日仏研究文化の違いメモ

うぉわたー!
例の国際研究交流プロジェクト、投稿終わりました。
総量28ページ。
日仏研究文化の違いについて、以下幾つか気になった点を。
【日本がいいなーと思うところ】
・研究派閥が少ない
 ないことは無いけど「東大限定」とか「COE・科研費採択済みのみ」なんていう予算の出し方はしないと思う。実際にそういう差別・派閥がないことは無かったとしても。フランス人の社会ではこういうところに平等意識は働かない。
・署名が不要
 電子メールで提出に加えて、紙にサイン必要、郵便局で消印押して…という署名文化がないのは、ぎりぎりまでクオリティ追求作業ができて楽(単にぎりぎり文化を助長しているという指摘も)。
・教授の権限が強くてお金持ち
 フランスの研究所は基本的にお金もちではないし、お金持ち研究所に見えても管理コストが非常に高かったりする(日本でもそういうことはよくある)。また教授といっても管理側のディレクターには頭が上がらないことがある。さらに予算の計算方式も日本と違って、エフォート率の算出に加えて教授のクラスが細かく設定されているので、コストは1Euro単位で算出される。日本でもエフォート率の導入は増えてきているけど、合計すると実際の労働時間が長すぎてエフォート率120%になってしまったり、年収あたりの金額とは一致してなかったりする。そういう意味では、日本の教授は大きな権限と、自分で価値を決められる自由な時間を持っているということ(自分の給与分働いたか、働こうが働くまいが、を自分で決められる)。実際にはその所属に依存する要素も多いのだけど。
【フランスがいいなーと思うところ】
・固い科学が評価される
 どういうわけか、日本で高い評価をもらうのが難しい「固めの科学」テーマが非常に高く評価される傾向がある。逆言うと、日本でよく注目されるようなインタラクティブ・ユビキタス・エンタテイメントといった課題はなかなか提案しづらい雰囲気がある。
・やわらかい科学を開拓する可能性
 その分、今回のようにコンビネーションで、固め・折衷・やわらかめの3本の軸を設定できたのは良い戦略だと我ながら思う。インタラクティブとかエンタテイメントとか言うと、「やわらか系」に聞こえるけど、実際には技術的には高度なものが必要だし、ファインサイエンスにフィードバックできる要素は多分にあることが、曇りなく説明できたし、それは私自身の研究課題ど真ん中なので。
・学生のスタージュ先の開拓
 スタージュ(インターンシップ)先の企業や海外の優秀な研究室を開拓できることは、フランスにとっての大きな貢献として評価できる。名文化はされていないが、おそらく研究者からすると、特許1本とるよりも意味があることだと思う。日本側にはただでさえ、そういったインターンシップを学位認定の必須用件にするような風習が無いし、学期も4月からで、就職活動の暗黙の縛りが強いから、インターンシップの位置づけはかなり低いものなのだけど、実際には学者の道に進む学生が、職業意識や広い世界を数ヶ月でも体験できる重要な機会だと思う。つまり、日本の研究室相手に学生交換の約束を取り付けられる研究者にはチャンスがある(米国にもインターンシップ文化はあることもあり、比例して日本のパートナーは少ない)。こういったチャンスを日仏共に開拓できるのは、単なる国際間の論文の共著よりも重要な活動だと思う。

MDX2のX-DAY

…masafumi表日記によると
10月5日にtimebomb発動らしい。
masafumi.cocolog-nifty.com/masafumis_diary/2006/09/post_a269.html
大騒ぎし始めるデベロッパーたち
www.gamedev.net/community/forums/topic.asp?topic_id=415654
forums.microsoft.com/msdn/showpost.aspx?postid=742919&siteid=1
たしかにベータはベータなんだけど、そこまでmanagedだったとは。
XNAに強制移行ったって、利点全くないしね。
おそらくVistaがこんなに遅れるとは誰もが予想してなかったし、managedが流行らないのも計算外かも。XNAに統合されるのは無い話ではないんだけど。
「MDX 1.1に戻るぜ」という意見もわからんではない、本質的でないけど。
まあでもMS側としては「また新たなtimebomb設定して2.0aをリリースするよ」ってぐらいにしか構えてないかもしれない。それにしては情報が出てくるのが遅すぎるけど。上のMSDNフォーラムの下のほうにある
「Why waste your time putting more work into code you're just going to have
to rewrite anyways?」
というのは芯をついているよな、実際。
まあこういう全く持って無意味なコーディング作業、というのは良くあることだけど、それが「managed」なのだとすると、やっぱり棄てたくなるよ。
…という感じの書き方をすると、ただのアンチマイクロソフト信者みたいで楽しくないので川西さんのブログの最近のエントリーを引用しながら雑談してみることに。
・デスクトップに浮かぶteapotに思うこと
blogs.msdn.com/hiroyuk/archive/2006/09/22/765679.aspx
WPFはお気軽で楽しそうだ。でも「Chrome Effect」のリンクで『マイクロソフト帝国の反逆者たち—WindowsはガラクタOSだ!こんなもの、どうやって売り込めっていうんだ』が埋め込まれているのは笑った。でもMicrosoftから彼らBeasty Boysの功績を差し引
いたら、NTkernelとIEとPowerPointとASPぐらいしか残るものは無いかもしれない、私の中では。まあそれもほとんど棄てつつあるけど。
・CEDEC2006のワークショップに思うこと
blogs.msdn.com/hiroyuk/archive/2006/09/09/746364.aspx
いいなー、日本国内でこういう講習会が受けられるってこと自体が幸せすぎますよ。フランスはじめ欧州各国ではDirectXのリソースはほぼ英語ですからねえ。マニュアルの翻訳なども日本のDirectXチームの活動には頭が下がります。ってゆーか、知ってる人の背中が写ってそう。
・Media Foundation, EVR, DXVA 2.0に思うこと
blogs.msdn.com/hiroyuk/archive/2006/09/29/776613.aspx
EVRでGPUデコードが可能に!おもったより簡単に扱えそうじゃね?GPUVisionもここで実装したほうが幸せかもしれん。これでDirectShowにお別れできるってものだし。でもあまりに簡単に扱えてしまうと、GPU上でデコード(コンテンツ管理関係のデコードも含めて)するのをハックできてしまうという気もしないでもない。
ミキサーの書き方とかもMSDN英語には公開されてる
windowssdk.msdn.microsoft.com/en-us/library/ms701624.aspx
あでもPMP(Protected Media Path)の解説を見ると、Policy Engineを通さないと駄目っぽい。
windowssdk.msdn.microsoft.com/en-us/library/aa376846.aspx
まあでもマネージドではないし、もしかするとレンダラーの書き方次第では、GPU経由で非常に高品位なHDDVDリッピングソフトなどがかけてしまうかもしれないね、がんばって・すごい人(投げやり)。
それはそうと、半透明ウィンドウはスクリーンショット取ると壁紙が丸見えだなあ。ど萌え系の壁紙とか、やたらと散らかったデスクトップとか恥ずかしくてスクリーンショットを取りづらくなるよな。
・Resource View, Direct3D 10に思うこと
blogs.msdn.com/hiroyuk/archive/2006/08/18/705370.aspx
SIGGRAPHで川西さんに会ったときにこのBlogの存在を知って初めて「おお!」と思ったエントリー。「シェーダーリソースビュー」に期待。
R32_TYPELESS型かあ、いいな。「人生32歳ぐらいで型にはまっててはダメだ!」という感じの宣言ですね。謎。

GoogleReaderがパワーアップ

時間があるときはBlogを鬼のように毎日書いているわけなんですが、他人のBlogを効率よく読むのはまだまだ課題があったりします。
以前はGooRSSリーダーとかRSSリーダーを使っていたのですが、やれることの機能の割にはソフトとかアップデートとかメモリ消費とかが大きすぎるような気がします。
ThunderBirdも使ってますが、メールとRSSを統合するというのは、主食とおやつを一緒に食べるような消化の悪さがあります(≒時間消化が悪い)。
別の例ではMSNスクリーンセーバーとかありますが、メインで使っているマシンでスクリーンセーバーが働くほど暇になることはまず無いし、そうでないマシンでひたすら興味のありそうなBlogの「あられもないキャッチーなタイトル」が表示され続けるというのも、公衆衛生上?良くない気もします。
それに結局BlogはWebインタフェースで読むものなので、ブラウザに統合されているべきではないかと思うんです。
というわけで最近はGoogleReaderに徐々に移行しつつあります。
なんといってもめちゃくちゃ速いんです。インストールいらないし。
www.google.com/reader/
そんでもって今日、突然アップデートがありました。
今まで地味で速いUI、だったのですが、比較的ThunderBirdなどに近いビューになりました。ショートカットも健在。
さらにいうとGoogleパーソナルに統合されてます。
www.google.com/ig
気になるサイトは全部Web上に統合。
こうなるともう、ブックマークはほとんど使わなくなりますね。
(元からWikiにまとめているせいもありますが)

11月18日プチ同窓会

手前のことで申し訳ございませんが、11月18日に工芸大・光情報処理研究室のプチ同窓会を開催します。
参加希望者は久米先生までご連絡よろしくお願いします。
情報交換しましょう。
ある程度告知先を絞ってますが、まあ卒業後も研究室指導しにきてたり就職の世話したりもしてたので、親しくしていた人なら参加可能ではないでしょうか(幹事次第)。
ちなみに光情報処理の卒業生は、画像処理関係が多くて、たとえば某医療画像機器メーカとかの同期もけっこういるんですよね。
そういえば光トポグラフィは川島教授よりも先に某同期に相談したんだった…ビックビジネスを逃したか…。
お会いできることを楽しみにしております。

1996年から1999年に光情報処理研究室を卒業した皆さま
お元気ですか?
知っている人もいるかもしれませんが、1996年卒業の白井君は現在、フランスで研究
生活を送っています。
先ほど白井君と同期の篠田君から、11月に白井君が一時帰国するのを肴に当時の研究
室のメンバーで、久しぶりに集まって一杯やろうとの話しがありました。
日時は  11月18日(土)の夕方
場所は 都内の適当な場所
何人参加するかわかりませんが、概数がわかりませんと、場所も予約できません。
参加希望される方は、私まで返信ください。
なおこのメールは私がメアドを知っている96年から99年に光情報処理研究室を卒業した以下の方(敬称略)に発信しています。
(略)
もし同級生で連絡先を知っていたら、このメールの転送をお願いします。
以上、よろしくお願いします。

久米先生の連絡先は久米@(英字で)mega.t-kougei.ac.jpです。
私に直接連絡していただいてもOKですがたまには久米先生にもメール連絡しましょう。

ダンパが始まった

んもー忙しいの忙しくないの忙しいのったらないの、ってどっちだよ!!
と自突っ込みする私はもう20:33。
今日は働いたー。
以下、質問つきつぶやき。
■例の国際研究プロジェクト
 今度こういうことするときは、絶対にヤツは混ぜないぞ。
 Q1:研究者の皆さんに質問です。
  あなたはどんな研究者?
  ・うるさ型−はんなり型
  ・事務処理能力高い−低い
 →たぶん「はんなり・低い」は人としては付き合いやすいんでしょうけどね…。ほとんどの(どの国でも)研究者が「うるさ−低い」だと思う。ああめんどくさい人種。ちなみに…
  「うるさ−高い」…けっこういらっしゃいますが、これはこれで面倒。
  「はんなり−高い」…研究者と言うより秘書さんですね…私ですか??いや怒りますよ普通に。
  「はんなり−ひくい」…偏見かもしれませんが自然科学系に多いような気がします。研究室が本の山で遭難しそうな感じの人。
■例のプロデュース
 値段が折り合わない。
 Q2:優秀なプロデューサの条件で当てはまるものを以下から選べ(複数可)
  ・優秀な能力を持った知人が多い
  ・口がうまい
  ・世間の値段を知っている
  ・コストダウンが得意
  ・忘れた振りするのが得意
  ・人に頭を下げるのが苦手
  ・神経が細やか
  ・握手や笑顔を忘れない
  ・儲けをとり忘れない
■例の論文
 アブストラクト投稿明日締め切りだー。
 …といいつつ博士学生と共に着実に進む。
 どういうわけか英語よりフランス語のほうが考えがまとまる…なぜだ…。
 Q3:あなたが製品ディレクターならどっちをとる?
 ・冒険しない、トラディショナルだけど儲けはしっかりしている
 ・安くても、そこそこかっこいいもの
 ・高くて、最高品質
 ・一番ではないけど個性があるもの
 ・やめる、買わない、売らない、様子見
■職場の美大がダンスパーティ始めたよ
 ポスターで知ってたんだけど、今日だっけ??
 Q4:楽しそうだ、どうする?
 ・踊る
 ・飲む
 ・つまみ食い
 ・帰る
 ・働く
書き終わって20:47。15分休憩終わり。

内閣官房内閣広報室からメール

小泉内閣メールマガジンが先週、第250号で最終回を迎えたわけです。
バックナンバー
www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/backnumber/2006/0921.html
読者の感想
www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/backnumber/kekka.html
まあ小泉さんに対する是非はここで述べても仕方が無いんだけど、メルマガはまあまあ面白かったかな。
NHK視点とはまた別の官報というか…最近のNHKはずいぶん違うけどね。
時々だけど、政治の動脈硬化具合を見ることができて勉強になった。
ま、それはそうと、どうもこのメルマガは購読解除しないとそのまま次の内閣でも配信継続されるらしい。
これって個人情報保護法的にはどうなんよ?
どこにもそれに関連した条文はないし。
ちなみにプライバシーポリシーはこれ。
www.kantei.go.jp/jp/policy/privacy_policy.html
しかも個人情報はトラックしていないというが、任意のアンケートの結果は公開するという。
こういうサイトが攻撃される可能性が無いなんてことは全くないしね。
購読解除しようかなー。
次の第一回ぐらいまでは読もうかなー。

piSight

…胸が痛い。
精神的に痛いんじゃなくて物理的に痛い。
胸骨か肋骨の軟骨あたりにヒビしてしまったかも。
胸板の頑丈さには自信があったのだけど、柔軟さが追い付いてないとこういうこ
とになる。
はやく直らないかな。右手に力が入らないぞ。
それはそうと、昨日は忙しくて自宅作業してた。
研究室にいると英語やフランス語しかないので捗るは捗るんだけど、その分雑用
もどんどん増えるので。
ちょうど、なくならない「受信ボックス」みたいなもん。
それはそうと、昨日は研究室でいろいろ面白い情報があったらしい。いなくて損
したかも。
そのうちのひとつSensics社の「piSight」。
www.sensics.com/products.html

見た目吊り下げ型のクラシックなHMDなんだけど、その画質がすごい。
一眼あたり3200×1800ピクセル(実効解像度2200×1200)。
簡単にいうと、片目だけでノートPCの液晶以上の解像度。
視野角150度(145Wx60H)。1degreeあたり20pixels。
4×3=12マイクロ有機ELディスプレイを使って実現している。
しかも重量1kg。
いままでのHMDが「トンネルを通してみたVR」に見えるらしい。
そういや某クルマ会社の某さんにきいたことあるなあ。
見てみないことにはそのクオリティはわからないだろうな。

160メガピクセルデジカメ

Seitz-6x17-handheld.jpg

フランス人からタレこまれたネタ。
www.vtr-hardware.com/news/n8485-160-megapixels-pour-un-appareil-photo.html
エンガジェットより先に書いてやる!
スイスSEITZから巨大なデジカメが登場。
www.roundshot.ch/xml_1/internet/de/application/d438/d925/f934.cfm
7,500 pixels vertically and 21,250 pixels horizontally
つまり159,375,000画素。約1億6000万画素。つまり160メガピクセルってこと!?
値段は28,900 Euro。意外と安い。
パノラマカメラというよりHDR撮影カメラとして使う用途はどうだろう。
だってドイツの「Spheron VR」だって5,300×13,000pixelsでベンツ一台分と言われているし。Ladybug2だって10,000Euroぐらいするもんなあ。

Google表計算の意外な使い道

例の国際研究プロジェクト申請の執筆が大詰め。
「日本語版と英語版でフォームが違う」という話は前も書いたと思うけど、今日は「予算の項目が違う」というおおきな相違を発見。
なんかこの過程自体が国際研究協力だよな。
と思いつつ、なんで2国分、一人で書いているんだろう…とか、疲れてみる。
今週末論文の締め切りもあるのに…。
まあ愚痴っても仕方ない。
冷静に考えても、誰かが2言語使えないと国際協力プロジェクトなんて無理だと思う。
某先生がリモートで翻訳のプロに依頼してくれたので、どうにか間に合うかもしれない。
ところで、この過程で「google表計算の意外な使い道」を発見したのでメモしておく。
・進行状態をメモる
 日本語と英語で14種類もフォームがあるのですが、その進行度をパーセンテージにして表にすると多少やる気が出ます。ちなみに完成まであと「80.31%」。ページ数でカウントするか項目でカウントするかはタスクしだいね。
・予算表を共有する
 気づいたのが遅かったので、今回のこれには使っていないのだけど、リモートで共用するプロジェクトの予算シートはこれで共有するといいと思う。数式も使えるし、いざというときはExcel形式やPDFでエクスポートできるし。ただし変更履歴やコメントとかは見れないので、うまく表を作ったほうがいい。
・ToDoをひたすらメモる
 ちなみに自分のToDo、タスク管理を表にしている。同じ表に、体重管理とウィッシュリストとスクラッチパッド的に使ってるシートも共用している。スクラッチパッドをエクセルにエクスポートしたときに、体重管理やウィッシュリストを消し忘れると恥ずかしいことに。
・執筆そのものを共有する
 Wordぐらいのスタイルと画像がgoogle表計算ぐらいの手軽さで使える、AJaxな環境でがあれば、共同執筆はとても楽になる。というか「Wikiでいいじゃん」と私的には思うんだけど。
 論文とかはスタイルをつけることは少ないのでExcel的な表にガシガシ書いていくのも意外と使えることが判明。
・スケジュール表を共有
 まあこれはGoogleカレンダーで十分。
というわけで使ってみると良いよ
Google表計算
spreadsheets.google.com/

柔道3日目

気が狂いそうに忙しいので今日はあっさり書きます。
3日坊主にならないように忙しい仕事を切り上げて行きました。
3箇所怪我しました。脇・胸・顔。
痛くて仕事できません、とは言えないのがつらい。
言っても良いけど誰か助けてくれるわけでもなし。
最近筋肉がついてきて脂肪が落ちてきたのはいいんだけど、体が堅くなってる。
柔軟性を維持しないと柔道は強くなれない。
そして上半身のあらゆる筋肉が弱すぎる。
宮田研のようにベンチプレスでもするか。