さよならかいせい

418275737_254.jpg

ついに、かいせい君帰国。
みな感極まって涙がにじむ。
別れがさびしいとか
がんばったねとか
いろいろつらいこともあったよなとか
いろんな涙。
男の子の涙ってのはそういうもんだ。
普段からディープに
魂を語り続けてきたので
送る言葉はシンプルに。
「大物になって、帰ってこいよ!」
大物になるのも大変。
でも、大物になってから、
自分を構成する何か大事な場所、
助けてもらった誰かに会いに行くのも、
本当に大変。
だから、大物になってまた帰って来い。
別れの時はいつも悲しいけど、
ホームタウンがもうひとつ、
しかも地球の裏側にできるなんて
素敵じゃないか。
それから、
何があっても長生きすることを考えろ。
保身に走るってことじゃなく、
「また会うために」
長生きしてほしい。

トランプのフランス語

carteajouer.jpg

うろ覚えの単語があるのでまとめておこうっと。
トランプ cartes a jouer ら・かるとあじゅー ゲームカード
スペード pique ら・ぴっく 槍
ハート coeur る・くーる 心臓
ダイヤ carreau る・かろー タイル模様
クラブ trefle る・とれふる クローバー
エース as る・あーす エース
キング roi る・ろわ 王様
クイーン dame ら・だむ 姫君/奥方
ジャック valet る・ヴぁれ 召使
ジョーカー joker る・じょーかー ジョーカー(輸入語)
ポーカー poker る・ぽーかー ポーカー(米語)
ペアー paire ら・ぺーる ペア
スリーカード brelan る・ぶれら ダイスのゾロ目のこと
フォーカード carre る・かれ 正方形/四画
フルハウス full ふる (輸入語)
フラッシュ flush ふらっしゅ (輸入語)
ストレートフラッシュ quinte flush ら・きんとふらっしゅ 第5フラッシュ
ロイヤルストレートフラッシュ flush royal ふらっしゅろわやる 王国フラッ
シュ
ブリッジ bridge る・ぶりっじ (橋はle pontなのでブリッジ=トランプのブ
リッジ)
ババ抜き vieux garcon る・ヴゅーぎゃるそん 年寄り少年
ダウト menteur る・まんとぅーる うそつき
神経衰弱 concentration ら・こんさんとらすぃよん 集中
(出典:プチロワイヤル和仏辞典)
「神経衰弱」は子供用に「memo」というゲームになってたりもする。
関係ないけどトランプって中国由来説が有力らしいね。
ja.wikipedia.org/wiki/トランプ
ちなみに「ナポレオン」は実はフランスのゲームではなく、イギリスと日本らしい
(しかもルールが違う)。
DSで「だれでもアソビ大全」に収録されているらしいが麻布ルールとかなんだろうか

ja.wikipedia.org/wiki/ナポレオン (トランプ)
members.aol.com/thesirius/napoleon/index.htm
ちなみに写真はまいみく・えりりん☆姐さまに頂いたトミカトランプ。
本人いろいろ大変なのに、わざわざ送っていただいて、ありがとうございました。
息子はけっこう自力で並べられるようです。

SIGGRAPHスケポス投稿終わり

Sketchs&Posters、略してスケポス投稿終了。
当初はかいせい君だけが投稿するのをサポートするってことだったんだけど、そこそこに余裕あったのとスケポス以外で受かりそうにないネタ(AugmentedDistortion)があったので私も参戦。
そうこうしてるうちにFabienもいろいろあって悔しかったので、いままでの予備調査結果をもとにVerse関係を投稿することに。
まあ実際投稿するとなるといろいろ実験しないといけないのでいつもの10倍ぐらいのスピードで頑張らせる。
夜もここ数日は23時まで自主的に。
「Excelのグラフの描き方わからん」とかいわれたときはどうしようかと思ったけど、最後の最後はFabien自身が持ってる英語力とUbuntuとLinuxの底力とOpenOfficeとTeXとmd5sumコマンドに救われた感じでどうにか間に合った。
かいせいのPLYローダーもかなり役に立ったし、私もVerseのプログラミングをちょこっと手伝ったんだけど、make一発ですごい絵(自主規制)が出たときはちょっと感動だった。
どういうわけか、人を手伝ってる方が仕事が速いとは…。
きっと指導とか共同作業に向いてるんだと思う、とかなんとか。
ちなみにギリギリでID取得したFabienは約500件目。
まあ全部が全部Completeされるわけではないし、ことしはオーラルとポスターが統合されてるので何ともいえないけど、多分あわせて200件ぐらい採択されてそのうち50件ぐらいがオーラルなんだろうな。学生研究コンテストは激しく有利とみた。
私とFabienは急造論文なのでともかくとして、3ヵ月かかって書き上げたかいせいの方はぜひとも受かってもらいたいと思う。
ってゆか、学生研究コンテストもぶっちぎりで勝ち上がってほしいところ。
英語のプレゼンだって5万回ぐらい特訓すればどうにかなるだろうし。
さて、来週は受かったフルペーパーの直しをしないとね。。。

そにーは米国の会社。

くたらぎさんが会長になる役員人事が発表。
www.scei.co.jp/corporate/release/pdf/070426.pdf
SCEIのCEOはCOOから平井一夫氏氏。
ソニーグループのCEOはSir Howard Stringer(ハワードストリンガー)氏。
ちなみにハワードストリンガー氏は英国出身のナイトらしいよ。
まあゲームインダストリーが気がつけば米国中心になってるってのはよく言われ
てることなんですけど、今以上に大味なSONYってどうなんだろうね。
ゲームビジネスにおいてはマイクロソフトとの境界線をどう引っ張ってくるかが
興味深いね。
まあ私は当面Wiimote支持ですけどね…(Wiiは知らない、Wiiリモートだけでしか
遊んでないから)。
という意味ではSIXAXSISもいじってみてもいいかも(あまりオープン仕様ではな
いようですが)。
仕事もどろ。

ここにある/ない

朝っぱらから毒を吐いた後はいい話。
息子との対話シリーズ。
息子を毎朝学校に連れて行くのが日課。
どんなに忙しくても週4日はどうにか死守したい日課。
なぜかというと彼は言語モードを「家の中=日本語」と「学校=フランス語」と
切り替えている。だから、学校までの道のりは、「Rue de バイリンガル」であ
り、「Alt+漢字」なのです。
まあようは、楽しく学校に行こうよ!ってことです。
以前Blogに書いたような気がする(が見つからないのでもしかしたらお蔵入りし
ているかも)数字シリーズ、色シリーズは、この数ヶ月であっという間にマス
ターしてしまいました。
いまは数字は19まで数えられます。でぃずぬふ。
色は車の色を見るごとに「Voiture Rouge」などと言っているわけですが、その
速度はどんどん速くなってます。
さらに今日の発見。
いつのまにか「Il y a構文」使いこなしてた。
英語で言えば「There is構文」です。
これが使えると、一気にボキャブラリーが広がります。
しかも否定形「Il n'y pas de」と「Il y a beaucoup de」も使いこなしてる!
例えば「クルマの窓がたくさんあるよー」とかJeepを見て「このクルマには窓が
無いよー」とか言ってるわけです。
オヤジ、ちょっと感動。

あくのけんきゅうしつ

できればBlogには楽しいことだけ書いておきたい。
今日はかいせいの最終日。
SIGGRAPH投稿の最終日でもある。
われながら鬼スケジュールだ。
それはそうと研究室の雰囲気が非常に悪い。
さっきのできごと。
某心理学系マダム研究者がアポなしでやってくる。
「Bluetoothアダプタ買ったけど動かないんだよ」
『はあ、それで?』
「いやだから、助けてもらおうと思って」
『なんで?』
「AkiはいろいろWiiで使ってるから・・・」
『どうして!?ドライバはインストールしたの?』
「したけど動かない」
『どうしてメーカーのサポートに電話しないの?』
「Akiに聞いたほうが早いから…」
『私、客員研究員。PCサポートじゃないから!どうしてメーカーのサポートに聞
けるようなことを聞かないで、Nintendoのサポートも無いような行為をしようと
思うわけ?』
「あ、もういいから!じゃっ!!」
(といって半分怒って去る)
研究室の雰囲気が非常に悪いのには明確な理由があると思う。
・先生が技術的に頑張らない
・先生がお金のことばかり考えている
・学位を乱発しすぎて既に紙となってる
・学生のモチベーションを潰し、無理やりプロジェクトに当たらせている
・技術が得意な誰かと組めばどうにかなると思っている
・あと一歩で科学になるのにそれに気がつかない
・アマ学生のプログラミングスキルを高く見積もりすぎ
・お金のためなら科学的興味なんてどうでもいい先生
・なんで研究にお金が必要か説明できない
・センスがとことん古い
・働く時間は短くても天才的ひらめきで覆せると思っている
他にもあるんだけど、さらに具体的過ぎて書けない…。
とりあえず以上、5つ以上当てはまってたら気をつけたほうがいいと思う。
全部当てはまってる人は、たぶんある意味才能あるので、こっそり連絡ください。
気を取り直して投稿に戻ります…。

復活中

Laval Virtual 2007が終わりました。
参加された皆さん、お疲れ様でした。
今年はReVolution2回目で、特に大きな問題も発生せず、非常によい雰囲気で展
示が行えたと思います。
ところでオモテのBlogに
「このまま行くとたぶん死ぬ」@4/17
なんてタイトルで書いたまま9日ほど断筆してしまったので
Blog界では死亡フラグが立ってしまったことでしょう。
いろいろありましたが、私は元気です。
嫁も息子も元気です。
これから写真や映像などをまとめていきたいと思います。
今年はかなり気を使っていたのもあり、去年のようなリウマチも発症せず、体の
痛みといえば1ヶ月ぶり?にいった柔道の筋肉痛、といったぐらいです。あと打撲。
さて。
かいせい君が今週末、ついに日本に帰ります。
その前にSIGGRAPH投稿があったりして、いろいろお世話になった人々との別れを
惜しみながら、投稿に向けラストスパート…という感じです。
3ヶ月もの期間を、ほぼ共同生活という感じで過ごしてきたかいせい君ですが、
短くもあり、長くもあり、濃厚に、さまざまなことを学んだ時間となったようです。
研究のほうもなかなかいい感じに仕上がってきました。
これはまだ採択されていませんので、後ほど紹介しようと思います。

このまま行くとたぶん死ぬ

4日で4時間しか寝ていない。
しかも自分の作品のために働いているわけじゃない。
単なるデスマッチだ。
この経験が無い上に自意識過剰で
ゴールが見えてない若者が書いたコード(のようなもの)を
ガンガン消して、
とりあえず見れるものを作るか
帰って寝るか、だ。

[Laval] バッジ登録、アワード、ホテル

岐阜大チームむけ返信
■登録関係
>>・発表者バッジの登録
>>・Awardにエントリー
>>それから、学生コンテストにも忘れず登録してください!
>バッジは登録したつもりだったのですが、登録できていなかったということでよろしいでしょうか。
>Award,学生コンテストでは、どのようなことをすることになるのでしょうか。
バッジは担当ではないので状況はよくわかりませんが、発表者(ReVolutionでWelcome/Invite)は無料で取得できますし、
当日登録は人が多すぎて大変面倒ですのでよろしく事前にご登録ください。
AwardはVRのアカデミー賞のようなものです。
当日会場で発表しているプロジェクトが有利であるようです。
金曜日の午後に派手な授賞式があり、各部門で受賞者を発表します。
毎年日本から多数の受賞者が誕生しています。
学生コンテストは、日本のIVRCと提携している先になります。
Village de la CreationというのがIVRC団体部門にあたります。
ここに登録すると、18-20日に発表を行います。
(ReVolutionで採択されているプロジェクトは、週末21,22日も発表ということを除けば、やることは同じです)
・学生参加費が無料になる(バッジが手に入る)
・学生コンテストの審査をしてもらえる(受賞のチャンスが増える)
・日本のIVRCに参加できる枠はフランス学生向けですので対象外になります
■バッジ登録
■完全なビジター(ビジネス向け)
■学会VRIC参加者
■学生コンテスト
■アワード応募
全てこちらです
www.laval-virtual.org/index.php?option=com_content&task=view&id=37&Itemid=51&lang=ja
■宿泊関係
>できれば、1泊あたりのだいたいの宿代を教えていただけると嬉しいです。
基本は一部屋価格ですので日本に比べて割安感があります(為替と格によりますが)。
☆☆級で50-60Euro/singleというのが大体の相場のようです。
Tripleの部屋だとロールオーバーベッドが入り、一人当たりの平均価格は少し減るとは思いますが、
滞在が長いと疲れますので、その辺はシングルか、シェアがいいかは明言したほうがいいですよ。
なお、Laval Virtual事務局が定宿にしているCitotel Lavalはすでに満室のようです!
調べてみたところ、会場徒歩圏のホテルは16-22の会期中満室で、バスで移動するエリアに余裕があるようです。
fr.federal-hotel.com/hotel_b—b-laval-change_9520.htm
(学生ボランティアが泊まっている宿ですので、言っておけば行き来は車で送ってくれる可能性があります)
>輸送について
”遅くとも16日”に届くのであれば、研究室でかまいません。
なお、帰国時はどうされますか?廃棄ですか?
返送する場合はその準備もお願いします。
(個人的には郵便局LaPosteがお勧めです)