いきなり大冒険記

拝啓久美子様。
いま、フランス時間で19時、米国東部標準時で13時。
大西洋が終わって、ラブラドール海、カナダが見えてきたころです。
つまり無事飛行機には乗れました。非常に危ないところだったのですが。
まず携帯電話をCDGでなくしました。ごめんなさい。
チェックインカウンターが開くまでは確かに持っていましたし、なによりこれが時計代わりですからなくす筈がありません。
おそらくCDGターミナルFからターミナルEに移動する途中でなくしたものと思われます。
もしくは、席を立つ直前に現れた謎の身体障害者か。
言語障害だと思うんだけど、署名をしてくれというドキュメントには何も具体的なことは書いてないし、何語でしゃべっても怒ったように突っかかってくるので(女性)、ちょっと怖かった。でもそのときは携帯もってるか確認したはずなんだけど、足早に立ち去ったのがまずかった。
AFのチェックインカウンターEに行って
「オーバーブッキングで席がない、明日の出発にするならホテル代と食事代は出す、もしくは300Euro払ってくれればビジネスにする」と言われ、ちょっとパニクったのもよくなかった。その瞬間に携帯がないのに気がついたんだけど、迷わずチェックインに並んでいれば、チェックイン自体はごねたかもしれないけど終わったはず。
そこから家にとりあえず電話をして、遺失物センター(Lost&Found/objets trouves)のある場所(ターミナルBとEの間)まで行ってしまったのは間違いだったかもしれない。というかその辺の案内係に聞いたらそこに行けというから行ったのだけど、荷物を持ってちょっとやそっとではたどり着ける場所ではないし、すぐには見つからないし、当然ながらというか、やっぱりというか12-13時は昼休みだった(到着したのは12:10)。
「(人の親切を妄信的に)信頼すれば裏切られる」というパリのルールを忘れていた。やばい。
飛行機の出発は13:15。
普通に考えて出発1時間前だよ。チェックインしないと!
時計がないから正確な時間がわからなくて危ない。
あわててターミナルEまで戻る。
カウンターは閉じかかっていて…というか閉じていた。
言われたカウンターに行くと
見た目以上に気取った感じのAF地上係員A子は
気取った感じでパスポートを受け取り
気取った感じでキーボードを叩き、
その間ずっと目線はモニタに向かってる。おもむろに、
「アトランタ行きですか?」といわれる。
『ちがうよボストン!』
「もうチェックインは終わりました」
『そこをなんとか…』
どこかに電話する地上係員。つながらないらしく、その間も同僚と雑談。
そのうち電話も忘れて雑談に集中。
『今日行かないと学会に参加できないんだよ、お願い!』
思い出したように再度電話。キーボードを叩き始める。
『今日出発できる、よね?』
無言で頷く彼女。助かった…。
その後、滞在先の住所やら自宅の住所やらを聞かれ、
どうにか搭乗券を受け取り、この時点で推定12時30分。
搭乗券には12時30分搭乗開始と書いてあるので、可能であればゼロ分で出国管理とセキュリティを通過し飛行機の前にたどり着いて、家族に無事の電話を入れねばならない。
で出国ゲートにダッシュ…が。
そこはもうアメリカだった…。
というかまず人多すぎ、軽く300人ぐらいいると見た。列が長すぎて御土産物の前まで膨らんでいる有様。
出国ゲートのパスポートコントロールは5ブースぐらいあるのだけど、遅々として進んでいるようには見えないのは明らか。
いちおう係員に聞いてみるが「みんな並んでいるんだから並んでね」と言われる。
まあそうだよな、と香水屋の前に立つ。そのそばからどんどん人が増える。
みんなアメリカのパスポート、アメリカ行きの搭乗券、英語をしゃべる。
そうか、このターミナルは米国行きなのか!といまさら気がついた。
並んでいる黒人は明らかにフランス系ではない、白人もフランス人と明らかに見分けがつく人の比率がどんどん少なくなっていく。
イタリア系アメリカ人とか、簡単にひっくるめるとヒスパニックが最も多いように見える(見分けがつかないからそう見える)。
立ち話しているアメリカ英語はスカスカ聞こえてくる。準バックパッカーとおぼしき女性2人組、やたらとでかい青年、70過ぎと思しき老夫婦に囲まれる。
みんな便は違うけどアメリカ行き。13時20分発とか。どういうわけかこの時間帯は出発便が集中している(日本行きも13時15分とかだし)。
fuck, shitを形容詞に使わないと会話を構成できないらしい女性バックパッカーが、
「あたし係員に交渉してみるわ」と一人残して行ってくるが、やっぱり戻ってくる。
「一時間ぐらい遅れるだろうから大丈夫だって、さすがフランス」とか言っている。ほんとかよー。
みんな緊張している、係員が前を通るたびに、自分は?自分は?と優先権を主張する。
言わせてもらえば君らの出発よりも私の出発時刻は30分以上やばい。
私の前に並んでいる老夫婦のムッシュはフランス語もしゃべるようであるが、マダムのほうは明らかに疲れ気味。
普通に並んでいるだけなのに、図体と態度のでかい連中がゴツゴツぶつかって、気がつけば前に並ばれている。
見ててかわいそうだ。というか君らが前にいる限り、私もどんどん抜かされるのだけど、まあ仕方ない我慢だ。
軽く30分並んでやっと2/3までたどり着く。折り返した隣の列の黒人マダム(多分フランス語圏)によるとここから20分かかるらしい。
そんな言葉を聴いて周囲が落胆しているところに、係員が一人の乗客を名前指定で引っ張っていった。
騒然となる。「俺も!私も!」と列を崩して、ガイドを潜り抜けてショートカットする。
お、このサングラス黒人、その超え方はまずいでしょう?20分ぶんはこえたぞ、と思ってたら
セキュリティl係員にフランス語で注意されてる。でもシカト。正面に回って英語で注意されてもシカト。
しまいにゃその奥さんと思しき黒人マダムも割り込み突撃してくる。
周囲が騒然となって後ろから派手にガイドを超えて割り込んでくる連中多数。その騒ぎに乗じて割り込んでくる連中も多数。
どうしてこの人たちはこんなに自己中なんだろう、という疑問もあるが、どうしてこいつらは子供がいるわけでもないのに機内にこんなに大量のトランクを持ち込みたがるんだろう?
私も背中にコンピュータ一式が入っているけど、そんなに持ち込んだらそもそも数量オーバーしている気もするし、セキュリティだって混むじゃんとか。
気を抜くと隣のメキシコ系アメリカ人が割り込んでくる。
『ちょいまち、君の搭乗券を見せてみ?ほらこれ私の。君のほうが30分は後だよ!』
そう、君たちに優先権はない、少なくともそれを主張する権利は私に対してはない!
パスポートコントロールは笑顔でBonjour!とするりと抜けて、セキュリティへ。
長年金属探知機を鳴らさずに通過できない私であったが、靴が変わってからはスルーになった。
荷物も問題なし。携帯電話がないことをのぞけば・・・。
ちなみにこの時点で13時15分。
無事飛行機に乗れるのか…!?
以下次回(ってゆか冒頭で飛行機に乗れたって書いてますけどね)。

Sandbox

さて、29-30日は基本的に
Sandboxというジョイントシンポジウムに参加します。
会場はWestin Copleyホテル。
sandboxsymposium.org
(Programに内容が一部発表されています)
事務局がSCEAの人だったり、PS3関係の発表があったりしてネタには困らないと思います。
気がつけばお堅い学会だけでなく、GuiterHero2大会とかカラオケ大会とか盛り込まれているのがアメリカ人ですが。
あと、ここでオンライン会議なるものが利用できるようです。
breeze.rit.edu/r29177299 – for saturday, 29 july 06
breeze.rit.edu/r33837765/ – for sunday, 30 july 06
けっこうおもしろいかも、この仕組み。無料で使えるのか(企画側)??

Marriott goes "Smoke-Free"

ホテルグループのマリオットからこんなタイトルのメールが。
MarriottR Goes Smoke-Free at All Hotels in North America
In order to accommodate the preferences of the vast majority of our guests,
all MarriottR hotels in the United States and Canada will become 100%
smoke-free in October 2006.
へえ、禁煙分煙、国民皆健康の時代に北米全ホテルで「喫煙自由」かあ、おもいきった逆転戦略だなあ。
ってゆーか、もうマリオットは使えないな、と読んでると…。
Marriott’s international locations will be implementing their own policies
regarding smoke-free environments based upon local custom and guest
preferences. Guests staying with Marriott in the United States and Canada
after October 15, 2006 will not be able to smoke inside the hotel building.
なんだ逆じゃん。全面禁煙化。
そういえば映画「Back to the Future」でもこんなシーンがあったっけ。
マーティ『ペプシのフリー(砂糖なし)をくれ』
カフェのマスター「フリー?ペプシが無料のわけないじゃないか」
どうして英語ってこういう大事なところが冗長なんだろう??
まあ「どっちから見てFree」かという問題なんだけどね。

メディア芸術とは ver.2006

現在、CDG空港直通TGV車内で執筆中です。
文化庁メディア芸術プラザからのDMが面白かったので2点紹介
 ▽日本のメディア芸術100選
  http://plaza.bunka.go.jp/hundred
  あなたの心に残るアート、エンターテインメント、アニメーション、
  マンガの各作品を教えてください。
  「日本のメディア芸術100選」をともに完成させていきましょう。
面白い試みだけど、どうして毎年やらないんだろう?
しかしこのカテゴライズとかデータベース化の時点で
「日本のメディアアート」を体系付けている気もしないでもない。
担当氏からもMLで「偏ってるのでぜひみんなで参加してください!」と言われていますが、マジョリティを探したいのはわかるけど、ネットでこういうことをやるなら、より「祭り的」か「メディアアート的」にやるべきだと思う。
たとえば2chで「涼宮ハルヒを1位に!!」とか活動されたらひとたまりもないわけで。
「芸術100選」というより、過去の優れた作品のマイノリティを発掘するという試みであればみんな思い切って参加するだろうに。
(結果としては同じことになるかもしれませんが)
たとえば『あなたの人生におけるベストゲーム5!』というトークをゲーム業界関係者、国籍問わずよくやるんですが、なかなかポンとは決められないもんなんですよね。4位とか5位とかの魅力はいくらでも語れるし、そこで1位をとる作品があったら今でもそれを遊んでしまうわけで。
たとえば80年代ゲームでいえば『ゼビウス』や『ドルアーガの塔』はみんなが芸術品であることを認めるだろうけど、個人的には『リブルラブル』のゲームデザインのほうが人生における影響度は大きいよ、とか。
下の話にも出てくるんだけど、『マスプロダクトにおけるアート』について考えさせられるし、また「日本の」となると、日本人は気がつかない事も多いだろうな。
ドおたくっぽいフィギュアとか、以前は面白くもなんともなかっし、何でメディア芸術なのか理解に苦しんだけど、こっちからみると、ああいうのは「日本のメディア芸術」と表現せずしてなんなんだろうね、とか。まあ製作コンセプトとかウンチクを6ヶ国語とかで書いて初めて意味が出てくるんだろうけど。
 ▼テーマシンポジウム詳細レポート
  http://plaza.bunka.go.jp/festival/info/sympo_device.html
  「テクノガジェットはアートになり得るか」をテーマに行なわれた最
  後のテーマシンポジウム「デバイスアートシンポジウム」。
草原先生、岩田先生、クワクボさん、土佐社長、八谷さん、森脇先生おつかれさまでした。
シンポジウムに参加できないのが非常に残念だけど、レポートはよくかけていて面白いです。
どのパネリストが発言していることも興味深く、それでいて間違っていないんだけど、八谷さんが過去に明和電気から受けた影響などを語っていて、お互いの「メディアアートってなんじゃいな」が、この10年ぐらいでそれぞれ成長してたりするのが読み取れて非常に興味深かったです。関係者必見。
そういえば、草原先生の「フランスで美術を…」というあたりは、このまえのLavalでのシンポジウムでの影響でしょうかね?
まるで印象派画家のようにお互いが影響しあって物を作りあっているという場に出会える、それを記事として読めるのはすばらしいことだと思います。
そういう意味では私自身はメディアアートの懐古典主義と工学的原理主義に傾倒しているスタンスなので、ちょうど印象派画家におけるフィンセント・ゴッホのようなもんでしょうか…といったら言い過ぎか。もっと作品作らないとな。
とりあえず、上記、2点。
ぴんと来た人はURLを訪れるべし、です。

SIGGRAPH2006関連

さていよいよ明日の朝出発です。
まいみくさんたちとの連絡はこちらの日記スレッドを使っていこうかと考えております。
mixi.jp/view_diary.pl?id=184964634&owner_id=21545
(mixi内リンクでごめんなさい)
私はSandboxから参加なので29日からです。
www.sandboxsymposium.org/
宿はボストン大学寮です。
Boston University Residence Hall
The 10 Buick Street Residence
10 Buick Street
Boston, MA 02215
携帯は…mixi内に掲示しておきましたのでご参照ください(もしくはコメントでご連絡ください)。
SkypeInの米国番号とか取得するかもしれませんが、ネット到達率によるかなあ。
ところで今間先生から以下の情報をいただきました。
会場行き来するより便利なんじゃないかとか。
よい時代になったものです。
まあでもこれでE-Techなどの体験ものの価値が上がるということですね。

今間です。
ボストン←→東京・SIGGRAPH 双方向実況生中継を行います。
時間は遅いですが、どなたでも無料でご参加いただけます。
ボストンで行われる SIGGRAPH2006 では,世界初の試みとして会場と東京を結び,日米双方向同時中継実験が行われます.ボストンの SIGGRAPH2006 論文発表会場と東京のサテライト会場の間は
高速インターネット回線で接続され,慶應義塾大学デジタルメディアコンテンツ統合研究機構 (DMC) で開発されてグローバルスタジオ技術,および WIDE Project で開発さ
れた動画転送技術を使い,論文会場からのリアルタイム動画送信のみならず,東京サテライト会場からのリアルタイムでの質問も可能となっています.また,ネットワークを活用したインタラクティブマルチスクリーンゲームのデモ実験も実施します.
主催:   SIGGRAPH2006
技術協力: 慶應義塾大学デジタルメディアコンテンツ統合研究機構
      WIDE Project
運営協力: シーグラフ東京
実験会場: 東京都港区三田 2-15-45
      慶應義塾大学東館 6 階ホール
タイムテーブル(予定)
8/1:
17:00 – 19:00 Keynote Address and Awards (Replay)
19:15 – 21:15 Fast-Forward Papers Preview (Replay)
21:30 – 23:15 Paper: Surfaces (Live)
23:30 – 25:15 Game: Andrew Rivolski (Live)
8/2:
17:30 – 19:15 Paper: Appearance Representation (Replay)
19:30 – 21:15 Paper: Matting & Deblurring (Replay)
21:30 – 23:15 Paper: Fluids (Live)
23:30 – 25:15 Game: Andrew Rivolski (Live)
8/3:
17:00 – 19:15 未定 (パーティー,機器展示会場での映像などを予定)
19:30 – 21:15 Paper: Precomputed Transfer (Replay)
21:30 – 23:15 Paper: Appearance Modeling (Live)
23:30 – 25:15 Game: Andrew Rivolski (Live)
注意事項:
内容,時間などは当日変更の可能性があります.
会員,非会員問わず,どなたでもご参加頂けます.
実験会場内での飲食は禁止されております.
お車での大学への御来場はご遠慮下さい,
25:15 以後は、実験会場がクローズとなりますが,実験会場および大学内には、宿泊施設などはございません.
お問い合わせ先  (株)バーチャル・イースト内 シーグラフ東京事務局宛
E-mail : jimu (at) sig-tokyo.gr.jp
FAX : 03-5155-3809

『若返りの秘宝』

★SIGGRAPH渡航の忙しい合間にBlog書いているわけなんですが、珍しく事故で書きかけのエントリーを消失してしまいました…。以下、再筆版。

【あらすじ】
先日のファミ通20周年記念企画の「未来のゲーム技術」は、実際には記念企画で収まりきらないぐらいの取材量があって、担当編集さんのふるやさんも『これはぜひ連載にもっていきたい』と切望していたのでした。
ameblo.jp/akihiko/entry-10014198124.html
そんなこともあって、今週発売の号から不定期連載として「ゲームの未来を捜せ!」という企画が始まることになりました。
で、記念すべき第一回はナンジャタウンの新アトラクション『若返りの秘宝』。
例のバンダイナムコHDと日立の連携というニュースが発表されていたネタの実用化とおもわれます。
ameblo.jp/akihiko/entry-10013674896.html
■若返りの秘宝
www.walkerplus.com/topics/nanja/new02/index.html
www.namco.co.jp/press/release/01/20060608.pdf
ところで、このナムコの報道関係資料とされているPDFは、まるで社内の「見開き企画書」の書式とそっくりですね。いろいろ勉強になります。
IVRC学生とか、就職活動学生とかはよく研究したほうがいいと思いますよ、短くて、それでいて遊びが想像できるアトラクション企画書の書き方、というのはなかなか見れるものではありませんので。
肌年齢なども、デパートの1Fなら化粧品セールスの武器ですが、サンシャインシティではエンタテイメントアトラクションになるんですねえ…。
さて、詳しい記事の内容は週刊ファミ通p.16-17をご参照というわけなんですが、
今回は光トポグラフィによる脳の活動度の測定が中心に記事が書かれています。
★光トポグラフィについてはすでにここにまとめておきましたのでご参照。
「脳トレ」を測る研究
ameblo.jp/akihiko/entry-10008645172.html
まあ川島教授は光トポ1台(たしか2億円ぐらい)であれだけのメガヒットを生み出したわけですが、
eg.nttpub.co.jp/ranking.html
コアテクノロジーである光トポの開発もとの日立さんとすればそれは面白くないですよね。
バンダイナムコHDと組みたい気持ちもよくわかります。
で、「前頭葉のほこら」なわけですが、ファミ通記事でよく見ると赤外線プローブが1個しかありません。
つまり前頭葉の活性状態(血中ヘモグロビン量)だけに注目しているってことですね。
これは医療機器としての製品ではなく、エンタテイメントですから賢い選択だと思います。
日立としても、コアテクノロジーの製品化技術として、よい経験をしていると思います。
また記事中でも日立の佐藤氏は「誤解しないでいただきたいのは(略)脳のよしあしを測る技術ではない」と言及しております。
こうやって市民層の誤解を口をすっぱくして唱えていかないと、いつかは「浄水器ビジネス」になってしまいますよね。
それはそうと、ナムコ佐々木氏の「究極のコントローラが実現できる」の囲み記事はどうでしょうかね?
脳トレ系のゲームを遊ぶことで脳の活動に変化が現れるのは、よい意味での追試として評価できますが、
インターフェイスとして使うためには血流→分析までの時間分解能をあげないとね。
まあこの辺は雑談とライターさんの推測で書いている部分ではあるわけなんですけれども。
ところで、この不定期連載はネタを募集しております。
「我こそは!!」という技術やエンタテイメント実用例をお持ちのかたはぜひご連絡を。

ワイヤレスデータグローブ「CyberGlove II」

どういうわけかImmersion関係企業の方から、SIGGRAPHで会いたいというメールが。
まあExhibitionのブースに来てねってことで理解しているんだけど、ワイヤレスデータグローブ「CyberGlove II」がちょっと気になる。試してみたい。
www.immersion.com/3d/products/cyber_glove.php
www.creact.co.jp/jpn/j_n_vtcybglv.htm
まあデータグローブってのはVRの歴史の黎明であり、古典の象徴でもある「三種の神器」であるし、それがなぜ今までワイヤレス化してこなかったのか、というのは、実際この手のデバイスをワイヤレス化したことがあるひとなら「言わずもがな・特に利点がない」なんだけれども。
でも、映画業界的にはVICONとかのお金に任せたビヘイビアキャプチャースタジオに、この手のワイヤレスデータグローブは待ち望まれていたデバイスでもあるんだろうな。
いまや、ハプティック業界の特許帝国となりつつある「Immersion」、ちょっと時間をかけて覗いてみるかな。

示談ですまない頭突きの歌

■ジダン頭突き、歌になって日本上陸!
www.excite.co.jp/News/odd/00081152849755.html

…すんません、フランス人がばかで。
思うんだけど日本メディアのステレオタイプにおけるフランス人のポップカルチャーって「とことん・ばか」だよなあ。
レーベルのサイトにはすでに着メロまであったりする
www.laplagerecords.com/

そんなに流行ってるとは思えないんですが。
まあすでにジダン応援歌もたくさんあるしな。

世界一高価なXbox360

TR_360.jpg

意外なコミュで意外なアイテムが。
mixi.jp/view_bbs.pl?id=8857351&comment_count=2&comm_id=176261
mixi内リンクですみません
1台150万円かあ…。
自分が使うなら、そうだな…
スワロフスキー・クリスタル製マウスホイールとかがいいな。
ドイツ在住アーティストの綾乃さんのサイト
www.bling-my-thing.com
そーかモトローラのV3とかにやってもらうという手もあるな。
英国版はパッケージからしてかっこいいからな。
サイトを見ていて思ったんだが、
スワロフスキークリスタルアートは、もしかするとドット絵に通じるものある?

マイクロソフト
Xbox 360 発売記念パック(初回限定生産)