フランスのいろんなニュース数連発

ニュースBlogを書こう書こうと思っていて溜まってしまったので、フランスネタでまとめて書きますね。
■[EU首脳会議]「顔をのぞかせたナショナリズム」
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20060325ig91.htm
(引用)エネルギーに関しては年初、ロシアがウクライナ向けの天然ガスの供給打ち切りの挙に出て以来、EUに警戒感が芽生えた。EU諸国が消費するガスの25%はロシア産だ。仏政府などの介入は、エネルギー安全保障の観点から、批判は覚悟の上での措置とも見られる。

これのどこが「ナショナリズム」なのか。まあそういう見方もあるんですが、経済のボーダレス化によって、新たな競争も生まれるということですよね。そして競争や交渉、衝突によって生まれる新しい均衡もあるわけで。
EUエネルギー問題は21世紀の経済問題ともいえるでしょう、今後も注目です。
■深い衝撃受けたと、英語使用で会議を退席の仏大統領
http://www.cnn.co.jp/world/CNN200603250001.html
CNNらしい記事なんだけど、こっちのほうが「ナショナリズム」といわれたほうが正しい気がする。
でも「Non」といえるシラク大統領は好きですよ。
フランス語を喋らないフランス人についても同意。
いくら流暢に英語を喋っても、フランス語を喋らないフランス人はフランス人とは言わないし、そもそもEU各国で英語を公用語としている国があるなら教えて欲しい(仏語のほうが多いはず)。
■iTMS公開法案、仏下院を通過
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0603/22/news009.html
簡単に言うと、フランス市場ではiTuneなどに使われているコンテンツ保護プログラムを解除することができるようなオープン戦略をとる必要がある、ということになりますね。これはアメリカのデジタルミレニアム法では「プロテクトをはずすのも違法」ですから、正反対の路線です。
Appleもつかわないし、音楽聴かないけどiTMSの動向が気になるオジサマたちは、なぜかAppleびいきだったりします。でも考えてみればiTMSというのはトップダウンの流通であって、選択肢は増えたように見えるけど、実際には消費者は大きな鳥かごの中で飼われているわけですよね。そのなかはそのなかで幸せなんですが、そもそもデジタルコンテンツに1Euroたりとも払いたくない人々も沢山いるわけで。
海賊だとかいう見方もありますが、いわゆるコンテンツ流通の人民側の革命がおきていると考えると楽しい気もします。
それにオープン開発でさらに安価で強力なコンテンツプロテクションの開発や、例のrootkit問題なども回避できるわけで、あながち棄てたものでは無いようにも思いますよ。たとえばHTTPSの認証局だって、認証プロトコルでは食えませんが、認証局はサービスで収入を得られるわけですし。
■燃料製造は仏企業が有力 九電、発注に向け始動

http://www.chugoku-np.co.jp/NewsPack/CN2006032701000045_Science.html
MOX住民理解を得たと思ったらもう発注の話ですか。まあ期間が短いしね。
それにしても日仏は原子力先進国だよねえ。
フランスはEUの電源ハブみたいな国だからよけいに原子力が重要なんだけど。
発注といえば、偶然こんなものを見つけました。
■dgMarket 国際入札・調達情報データベース
http://jp.dgmarket.com/eproc/eu-notice.do~1170798?noticeId=1170798
フランス語の読める人は読んでみるといいんですが。
「Realisation des animations virtuelles et des dispositifs interactifs du futur Parc de l’Aventure Virtuelle.」
つまり私が関わっているVRテーマパーク「Parc de l’Aventure Virtuelle」のコンテンツなどの発注ですね。いくつかのパビリオン企画も読めますので興味ある方はどうぞ。
…というかついぞ先日、この入札向けの企画書を研究室から出すのを手伝ったわけなんですが。

ラバルかラヴァルか。

週末だと言うのにPCに向かい黙々と雑用。
それも知識とクリエイティビティが必要な雑用で。
かなーりストレスためております。すみません。
それはそうと、いままで「Laval」のことを親しみを込めて「ラバル」と表記してきましたが、いちおう「V」の音を意識して、これからは公式文書等は一般的なカタカナ表記に従いできるだけ「ラヴァル」と書こうと思います。
ただ「一般的カタカナ表記」というのが曲者で、辞書の凡例にはあっても正しい日本語としての定義が中々見つかりません。
例えば
ビデオをヴィデオ
テレビをテレヴィ
…と書く人はあまりいないのです。
さらに言うと英語→カタカナであれば、ある程度の法則化は可能なのですが、フランス語のカタカナ表記というのはいろいろ問題があって、カタカナ→フランス語の復号は思いのほか難しいのです。
例えばLavalを擁するMayenneはカタカナで書けば「マイエンヌ」ですが発音を正確に表現すると「マイヨンヌ」ともかけます。
☆こちらはずいぶん前に「マイエンヌ」に統一しています。
どっちにせよ「ラバル」、「ラヴァル」、「マイヨンヌ」、「マイエンヌ」と書いてもGoogleで一位にくればよいのです。
というわけで、一般表記は今後とも「ラバル」を使い続けようと思います。
ただしこれからは公式文書等で「ラヴァル」という表記を増やしていこうと思います。
また判断に迷ったときはアルファベで「Laval」と書きます。
ご理解・ご協力おねがいいたします。

修羅場力、立ち直り力、提出力、の3段ロケット。

某メディアアート世界的公募グランプリに応募してみる
この投稿のラスト12時間ぐらいでちょっと面白い体験をしたので、3段ロケットになぞらえて記録してみる。
まずは、この公募グランプリへの投稿向きな作品「RoboGamer」をちょうど去年の今頃思いついて開発を始めたので、足掛け1年になるのだが、いざ投稿しようとなると中々時間がとれず、結局、締め切り週になって取り掛かり始める始末。
締め切りが延びたのは不幸中の幸いだったのだが、さらに今週はGillの留学関係書類の準備で振り回されてしまった。
まあ楽しんでやっているということにして(そうしないと自分が辛い)。
しかし自分のときもフランスビサ申請書類書いたなあ…私の場合は3人分なので、一度コツをつかんでしまえばなんと言うことは無いのだが、気合を入れないと読めやしない言語の役所の書類なんていうのは、一人で悶々と取り組んでも辛いだけだ。
そして普通のフランス人がフランスの入国審査を知らないように、普通の日本人は日本の入国審査を知らない。
いろいろ勉強になった。
大体ここ数日の送信ボックスがすごい。30通/日で、しかもどのメールもかなり時間をかけて書いている。
まあ楽しんでやっているということにして(そうしないと自分が辛い)。
で、投稿のほうなのだけど、とにかく初めてだし目鼻をそろえるか~。と仕上げたDVDを嫁に見せてみると「つまんない」とダメ出し。内容は面白いのかもしれないが華やかさが無い、というようなことを言う。
この時点で予定より押しているので余裕は無いのだが、嫁にダメ出しされた時点で私の「心の力」一次タンクは完全にカラに。すぐさま2次燃料に切り替えて、ちょっと考えてみる。
そもそも前回SIGGRAPHにダメ出しされた内容(実際には査読結果が返ってきて無いので、風の噂でしかないが)もやはり「絵的な派手さ」だった。HMDはタダでさえ地味に見えるし、他のロボット部分も「美学」とかいって(実際にはメカ精度の問題なのだけど)かなりシンプルに構成したので、見た目の派手さが無い。そう、何の意味もなくてもロボットが踊るとか、そういう派手さがないと、ダメなときはダメなのだろう。
とりあえずはっちゃけ要素を導くために、先日のGillとのディスカッションを思い出してみる。学生は背景知識が少ないので理解力が低いが、その分、自分の言葉で咀嚼するので、いくつかキャッチーなキーワードが出てきていた。逆にその手のキーワードというのは、ロボットなり、CVなりVRなりの専門家や、作家本人である私が1年かけてウンウンとコンセプトを錬りこんできた人間では当たり前すぎて出てこないワードなのである。
しかし「何がおもろいのか」を1秒以下で理解させるためには、それが必要だ。
加えて言うと絵的な要素も、音声も、音楽も、もっと気を使わなければならない。
特に、これは学会ではなくて、アートなのだから。
とはいえ、時間には限りがあるので、ある程度のジョークセンスに則した構成で、補足映像を1本作ることにした。技術的にはかなり高度なことをやっているので、これがあるかないかで、理解とその結果はずいぶんと違うはずだ。
まずSIGGRAPH初期バージョンで使うはずだった…が没にした曲を掘り起こしてくる。特に気に入っている2曲だけ使う。
絵的に新しいものを描き起こしたりするのはまず無理なので、ラッシュを洗って新しいコンセプトで使えそうな映像を掘り起こす。逆に手元にカメラと機材があったら、また撮影とかデモ映像作りのための開発行為を行なってしまうだろう、危ない危ない。
フォントなどのテイストもポップ路線で攻める。使う言葉も、語句の統一感をおそれず、理解のしやすさ、純粋な面白さに視点を置く。
尺は1分きっかりを目標。約2時間ほどでシーケンス完成。嫁に見せてみるが、笑いが止まらなかったところを見ると成功だ。その勢いで、調子が悪いDVDオーサリングソフト「Ulead DVD Movie Writer」を使うのをあき
らめ、代わりに「Adobe Encore」に切り替えた。作りかけのプロジェクトを棄てて、さらに工数が多くてめんどいソフトに切り替えるのは勇気が要る行為だが、正体不明のエラーで永遠にはまり続ける余裕は今の私には無い。
これまた2時間ほどでメニュー作業と映像3本を構成終了。当初、補足映像とするはずだった追加の1本は、アペリティフとしてオープニングに入れることにした。これでディスクを突っ込んだ後の最初の印象がずいぶん違うはず。DVDはメニューで映像を選べるので、既存の渋い映像は技術解説としてつかえるし、ボーナストラックも何かの役には立つだろう。何せ全ての映像の著作権は私が持っているわけで。
テストのDVDを焼いて見るが無事再生可能。バックアップを焼きながら、ジャケットも作る。だいぶ時間がなくなってきたところで、提出物を確認すると…オンライン以外にかなり必要なものがあることに気づく。特に書き物。真面目に考えたら寝たくなるような内容なので、もう3段ロケットに切り替えて、最後は何も考えずにWordと立ち向かう。書きおこし、描き下ろしとまではいかなくても、新しいスクリーンショットと説明を加えるだけでもかなりまともになるはずだ。
さらに2時間ほど作業して、結局10ページのドキュメントが出来上がった。画像は増やしたと言っても、コンセプトや技術だけで文字100%のページがいくつかあるので、これはこれでかなりすごいことかもしれん。てゆかもっと画像増やしたいな、欲を言えば。
無事、プリンタとPDFで印刷して、ガシガシと署名をしていく。伊達にヨーロッパの契約社会で暮してない。丁寧に全ページ、イニシャルいれてやった。さらに、DVDはプルーフとして2枚、CDROMは小型版。レーベル印刷
する余裕は無いので、全部、手書き、イラスト入り。
あらかじめ買っておいた国際郵便封筒に入れてみる。500gの封筒に250gの内容だがまあサイズもぴったりなのでよしとしよう。
外は生暖かい雨なので、傘を出して郵便局に出してくる。終わった。
途中歩きながらいろいろ振り返る。予定より9時間ほど余計に時間がかかってしまったが、クオリティというか、作品の完成度はぐっと上がったように思う。
こうしてみると、締め切り1週間前どころか1日前に全てのことを済ませているように見えるかもしれないが、1年間のうち、何度もこういった修羅場を味わいながらここまで来たのだった。修羅場と修羅場の間の寝かせ方も問題で、今回はAceSpeeder2とかGPUVisionとか3人の学生の世話とかそういったものが、見えないところで積み上げになっている。
さらに言うと、いつもはいろんな人に手伝ってもらっているのだが、今回はアートへの投稿ということもあり、完全に一人で作業した。今まで関わってきてくれた人は共著に入れてあるが、著作としてもコンセプトとしても、もともと一人で思いついたものなので、思い切ってピンで投稿してみた。
これでRoboGamerはバージョン3.1というところか。Laval Virtualまでどれぐらいがんばれるかわからないけど、実際には実働1週間切り始めているので4になればラッキーだろう。ならなければ発表辞退もありえる。
さらに今日出した公募グランプリは重賞も重賞なので望みがあるかどうかもわからない。初参加だし。いずれにせよ5月には結果が出るだろうし、もしダメなら、このプロジェクトは休眠行きかもしれないな。
…とおもったら、そういやSIGGRAPHからSketchに出してくれ、と言われていたんだった…!締め切り4/12か…5月ならいいんだが…こりゃまたがんばるしかないなあ…明日も出勤かな、やることメモして寝ようっと。

La panne d'electricite

深夜の10時前。
研究室では学生がプロジェクタを使って映画上映をしている。
私はハードディスクの整理をするため、フォーマットと移動をしながら、書き物をしていた…
…ら、視界が突然真っ暗に。
というか、目の前のノートPC以外真っ暗に。
あわてる学生。
それよりプロジェクタが焦げないか気になる私。
しばらく非常用電源で最低限の明かりだけはついていた。
10分ぐらいで電力復帰。警報機のアラームはなりっ放し。
PC復活。HDDは多少ダメージあったが、まあ生きてる。
しばらくしてネットも復活。
Skypeで聞いてみると、テクノポールも落ちたらしい。
家は無事だったみたいだけどテレビのアンテナが動いてなかったとか。
どこのチャンネル回しても映らない状態だって。
ふあー、調子狂うなあ…と思ってたら久々に雨降ってきた。
もしかして落雷か何かかな?
で、停電は「La panne d’electricite」というらしい。
panneはbreakdownのことね。

タクシーの事故

タクシーに付けられた奇妙な機械は何?
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=15566&media_id=10

そういや以前、運転手さんに聞いてみたんですけど、
タクシーって保険入ってないのが普通らしいですね。

車の台数が多すぎてやってられないらしい。

なので、タクシーに乗って事故に巻き込まれたりして
鞭打ちになったりしてもタクシー会社から保険は出ません。

万が一、死亡事故とかになったりすると、
小さいタクシー会社は潰れて終わるらしい。

ま、こんどタクシーに乗ってみたら
雑談がてら、運転手さんに聞いてみてください。
(で、シートベルトは締める…と)

WBC優勝おめでとう

おお、WBC日本優勝しちゃったよ。
http://www.yomiuri.co.jp/sports/wbc06/news/20060321it04.htm?from=top
フランスではそもそも野球のルールすら知らない人が大多数なので、話題にもなってませんが、すごい話ですねえ。
イチローの問題発言から、対韓国の逆転負け、審判に負け、韓国に再度負け、さらに「漁夫の利」の決定戦進出…。
韓国は別の意味で「30年は戦いたくない相手」になったかもしれないね…。
なんだか昨今の日本の国際競争の典型を見るような感じでなくもない。
日本は一位になってからが問題なんだよな、実際。

受信ボックスの未読がゼロになる方法

メール書くのに疲れる。
メール書く→返事来る
メール書かない→仕事片付かない
つまり未読は永遠にゼロにならないし、
メールはなくならない。
この状況はOutlookExpress使い続けてからずっと続いている。
Windows VistaになってOutlookが廃止されれば少しはあきらめもつくのかもしれないが。
そもそも1通のメールに返信するのに20分とかかけるのがいけないんだが、電話やオフラインで会えるわけではないので、ちょっと無理っぽい。
とりあえずの解決方法としては、

(1) 1行メールにする
 私の上司がこれだ。でも親しい間柄でなければこれは使えない。
(2) メール分類秘書ロボットをつくる
 ベイジアンフィルタを改造してこういうもんつくれないだろうか。
 ・新規のメールで知らない人から来たメールは全てSPAM認定。
 ・あるスレッドになっているメールはその親密度と寝かせ具合でプライオリティを決定
 ・寝かせすぎたメールには「ごめんまた今度」と勝手に返信
 GoogleがGmailあたりで実装してくれてもかまわない。
(3) 突如奇声を発してノートPCをぶん投げて、終わってみる
 音沙汰なくなって、それはそれで幸せかもしれない。
 まあでもIMAPなのでメールはサーバーに残ってるわけですが。
うーん、病んでるなあ。

仁義なきキンタマにみるメディア障壁

さっきDoS攻撃の話を書いたばかりだけど、
Winnyで情報流出」が最近の日本のニュースの流行みたいなんですが、なんで「『仁義なきキンタマ』で情報流出」って書かないんだろうね。

ウィルスの名前ってのは作者がヒントになりそうな名前をウィルスに書いていたり、その振る舞いが名前になったりいろいろだけど、基本はアンチウィルスとかセキュリティ関係の団体が命名することが多いみたい。

なので今回の情報流出をやってしまっているウィルス(ワーム)は「Antinny」と名づけられているのだけど、本当は「仁義なきキンタマ」で検索したほうが有効な情報は沢山出てくる。

でもこれは「キンタマ」というワードが恥ずかしすぎて、マスコミを使って伝播しづらいことを社会的に利用した命名なんだとおもう。

実際、これに感染すると、デスクトップをスクリーンショットにとって、ユーザ名やら組織名やらをファイル名にして、大事そうなファイルをZIPに圧縮して、ご丁寧に「キンタマ」という接頭詞までつけて、WinnyのP2Pネットワークに流してくれるらしい。

というわけで「仁義なきキンタマ」。
http://kintama.client.jp/

例えばNHKのニュースとかで朝のさわやかな時間帯に「Winnyで情報流出」というタイトルの話題で「仁義なきキンタマが…」なんて流れたら、日本中のおとうさんは味噌汁を噴出してしまうと思う。

同じような傾向はネットニュースメディアでもある。

■今さら聞くのは恥ずかしいけれど、「Winnyで情報流出」って、どういうこと?(日経BP)
http://arena.nikkeibp.co.jp/news/20060302/115655/

いや…恥ずかしいのはP2Pの仕組みを知らんでWinnyを使ってるとか、そういうことだけじゃなくて、ウィルスそのものの名称でしょうが。
てゆか、この記事読んでもなんだか判らんって。
「自分は関係ない」と思う人多数出没気味の論調。

そのへん、ITメディアとかは潔い。
■「仁義なきキンタマ」が原発情報流出
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0506/23/news084.html

「キンタマにごめんなさい」する背広の戦士たち。
にしても「キンタマが原発情報流出」…。

まるで股間にガイガーカウンターをあてたくなるタイトル
男らしい。それでいて赤面もの。

「お父さんねえ、仁義なきキンタマのおかげで会社クビになっちゃったよ」
…とか聞きたくない。

まあWinnyなんぞ使わないに越したことないし、会社のコンピュータリソースとかネットワークで、趣味のダウンロードしたり、会社のノートPCを持って帰ったりしている時点でどうかと思うんだが、オジサマたちには多いんだよな、こういう人種。特に大企業の管理職。

百歩譲って仁義ないあたりはよいとしても、もうちょっと品のある名前にして欲しいよな。
放送禁止用語とか、マジ勘弁。

新種DoS攻撃

猛威を振るう新種のDoS攻撃–ダメージは従来よりはるかに深刻
http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000050480,20098827,00.htm

やっと情報出てきたなと、言ってる私は遅いんでしょうか?
最初はマイクロソフトのWindows Server 2003付属DNSサービス特有の攻撃だと思っていたのですが、どうもそうではない感じ。

BOTNETが関与しているのはうすうす気がついていたんだけど、正規のDNS問い合わせ方法を誘起してDoSを起こすとは巧妙。

おかげで、いまのところ対処方法は後ろ向きな方法しか見つけられていません。

・DNSサービスをひたすら再起動する
 net stop dns
 net start dns
…をタスクで1日1回も実行すれば実用上は問題ない。少なくとも今のところは。

・プロバイダ等のDNSサービスに委任する
 こういう面倒な相手は、個人で戦うには割が合わない。
 できれば無料がいいけどどこかいいDNSがあればそこに預けてしまうのがよいと思う。
 …というかいいDNSサービスあるなら教えて欲しいです。

ところでこの新種のDoS攻撃については、まだ名前がついてないのもあるけど、ネットを探しても中々情報が出てこない。
普通にDNSが不調でも、みんな「あれ?なんか不調?」ぐらいで気にしないでいるわけで。

WindowsUpdateも結局、なんの配信もなし。
セキュリティ情報も、近いものはヒットするけど空振り。

しかし、Win2003のほうのDNSは確かにこれが原因と思われるサービス不調に陥っているし(Win2000は無事)直しようもないから、Linuxのbind8に頼らざるを得ないわけなのですが。

困ったものです。

投稿ラッシュなんて嫌い`

SIGGRAPH E-Techに正式に落ちるのに時間がかかってしまったおかげで、他の投稿ができずに、というかRoboGamer自体に疲れてしまった部分があるのですが、投稿や発表の締め切りだけは大量に並んでいるわけです。
簡単にリストしてみると…
…うぷ(吐き気)。
この手の研究者としてはあるまじき発言なのかもしれないのですが、投稿ラッシュには本当に疲れてしまっています。
しかも毎週のように締め切りが来るので、ろくに実験や評価や、ディスカッションや、お遊び(どうでもよい言語を学んだり、変な機能を実装したり)といった事ができなくなってしまいます。
もちろんもっと単純に、そのあたりをいい加減に済ませることができれば、気も楽になるのかもしれませんが、それをやってしまうと、研究そのものに意味がなくなってしまいます。
いつも締め切りと戦う毎日。
まるで週間連載の漫画家です。
週間連載の漫画家はその後、コミックスやアニメ化といった著作の2時利用が可能なわけですが、特許も出すスピードが追いつきませんし、投稿の場合は、落ちればそれまでで、しかも今回のSIGGRAPHのようにろくすっぽレビューコメントも返ってこないようなデフレ具合では、家族や休息や研究を前進させる時間を蔑ろにして失った時間との費用対効果が全くつりあわなくなってしまうわけです。
まあ「時間が奪われる」という点では、実は採択されて、デモばっかりやってる人も同じことなのですが、やはりフィードバックが返ってこないのは大きな違いです。
…。
と、あまりにコンディションの悪いところに、ボディーブローを食らって弱音を吐いているわけですが、見ててつまらないのでこの辺で気持ちを切り替えていこうと思います、思え、思えればいいな。
あ、GDC2006が始まるなあ。
http://www.famitsu.com/game/news/2006/03/20/103,1142832434,50273,0,0.html
「破壊的開発」かあ。
それはそうと、何かを無性に破壊したい気分。