Google表計算の意外な使い道

例の国際研究プロジェクト申請の執筆が大詰め。
「日本語版と英語版でフォームが違う」という話は前も書いたと思うけど、今日は「予算の項目が違う」というおおきな相違を発見。
なんかこの過程自体が国際研究協力だよな。
と思いつつ、なんで2国分、一人で書いているんだろう…とか、疲れてみる。
今週末論文の締め切りもあるのに…。
まあ愚痴っても仕方ない。
冷静に考えても、誰かが2言語使えないと国際協力プロジェクトなんて無理だと思う。
某先生がリモートで翻訳のプロに依頼してくれたので、どうにか間に合うかもしれない。
ところで、この過程で「google表計算の意外な使い道」を発見したのでメモしておく。
・進行状態をメモる
 日本語と英語で14種類もフォームがあるのですが、その進行度をパーセンテージにして表にすると多少やる気が出ます。ちなみに完成まであと「80.31%」。ページ数でカウントするか項目でカウントするかはタスクしだいね。
・予算表を共有する
 気づいたのが遅かったので、今回のこれには使っていないのだけど、リモートで共用するプロジェクトの予算シートはこれで共有するといいと思う。数式も使えるし、いざというときはExcel形式やPDFでエクスポートできるし。ただし変更履歴やコメントとかは見れないので、うまく表を作ったほうがいい。
・ToDoをひたすらメモる
 ちなみに自分のToDo、タスク管理を表にしている。同じ表に、体重管理とウィッシュリストとスクラッチパッド的に使ってるシートも共用している。スクラッチパッドをエクセルにエクスポートしたときに、体重管理やウィッシュリストを消し忘れると恥ずかしいことに。
・執筆そのものを共有する
 Wordぐらいのスタイルと画像がgoogle表計算ぐらいの手軽さで使える、AJaxな環境でがあれば、共同執筆はとても楽になる。というか「Wikiでいいじゃん」と私的には思うんだけど。
 論文とかはスタイルをつけることは少ないのでExcel的な表にガシガシ書いていくのも意外と使えることが判明。
・スケジュール表を共有
 まあこれはGoogleカレンダーで十分。
というわけで使ってみると良いよ
Google表計算
http://spreadsheets.google.com/