キゥイ大暴落

以前「経済ってこういうことだったのか日記」でニュージーランドドル(NZD通称キゥイ)が国債償還予定があってあぶないよ、という話を書いていた気がするんですが、いまごろきましたねえ。
トレンドでは軟着陸を目指す感じだったのですが、先週末から豪ドルを巻き込んでドカッと落ちました(-6%ぐらい)。
まあその背景には円の安すぎる金利と、量的緩和政策の終了が関係しているわけですが…。
今日の日経
http://www.nikkei.co.jp/news/market/20060320m2ds0imf0620.html
というわけで、皆が気がつかないうちに、世界のマネートレンドでは「円キャリー取引」つまり円とNZD強い結びつきがあったわけですね。
知らない人からするとまるで「米とキゥイがどっかで繋がってた」というぐらい突飛な話ですが、ニュージーランドに住んでいる日本人にとっては悲喜交々ですね、あと為替先物やってるひととか。
ちなみに現在の政策金利は7%近いにもかかわらず、ニュージーランド政府には為替相場下落に楽観視があるようで、しばらく下落トレンドが続きそうです。
というわけで、日本でNZドル建て定期預金とか見かけたときは、できるだけよいタイミングではじめることをお勧めします。
ほら、キゥイだって店に並んでいるときは青いわけで。