学生を評価する

MNRVからJAIST宮田研にスタージュ(インターンシップ)していたGillが無事、研修を終えて戻ってきます。
宮田先生からは非常にいい感想をもらっています。
研究室にいい影響を与えた、というのは非常にいいよい仕事をしたのだと思います。
色々大変だったとは思うのですが、そこは若さで切り抜けたのでしょうか。
そのうち聞いてみたいと思います。
さてところで今年は私のところにもスタージュ学生がいました。
ESIEAの学部学生なので、修士の学生よりは短く、卒業要件でもないし厳しくはないのですが…。
そしていま、彼のレポートを読みながら採点をしています。
参考までに引用しておきます。
Aspects humains
人間面
Relations dans l’equipe et avec les partenaires
チーム内やパートナーとの関係
. presentation ponctualite
時間に几帳面か
. communication
コミュニケーション
. collaboration, implication
共同作業と連携
Caracteristiques du comportement
態度の特徴
. dynamisme, ardeur au travail
活力、仕事への情熱
. initiative
率先性
. autonomie, confiance en soi
自立、自信を持っているか
. adaptabilite
順応性
Aspects intellectuels et technico-scientifiques
知的・科学技術面
. rigueur, methode, souci du fini
正確さ、方法、終わったかどうかへの配慮
. qualite du raisonnement
論証の質
. esprit de synthese
総合思考力
. connaissances par rapport a la mission confiee
やり遂げた任務のレポートを通した理解
まあこれだけ項目準備してくれると評価するほうも、思い込みとかを排除できていいですし、「ここがもうちょっとよければね」という学生への要求を具体的に発見できますね。
フランスの教育界はこの手の方法論が確立していて助かります。まあその弊害もあるとは思いますが、日本は事務方の「様式美」と教育の「方法論」が同時に成立してない世界なので。
ま、実際には先生や企業の担当氏は結構甘い点をあげるみたいです。
私は点が辛いと評判なので、気をつけねば。。。