[SIGGRAPH2005Log]意地でもブログを書くわけで。

12:09 2005/07/30
シャルルドゴール空港(CDG)です。TGVははじめて乗った便でしたが、ラバルからCDG2を通ってリールまでいけてしまうようです。
バカンスが本格的に始まった土曜の朝ということで、駅も列車もえらい人出です。
フランス人も多いんですが、旅行者もかなり多く、近くの座席に日本人のやたらと長身なバックパッカー女性を見かけました。持ってるバックパックも巨大で、なかなか頼もしかったです。
とかいって乗客ウォッチングしている余裕はありません、もう泥のように眠りにつきました。2時間ちょいでしたが、久々に質のよい眠りを手に入れました。
CGですが、これまたすごい人出。シャトルバスに乗れないどころか、人出が多すぎてバスが動けなくなっていたので、崩落した動く歩道をてくてく歩いてターミナルD→ターミナルBときてチェックインです。そういえば、前回スペインに行ったときは、家族離れ離れになってえらく大冒険したものですが、今回はまるで別の場所のような印象があります。
でも今回は例のロンドンテロの影響か、パスポートコントロールがありました(警官がやってる)。心配された荷物は今回に限り、見た目より軽く27kg。いやIATA無視してますけど30kg超えないうちはOKでしょう、と思ったら「Heavy」とかタグをつけられてしまった。ええ、まあ働くおじさんが腰を砕かないための配慮ですよね、たぶん。
それにしてもBA(British Airways)です。英語がスカッと通じるだけいいんですが(というか地上係員は仏語混じり英語ですが、これは私には通じてしまうので問題なし)マイレージグループにも加入してないし、超激安だし、テロあるし、LHRで4時間待ちだし…いろいろ不安がありますです。機内食に牛肉出たらどうしようとか。
そんなわけでチェックイン→搭乗までのけだるい時間をカフェでダラダラとすごしているわけですが。ADP(パリ空港)のワイヤレスLANはどういうわけか今回に限って、情報は見れるけどログイン画面が出てこないのでネット不達です。そもそもネットにつないでもメール送ったりする気力はありませんが…。
というわけで何を血迷ったか、ハードディスクを整理するために電池でDVDを焼いていたりします。このあと、電池で映像編集とかやりだす勢いです。でも多分飛行機乗る前に、バッテリー切れそうです。

[SIGGRAPH2005Log]nVIDIA vs ATI 前哨戦

リアルタイムCGな人種からすると、毎年のSIGGRAPHにおける2大GPUメーカー「nVIDIA vs ATI」 の秒進分歩な戦いは本当に楽しみなものであると思います。

現在、GPU業界はコンシューマエレクトロニクスですから、SGI一点張りだった90年代にくらべれば、この2極体制というのはある種、ユーザーにとっては幸せな状況とも言えるでしょう。

また、リアルタイムCGエンジニアやシェーダ書き、メガデモ屋さんなども、以前に比べればこの2社のおかげで、堅い仕事ができていいのでは。

それはそうと、nVIDIAの開発者MLからお知らせが届きました。

SDK9.5、Cg1.4RC1の発表などが含まれています。

明らかにSIGGRAPH直前を狙った戦略です。

CDROMなどでも配られるんでしょうか?いやそんなリスキーな前準備はできませんね。

developer.nvidia.com/page/home.html

公式ページも「Luna」という新キャラに刷新されています。

あと太めのおっさん(こういうの、実はCGでは難しい人物のひとつではある)。

デベロッパ向けのMLには公式HPでは書いてないことも書いてあるようなので、SIGGRAPH関係を中心に引用しておきます。

NVIDIA Exhibitor Tech Talks (Thursday, Aug. 4 – Room 404A)
GPU Rendering Analysis and Performance Tools [10 am – 12 pm]
GPU Programming Exposed: The Naked Truth Behind NVIDIA’s Demos [1 – 3 pm]
 
Sketches (Thursday, Aug. 4)
Percentage-Closer Soft Shadows [10:30 am – 12:15 pm]
GPU-Accelerated Iterated Function Systems [1:45 – 3:30 pm]
Cloth Simulation on the GPU [1:45 – 3:30 pm]
 
Courses
Performance OpenGL: Platform Independent Techniques
    [Monday, Aug. 1, 8:30 am – 12:15 pm]
GPU Shading and Rendering
    [Tuesday, Aug. 2, 8:30 am – 5:30 pm]
GPGPU: General-Purpose Computation on Graphics Hardware
    [Wed., Aug. 3, 8:30 am – 5:30 pm]
 
Sony Computer Entertainment Exhibitor Tech Talk (Wed., Aug. 4)
COLLADA: An Open Digital Asset Exchange Schema for the Interactive 3D Industry [1 pm – 3 pm, Hall J, Room 1]

COLLADA関係は去年SCEとEAなどが中心にがんばってらっしゃいましたが、今年はnVIDIAも後援した形になったんですかね(私が知らなかっただけ?)。

まあ、モデルとしてはnVIDIAすきそうな感じでありますが。

さて対して、ATI側です。

こちらは開発者MLには参加していないので公式HP情報のみ引用しておきます。

なんだかえらいSIGGRAPH扱い小さいんですけど(画像)。

ただ、講演関係はそこそこ件数あります。

    *  GPU Shading and Rendering:
      Full-Day, Tuesday, 2 August, 8:30 am – 5:30 pm
      Petree Hall D
      Level: Intermediate

      Real-time programmable shading can now be experienced everywhere from game consoles to the highest-end PCs. This updated course brings together leading researchers from industry and academia to present the foundations of hardware shading, the latest developments, and how shading hardware is increasingly used for non-real-time rendering.

    * Global Illumination and Occlusion:
      Tuesday, 2 August
      8:30 – 10:15 am
      Petree Hall C

      Practical Dynamic Parallax Occlusion Mapping
      An improved parallax occlusion mapping algorithm for dynamic real-time lighting of surfaces including soft shadows, a directable LOD system, and robust critical height field-ray intersection computation.

    * GPU Rendering Tricks:
      Thursday, 4 August
      10:30 am – 12:15 pm
      Room 515A

      Angular Extent Filtering with Edge Fixup for Seamless Cubemap Filtering
      Two methods for cubemap filtering, angular extent filtering, and edge fixup that alleviate the edge-seam artifacts that commonly occur when using cubemaps on graphics hardware.

      Interactive Summed-Area Table Generation for Glossy Environmental Reflections
      A technique for generating summed-area tables at interactive rates and how to use the resulting summed-area tables to render glossy environmental reflections.

    * Architecting the Future:
      SGI, Intel, and ATI look beyond today’s top graphics products
      Tuesday, August 2, 1:00-3:00pm, Hall J, Room 1
      Moderated by David J. Kasik, Technical Fellow, Enterprise Visualization Architect, The Boeing Company.

      ATI, SGI, and Intel will provide insight in to their near-term and long-term product plans, presenting alternatives for advancing visualization.
      Participating panelists include: Jim Hurley, Principal Engineer, Intel Corporation; Mike Doggett, Architect, ATI Research; and Kevin McLaughlin, Vice President Engineering, Visual Systems Group, SGI.

なんだかSGI+Intel+ATIで囲い込みするってことですかね。

GWS市場を狙っているはずのnVIDIAが、ゲーム産業と組んで、コンシューマに強いはずのATIがSGIと組むなんて、ちょっと不思議な関係。

まあでも後者はWindowsVistaが構えてるから、そこで美味しく事務機+α市場を狙うんでしょうね。

そういやLonghorn関係のデモも出てそうだなあ。

www.ati.com/companyinfo/events/siggraph2005/index.html

インタラクティブ東京開催のお知らせ


さて、このたびは自分が実行委員会をさせていただいております、「インタラクティブ東京」についてご案内申し上げます。
■インタラクティブ東京
 日本発、世界最先端のインタラクティブ技術が集まる、東京で最初のフェスティバル
 ・作品展示(全19作)
  SIGGRAPH 2005 Emerging Technologiesにて実演展示された作品を中心に、
  日本からのプロジェクトを体験可能な形で展示いたします。
  8月25・26日 10:00-17:00 日本科学未来館 1F催事ゾーン
 ・講演、パネルディスカッション(要・参加登録)
  講師:岩田洋夫 筑波大学 教授
  SIGGRAPH Emerging Technologies 11年連続採択の世界記録を持つ、
  日本を代表する研究者であるとともに、アルスエレクトロニカ他、
  アート作品においても評価の高い、岩田教授がSIGGRAPH2005開催後、
  国内初のインタラクティブ技術に関する講演会を行います。
  パネルディスカッションは
  「たのしみ」
  「つながり」
  「感覚」
  「表現」
  …の4テーマごとに
  インタラクティブ東京で作品を発表している、研究者、技術者、作家が
  おのおのの作品をベースにインタラクティブ技術についてディスカッションを行います。

  interactivetokyo.jp/2005/lecture.php

  8月25日(木) 10:00-18:00 産総研臨海副都心センター会議室(日本科学未来館隣)
  交通案内: unit.aist.go.jp/waterfront/jp/access_map/index.html

 ・作品DVD販売
  インタラクティブ東京で展示発表を行う各作品を解説する65分の高画質DVDを販売します。
  世界最高峰の学会SIGGRAPHに認められた日本の最先端インタラクティブ技術を
  理解するための最高の映像資料です。
  定価 13,000円 オンライン購入も可能です。
  ホームページ: www.interactivetokyo.jp/

 ■お問い合わせ
  インタラクティブ東京実行委員会
  (日本バーチャルリアリティ学会事務局内)
  〒113-0033
  東京都文京区本郷2-28-3 山越ビル301
  TEL:03-5840-8777
  FAX:03-5840-8766
  info@interactivetokyo.jp

フランスの漫画(常識編)

以下、他所さんの日記へのコメントなんだけど、
よく考えたらフランスエンタメ情報ど真ん中なので自分のBlogで書き直してみる。

「フランスでは日本のmangaは大人気!」とよく日本のメディアで報告されていますが、それは宮崎アニメに限った話で、テレビでは、一部の子供向けアニメを除いて、いわゆるお兄さんウケがよさそうなテレビ東京深夜枠で放送されるようなアニメはほとんど放映されることはないです。書店では、mangaはたしかにかなりの量が翻訳されていますが、自堕落な大人が見るものとされてる感があります(日本でもそうなのかもしれないけど…あでも月曜の朝の通勤列車のジャンプ立ち読みサラリーマンとかは社会理解があるよなあ)。
mangaを読むため、描くために日本語を勉強しているという人は時々います。かなり変わった人が多いですが。

こんなページを見つけました。
www.eurojapancomic.com/fr/index.shtml
Kana社はヨーロッパではすごい有名。
www.mangakana.com/
こういう会社はうわべだけのmangaファンじゃないので偉い。
まさに20年からの付き合いだそうです。
手塚先生の似顔絵まであってこれまたすごい。
www.mangakana.com/page.cfm?ContentID=1250&section=news
ちなみに、Kanaのロゴデザインがいけてるとおもう。

ところでフランスの漫画Bandes Dessinee(B.D.と呼ばれる)は美しいです。
images.google.co.jp/images?q=bandes%20dessinee&hl=ja&hs=1iZ&lr=lang_ja&client=firefox-a&rls=org.mozilla:ja-JP:official&sa=N&tab=wi

全編フルカラー、大判、ドラマティック。
home.catv.ne.jp/hh/kcm/exh/frenchcomic.htm
日本にもB.D.を大量に扱っている店もあるみたい。
お金持ちなら買い占めたいけど。

[SIGGRAPH2005Log]準備続き

昨日は一生懸命働いたり、そのツケがまわって息子に寝かしつけられたりしてしまいました。
というわけでToDo更新。
■iTokyo関連
・DVD量産中(4/104)
 テスト版から焼き始める。
 CSS暗号化などのチェック、プレイヤーでのチェックが馬鹿にならない。
・VIP各位に参加要請
→済み。岩田先生とJFFが参加決定。
・式次第確定
・配布物準備
・販売サイト構築
 酷いことにWebmasterが造反発言。
 責任者のくせに「忙しい」とか言う人嫌い。
・デモリール
 音楽きまる。時間とCPUとHDDさえあれば。
■SIGGRAPH関連
・LuminaStudioポスター原稿
 おそろしいことに1時間で仕上がってしまった。
・自分の発表用資料映像準備
・名刺の印刷
・Webサイトを微妙に更新予定
・ミーティング設定
 そろそろ、うまりつつある
・聴講予習
・講演DVD予約
■旅行関連
・旅程表印刷
・装備確認(電源プラグなど)
・予算計画
■新規ToDo
 iTokyo英語HP
がんばれ自分。
しっかり寝たから大丈夫だろう?

[SIGGRAPH2005Log]準備開始。

なんだかもー。
息ができないほど忙しくなりそうな予感。
なので、はやめにSIGGRAPH2005Logをはじめようと思います。
というわけで準備開始。
というか以下、ToDoメモ。
■iTokyo関連
・DVD量産中(0/100)
・VIP各位に参加要請
・式次第確定
・配布物準備
・販売サイト構築
・デモリール
■SIGGRAPH関連
・LuminaStudioポスター原稿
・自分の発表用資料映像準備
・名刺の印刷
・Webサイトを微妙に更新予定
・ミーティング設定
・聴講予習
・講演DVD予約
■旅行関連
・旅程表印刷
・装備確認(電源プラグなど)
・予算計画
ToDoというより、まさにトド。
うぉうぉうぉッ。窒息しそう…。
それにしても月末、バカンス前ということで、日本から世界からいろんな重要メールが飛び交ってる。
うーん酸素がほしい…。
というかクリエイション作業がけっこうあるので、メール脳が全然働かない。
愛機のCPU使用率も100%以下にならないし…。
それに水曜日に親友宅の新居お披露目パーティに呼ばれてしまったので、なんとしてでも片付けねば!

電車語。

DVDマスタチェックに余念がない息子。
そこに嫁の実家から電車のおもちゃ届く。
(ミニカーみたいなやつね)
よかったねー!
「でんちゃ!!」
ばーちゃんが送ってくれたんだよ。
「でんちゃ?」
あしたお礼いわないとね~。
「で~んちゃっ!」
なんかしらんが通じているらしい。
あとはこの街には踏切がないのに
「かんかんかん!」
といって電車を走り回らせている。
駅=踏切音らしい。
1歳のころの記憶がはっきりと残っているようだ。
ちなみに息子が生まれた病院も駅前で、踏切音ばかり聞こえていたんだが、さすがにそれではないだろうな。