが)
・異業種、異文化、革新的、スピード、どれをとっても大学よりは企業のほうが(テンポ的に)向いている。
 日本の大学は「同業者、同文化、保守的、できればゆっくり」という文化。
 断定したくはないが、大多数はそういう文化です。
 (否定する人は、連絡求む。with募集要項。)
 さらに日本の大手企業の研究所も、より厳しいけど、路線は近かったりする。
 「厳しい環境に身をおく」というのが全面的に好きなわけじゃないし、
 最近は日本の研究ポストも結構厳しい。少なくとも「ぬるま湯」ではない。
 でも、事務的・内部抗争的なストレスを高めるぐらいなら、
 「学内で一番」ではなく「世界で一番」を目指してほしいと思う。
 事務方/事務仕事は、そのためのサポートを全力でする、という位置づけであるべき。
 できればそういう場所で働きたい。
以上、大学の大きさやミッションにもよるけど、
数年の経験の後、だんだんそう感じるようになってきた。
だからいまのところ第一希望は企業。
しかもR&Dがちゃんとできるところ希望。
もちろん子供二人育てているので、給料もしっかりもらえるところ希望。
日本企業も3年前よりはずいぶんと魅力的になってきたと思う。
(というか格差社会、企業格差は確実に広がっているように思う)
そうでなければ、本当に責任持てる人(部長クラス・学科長クラス)が、
直接私を口説いてください。
その人にカリスマがあり、私が信頼できると思えば、
多少条件が合わなくても「経験として」一緒に働いてみたいと考えています。
むしろ、そのために履歴書出したり、試験を受けたり、面接を受けにいったりしていると思います。
ところで。
2000-2003年に、SCEが任天堂に打ち負かされるなんて、誰が想像したでしょう?
しかしいま、すごい勢いでSONYグループから同業他社に人が流れていますね。
たとえばSONY→Canonなど、かつてとはまったく逆の方向に。
SONY社員をどうこう言う気はないんですが「沈む船センサ」が働く人は逃げたらいいし、
「膝まで沈むまで耐える」人は耐えたらいいと思います。
どっちにしろ、個々のエンジニアにとって、給与や生きがい、プライオリティは違いますし。
ただ、あっけなく某・東アジアのライバル企業とか、同業他社とかに身売りする人は、
自分の人生でも「何か大事なもの」を売ってしまったと思ったほうがいいかもしれないですね。
売ってお金になるうちに売った、という表現が正しいかもしれませんが)
あと
「レヴォリューション」といえば聞こえは良いんですが、
やはり「堅実に革新を継続」という経営判断ができる場所でなければ、
革新的な研究開発は続けられないし、新製品も個性が生まれない。
「2番手でいいや」という企業はいままでいっぱい見てきたけど、
「2番手→1番を目指す」という方向性とタイミングが重要。あと謙虚さ
でないといつでもひっくり返される。日本はそういう世の中になってきた。
なんだか矛盾しているようですが、それだけ難しいことを経営者は要求されているわけですね。
もちろんこれは経営トップから係長ぐらいまでがそういう意識でないと成立しませんが。
さて。
大学が滑り止め、というわけではないし
受けたところはどれも自分に向いているところだと思います。
ただ、その中の社会が自分に向いているかどうかは外からはわかりませんし、
こればっかりは「縁なもの」なのだと思います。企業もそうですが。
そんなわけで、ここから先は
「私の都合」というよりも一旦、
「受け入れる側の都合」というフェーズになってくることでしょう。
無責任なようですが、
働くことが決まった職場では、いつも死ぬ気でがんばってます。
これからも責任持って「運を天に任せたい」と思っています。
ところで企業への再就職、つまり私の場合は転職ですが、
ヒューマンインタフェース、VR、リアルタイムグラフィックス、人間科学、というカテゴリは
けっこうニッチで、なかなか一般の転職支援サイトでは見つかりません。
ここ数年で転職市場も大きく変わってきたなあという感覚は…
・ゲーム会社を検索すると、パチスロ関係と携帯関係がほとんど。
 さらに"まともな給料"で契約じゃない雇用形態だと、必然的にパチスロになってしまいます。
・IT系は裾野が広い
 冷静に考えると、Webプログラマとして普通に飯が食えるスキルがあるようなので、
 「生きていけないかもしれない」という恐怖はないんですが、その後の行き詰まりは早そう。
 それぐらいなら大学教員で研究よりの仕事目指してがんばったほうが、長い残りの就業人生ではプラスかも。
 それに、とにかく給料の幅が大きい業種です。
 やっぱりこれも成果やスキルを見積もるのが難しいんではないかと思います。
 「儲かっている会社=給料安い、契約社員」という、一定の損益分岐ラインが存在する。
 でももし死ぬ気で働くなら、そのカテゴリはやめたほうがいいと思う。事故死/過労死できるから。
・メーカー系でマルチメディア
 けっこうこの種類の業種は増えてきたように思います。
 しかもIT系と違って、(転職市場的に)業務経歴から簡単にスキルが見積もれるわけでもないので、
 「PhD+海外経験者」という日本の転職市場における「イリオモテヤマネコ」な私は、
 イリオモテヤマネコが「普通の猫と見分けがつかない場所」にいくべきではないと思う。
 むしろ「外産種がいてもおかしくない」ような、動物園みたいな場所のほうが向いているかもしれない。
・企業間の速度の違い
 人事・採用を通して「企業間の速度の違い」というのを目の当たりにしています。
 これは実は企業の大きさとはあまり関係なく、大きく違いますね。
 有名/老舗メーカーは転職支援サイトでもエージェントサービスを利用して、応募者をふるいにかけ、
 さらにそこから社内人事部で選考するので、軽く2−3週間はかかります。
 そんな状況でも、エージェントに頼らず、社内のHR部門が高速にプロフィールや履歴書、
 職務経歴書を読み解き、即座に「つば付け」ができる企業というのはキラリと光っています。
 こういう企業は、海外からの応募でもWelcome!といった感じで、場合によっては
 「書類→技術面接→筆記→役員面接」というプロセスを短縮してくれたり、
 電話インタビューで選考してくれたりといった対応をしてくれます。
 「評価してもらえる」ということに「応えねば」というモチベーションが出てきます。
 こういう人事スタイルの会社は(もちろん大学も)、社内でもその「熱さ・速さ」を大事にしていることでしょう。
またアメリカのシリコンバレー付近の会社の場合、
やはり人獲り文化が違うなあ、と感じました。
エンジニアやR&Dというポストのせいもありますが、
まず「雇ってやんよ」という感じでは扱われません。
つまり落選したからといって「めっちゃ不快」という感想を抱くことが少ない。
というかそういう会社は最初から返事こないし。無視ですスルーです。
そもそもレジュメを読んでない/読めてない/興味ないのかもしれませんが。
直訳すれば、こんな感じの「不採用通知?」が来ます。
――あなたの過去の経歴、スキル経験に感銘します!
非常に興味深い!
ですが残念なことに、いま我々はあなたにピッタリなポストを持ち合わせていない。
今ちょうど○○(具体的なスキル名)でPh.Dを取得した人材を必要としていて、
ちょうどここ最近、数名採用してしまったところなんです。
また連絡を取り合いましょう――

…という感じです。これも会社のサイズによらず数社。
まあ人材を選ぶ相手がエンジニアだったら(だいたいCTOが多い)、
日本でもそういう反応かもしれませんけどね。
とにかく落とすからには「さわやかに受け入れられる理由」があると、報われますよね。
まあ、長々知ったようなことを書いてしまいましたが、
この2週間ほどで、何十件も応募しているわけです。各国語で。
もちろんいい話も舞い込みますし、非採択通知もたくさんもらいます。
日本の企業はおおむね玉虫色の回答をしますが、
まあ『これはダメなんじゃないかな』と理解しておいたらお互い幸せなんじゃないかと思います。
そこはそれ、「縁なもの」なので、お付き合いしますけどね。
仮に大学の先生になったら、共同研究したらいいわけだし、
卒業学生のインターンや、就職先など、いくらでも付き合いはあるでしょうから。
そんなわけで、就職活動。
今週のフェーズは「がんばって探せ、さすれば報われる」といったところなのでした。

「(出来レース)公募」考

今回の公募資料は、延べ6時間ぐらいで完成。
だんだんそろえるのが早くなってきている。
やはり最初の某大の書類の多さが
逆にいい経験になったというか。
それにしても
「出来レース公募」
ってのには困る。
どうして出来レースになっちゃうのかを
よーく考えればわかることなんだけど。
まあそれは致し方ないとして。
「傷つきたくない/無駄な時間をすごしたくない」なら
とりあえず「全部出来レース」と思って臨んだらいいんでは。
(でも実際には「100%出来」ってわけでもないとは思う)
観察してみると、たいてい、
以下のような傾向があると思う。
(1)公募期間が異常に短い
(2)変な時期に公募
(3)同じ学科に募集内容とそっくりな助教がいる
少なくとも(3)に応募するのはは危険だと思う。
もし仮に100%出来レースじゃない公募だったとしても、その人と張り合うのは
分が悪すぎる。
さらにいうと、万が一その人を蹴落とすような立派な履歴書だったとして、本当
にそこを志願するべきか。
もし仮に書類や面接に受かっちゃったりしたら?
その候補者さんからの恨まれ方とか、その人が今まで気づいてきた内部での信頼
関係とか、ずたずたにしてまでそこで働けるかって話。
さらにさらに万が一、その候補者が落選した後、助教でその学科に残ったりした
らどうなる?めっちゃキャラかぶりした上に、居心地最悪。先方は「良好な出世
街道を築いているだけ」なのに、周囲のふんいきめっちゃ悪。
さらにさらにさらに、その競合者と年齢近かったりしたら、もうアチャー、なん
だと思う。
まあそこまで考えるのは想像力ありすぎってもんなんだけど、野生の勘が「ここ
はやめておけ」といっている公募が2件ほど。
とりあえず、ノーマークで暴れ…活躍できそうな場所、ってのは自分的には重要
かもしれないなあ。
日本のインタラクティブ業界・昭和48年前後世代って
それなりに熾烈な世代だからなあ。
ちなみに「出来」ではない公募によくあるのは、
(1)つい最近、該当ポストにご退職があった/ある予定
(2)応募期間がのんびり
(3)もしくは、何を募集しているのかいまいち不明
こういうのは、もし「攻略しよう」と思うなら、学科ホームページとか採用の責
任者になりそうな学科主任とか年配の教授とかの過去の経歴とか研究歴とか、最
後の査読つき論文とか、修士学生の学位論文タイトルなんかを読むといいんだと
思う。
あと、その大学が研究と教育で「どっちに比重置いているのか」ってのは焦点を
絞る上で大きなファクターになると思う。
…まあ、自分、そんなに器用じゃないですけどね。
とにかくがっつり成果出して、それを書くだけッス。
ああ眠い。

SIGGRAPH2007を評価する

自分はSIGGRAPH会員だから来ているのか、
それともすべからくみんなに来ているのかしらないので
Blogのネタにして見ますが
今年の SIGGRAPHを評価してください」というメールが着てます。
Subject: SIGGRAPH 2007 Really Wants Your Opinion
Please Tell Us What You Thought
If you have not done so already, we would greatly appreciate it if you
would take a few minutes, while SIGGRAPH 2007 is still fresh in your
mind, to share your thoughts with us by responding to our simple online
survey. The SIGGRAPH 2008 committee is in the throes of planning next
year’s event and your assessment of this year’s conference will be
invaluable to them.
As an added incentive, we will be randomly drawing five responses for a
$100 cash reward from those responses received by the 7 September deadline.
Thank you. We highly value your feedback.
Joe Marks
SIGGRAPH 2007 Conference Chair
—-
アメリカ人らしい、上昇改良思考ですねえ。
見習ったほうが良いかも>誰
これからもSIGGRAPHには良くなってほしいし、キャッシュバックがあるかもとの
ことなので参加してみました。
…で気になる質問発見。
「4. This year, several programs included significant amounts of curated content invited by the program chairs in addition to juried content. With this in mind, please indicate the statement that you agree with the most.」
えーやっぱりー?
で回答群。
(1) I noticed the difference in program content and found added value in
the increased amount of curation content
(2)I noticed the difference in program content and did not find any
added value in the increased amount of curation content
(3)I did not notice any difference in the program content
(4)N/A – this is my first SIGGRAPH
普通気づくだろ。
というかどれぐらいのパーセンテージ、下駄履かせたのか公開するのかな?
(採択率や会計などはWebで公開している)
あと、エキシビジョン関係の最後に「見ているサイト」
「What industry Web sites do you visit regularly, if any? (Check all that apply.)」
3dtotal.com
DCCCafe
Slashdot
Animation World Network
Engadget.com
StudentFilmmakers
CGArchitect.com
Gamasutra
TurboSquid
CG Talk/CG Society
HighEnd 3D
VFX Pro
CG Channel
millimeter
Xsibase.com
Computer Graphics World
Opengl.org
None
Digital Media Net
Renderosity
Other
ふむふむ、勉強になるなあ。
これが今、米国CG業界で広告料がとれるサイトですね。
Engadget.comなんかはすごい伸びだろうな。
E-Tech作品なんかもよく紹介されるし、意外と近いところなのかもしれん。

Afrigraph2007

南アフリカ・Rhodes University(Grahamstown)で10月29−31日に開催される
「Afrigraph2007」の案内をKevin Glass氏より頂きました。
ACM SIGGPRAH、Eurographicsとも正式に提携しているみたいです。
「南アフリカだから…」と断定するわけにも行きませんが、(本家と比べると)
ペーパーセッション少ないなあ…・
www.afrigraph.org/conf2007/programme.php
まあでもこんなもんかあ…。
そして結構最近までポスターとか投稿受け付けてたりしますね。
www.afrigraph.org/conf2007/posters.php
日本でもASIAGRAPHとかSIGGRAPH ASIAとかの開催が決まりましたが、
これはがんばらないといけませんね!
(まあetechとかまでやるらしいので南アと比較はできませんが…)
以下、早期割引のお知らせ。
参加費安いのは良いかも。
—-
Good day!
Early-bird registrations for Afrigraph2007 are now open! To register,
follow the link below:
www.afrigraph.org/conf2007/register.php
Date: 29-31 October 2007
Venue: Rhodes University, Grahamstown, South Africa
Afrigraph2007 is the 5th International Conference on Virtual Reality,
Computer Graphics, Visualization and Interaction in Africa. The
conference is going to be the host a number of exciting events including:
* Key-note address by Prof. Tom Furness, the "Grandfather of Virtual
Reality"
* Presentations of 24 research papers in Computer Graphics and
related fields, from 12 different countries
* Two world class tutorials:
o An Introduction to Mobile Graphics and Gaming Techniques –
Dave Shreiner
o Light Interaction with Human Skin – Gladimir Baranoski &
Aravind Krishnaswamy
* Research Poster Session
* Art and Animation showcase
* African industry showcase, including presentations from Firefly
Animation, and Triggerfish.
* Game drive and gala dinner at the nearby Kwantu Game reserve
For more information and updates regarding the conference programme,
visit the website at www.afrigraph.org.
Regards
Kevin Glass
Afrigraph2007, Exhibition Chair

FlyBe.com RNS-MAN

今回のレンヌ→マンチェスターの行程ですが、FlyBe.comという英国系航空会社を
使ってみました。
www.flybe.com/
むちゃくちゃ安い!というわけではありませんが、けっこうニッチな路線を持っ
てますね。
www.flybe.com/map/default.htm
日本語で買える提携サイトもあるようです。
ちなみに飛行機小さいので、結構早く売り切れます。
さらに座席指定とか荷物持ち込み料とかを細かく課金しますけど。
いちおうCDG-LHRも調べてみたんだけど400Euro超えだし。
いちおうEuroStarも調べてみたんだけど、Lavalからその日じゅうにつける、けどやっぱり片道300Euro超えだし(もっと早く買えば Flybeで往復するのと同じぐらい)。
そもそもブルターニュ方面からイギリス中部って、直線で行ったほうがぜんぜん近いよなあ。
まあ、試してみますよ。
たぶんプロペラ機だけど。

一時帰国予定決定。9/12~

就職活動に関連して、一時帰国予定が決定しました。
いまJSPS様にお伺いしているところなので「予定」なんですけど。
とりあえず9月12日から日本です。
正確には、9月9日、Rennes(RNS)空港から、イギリスManchester(MAN)に行って、
CyberGames2007で発表してきます。
www.coetechweek.com/cybergames/
で、11日にMANからNRTに直接。
そのまま電車の中で着替えて、面接会場です(笑)。
えーまじですか。
シャワーぐらい浴びたい。
帰国日はまだ決まってませんが、本当に数日になる可能性大です。

第5回・芸術科学会DiVA展作品募集

中嶋先生@東工大からのお知らせです。
特にゲーム作品募集、とのことでした。
海外からも応募OKということですので、自分も参加するかな。

—-
  第5回芸術科学会展の作品応募のお願い

芸術科学会では、連年通り、第5回Diva展に相当する芸術科学会展の作品募集致します。また対象も昨年の第4回より、CG,インターラクティブアートからデジタルシ
ネマ、さらにゲームコンテンツまで幅広くなりました。この機会にぜひ応募下さい。
本企画は、従来春季NICOGRAPHと合同開催されていたDIVA展の代替となりますので、DIVA展を目指していた方はぜひ応募下さい。
応募作品は、事前に芸術と科学の著名な専門家によって構成される審査により厳正に審査され、発表会ならびに受賞式がNICOGRAPH秋季大会の会場で行われます。
詳しくは、以下のホームページを参照下さい。

NICOGRAPH 秋季大会(東京工業大学、すずかけ台キャンバス)にて開催。
www.art-science.org/nico/

(1) 応募形式
以下の2点を作品応募先まで郵送してください。
1.プレゼンテーション・ムービーを、10分以内に御纏めいただき、DVDまたはCD-ROMにて2部提出してください。
2.作品概要、作者の連絡先(住所、電話、メールアドレス)、作品の写真1点をA4版1ページに MS-WORD を使って御纏め頂き、提出してください。

(2) スケジュール
応募締め切り 2007年9月17日(月)(東工大必着)
受賞者決定  2007年10月15日(月)
発表会ならびに授賞式 2007年11月16日(NICOGRAPH秋季大会会場にて)

(3) 応募資格
年齢、学籍、研究者、非研究者を問わず、誰でも応募できます。芸術科学会の会員である必要はありません。

(4) 部門

1)ゲーム・インターラクティブアート部門
各種のゲーム(携帯、オンラインを含む)、インターラクティブアート、インスタレーション

2)デジタルシネマ部門
デジタルシネマ、インタラクティブシネマ、ビデオアート、CGアニメーション、実写や特撮を含むデジタルシネマ

3)セカンドライフ映像部門
セカンドライフなどオンラインゲームを使った映像作品はもちろん、セカンドライフに関係する都市や大道具・小道具やアバター造形や衣装、連動Webサイトなどコンテンツとしてコンセプトを持ち、成り立っているもの全て対象とします。
「セカンドライフ」については、
jp.secondlife.com/
を参考にしてください。
本部門は「バーチャルワールドカンファレンス(部門協力)」の深野暁雄氏に協力いただきます。お問い合わせは深野氏の( akiof at pp27.so-net.ne.jp )宛てにお願いします。

(5) 受賞
芸術科学賞として、グランプリに5万円、部門賞各2万円を贈呈します。

(6)作品応募先
〒152-8552 東京都 目黒区 大岡山 2-12-1
東京工業大学大学院情報理工学研究科 計算工学専攻 中嶋研究室
「芸術科学会展作品募集」係

ノースウエスト大放出

私の周りにNWAのワールドパークスマイルをためている人がどれだけいるか知り
ませんが、もしアカウントを持っているなら絶対お勧めのキャンペーン。
■日本就航60周年記念「ルーレット60!」ゲーム
asia.nwa.com/asia/jp/60years/game/index.jsp
60年の歴史に関係する話題のクイズが出るので、年号を答えます。
それだけ、なんですけど、正解するとなんと1日あたり60マイルももらえてしま
います(上限はありますが)。
抽選とかでいろいろもらえますが、そもそも毎日出題される問題もやたらと簡単
なので、ここは日々のマイルをもらったほうが幸せになれるような気がします。
それにしてもNWAが戦後、アラスカの小島を買い取って燃料補給基地にして極東
アジアまでたどり着いてから60年。
そのうち半分は生きてるって計算なんですけど。

とりあえず、以下、問題と回答も大放出。


Q:ベトナムのホーチミンシティにチャーター便サービスを開始することをNWAが発表。ベトナム戦争以来、ベトナムに乗り入れる初の航空会社になった。
ヒント、ティムバーナーズ=リーがWWWプロジェクトに関する簡単な要約を投稿。WWWがインターネット上で利用可能なサービスとしてデビューした。
A:1991

Q:ベトナム戦争以来初に乗り入れたのはいつ?ティムバーナーズ=リーがWWWプロジェクトを発表
A:1991

Q;Visit the USA E awardを獲得したのは
A;1964

Q:インペリアルサービスを開始、スプートニク1号が成功
A:1957

Q:polar serviceの開始、Hawaiiがアメリカに
A:1959

Q;NWA.comのオープン、タイガーウッズ3勝
A:1996

Q:エアビジョン開始,韓国オリンピック開催
A:1988

Q:東京-LAXノンストップ運行、ダイアナ結婚
A:1981

Q:B747投入,CDG開港
A:1974

Q:成田空港開港
A:1978

Q:大阪運行開始、ASEAN発足
A:1967

Q:NWAが純利益トップに。川端康成がノーベル賞受賞。
A:1968

Q:B720B導入、JFK大統領就任
A:1961

 

Q:DC-10,スカイラブ1号

A:1973

Q:フィラデルフィアにサービス拡大。ストーンズ、サティスファクションをリリース。

A:1965

 

Q:香港運行開始。映画「羅生門」が金獅子賞。

A:1951

Q:NWA東京-香港便就航、アメリカ「夏時間」開始。

A:1966

Q:「ベストエリートレベルプログラム賞」受賞、香港ディズニーランド開園。

A:2005

Q:成田空港での乗り継ぎ時間短縮。ユーロディズニーランド開園

A:1992

 

Q:B-377,中華人民共和国成立

A:1949

Q:この年の7月15日NWが初のアジアへの定期便を就航。エリザベス王女がフィリップと婚約。
A:1947

Q:ニューヨーク便ノンストップ。E.T.公開
A:1982

Q:シアトル-東京-上海便。マッキントッシュ発売
A:1984

Q:ペイントされた「ワールドプレイン」。香港返還

A:1997

Q:東京-シアトルノンストップ。坂本九「SUKIYAKI」が全米セールスチャート1位。

A:1963

Q:ウインドシアー予報システム、「Love me do」発売。
A:1962

Q:コンパスエアー開業。スワンナブーム国際空港開港。

A:2006

Q:名古屋-デトロイト。グーグル開業。

A:1998

Q:日本人機内通訳、札幌オリンピック。

A:1972

Q:大阪-ホノルル、ウォークマン発売。

A:1979

Q:B-757双発ジェット機導入。ゴルバチョフ書記長就任。

A:1985

月食

日本では明日の夕方から皆既月食らしいですよ!
www.astroarts.co.jp/special/20070828lunar_eclipse/index-j.shtml

ヨーロッパでは今夜見えるらしい。
知人からもらった情報
de-tout-un-peu.skynetblogs.be/post/4853179/27-aout-2007-lunemars
「2つの月」…なんだろう??
補足。
 もらった知人はハイチ在住の元留学生。
 欧州は今回は日中なので、見れなかったみたいです。
 日本も北のほう以外は悪天候だったみたいですね!