前首相が研究所に

実はあまり知られていないことなのかもしれないけれど、私はモチベーションの低い仕事をするのが大嫌いです。
(あ、自明だった?)

具体的にはどういう要素のある仕事かというと…

・頼まれ仕事
・興味がない
・新しさがない
・人間味がない
・そもそも依頼している本人が何が面白いかよくわかってない

実際の作業としては様々。
時には「メールに返事しといて」だったり、何かを購買することであったり、報告書であったり、執筆であったり、翻訳だったり、映像編集などの制作作業であったり。

プログラミングなどは意外とこういうことが起きない。そもそも私のプログラミング能力を低く見積もられているのかもしれないし、「そういう作業はお金を払ってプロがやるのが当り前」という意識があるからかも?いずれにせよ腹立つな。実際にはプログラミングの方がよっぽど、楽しく作業できるのに。

最近では(ポスドク時代以後)、こういう仕事を受けるときは全力で「いやそーな顔」をするように心がけてきたつもり。

しかし上記のような仕事を押しつけてくるひとは、どうも「押しつけるのが仕事」になっているらしく、いまいちその仕事の毒性がわかっていないと思われる。非常に無理矢理な方法で仕事を投げてくる。時にはその内容すら把握していないことがある。

私ならスキルがあるからきっとぱぱっと片付けられるんだろう、とか思っているらしい…が、それは大間違いである。
スキルがあってもモチベーションがなければ、徹底的に寝かせるだけでなく、他の仕事にも支障が出るのだ。

何度か測定してみたのだが、どうやらこの種の「モチベーションの維持できない仕事」を1件受けると「そうではない仕事」が20件はこなせてしまう時間を失っているようだ。
作業時間自体も非常に遅い。普通なら1日でできることが丸3日かかったりする。そうこうしているうちに、普通のメールが100通ぐらいスタックしてしまい、結果、余計に腹が立つ。

そんな風にスタックして毒が回っているときに、おもしろそうな話を持ちかけられたり、若者の勢い余った企画書のレビューなどを依頼されたり、偉い人に会ったり紹介されたりすると、本当に危険。

顔はストレス満開。
筆には毒がのる。
握手のときにも目は虚ろ。

全然関係ないようでいて、非常に関係あるのだけれど、今日、これからLavalのVR町おこしの中心人物フランソワ・ドベール(Francois d’Aubert,元研究大臣・Laval,Mayenne市長)が前フランス首相のジャン=ピエール・ラファランにメダルをもらうらしい。

■Francois d’Aubert
fr.wikipedia.org/wiki/Fran%C3%A7ois_d'Aubert
「Lavalの梶原知事」というと話は早いだろうか?

■Jean-Pierre Raffarin
www.mofa.go.jp/mofaj/area/france/cv/raffarin.html
en.wikipedia.org/wiki/Jean-Pierre_Raffarin

しかも会場はうちの研究所「Ingenierium」のギャラリーで行うらしい。普段は市民ギャラリーで、子供達の図工作品などがよく飾られている場所。

内容は、Ingenierium計画やVR発展振興を通した町おこしの成功なのではないでしょうか。壁にはうちの研究所で開発されたデジタルモックアップシステムを利用したミニバスの映像などが飾られています。シェバリエ(騎士)称号授与とかもあるのかしらん。

昨日から役所の人が走り回って準備しているんだけど、もうそろそろ始まる様子。
私の自転車はどかされてしまったが、例のMADRACEの車筐体も、ついにどこかに移動されたみたい。さらに観葉植物とかもおかれてるよ!この調子だと赤絨毯ぐらい引かれるんだろうか?

こっそり写真でも撮りにいきたいけど、カメラ忘れた・・・。
それより雑用おわらさないと、顔が疲れきってる…。

面接試験官

9月が学期初めになるフランスでは、この時期は入学試験やら採用面接やらで忙しい。
研究室お向かいのESCIN(美大)では、今日は実技試験と面接らしい。先日はParisでデッサンの試験があったらしくErikが1週間かけて審査してた。
今日ロビーで座っているのは、その実技試験に通った学生なんだろうな。
ESCINのうちの研究室のコースは3Dグラフィックス、特にリアルタイム専門なので、そういう意味では先鋭中の先鋭なのかも。
あとはうちの研究室も昨日今日と、9月から採用の秘書さんの面接が続いている。ENSAM本部から送られてくるはずの事務官が急病とのことで、突然面接官を任命される。…といっても英語力の試験が中心。
職安に掲示してあったとのことで、遠くはアヌシー(Annecy)からも候補者が。皆さん(dames)いろいろな経歴。同じ質問でもいろいろな回答がかえってきて面白い。
例えば…
『9月の上旬に海外からの教授10名を招いて、カンファレンスを行う。何人かの教授はフランスがはじめてである。あなたはどうやって、いつ、どんな準備を行いますか?』というもの。
めいめいに、思いつく限りの準備を述べるのだけれども、ある例では「机でしょ、食事でしょ、あホテルも要るの?まあそうねえ、メールして要望を聞くわ、どんなホテルがいいかとか…常識でしょ、こんなの」と答える。まあ確かにホテルの★の数も重要かもしれないが、おそらく日本人の教授に対応は向いてないだろうな。きっと彼女のセッティングではCDG空港からTGVに乗ってLaval駅に着くまでで大冒険になってしまう。フランス人でフランス語が使える人間が、CDGからLavalに来る「常識」とは訳が違う。日本で外国人が日本語スキルなしで岐阜県各務原市三柿野駅に行くようなものだ。
他にも『日本からPh.Dを取得するためこの研究室に留学したいという学生から国際電話がかかってくる』というシチュエーションで電話対応をさせる試験もSimonの依頼でやってみた。既に聞かねばならないことと研究室のアドレスを書いて渡してあるにもかかわらず、とっさのこともあり、意外と国際的に通用する英語で喋れない人が多い(アルファベットがフランス語読みとか…)。
まあ面白いんだけれども、履歴書から想像できるステレオタイプを超えるような結果ではなかったともいえると思う。若い人は経験が足りないし、あまり若すぎると、大学院修士博士のような高等教育機関では使えない(学生と遊んでしまうのが関の山)。スペインで経験をつんだ国際派は、やはりスペイン人のようなおおらかさ・よく言えばいい加減さが身についてしまっているので、本当の意味での国際レベルのクオリティがあるとはいえない。私個人としては学際分野で比較的経験のあるシングルマザーのおばさんが一番よく働けると思うのだが、この手の人はサボることを覚えたが最後、言い訳と身の上話を聞かされるだけ仕事の邪魔になってしまう。結局のところ、年齢と経験と、身上のバランスが合っている人というのが妥当案になる。修士の学位を持っている人はある種の人には受けが良いが、実際の能力とは全く関係ない。それに、社会人研修を受けた人は、その人の弱点を如実に語っているので、必ずしもポジティブに働くかどうかは実技試験の内容次第。
ちなみにPCスキルの実技試験などもしっかり行っていますが、こういうのは若い人のほうが上かも。意外と難しいのが英文ビジネスレターで、ひどい例では自動翻訳のミスをそのまま使っている人もいた。
私としては、フランス語が不自由なのをいいことに捲くし立てるタイプは苦手だし、スキルがあることをいいことに、どんどん仕事を押し付けてくるタイプも苦手。英語能力は欲を言えばきりがないけれど(英仏・仏英翻訳や文法チェックが品質高くできれば問題ない)、困るのは「自分の英語能力が高い」と信じているけれども全くそうではないタイプ。PCスキルとかも同様。Excelで何でも片付けるタイプは百歩譲って良いとしても、WordとExcel、既に作られたデータベースしか使わない銀行系事務や電話交換手と違って、研究室秘書にはPowerPointやDTPなどのグラフィック系ソフトの能力も必要になる。
まああくまで経験則なんだけど、平均的な能力は期待できないけれども、安定している年配の秘書さんのほうがどんな時でもやりやすい、という経験がある。
あとは秘書系のキャリアではなくて、インターネット以降・MS Office以降の一般企業経験者の転身なども世間的な常識があってポイント高い。
まあそういう意味ではTechnopoleのValerieとかはものすごく優秀な部類に入るように思う。フランスは30代で親元の近いところにUターン就職する人が多いので、Technopoleはラッキーなんだと思う。
で最終的な判断だけれども、Simonは賢いので、最終決定は2・3日寝かせて熟考してから、ということになった。
雇用関係は、本当に大変。時には冷酷さも、思い切りも必要。はてさてどうなるか。

面白いものを作っている最中は…

…笑いが止まらない。
テストの段階で誰に見せても笑う。
作ってる本人が、笑いをこらえるのがつらいぐらい笑える。
しかし、映像を見せられないのが残念…。
(実験に参加したい人はお問い合わせいただければ対応可能かも…)
YouTubeで公開したい…しかし、ここはがまん…。
以上、「笑いの殿堂」のアトラクションのひとつ、
『Video Mation』の制作メモでした。

PC爆破計画

dell banger1.jpg

デル製ノートPCで出火事故? 大阪 (ITMedia)
news.mixi.jp/view_news.pl?id=51780&media_id=16
(ITMedia内のリンク見つからず…)
日本国内のメディアでほとんど報じられてないのにかなり衝撃的な写真。
「suddenly exploded into flames」とあるので出火というより「突然爆発し炎に包まれた」に近いね。しかも5分間ぐらい炎上してたらしい。
よく読んでみると、DELLに対する話というより日本人の会場関係者(ホテル?)の指示への突っ込みが激しいね。
“Don’t try anything courageous/stupid, stay away, away, away!”
“Fire extinguishers leave a mess on your suit and belongings; pack your
stuff (if you can) and leave, leave, leave!” he advises.
なるほど、そういうこと言いそうだ。まあ日本では普通だけど。
ってゆーかですね「そのまま!何もしないで!」ではなくて、
電源抜きなよ、まずは。
しかし、先日のコンデンサ騒ぎも記憶に新しいけど、DELLのノートPCが爆発炎上するなんてことはほんとにありえるんだろうか?とちょっと調べてみたら、ありえない話ではないみたい。
■DELL公式サイト「Latitude C600/C500ユーザーズガイド」
support2.jp.dell.com/docs/systems/latc600/jp/ug/features.htm
▼警告:異なる種類のバッテリを使用すると、出火または爆発する恐れがあります。Dellから購入したものと同じか、またはそれに相当する種類のバッテリのみと交換してください。お使いのコンピュータのバッテリは、Latitude CSまたはCSxコン
ピュータを除くすべてのLatitude Cシリーズコンピュータで使用できます。バッテリをCSまたはCSxコンピュータで使用したり、それらのコンピュータのバッテリをお使いのコンピュータで使用しないでください。
なるほど。出火も爆発もするみたいですね。
マニュアルにも書いてあって安心安心。
そうだ!
USBメモリに見せかけた
「5Vで駆動する時限発火装置」なんてどうだろう?
花火の時期ですしねえ。
007ご愛用メモリということで、映画のノベルティグッズに使うってのは。
(花火を遊ぶときには大人とバケツを用意してくださいね)
補足
 そういえば、メディア芸術祭でアオキ君が、英国の「叩いて傾けるテレビ作品」で漏電してて全館停電したって話を聞いたなあ。
 実はPCのAC電源に変圧器つけてたんじゃないだろうか?Laval Virtualでも今回6チームぐらい変圧器を破裂させてたからなあ…。
 あ、でもそしたら出火場所はアダプタになるよな。やはりバッテリ説が濃厚かも…。
 私も長時間用に外付けバッテリ使ってるけど、気をつけよっと…。

他人視点VR

他人視点VRといえば
電通大稲見研・加護谷君の「Time Follower’s Vision」とか

www.hi.mce.uec.ac.jp/inami-lab/en/projects/AugmentedColiseum/index.html

東工大長谷川さんの背後視点スキーやらがあるわけですが
springhead.info/~hase/ski/ski.html
同じ構成でもニューヨークのアーティストがやるとちょっとかっこいい
japanese.engadget.com/2006/06/08/the-third-eye/

TheThirdEye.jpg
しかしアートには先願特許はないのだろうかという疑問も。
やはりスキンヘッドにして英語で書くのが重要なんだろうな、とか。

教訓的VR・セーフマスター

safemaster.gif

たまにはEnGadget風に紹介してみようと思う。
「自分の手が切れる様を体験できるVR」
フォースフィードバックの世界的権威でもある佐藤教授に教わったネタ。
今、東京ビックサイトで開催中の「産業用VR展」、ソリッドレイ研究所社のブースで展示されている「セーフマスター」は製造現場でおきやすい「はさまれ・巻き込まれ」事故による労働災害を体験するために、自分の手が工作機に巻き込まれて切れる様を体験できるらしい。
www.solidray.co.jp/product/newpro/safe.html
光学的にはハーフミラーを使っているのでリアリティ抜群。
そういえばうちの研究室の「バーチャルスクーター」も、事故るとグロい映像が出て、危険運転を防止するというコンセプトだけど、こういう「グロVR」って流行なのかしらん。
これに懲りて、旋盤使用時に軍手を使う人が増えないといいのだが。
※非常に危険なので、よい子は旋盤使用時に軍手を使ってはいけません

ふぁみ通執筆中

パークの企画提案締め切りが今週末.
研究室は全体で映像&デモ制作モード.
ほとんど制作会社のようになっている.
といっても学生はほとんどがリアルタイム映像の人なので,私は逆にハイクオリティレンダリングが必要なキャラクタアニメーションとビデオ合成が担当になりつつある.
ショートとはいえ,1週間で5本の高クオリティはけっこうきついものがある.
しかし,たまにまじめにキャラクターアニメーションや映像合成とぶっ通しで向き合うと研究のネタも多くみつかるのでよいとするか.
そんな合間に,例のファミ通創刊20周年特集記事の執筆依頼が.
締め切り24時間後に設定される.さすが私の担当編集者.鬼だ.
まあ分量もそんなに多くないし,ヒューマンインタフェース関係だけだから,そんなに苦労はしないと思うけど…ファミ通の語感にモードをあわせないといけないのがつらい.
てゆか,その辺の用語の統一は編集氏に任せるか….
論文とかホームページとかを読み解いて書くことは出来るんだけど,やっぱり日本人には日本語でいろいろ訊きたい.できればオフラインで取材したいぐらいなんだけど,そうもいってられない.
情報提供依頼したみなさん,よろしくご対応お願いしますね….
そういえば,まだ大ブレイク前の「ムシキング」を取材しに行ったことを思い出すな….
担当編集者&ファミ通読者&デスクがこの手の技術に興味を持ってくれればいいんだけど.

ほし(*HDD)が逝く時

先週から日記をお休みしておりますが、私自身は無事です。
ヒザのリハビリも順調でジョギングもできるようになりました。
とはいえ、ヒザ自体が曲がってしまっているようですので、まだまだ予断はできませ
ん。今日は矯正具の専門医に行ってきました。
さて、サブマシンのハードディスクがお亡くなりになりました。
中古とはいえ、まだ11月に買ったばかりなのでショックです。
ハードディスクに異音がし始めてから、完全にアクセスできなくなるまで、3日かか
りませんでした。
本当にあっけないです。
原因はHDDの寿命というより、熱暴走か何かだと見ていますが、いずれにせよ磁気記
録部分ではなくモータが逝ってしまうと何もできません。
ちょうどSPIDARのモータが焼けるのと同じような音がします。ぎぎぎぃと重そうな音
を立てて、ドライブが熱を持ちます。
映像を見たり、事務作業をしたりするためのサブマシンで、しかもほとんどのデータ
はFolderShareしていたので、幸い「これは大事!」という感じで明確に消失を嘆き
たくなるようなデータはありませんでした。
しかし、メインで使っているNECのノートPCはそうはいきません。60GBをほぼ全域で
使っていますし、メールやプログラム、ソースコード、家族の写真、財務関係やWeb
システムのパスワードにGoogleDesktopなどなど…いくらサーバー側にバックアップ
を取っているといっても、再度おなじ環境を作るのは容易ではありません(無理)。
というわけでサブマシンのHDDには、比較的日が浅い、外付けリムーバブルHDDをお下
がりとして転用するとして、新規で購入した100GBはメインマシンのHDDとして利用す
ることにしました。
ちなみにサブマシンはTC1000(CompaqのタブレットPC)なので、外付けCDROMなどはあ
りません。冷静に考えると非常にリカバリがしづらい機種なのですが、NECのLaVieRX
のHDDをまるまる入れ替えて、内蔵CDROMを使ったら、あっけなく復旧できました。覚
えておくと便利なテクだと思います。
さて問題は60GBのデータを持つNECのシステム移行です。
こういう用途はNortonGhostが便利というのを知っていましたので(実際、付属のリカ
バリディスクもGhostで作られている)、この際ライセンスを購入して使ってみること
にしました。「Ghost」と並んで「Save&Restore」という新製品が並んでいたので
『こうやってシマンテックの戦略にはまっていくんだなあ…』と思いながら
「Save&Restore」を買ってしまいました。ちなみに「Ghost」はWin2000で使えますが
後者はWinXP専用で、さらにアクティベートがあります。
しかしここからが大変。
まず圧縮後、約50GBあるバックアップファイルを置く場所がない。
分割して研究室で使っているマシンのハードディスクを利用して、ネットワークドラ
イブにおいてみるけど、リストアに失敗する。
しまいにはサーバー側の圧迫を圧迫してサーバマシンのHDDもスキャンディスクから
帰ってこなくなってしまった(300GBのHDDでstep4で1%あたり1時間ぐらいかかる…)。
研究室の学生用マシンにVMWarePlayerを入れて、映像制作環境だけでも走らせている
からまだましなんだけど…溜まり行くメールに手が回らない…。
結局、メディアを経由せず、Save&Restoreで直接ボリュームをコピーするという方法
をとっているけど…これでいいんだろうか…?なんだかファイルコピー後のブートレ
コードの操作だけなら、こんな大げさなことをする必要もなかったような…。
まあ無事に環境移行できることを祈ります。
皆さんも夏本番を迎える前にHDDのバックアップ&交換を忘れずに…
・時々読めない
・異音がする
・部屋がめちゃくちゃ暑い
・強制電源断をよくやる
・ディスクの9割以上を使用する
・スキャンディスクをかければいいだろうと思ってる
・自転車に乗っている、通勤が激しい
・いまのHDDを使い始めて2年以上
この辺は危険信号です。
間違ってもデフラグ/スキャンディスクなんて実行しないほうがいいと思います。
(HDDに負荷をかけて寿命を縮めるだけですよ)
以上、当たり前のことだけ書いて、作業に戻ります…。

セクレトボタン

巷で話題のPrayStation3ですが(笑)
dandelion君の日記より
ameblo.jp/dandelion/entry-10013675869.html
どうやら「SELECT」ボタンのつづりを間違えたようです。
japanese.engadget.com/2006/06/14/ps3-spelling-mistake/
フランス語でなんか意味あるかなと思って調べてみましたが、Se Rectでラテン語読みすると「逸脱した・まっすぐ」という意味になりそうです(自信なし)。
なんだかPS3らしいといえば、らしい。
ところでEnGadgetにはどうしようもなく突っ込みたいネタが大量に転がっているのですが、有名Blogサイトに遅れて突っ込みを入れるのがちょっと気恥ずかすい。
さて、山のような執筆と猫のアニメーション(実は伸びてドアを開ける姿勢まではやってみた)にも疲れたし、そろそろ帰ろう。。。

ゲームの新技術

次のBlogエントリーでもちょっとふれますが,ゲームに使える新技術をいろいろと調べていたりします.
で,話題になっているものがあるのでちょっと解説.
■ソニーがER流体で新しいコントローラのための特許を取得
ソニーの特許取得ではEngadgetでも扱われていました
japanese.engadget.com/2006/06/08/sony-electrorheological-fluid-patent/
チューブ型にして形成するのが賢いですね。
消費電力が少ないというのも大事です。
ER流体自体はそれほど新しいものではないです。
たとえば、モーションセンサーに使われているジャイロ(方位磁針)にもER流体薄膜が使われているものがあります。
他の新素材に比べて製造コストが安い
電気的な制御がしやすい
といった利点があります。
インタフェースへの応用では、学会「インタラクション2004」だったかで
マウスへのフォースフィードバックとしてデモをしているものを見たことがあります。
この論文は2001年の慶応によるものですが、私が見たものはマウスホイールだったかも。
www.i-system.sd.keio.ac.jp/2001/students/master-autumn/2001-01-02.pdf
まあ3−5年ぐらいの技術でしょうか。
現状、この手の萌芽的研究は、思いついて、他の研究者がいろいろ開発し始めたらすぐに特許をとっておかないと、Immersionに取得されてしまいますので、ソニーの特許取得自体は大騒ぎするほどのことではありませんね。
(基本的にソニーは特許取得をしない会社でしたが、最近ではそうも言ってられないようです)
ER流体に関する米国特許はここで見れます。
patft.uspto.gov/netacgi/nph-Parser?Sect1=PTO2&Sect2=HITOFF&u=%2Fnetahtml%2FPTO%2Fsearch-adv.htm&r=0&f=S&l=50&d=PTXT&RS=electrorheological&Refine=Refine+Search&Refine=Refine+Search&Query=electrorheological
恐ろしいことに、上記のようなマウスホイールへの利用は既に2000年にImmersion社に取得されていたりします。
しかもあくまで「for remote control devices」であり、「Nintendo, Sega, or
Sony」と名指しで「利用可能」と指摘してたりもします。
patft.uspto.gov/netacgi/nph-Parser?Sect1=PTO2&Sect2=HITOFF&p=1&u=%2Fnetahtml%2FPTO%2Fsearch-bool.html&r=1&f=G&l=50&co1=AND&d=PTXT&s1=sony&s2=electrorheological&OS=sony+AND+electrorheological&RS=sony+AND+electrorheological
まあ特許は特許なので、取得されようが、ちゃんとライセンス料なりを支払えば問題ないでしょう。
普通は、ひとつの製品を作るために、数多くの関連特許が必要になりますから、クロスライセンスなりをして、お互いの優先権を相殺していくことになります。
また、基本特許はともかくとして、どうやってゲーム機に実装するかも重要な技術です。
■新しい視線入力UI
同じEngadgetからの引用ですが、ふつうモニタ側にカメラを置いてしまう視線入力をモニタ側ではなく頭部側につけているところが賢いですね。電極装着がネックになるEOGにも、こういった実装の仕方もあるわけです。
japanese.engadget.com/2006/06/12/eog-gaze-detector/
ちなみに福本氏はIVRCの審査員としてお世話になっております
■光トポグラフィのエンタテイメント応用
「脳トレ」で一躍有名になった光トポグラフィですが
www.hitachi-medical.co.jp/info/opt/index.html
今日のニュースでバンダイナムコHDが日立と共同でエンタテイメント応用をするそうです.
www.nikkeibp.co.jp/news/flash/506273.html
そういえば,前回のファミ通の特集のときにナムコの福祉事業部の方と近い話をしたのを覚えています…録音の聞きなおしでもしてみるかな.
それはそうと,ナムコの輝かしい一作?としては「マインドシーカー」がありますね!エスパー清田監修の超能力育成ゲーム.
さて複線はこの辺にしておきます.